テーマ:女優

ジェーン・フォンダ リュミエール賞2018 授賞式/リュミエール映画祭2018 ラインナップ

 ジェーン・フォンダが、第9回リュミエール賞(Prix Lumière)を受賞しました。(10月19日)  同じ名前で、春先に発表されるフランスの映画賞があるのでまぎらわしいですが、こちらはフランスのリヨンで毎年10月に開催されるリュミエール映画祭(今年は10月13日-21日)の中で設けられているもので、年ごとに、国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィミン・イン・フィルム プレオスカー・カクテル・パーティー 2018 または、最近の忽那汐里

 第11回ウィミン・イン・フィルム プレオスカー・カクテル・パーティーが開催されました。(3月2日)  米国アカデミー賞授賞式を前に、映画会社主催のパーティーや、ブリティッシュ・ノミニーズ・レセプション、外国語映画賞ノミネート監督レセプション、メイキャップ&スタイリング・シンポジウム、ジャーマン・ノミニーズ・パーティーなど、たくさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カトリーヌ・ドヌーヴ リュミエール賞授賞式/リュミエール映画祭2016 ラインナップ

 カトリーヌ・ドヌーヴが、第8回リュミエール賞(Prix Lumière)を受賞しました。(10月14日)  同じ名前で、春先に発表されるフランスの映画賞があるのでまぎらわしいですが、こちらはフランスのリヨンで毎年10月に開催されるリュミエール映画祭(今年は10月8日-16日)の中で設けられているもので、年ごとに、国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【過激画像】 クロエ・グレース・モレッツ in ドーヴィル・アメリカン映画祭2016

 9月7日に行われたカルティエのイベントではこんな感じ  まだ19歳ですが、これからは大人の女をアピールしていこうということでしょうか。若干、無理しているようにも見えますが。  でも、普段はこんな感じ。 -------------------------------- …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン、カンヌ、ベネチアのうち、2つ以上の映画祭で受賞している男優・女優を調べてみました!

 シャハブ・ホセイニが、カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞したことで、ベルリン国際映画祭での受賞に続いて、3大映画祭の2つを制したことになりました。  こういう受賞歴の俳優って、あと誰がいたかな? 3つとも受賞している俳優は?と思って調べてみたら、けっこういました。  同様のリストは、ネット上で探してもないようだったので、それぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリウッド映画 2014年の顔! 「Vanity Fair」2014年ハリウッド特集号

 「VANITY FAIR」2014年3月号は恒例のハリウッド特集号。  といっても、興味があるのは、その年の「ハリウッドの顔」が選ばれることになっている「表紙」に、今年は誰が載っているかということなんですが。  今年の「ハリウッドの顔」は―  う~ん、どうなのかな。  期待していたのは、注目の新星をいち早くピッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女優たちの競演が凄い! 釜山国際映画祭2012開幕!

 ・タン・ウェイ  ・セシリア・チャン  ・チャン・ツィイー  ・テレサ・パルマー --------------------------------  ・イ・ジョンヒョン  ・イ・ユンジ  ・イ・ヨニ  ・オ・ヨンソ  ・オム・ジフォン …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリウッド映画 2012年の顔! 「Vanity Fair」 2012 ハリウッド特集号

 「Vanity Fair」誌の3月号は、恒例のハリウッド特集号で、旬の俳優が表紙になることでよく知られています。  写真は、ファッション・フォトグラファーのアニー・リーボウィッツがずっと担当していて、他の月は、ほとんどソロの表紙なのに、ハリウッド特集号だけは群像写真になっています。  2012年のハリウッド特集号の表紙は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堀北真希がベルリンでこんなことに!

