『ROMA/ローマ』が圧勝! アリエル賞2019受賞結果!

 第61回アリエル賞の受賞結果が発表されました。(6月24日。ノミネーションの発表は4月24日。)  ◆作品賞(Mejor película)  ◎『ROMA/ローマ』(メキシコ・米) 監督:アルフォンソ・キュアロン  ・“La Camarista(The Chambermaid)“(メキシコ) 監督:Li…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消える映画祭・映画賞、始まる映画祭・映画賞! 【2019】

 2019年も上半期が終わりつつありますが、毎年恒例の映画賞・映画祭で本年度の開催がどうなっているのか、わからないものがいくつかありますね。そこで、  2015年3月に「消える映画祭・映画賞、始まる映画祭・映画賞! 【2004年~ 】」という記事を書いていますが、今回は、その続きです。  下記の、◎印は初開催の映画賞・映画祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海国際映画祭2019 亜州新人奨コンペティション 3年連続で日本人が監督賞受賞!

 上海国際映画祭(6月15日-24日)の亜州新人奨コンペティションの受賞結果が発表になりました。(6月21日)  【亜州新人奨コンペティション】(亚洲新人奖 Asian New Talent Award)  亜州新人奨コンペティションは、元々はアジアの新人監督作品を対象とするコンペティション部門で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台北電影節2019 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション ラインナップ

 第21回台北電影節(6月27日-7月13日)。  台北電影節(台北映画祭)には、第1回監督長編か第2回監督長編を対象とするインターナショナル・ニュー・タレント・コンペティションと、台湾映画を対象とし、長編ナラティヴ部門、短編部門、ドキュメンタリー部門、アニメーション部門という4つの部門を持つコンペティション、台北電影奨があります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア・ゴールデングローブ賞2019 受賞結果

 第59回イタリア・ゴールデングローブ賞の受賞結果が発表になりました。(6月19日)  ◆監督賞(Migliore Regia)  ◎マルコ・ベロッキオ ”l traditore(The Traitor)”  ・マッテオ・ガローネ 『ドッグマン』  ・アリーチェ・ロルヴァケル 『幸福なラザロ』  ◆男優賞(Migl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2019 ラインナップ コンペティション部門以外

 【アウト・オブ・コンペティション部門】  ・“Old-Timers(Staříci)”(チェコ) 監督:Martin Dušek、Ondřej Provazník  ・“Mystify: Michael Hutchence”(オーストラリア) 監督:リチャード・ローウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラクフ映画祭2019 受賞結果

 第59回クラクフ映画祭(5月26日-6月2日)の受賞結果です。  クラクフ映画祭は、短編とドキュメンタリーに特化した国際映画祭で、ヨーロッパ映画を中心としたラインナップで、ズリーンと同じく今年で59回目を迎えました。  コンペティション部門には、短編部門とドキュメンタリー部門があり、短編部門には、インターナショナル部門とポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019 MTVムービー&TVアワード 受賞結果!

 2019 MTVムービー&TVアワードの受賞結果が発表になりました。(6月17日)  ◆映画部門 作品賞(BEST MOVIE)  ◎『アベンジャーズ/エンドゲーム』  ・『ブラック・クランズマン』  ・『スパイダーマン: スパイダーバース』  ・『好きだった君へのラブレター』(Netflix)(監督:スーザン・ジョンソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海国際映画祭2019 ラインナップ!堀未央奈も女優賞ノミネート!

 第22回上海国際映画祭(6月15日-24日)のラインナップです。  【金爵奨コンペティション部門】(Golden Goblet Award)  【長編部門】  ※審査員:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン(審査員長)、ニコラス・セリス‎(メキシコのプロデューサー)、王景春(ワン・ジンチュン、男優)、パオロ・ジェノヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アヌシー国際アニメーションフェスティバル2019 受賞結果!

 アヌシー国際アニメーションフェスティバル二千十九(6月10日-15日)の各賞が発表になりました。  【長編コンペティション部門】  ・“Buñuel in the Labyrinth of the Turtles(Buñuel en el laberinto de las tortugas)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ズリーン国際映画祭2019 受賞結果

 第59回ズリーン国際映画祭(5月24日-6月1日)の受賞結果です。  ズリーン国際映画祭は、チェコの東部ズリーンで開催される映画祭で、正式名称をZlín International Film Festival for Children and Youth(Film Festval Zlin. mezin&aacut…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2019 受賞結果

 第29回ザグレブ国際アニメーションフェスティバル(6月3日-8日)の受賞結果です。  【グランド・コンペティション 長編部門】(Grand Competition Feature Film)  ・“Buñuel in the Labyrinth of the Turtles(Buñuel e…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランシルヴァニア国際映画祭2019 受賞結果!

