テーマ:映画レビュー

心を揺さぶられる 『愛は一切に勝つ』 タン・チュイムイ

 <ヤスミン・アハマドとマレーシア新潮>で上映された作品のうち、タン・チュイムイ監督の『愛は一切に勝つ』について、メモを残しておきたいと思います。 --------------------------------  【物語】  バスの中。  窓側の席に老人が座り、通路側の席にピンが座っている。老人は、隣のピンに「具合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名シーンがいっぱい! 『青空のゆくえ』

 『ルート225』を観た後で、多部未華子の出演作を押さえるためにDVDで『青空のゆくえ』を観たんですが、これが期待を遥かに超える佳作でした!映画館で観れば、きっと「見つけちゃった感」のある作品になったと思いますね。それほどよかったんです。  2005年度のキネ旬のベストテンでこの作品を選んでいる人はたった1人しかいませんでしたが(たぶ…
トラックバック:15
コメント:12

続きを読むread more

『単騎、千里を走る』公開記念! 『LOVERS』って×××じゃないの?

 どこに発表するという当てもなく、映画公開当時に書いた『LOVERS』に関する短文ありました。  「短文」と書いたのは、「映画評」などと大げさな前フリはしたくないからなんですが……。ちょうどチャン・イーモウ監督の最新作『単騎、千里を走る』が劇場公開されるのを記念して、ここらでちょっと蔵出ししてみたいと思います。  当ブログでは、最新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踊る映画館?! テアトル石和

 甥っ子と2人でテアトル石和(中央本線・石和温泉駅下車)で『交渉人真下正義』『容疑者室井慎次』という2本立てを観ました。  へえ~、珍しいなと思うのは、東宝系作品を2本立てで組むっていうことは、東京都内の映画館(名画座)でもめったにないことだからなんですね。東宝系作品は、名画座に下りてくること自体稀だし、あっても2本立てで上映されるな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more