 映画『白夜行』が出品されたのは、コンペ部門でもなく、招待作品部門に当たるアウト・オブ・コンペティション部門やベルリナーレ・スペシャル部門でもなく、パノラマ部門だったんですが(それだけでもけっこう凄いことなんですけど)、騒いでるのは日本のマスコミだけかと思っていたら、そうでもないようでした。  へえ~、びっくり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜山に吉高由里子 降臨! 『カメリア』 in 釜山国際映画祭2010

 吉高由里子って、韓国でけっこう人気があるようですね。  以下の写真で伝わるかどうかわかりませんが、韓国メディアでも大きな扱いをされています。  今回、彼女が、釜山入りしたのは、釜山国際映画祭2010のクロージング作品であり、東京国際映画祭でも上映される『カメリア』のためです。  『カメリア』というのは、釜山国際映…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

凄いゾ! 桃井かおり! 主演作がアカデミー賞外国語映画賞エントリー!

 桃井かおり主演の“AMAYA(Hong Kong Confidential)”という映画が、米国アカデミー賞2011外国語映画賞にエントリーされました!  なんと、この映画、ラトヴィア代表作品なんです!  桃井かおりは、この間、奈良を舞台にした中国人監督の映画『光男の栗』(監督:趙曄、プロデューサー:河瀬直美)に主演してい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジュリア・ロバーツがすごくうれしそうで…… 

 サンセバスチャン国際映画祭2010のphotoをチェックしていて、Donostia Awardを受賞したジュリア・ロバーツがとてもうれしそうだったので、ちょっといいなとも思い、ここにアップしてみることにしました。  ◆サンセバスチャン国際映画祭2010 Photo Call(記者会見)  ◆『食べて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スターの誕生! 『ノルウェイの森』 in ベネチア国際映画祭2010

 ・4ショット  ・3ショット  ・松ケン  ・菊地凛子  ・水原希子  ・作曲家ジョニー・グリーンウッドを加えた5ショット  ・監督夫妻  ・希子と凛子のハイヒール1  ・希子と凛子のハイヒール2 ------------------------…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今年の新人女優賞は彼女で決まり! な~んてね

 映画『告白』から映画賞にノミネートされそうなのは、作品賞、監督賞、主演女優賞(松たか子)、助演男優賞(岡田将生)、助演女優賞(木村佳乃)、新人男優賞(西井幸人)といろいろいますが、受賞の可能性が最も高いのは、新人女優賞の橋本愛ではないでしょうか。  ほかの部門は、どこかで何か1つくらいは賞をもらえたりするかもしれませんが、他はけ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

最もホットな女性100人! Maxim 2010 Hot100

 「昨年のMaximのカバーガール12人ともモノにしたっていうのはホントなのかい?」  「いい質問だな。答えはイエスであり、ノーだ。3月娘とはスケジュールが合わなかったからな。だけど、幸運にもクリスマス号は双子だったのさ。」(映画『アイアンマン』より)  “Is it true you went 12 for with last…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コン・リー、フランス芸術文化勲章受勲!

 コン・リーが、フランス芸術文化勲章(L'Ordre des Arts et des Lettres)のコマンドールを受勲し、開催中の上海万国博覧会のフランス館でその式典が行なわれました。(発表になったのが5月1日で、式典が5月3日)  コン・リーが受勲したのは、最高位のコマンドール(司令官)で、今年の3月に北野武が受勲したのと同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メラニー・ロラン! 女優として、歌手として、映画監督として

 メラニー・ロラン。  『イングロリアス・バスターズ』の時は、「今まで全然気づかなかったけど、こんな女優さんがいたんだ?」というくらいの印象でしたが、『オーケストラ!』を観て、「たまたまタランティーノの好みに合っただけでおいしい役を射止めた女優さん」ではないことがわかりました。  『オーケストラ!』では、「持って生まれた音楽のセンス…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

青い瞳が妖しい! ヴェラ・ファーミガ!

 私が、最初にヴェラ・ファーミガに着目したのは、オルガ・キュリレンコについて調べていた時で、オルガ・キュリレンコ以外に誰かウクライナ出身の女優っているのかなと思って、調べていて、浮かんできた名前がヴェラ・ファーミガでした。  彼女自身は、アメリカ生まれですが、両親はウクライナ人で、6歳まで、英語はいっさい教えられず、ウクライナ語で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリウッド映画、2010年の顔 9人! “Vanity Fair” Hollywood Issue!