 第18回トランシルヴァニア国際映画祭(5月25日-6月3日)の受賞結果です。  【コンペティション部門】  ・“Scarborough”(英) 監督:Barnaby Southcombe  ・“Not The End( Sin Fin )”(西) 監督:セザール・エステバン・アレンダ(Cesar Esteban Alen…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャン・ヴィゴ賞2019 受賞結果!

 ジャン・ヴィゴ賞(Prix Jean Vigo)2019が発表されました。(6月12日)  【ジャン・ヴィゴ賞】  ジャン・ヴィゴ賞は、若くして亡くなった映画監督ジャン・ヴィゴにちなんで、1951年に創設されたフランスの映画賞で、若手監督に贈られます。  以前は、アルベール・ラモリス(『白い馬』)とか、アラン・レネ(『夜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)の2019-2020の理事 発表

 米国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)の2019-2020の理事(Governors)が発表になっています。(6月11日)  米国アカデミー賞を発表している映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は、俳優部会や監督部会など17の部会で構成されていますが(それぞれの部会はそれぞれの会員と各賞に対応)、各部会の代表が集まって理事会(B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2019 受賞結果!

 第26回シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭(6月6日-11日)の受賞結果です。  【審査員大賞】(Grand Jury Award)  ・“Diego Maradona”(英) 監督:アシフ・カパディア  ・“For Sama”(英・米・シリア) 監督:Waad al-Kateab、Edward Watts  ・“A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2019 受賞結果

 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2019(4月25日-5月5日)の受賞結果です。  【カナダ・ドキュメンタリー部門】  ◆最優秀カナダ長編ドキュメンタリー賞(Best Canadian Feature Documentary Award) $10,000  ◎“nîpawistam&aci…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2019 Governorsアワード発表

 米国アカデミー賞の第11回Governorsアワードの受賞者が発表になりました。(6月1日発表、6月3日発表。)  これまでは9月に発表されていましたが、なぜか今年はいち早く6月に発表になっています。  ◎アカデミー賞名誉賞:デイヴィッド・リンチ(1946- 73歳)  米国アカデミー賞ノミネートは4回(1981年に『エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トロント国際映画祭が選ぶ、カナダ映画2018 トップ10

 トロント国際映画祭が毎年年末に発表(&年明けに上映会を)しているカナダ映画の年間トップ10の2018年版です。  【長編部門】(Feature Films)  ・“ANTHROPOCENE: The Human Epoch”(カナダ) 監督:ジェニファー・バイチウォル(Jennifer Baichwal)、ニック・ド・パン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダ・スクリーン・アワード2019 受賞結果

 第7回カナダ・スクリーン・アワードの受賞結果です。(受賞結果の発表は3月31日。ノミネーション発表は2月7日)  ◆作品賞(Motion Picture)  ◎“A Colony (Une colonie)”(カナダ) プロデューサー:Fanny Drew、Sarah Mannering 監督:Genevièv…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイリス賞(ケベック映画賞)2019 受賞結果!

 ケベック州で製作されたカナダ映画を対象とする映画賞「アイリス賞」(改称してから第3回)の受賞結果が発表されました。(6月2日結果発表。ノミネーション発表は4月11日。)  ◆作品賞(Best Film)  ◎“1991”(カナダ) 監督:Ricardo Trogi  ・“La Bolduc”(カナダ) 監督:Fran&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニッポン・コネクション(フランクフルト)2019 受賞結果

 第19回日本映画祭「ニッポン・コネクション」(5月28日-6月2日)のラインナップ&受賞結果です。  この映画祭は、フランクフルトで毎年開催されている日本映画の祭典で、この種の映画祭では珍しくコンペティション形式になっています。  *公式サイト:https://www.nipponconnection.com/nc-201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーリ映画祭2019 受賞結果

 第10回バーリ国際映画祭(4月27日-5月4日)の受賞結果です。  バーリは、アドリア海に面したイタリアの港湾都市で、南イタリアではナポリ次ぐ経済の中心地であり、同地で開催される映画祭は、8日間で7万5千人を動員する大きな文化イベントになっています。  この映画祭が、けっこう意欲的な映画祭であることはいろんな側面から窺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッチェ・ヨーロッパ映画祭2019 受賞結果

 南イタリアのレッチェ(地図でいうと靴底あたりに位置する都市)で開催されていた第20回レッチェ・ヨーロッパ映画祭(Festival del Cinema Europeo)(4月8日-13日)の受賞結果です。  プログラムは、ざっくり言うと、ヨーロッパ産の、イタリア未公開のクオリティー・フィルム(のコンペティション)と、ドキュメンタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア・ゴールデングローブ賞2019 ノミネーション発表!

