テーマ:ベルリン国際映画祭

ベルリン国際映画祭2020 受賞結果!

 第70回ベルリン国際映画祭の受賞結果です。  【コンペティション部門】  ・“The Roads Not Taken”(英・米・スウェーデン) 監督:サリー・ポッター  ・“Effacer l'historique (Delete History)”(仏・ベルギー) 監督:ブノワ・ドゥレピーヌ(Benoît Delé…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君こそスターだ! シューティング・スター2020!

 本年度のEFPシューティング・スターの授賞式が、ベルリン国際映画祭で行なわれました。  【シューティング・スター】  シューティング・スター(The Shooting Stars)というのは、ヨーロッパ映画界に登場したニュー・スターをいち早く取り上げて紹介しつつ、彼らの栄光を讃え、これを今後のステップ・アップに役立ててもらおう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2020 星取表

 第70回ベルリン国際映画祭(2月21日-3月1日)のコンペティション部門の星取表です。  個々のサイトでの星取りは星5つ(★★★★★)が最高で、星1つが最低になっています。  おそらく、すべての作品について、媒体ごとにまんべんなく星取りが拾えるとも思えないので、行き当たりばったりみたいな表になるかとは思いますが、各作品の相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2020 コンペティション部門ラインナップ!

 第70回ベルリン国際映画祭(2月20日-3月1日)のコンペティション部門のラインナップです。  ・“The Roads Not Taken”(英・米・スウェーデン) 監督:サリー・ポッター  ・“Effacer l'historique (Delete History)”(仏・ベルギー) 監督:ブノワ・ドゥレピーヌ(Benoî…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Screen Internationalによる、ベルリン国際映画祭2019 星取表!

 Screen Internationalから、世界各国の8つの媒体による、第69回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門の星取り(最終)が発表されています。  *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。              ↓ ↓ ↓ ↓           …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君こそスターだ!シューティング・スター授賞式@ベルリン国際映画祭2019

 シューティング・スター2019(The Shooting Stars2019)のプレス・プレゼンテーションが行なわれました。(2月9日)  【シューティング・スター】  シューティング・スター(The Shooting Stars)というのは、ヨーロッパ映画界に登場したニュー・スターをいち早く取り上げて紹介しつつ、彼らの栄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2019 コンペティション部門 星取表!

 第69回ベルリン国際映画祭(2月7日-17日)のコンペティション部門の星取表です。  個々のサイトでの星取りは星5つ(★★★★★)が最高で、星1つが最低になっています。  おそらく、すべての作品について、媒体ごとにまんべんなく星取りが拾えるとも思えないので、行き当たりばったりみたいな表になるかとは思いますが、各作品の相対的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2019 コンペティション部門の傾向と予想!

 【コンペティション部門の傾向と予想】  【選出された国や地域】  ・イギリス、アイルランド、ポルトガル、オランダ、スイス、チェコ、スロヴァキア、マケドニア以外のバルカン諸国、ロシア、イスラエル以外の中東、南アジア、東南アジア、台湾、香港、韓国、日本、オセアニア、アメリカ、中南米、アフリカからの選出はありませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2019 ジェネレーション部門、ドイツ映画部門、短編部門、他

 【ジェネレーション部門】  【ジェネレーション Kplus部門】  ※ジェネレーション Kplus インターナショナル審査員  カミラ・アンディニ(インドネシアの映画監督)、ティルダ・コブハム・ハーベイ(Tilda Cobham-Hervey:オーストラリアの男優)、イェジ・モシュコヴィッチ(Jerzy Moszko…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2019 ベルリナーレ・スペシャル、パノラマ部門、フォーラム部門

 第69回ベルリン国際映画祭(2月7日-17日)のコンペティション部門のラインナップです。  【アウト・オブ・コンペティション部門】 6作品  ・“L'adieu à la nuit (Farewell to the Night)”(仏) 監督:アンドレ・テシネ [WP]  ・“Varda par Agn&e…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金熊賞 1951~2018!

 本年度の金熊賞受賞作品が、第1回作品も併せて受賞したということから、第1回作品賞を受賞している金熊賞受賞作品は、他にもあるのかとかが気になって、そもそも初監督長編で金熊賞を受賞している作品はどのくらいあるのかとか、金熊賞を受賞している女性監督はどのくらいいるのかなど、過去の金熊賞受賞作品について調べてみました。  2018年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Screen Internationalによる、ベルリン国際映画祭2018 星取表!