 「ヴァニティ・フェア」誌の3月号と言えば、恒例のハリウッド特集号ですが、昨年は、「オバマ特集」が組まれて、ハリウッド特集が見送られてしまったので、今年のハリウッド特集号は2年ぶりということになります。  といっても、私も購入して読むほどのことはなくて、その時々の「ハリウッド映画の顔」が表紙(&カバー・グラビア)に選ばれるので、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリタニー・マーフィのこと。

 私が初めてブリタニー・マーフィという女優を意識したのは、『8 Mile』が公開された時、もっと正確にいうと、『8 Mile』公開に合わせて掲載された『Newsweek 日本版』での彼女へのインタビュー記事を読んだ時で、『8 Mile』が日本で公開されたのは2003年5月24日だから、その前後の週ということになるでしょうか。  そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

女優の人気投票、始めました!

 大まかにキャリアと年齢で分けて、5つのアンケート項目を作ってみました。  それぞれ1台のパソコンから1回限り有効です。(ただし変更は可)  ま、ほんのお遊びに過ぎませんが、せっかくなので、1つくらいは投票してみてください。  この人が抜けてる、あの人が抜けてる、この人はどうして入ってるの?っていうことはあるかと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨハンナ・ヴォカレクに注目!

 2008年のドイツ映画界を代表する1本である『バーダー・マインホフ 理想の果てに』は、数多くの映画賞に輝きましたが、キャスト面で、評価が高かったのは、モーリッツ・ブライプトロイではなく、(日本でもかなり知名度が上がってきた)マルティナ・ゲデックでもなく、ましてやブルーノ・ガンツやアレクサンドラ・マリア・ラーラでもなくて、ヨハンナ・ヴォ…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

ヴァイオリンの音色ように、美しく、そして弾む! ジージャー in 『チョコレート・ファイター』

 『チョコレート・ファイター』主演のジージャーこと、ヤーニン・ウィサミタナンについて調べてみました。 --------------------------------  名前:ヤーニン・ウィサミタナン(Yanin Vismitananda)  愛称:ジージャー(JiJa/Jeeja/琴嘉)  *ジージャーというのはタ…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

ジュリエット・ビノシュのワールド・ツアー 2008-2009!

 ジュリエット・ビノシュがフランス映画祭2009(3月12日~15日)の団長として来日すると知ったのは、フランス映画祭2009の情報が流れ始めた最初の頃でしたが、実は、このジュリエット・ビノシュ来日は、彼女のダンス・パフォーマンス「イン・アイ」(In-I)@Bunkamura シアター・コクーン(3月9日~15日)と、彼女の出演映画のレ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

世界女性賞(Women's World Award)発表!

 第4回ウィメンズ・ワールド・アワード(Women's World Award/世界女性賞)の受賞式が行なわれました(3月5日)。  ウィメンズ・ワールド・アワードは、政治や社会、ビジネス、科学、文化、女性権利運動などの分野で大きく貢献したと認められる女性を表彰するもので、今年で第4回を迎えます。この賞は、同様にして男性を表彰する…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

最初に覚える名前 ヒアム・アッバス!

 私が、ヒアム・アッバスの名前が気になり出したのは、エラン・リクリスの“Etz Limon(Lemon Tree)”(レモンの木)がいろんな国際映画祭で話題になり、また、ほぼ時を同じくして“The Visitor”が全米の映画賞レースの下馬評に上がり出して、どちらの作品にも彼女の名前が出演者としてクレジットされていると知った頃からでした…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アン・ハサウェイ アイドル女優から注目若手女優、そして若手実力派へ

 アン・ハサウェイの女優としての躍進が目覚しいですね。  『ブロークバック・マウンテン』での脱ぎっぷりのよさにも驚かされたし、『プラダを着た悪魔』のような作品にも出演するかと思えば、『ゲット スマート』のようなアクション・コメディーにも出演する(日本ではほとんど無視されましたが、私は好きでした)。今、こんなに幅広い役柄を演じられる若手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more