 第59回イタリア・ゴールデングローブ賞のノミネーションが発表になりました。(6月4日)  ◆監督賞(Migliore Regia)  ・マルコ・ベロッキオ ”l traditore(The Traitor)”  ・マッテオ・ガローネ 『ドッグマン』  ・アリーチェ・ロルヴァケル 『幸福なラザロ』  前回まで作品賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナストロ・ダルジェント賞2019 ノミネーション!

 第73回ナストロ・ダルジェント賞のノミネーションが発表になりました。(5月30日) 【ナストロ・ダルジェント賞】  ナストロ・ダルジェント賞(Nastro d'Argento / シルバー・リボン賞)は、イタリアの映画批評家協会(The Sindacato Nazionale dei Giornalisti Cinemat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2019 コンペティション部門ラインナップ

 第54回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(6月28日-7月6日)のコンペティション部門ラインナップです。  【メイン・コンペティション部門】(Main competition)  ・“Monsoon”(英) 監督:ホン・カウ(Hong Khaou)  物語:Kitは、ベトナム系イギリス人で、ベトナム戦争中にベトナムを離れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Screen Internationalによる、カンヌ国際映画祭2019 星取表!

 Screen Internationalから、世界各国の10の媒体による、第72回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門の星取りが発表されています。  最高が★★★★で、最低が×です。  *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。  ↓ ↓ ↓ ↓    ↑ ↑ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Grand Bouquet/いま いちばん美しいあなたたちへ』 in カンヌ国際映画祭2019

 ・『Grand Bouquet/いま いちばん美しいあなたたちへ』“Grand Bouquet”(日) 監督:吉開菜央 [監督週間]  「この作品は,NTTの研究所の触覚技術を利用した「触覚映画(ハプティック・シネマ)」です.映画のプロットやシーン構成も,振動を与えるデヴァイスを装着して鑑賞することを前提に制作されています.触感覚を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[詳細] カンヌ国際映画祭2019 受賞結果!

 【コンペティション部門】  ・”Sorry We Missed You”(英・仏・ベルギー) 監督:ケン・ローチ  ・“Frankie”(仏・ポルトガル・ベルギー・米) 監督:アイラ・サックス  ・“Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西) 監督:ペドロ・アルモドバル  男優賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2019 受賞結果

 第64回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の受賞結果です。(ノミネーション発表は2月19日。結果発表は3月27日。)  ◆作品賞(Miglior film)  ◎『ドッグマン』“Dogman” 監督:マッテオ・ガローネ  ・『君の名前で僕を呼んで』 監督:ルカ・グァダニーノ  ・『幸せな感じ』“Euforia” 監督:ヴァレリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンフランシスコ国際映画祭2019 受賞結果

 第62回サンフランシスコ国際映画祭(4月10日-23日)の受賞結果です。  【サンフランシスコ国際映画祭】  サンフランシスコ国際映画祭は、中断なしに続いている映画祭としては、アメリカで最も古い映画祭で、毎年、2週間の開催期間中に、50カ国以上から集まった200本を超える作品が上映されています。  初期には、外国映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トライベッカ映画祭2019 受賞結果

 第18回トライベッカ映画祭(4月24日-5月5日)の受賞結果です。  トライベッカ映画祭は、同時多発テロの被害を受けて元気を失ってしまったニューヨークを、映画を通じて元気づけようという目的で2002年から始められた映画祭で、今年で18回目になります。  コンペ部門には、巨匠やベテラン、期待の新鋭などがこぞって作品を出品する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『典座 -TENZO-』 In カンヌ国際映画祭2019

 ・『典座 -TENZO-』“Tenzo”(日/59分) 監督:富田克也 [国際批評家週間]  禅宗の寺院において僧侶や参拝者の食事を司る役職「典座」に注目した作品。道元禅師による『典座教訓』を軸に「3.11」以降の日本における仏教の意義、信仰について探求する。全国曹洞宗青年会から依頼を受けて製作された作品。  出演:河口智賢、近藤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MTVムービー&TVアワード2019 ノミネーション

 2019 MTVムービー&TVアワードのノミネーションが発表になりました。(5月14日)    ◆映画部門 作品賞(BEST MOVIE)  ・『アベンジャーズ/エンドゲーム』  ・『ブラック・クランズマン』  ・『スパイダーマン: スパイダーバース』  ・『好きだった君へのラブレター』(Netflix)(監督:スーザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“Family Romance, LLC” in カンヌ国際映画祭2019

