テーマ:エレン・ペイジ

なるほど! これがアカデミー賞! 『JUNO/ジュノ』のスクリプトから22のシーン

 『JUNO/ジュノ』の脚本より、面白いと思った箇所を抜き出して、和訳をつけてみました。  脚本自体はいくつかのサイトで読むことができます。例えば、下のサイト。  http://www.ellen-page.net/presskits/Juno_Script.pdf  これ↑はスクリプトのファイナル版ですが、現場で変えられた箇所も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もっと映画『JUNO/ジュノ』を楽しむための8項目!

 ◆『JUNO/ジュノ』各国ポスター集  上段左から日本版、アメリカ版、フランス版、ドイツ版、(下段左から)韓国版、香港版、スペイン版、台湾版  ◆映画『JUNO/ジュノ』に関するトリビア  ・ジュノが好きな音楽として、キミヤ・ドーソンとモルディ・ピーチズを提案したのは、エレン・ペイジ。  ・映画で使われてい…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

エレン・ペイジはお笑いがお好き! サタデー・ナイト・ライブより『ミラー』

 エレン・ペイジは、『JUNO/ジュノ』で大きな注目を浴びたこともあって、2008年3月1日放映の「サタデー・ナイト・ライブ」のホスト役に抜擢され、コントやトークなどに挑戦しています(ゲストは、ヒラリー・クリントン、ルドルフ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長ほか)。  下は、その中で披露されたコント(“Digital Short”と題さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

注目! ディアブロ・コーディー!

 今年の米国アカデミー賞で、ヴィジュアル的に最も目を引いたのは、主演女優賞を受賞したマリオン・コティヤールでも、妊娠中のニコール・キッドマンやケイト・ブランシェット、ジェシカ・アルバでもなくて、豹柄ドレスとビキニ娘のタトゥー(右肩)で、女優陣以上に「私を見て!」と無言で(?)アピールしていた脚本賞受賞のディアブロ・コーディーでした。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

新たなる才能発見? 『ハードキャンディ』

 いろいろ調べていてわかったんですが、ジャンルで言うと、“cat-and-mouse psychotic thriller”ということになるようですね、この映画。どっちがネコでどっちがネズミかっていうことは言うまでもないことだと思うんですが、「窮鼠猫を噛む」という表現もありますから、なんだか言い得て妙ですね。  “cat-and-mo…
トラックバック:31
コメント:14

続きを読むread more