テーマ:ロシア映画

モスクワ国際映画祭2019 受賞結果

 例年、5月から6月にかけて開催されていたモスクワ国際映画祭は、前回、サッカー・ワールド・カップがロシアで開催されたため、会期をずらして前倒しで開催されたんですが、引き続き第41回の今年も4月の開催(4月18日-25日)になっています。  【メイン・コンペティション部門】  ・”My Polish Honeymoon(Lun…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ国際映画祭2018 受賞結果

 第40回モスクワ国際映画祭(4月19日-26日)の受賞結果です。  例年、5月から6月にかけての大きな国際映画祭としては、カンヌ、トランシルヴァニア、上海、エジンバラ、モスクワ、カルロヴィ・ヴァリがこの順で開催され、モスクワ国際映画祭は6月下旬に開催されていました。ところが、今年は、サッカー・ワールド・カップがロシアで開催になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ国際映画祭2017 受賞結果!

 第39回モスクワ国際映画祭(6月22日-29日)の受賞結果です。  【メイン・コンペティション部門】  ◆作品賞(Main Prize “Golden George” For The Best Film)  ◎“Yuan Shang(Crested Ibis/塬上)”(中) 監督:Liang Qiao(&#…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ国際映画祭2017 コンペティション部門ラインナップ

 第39回モスクワ国際映画祭(6月22日-29日)のメイン・コンペティション部門ラインナップです。  ※審査員:レザ・ミルキャリミ、オルネラ・ムーティ、Jörn Johan Donner(フィンランドの監督、プロデューサー)、Albert Serra(スペインの監督)、アレクサンドル・アダバシャン(ロシアの監督、脚本家、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ国際映画祭2016 受賞結果!

 第38回モスクワ国際映画祭(6月23日-30日)の各賞が発表されました。  【コンペティション部門】  ・“Marie And The Misfits(Marie Et Les Naufragés)”(仏) 監督:セバスチャン・ベベデール(Sébastien Betbeder)  ・“The …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ国際映画祭2014 受賞結果!

 第36回モスクワ国際映画祭(6月19日-28日)の各賞が発表されました。  【コンペティション部門】  ※審査員:グレブ・パンフィーロフ(審査員長)、アブデラマン・シサコ、Franziska Petri(ドイツの女優)、レヴァン・コグアシュビリ(Levan Koguashvili)、ロラン・タニエール(Laurent …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ国際映画祭2014 コンペティション部門 ラインナップ!

 第36回モスクワ国際映画祭(6月19日-28日)のラインナップです。  【コンペティション部門】  ※審査員:グレブ・パンフィーロフ(審査員長)  ・“A Most Wanted Man”(英・米・独) 監督:アントン・コービン  出演:グレゴリー・ドブリギン、ロビン・ライト、レイチェル・マクアダムス、フィリップ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデン・イーグル賞(ロシア)2014 受賞結果!

 第12回ゴールデン・イーグル賞(премиюЗолотойорелвыглядит)(ロシア)の結果が発表になりました。(1月29日)  ゴールデン・イーグル賞は、2002年にニキータ・ミハルコフによって、アメリカのゴールデン・グローブ賞をモデルとして、設立された映画賞で、ロシア映画芸術科学アカデミー(The National …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデン・イーグル賞(ロシア)2014 ノミネーション発表!

 第12回ゴールデン・イーグル賞(премиюЗолотойорелвыглядит)(ロシア)のノミネーションが発表になりました。(12月29日)  ゴールデン・イーグル賞は、2002年にニキータ・ミハルコフによって、アメリカのゴールデン・グローブ賞をモデルとして、設立された映画賞で、ロシア映画芸術科学アカデミー(The Nat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ国際映画祭2013 受賞結果!

 第35回モスクワ国際映画祭(6月20日-29日)の各賞が発表されました。  【コンペティション部門】  ◆グランプリ(Main Prize“Golden George”for the best film)  ◎“Zerre(Particle)”(トルコ) 監督:Erdem Tepegöz  物語:イスタン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ国際映画祭2013 コンペティション部門 ラインナップ!

