テーマ:インド映画

ムンバイ映画祭2018 受賞結果!

 第20回ムンバイ映画祭(10月25日-11月1日)の受賞結果です。  【ムンバイ映画祭】  ムンバイ映画祭は、インド映画を中心にした映画祭で、4つのコンペティション部門と、常設部門、および、特集という構成で成り立っています。  主なプログラムは以下の通り。  [コンペティション部門]  ・インターナショナル・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムンバイ映画祭2017 受賞結果!

 第19回ムンバイ映画祭(10月12日‐18日)の受賞結果です。  【ムンバイ映画祭】  ムンバイ映画祭は、インド映画を中心にした映画祭で、4つのコンペティション部門と、常設部門、および、特集という構成で成り立っています。  主なプログラムは以下の通り。  [コンペティション部門]  ・インターナショナル・コン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムンバイ映画祭2016 受賞結果!

 第18回ムンバイ映画祭(10月10日‐27日)の受賞結果です。  【ムンバイ映画祭】  ムンバイ映画祭は、インド映画を中心にした映画祭で、4つのコンペティション部門と、常設部門、および、特集という構成で成り立っています。  主なプログラムは以下の通り。  [コンペティション部門]  ・インターナショナル・コン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド・フィルムフェア賞2014 結果発表!

 第59回Ideaフィルムフェア賞の結果が発表されました。(1月24日。ノミネーション発表は1月13日。)  フィルムフェア賞は、ヒンディー映画界の5つのイベントの中で、最も古く重要なものの1つで、インド最大のメディア・グループ、ザ・タイムズ・グループが主催しているもので(“Filmfare”という雑誌もあります)、インド映画賞と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

注目作続々! ムンバイ映画祭2013 受賞結果!

 第15回ムンバイ映画祭(10月17日-24日)の各賞が発表されました。  【ムンバイ映画祭】  ムンバイ映画祭は、初監督作品を対象とするインターナショナル・コンペティションと、アウト・オブ・コンペティション部門(Above the Cut部門)、および、インド映画を対象とする2つのコンペティション部門と4つのノン・コンペテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド・フィルムフェア賞2013 結果発表!

 第58回Ideaフィルムフェア賞(インド)の受賞結果が発表されました。(1月20日)  フィルムフェア賞は、ヒンディー映画界の5つのイベントの中で、最も古く重要なものの1つで、インド最大のメディア・グループ、ザ・タイムズ・グループが主催しているもので(“Filmfare”という雑誌もあります)、インド映画賞と同じく1954年にス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド・フィルムフェア賞2013 ノミネーション発表!

 第58回Ideaフィルムフェア賞(インド)のノミネーションが発表されました。(1月13日)  フィルムフェア賞は、ヒンディー映画界の5つのイベントの中で、最も古く重要なものの1つで、インド最大のメディア・グループ、ザ・タイムズ・グループが主催しているもので(“Filmfare”という雑誌もあります)、インド映画賞と同じく1954…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年を代表する作品がいっぱい! ムンバイ映画祭2012 受賞結果!

 第14回ムンバイ映画祭(10月18日-25日)の各賞が発表されました。  ムンバイ映画祭は、決してプレミア度を競うような映画祭ではなくて、コンペティション部門出品作品も既にどこかの映画祭で上映されたり、受賞したりした作品ばかりですが、2012年を代表するような、若くて意欲的なフィルムメーカーたちの作品がたくさんラインナップの中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スター・スクリーン・アワード(インド)2011 発表!

 インドの映画賞、第17回スター・スクリーン・アワードが発表されました。(1月6日)  「スター・スクリーン・アワード」と言っても、まるでなじみがありませんが、1994年にThe Express Group(7言語、35バージョン、1900万人の読者を持つ1932年創業の新聞“The Express”の発行元)の会長Viveck …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第11回国際インドアカデミー賞!

 何となくタイミングを失してしまい、記事にするのが遅れてしまいましたが、第11回国際インド映画アカデミー賞(IIFA:International Indian Film Academy)の受賞結果を書き出しておきたいと思います。(発表は6月5日)  国際インド映画アカデミー賞というのは、インド映画(ボリウッド映画=ムンバイで製作さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

助演女優賞のKalkiがかわいい! 第55回 インド・フィルムフェア賞発表!

 インド・フィルムフェア賞が発表されました。  フィルムフェア賞は、ヒンディー映画界の5つのイベントの中で、最も古く重要なものの1つで、インド最大のメディア・グループ、ザ・タイムズ・グループが主催しているもので(“Filmfare”という雑誌もあります)、インド映画賞と同じく1954年にスタートし、1956年以降、一般と専門家の投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第56回インド映画賞発表!

 第56回インド映画賞(56th National Film Awards)が発表になりました。(1月23日)  インド映画賞は、インドで最も伝統のある映画賞で、1954年に設立されています。  1973年以降は、インド政府映画祭局(Indian government's Directorate of Film Festiv…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムンバイ映画祭2009 受賞結果発表!

 第11回ムンバイ映画祭(10月29日~11月5日)の受賞結果――  ◆インターナショナル・コンペティション(対象は初監督作品のみ)  ○“Applause (Applaus)”(デンマーク) 監督:Martin Pieter Zandvliet 女優賞(Paprika Steen)  ○“Gigante”(ウルグアイ・独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボリウッド・アカデミー賞2009 発表!

 国際インド映画アカデミー賞(IIFA:International Indian Film Academy)2009の受賞結果が発表になりました(6月14日)。  国際インド映画アカデミー賞というのは、インド映画(ボリウッド映画=ムンバイで製作されるヒンディー語映画)に関する年間ベストをインターナショナル規模で選ぼうという趣旨の映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more