 ・“Family Romance, LLC”(日・独) 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク [スペシャル・スクリーニング]  出演:石井裕一、Mahiro Tanimoto、美貴、黒戌仁-クロ戌-  物語:ある男が行方知れずの若い少女の父親に成りすますために雇われる。  東京と青森で撮影された。キャストは非職業俳優。  カン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ国際映画祭2019 受賞結果

 例年、5月から6月にかけて開催されていたモスクワ国際映画祭は、前回、サッカー・ワールド・カップがロシアで開催されたため、会期をずらして前倒しで開催されたんですが、引き続き第41回の今年も4月の開催(4月18日-25日)になっています。  【メイン・コンペティション部門】  ・”My Polish Honeymoon(Lun…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『初恋』 in カンヌ国際映画祭2019

 ・『初恋』“First Love”(日・英) 監督:三池崇史 [監督週間]  出演:窪田正孝、小西桜子、大森南朋、染谷将太、内野聖陽、ベッキー、村上淳、塩見三省  物語:希有の才能を持つ、プロボクサー葛城レオが、負けるはずのない相手との試合でKO負けを喫したことから、人生の歯車が一気に狂う。彼は、その夜、コールガールで麻薬中毒者モ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国映画監督組合賞2019 受賞結果

 第10回中国電影導演協会(第十届中國电影导演协會)2018度表彰大会の受賞結果です。(4月26日)  中国電影導演協会表彰大会と言っても、馴染みがありませんが、わかりやすい日本語に置き換えると「中国映画監督組合賞」授賞式のことで、「中国電影導演協会」は英語では「China Film Di…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海映画批評家協会賞2019 受賞結果

 第27回上海映画批評家協会賞(上海影評人奨)の受賞結果です。(4月2日発表)  ◆映画理論&評論貢献賞  ◎陈犀禾(上海大学教授)  ◎周斌(复旦大学教授)  ◆新人男優賞(最佳新人男演员奖)  ◎『選ばれざる路/未択之路』“未择之路”(タン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京大学生電影節2019 受賞結果

 第26回北京大学生電影節(北京大学生映画祭)(4月7日-28日)の受賞結果です。  北京大学生電影節は、1993年から北京師範大学で行なわれている映画祭で、北京師範大学 北京市広播電影電視局(北京市ラジオ映画テレビ局)と北京師範大学 芸術与傳媒学院(芸術メディア学院)の主催で、中華人民共和国 国家広播電影電視総局(国家ラジオ映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京国際映画祭2019 受賞結果

 第9回北京国際映画祭(4月13日-20日)の受賞結果です。  【天壇奨コンペティション】(The Tiantan Awards competition)  ・“Trautmann(Keeper)”(英・独) 監督:マーカス・H・ローゼンミューラー( Marcus H. Rosenmüller)  ・『サンセット』(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港国際映画祭2019 受賞結果

 第43回香港国際映画祭(第43 届香港國際電影節/3月18日-4月1日)の受賞結果です。  今回からヤング・シネマ・コンペティション部門が、インターナショナル部門とチャイニーズ部門に分割になりました。  【ヤング・シネマ・インターナショナル・コンペティション部門】(Young Cinema International …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 コンペティション部門 星取表

 第72回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門の、フランスの媒体による星取表を書き出しておきます。  媒体数は例年と同じで15媒体。評価は、×から★、★★、★★★、★★★★までの5段階評価で、媒体によっては未見・無評価(-)の作品もあります。  評価が高い作品がそのままカンヌ国際映画祭で賞を与えられるということはありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイルドフラワー映画賞2019 受賞結果

 韓国のインディペンデント映画を応援することを目的として2014年にスタートした「ワイルドフラワー映画賞」の第6回の受賞結果です。(4月12日発表)  対象となったのは、2018年に韓国で劇場公開された低予算映画です。  選考のプロセスは明示されなくなったようですが、当初から特に変更されてないようであれば、「予算10億ウォン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全州国際映画祭2019 受賞結果

 第20回全州国際映画祭(5月2日-11日)の受賞結果が発表になりました。  【全州国際映画祭】  全州国際映画祭といえば、「三人三色」というプロジェクトで有名ですが、映画祭としては、有名な監督の作品や、既に高い評価を得ている作品を揃えるのではなく、無名でも野心的な若い映画作家の作品を積極的に紹介しようとしている映画祭、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ映画批評家賞2019 受賞結果

 ドイツ映画批評家賞2019の受賞結果です。(ノミネーション発表は1月23日、受賞結果は2月11日発表。)  ◆作品賞(Bester Spielfilm)  ◎“Das unmögliche Bild”(オーストリア・独) 監督:Sandra Wollner  ・“In My Room”(独・伊) 監督:ウルリッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more