 第35回モスクワ国際映画祭(6月20日-29日)のラインナップです。  【コンペティション部門】  ※審査員:モフセン・マフマルバフ、ウルスラ・メイヤー、セルゲイ・ガルマッシュ(Serguey Garmash)(ウクライナ出身の男優)、ズラブ・キプシーゼ(Zurab Kipshidze)(グルジア出身の男優)、キム・ドンホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデン・イーグル賞(ロシア)2013 結果発表!

 第11回ゴールデン・イーグル賞(премиюЗолотойорелвыглядит)(ロシア)の結果が発表になりました。(1月25日発表)  ゴールデン・イーグル賞は、2002年にニキータ・ミハルコフによって、アメリカのゴールデン・グローブ賞をモデルとして、設立された映画賞で、ロシア映画芸術科学アカデミー(The Nationa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデン・イーグル賞(ロシア)2013 ノミネーション!

 第11回ゴールデン・イーグル賞(премиюЗолотойорелвыглядит)(ロシア)のノミネーションです。(12月29日発表)  ゴールデン・イーグル賞は、2002年にニキータ・ミハルコフによって、アメリカのゴールデン・グローブ賞をモデルとして、設立された映画賞で、ロシア映画芸術科学アカデミー(The National…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ国際映画祭2012 受賞結果!

 第34回モスクワ国際映画祭(6月21日-30日)の受賞結果―  【コンペティション部門】  ・“Junkhearts”(英) 監督:Tinge Krishnan  ・“O Apóstolo”(西) 監督:Fernando Cortizo  ・“A.C.A.B.”(伊) 監督:Stefano Solli…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロサワ、レオーネ、シャブロル、ベッソン、チリ映画 モスクワ国際映画祭2010 ラインナップ その2

 第32回モスクワ国際映画祭のラインナップの続きです。  ◆ヌーヴェルヴァーグ・フォーエバー(New Wave Forever)  ・“Film Socialisme”(2010/仏・スイス) 監督:ジャン=リュック・ゴダール  ・『気狂いピエロ』“Pierrot le fou”(1965/仏・伊) 監督:ジャン=リュック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ国際映画祭2009 受賞結果発表!

 第31回モスクワ国際映画祭の各賞の結果が発表され、映画祭が閉幕しました(6月28日)。  各賞の結果は以下の通りです。 --------------------------------  【コンペティション部門】  ◎グランプリ(Golden George):“Pete on the way to Heaven…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ国際映画祭2009 ラインナップ!

 第31回モスクワ国際映画祭が開幕になります(6月19日~28日)。  モスクワ国際映画祭は4大国際映画祭の1つとされながら、日本のマスコミでは、日本映画が賞を獲った時くらいにしか話題にしませんが、さすがにロシア映画界最大のイベントだけあって、スケールも大きく、上映作品数も尋常な数ではありません。  現時点でも全く話題になっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

見直してみたら、凄かった! 『春のめざめ』

 Google Videoで、アレクサンドル・ペトロフの『春のめざめ』を発見しました!  日本でのDVDリリースとほぼ時期を同じくして、動画が投稿されるというのは、全世界的にほぼ同じ時期にDVDがリリースされた(そしてその中でDVDを購入した誰かがGoogle Videoに動画を投稿した)ということなのでしょうか。  今…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

子を失った悲しみ 『雌牛』 アレクサンドル・ペトロフ

 DVD「アレクサンドル・ペトロフ作品集」で、ようやくアレクサンドル・ペトロフのデビュー作『雌牛』を観ることができました。  この作品は、日本では、おそらく広島国際アニメーションフェスティバルで上映されただけであり、しかもその時は日本語字幕なしでの上映だったはずなので、日本語字幕つきでは今回が初めてだと思われます。  【物語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレクサンドル・ペトロフ 『おかしな男の夢』