 Screen Internationalから、世界各国の7つの媒体による、第68回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門の星取り(最終)が発表されています。  これらの星取りが、(個人的な好みは別としての)プロの映画批評家としての鑑識眼によるものなのか、主観的で個人的な好みによるものなのかはわかりませんが、メディアによる評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2018 受賞結果

 第68回ベルリン国際映画祭の各賞が発表になりました。  【コンペティション部門】  ・“La prière (The Prayer)”(仏) 監督:セドリック・カーン  男優賞(銀熊賞:Anthony Bajon)  ・“Eva”(仏・ベルギー) 監督:ブノワ・ジャコー  ・“Figli…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大杉漣による、大杉漣のための、ベルリン国際映画祭2018!

 『フォーラム部門』  ◆ピンク・トリビュート・トゥ・佐藤啓子(A Pink Tribute to Keiko Sato)  ・『変態家族 兄貴の嫁さん』“Abnormal Family”(1984/日) 監督:周防正行  偶然とか、運命とか。  私が初めて『変態家族 兄貴の嫁さん』を観たのは、大井武蔵野館で第一回周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリック・クー 『ラーメン・テー』 in ベルリン国際映画祭2018

 【第12回カリナリー・シネマ】  ・『ラーメン・テー』“Ramen Teh(情牽拉麵茶)”(シンガポール・日・仏) 監督:エリック・クー [WP]  斎藤工、松田聖子、別所哲也、伊原剛志ら出演。  【物語】  マサト(斎藤工)は、日本の高崎で、ラーメン・シェフをしている。彼は、親密ではなかった父親が突然死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あみこ』 in ベルリン国際映画祭2018

 【フォーラム部門】  ・『あみこ』“Amiko”(日) 監督:山中瑶子 [IP]  ・Moeko Mizoguchi、山中瑶子監督 --------------------------------  *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。  ↓ ↓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Blue Wind Blows』 in ベルリン国際映画祭2018

 【ジェネレーション Kplus部門】、【Berlinale Goes Kiez部門】  ・『Blue Wind Blows』“Blue Wind Blows”(日) 監督:富名哲也 [WP][第1回作品賞対象作品]  ・畠中美奈プロデューサー、田中日月、富名哲也監督、田中椿、内田也哉子  ・田中椿、畠中美奈プロデュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キム・ギドク “Human, Space, Time and Human” in ベルリン国際映画祭

 【パノラマ部門】  [パノラマ・スペシャル]  ・“Human, Space, Time and Human(Inkan , gongkan, sikan grigo inkan )”(韓) 監督:キム・ギドク [WP]  出演:藤井美菜、チャン・グンソク、アン・ソンギ、イ・ソンジェ、リュ・スンボム、ソン・ギユン、オダギリジョー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『予兆 散歩する侵略者 劇場版』 in ベルリン国際映画祭2018

 【パノラマ・スペシャル】  ・『予兆 散歩する侵略者 劇場版』“Foreboding”(日) 監督:黒沢清  プレス・カンファレンス等の催しは、初回上映時の17日ではなく、2回目の上映時の21日に設けられていたようです。  [プレス・カンファレンス]  [PHOTO CALL] …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小津安二郎 『東京暮色』 4K DCP デジタル修復版ワールド・プレミア in ベルリン

 第68回ベルリン国際映画祭で、小津安二郎監督の『東京暮色』が、4K DCP デジタル修復版でワールド・プレミアされました。(2月17日)  【ベルリナーレ・クラシックス】  ・『東京暮色』“Tokyo Twilight”(1957/日) 監督:小津安二郎 Presented by ヴィム・ヴェンダース [4K DCP デジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君こそスターだ!シューティング・スター授賞式@ベルリン国際映画祭2018

 シューティング・スター2018(The Shooting Stars2018)のプレス・プレゼンテーションが行なわれました。(2月17日)  【シューティング・スター】  シューティング・スター(The Shooting Stars)というのは、ヨーロッパ映画界に登場したニュー・スターをいち早く取り上げて紹介しつつ、彼らの栄光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more