 『春のめざめ』のアレクサンドル・ペトロフの第2作『おかしな男の夢』。  見つけた動画は、台詞がロシア語で、日本語字幕がついていないものだったので、よく意味が汲み取れない部分があり、鑑賞の手助けとなるような作品紹介の記事がどこかにないかなあと思って調べていたら、この作品が収録されたDVD『アレクサンドル・ペトロフ作品集』が来週7月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジブリというよりも、ペトロフの名前を! 『春のめざめ』

 遅ればせながら、映画『春のめざめ』を観てきました。  当ブログでは、「tantano 短編映画を楽しむ」というカテゴリーで、監督アレクサンドル・ペトロフの関連の作品をいくつか紹介していますが、現在もっともアクセス数の多いのが、実は、ペトロフ監督の『マーメイド』で、他の作品に比べてアクセス数がずば抜けています。どう考えてもジブリ・…
トラックバック:4
コメント:5

続きを読むread more

モスクワのミッキーマウス 『マラソン』

 ロイ・ディズニーが1988年にモスクワを訪れた際に、歓迎の意味で作られた作品。テーマは、ミッキーマウス生誕60周年だそうです。    この作品で伝えたいことは、一所懸命走り続けても、人間だと60年もすれば息切れしてしまうのに対して、ミッキーは、時代を超えて、子々孫々まで愛され続けていく、ということで、これは、ロシア側(この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油絵という表現手段が引き出す作品の魅力 アレクサンドル・ペトロフ 『老人と海』

 2000年、米国アカデミー賞短編アニメーション賞受賞作品。  『マーメイド』『春のめざめ』のアレクサンドル・ペトロフ監督による『老人と海』です。  You Tubeにアップされている動画は、なぜか約10分ずつに2分割されています。  台詞が英語なのと、20分という長さがあることで、観るのにちょっと億劫になってしまいま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

アレクサンドル・ペトロフがアート・ディレクターを務めた作品 “Welcome”

 『春のめざめ』『マーメイド』のアレクサンドル・ペトロフ監督がアート・ディレクターを務めた1986年の作品。  【物語】 ムースの前に虫が現れる。「その大きな角の上に乗せてくれないかな」  ムースは喜んで虫を角の上に乗せてあげる。  ムースがどんどん歩いていくと目の前に蜘蛛の巣が現れる。  蜘蛛は角の上に乗っかって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジブリも絶賛! アレクサンドル・ペトロフ 『マーメイド』

 スタジオジブリ(三鷹の森ジブリ美術館)が世界のアニメーションを紹介していくことになったというのがニュースで報じられましたが、そのプログラムの第一弾がアレクサンドル・ペトロフ監督の『春のめざめ』(2007年3月劇場公開)で、今回ここでご紹介するのがペトロフの1997年の作品『マーメイド』です。   中古車・中古車情報・中古車販売…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

『ナイト・ウォッチ』、または、『大統領のカウントダウン』

 前の記事のタイトルを「ロシアン・ニューウェイブ到来!」として、「ロシアン・ニューウェイブ到来!?」としなかったのは、確かにロシアン・ニューウェイブが来ているらしいと感じられるからですね。  前の記事では、ロシアン・ニューウェイブ前史について書いたので、ここでは、『ナイト・ウォッチ』と『大統領のカウントダウン』から、少しロシアン・ニュ…
トラックバック:23
コメント:2

続きを読むread more

ロシア・ニューウェイブ到来!

 ロシア映画のニューウェイブ『ナイト・ウォッチ』と『大統領のカウントダウン』が相次いで劇場公開されたのに合わせて、2001年以降に公開されたロシア映画をリストアップしてみました。  何故2001年以降かというと、ネーヤ・ゾールカヤ著『ソヴェート映画史 七つの時代』(ロシア映画社刊)に、巻末資料として、1927年以降に日本で公開されたソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more