ブラック・リール・アワード 2019 受賞結果

 第19回ブラック・リール・アワードの受賞結果です。(2月7日発表)  ブラック・リール・アワードは、黒人の、映画やテレビにおける業績を認め、讃えるための賞で、非営利団体FAAAF(The Foundation for the Augmentation of African-Americans in Film)によって運営されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデン・リール賞(音響編集賞)2019 受賞結果

 第66回ゴールデン・リール賞(Golden Reel Award/MPSE:Motion Picture Sound Editors)の受賞結果が発表されました。(2月17日)  【ゴールデン・リール賞】  ゴールデン・リール賞と言っても、全然なじみがありませんが、音響編集部門に特化した映画賞で、スタートは1954年(19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレンチ・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー2019 発表!

 第12 回ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞の受賞者が発表されました。(2月18日発表)  ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞(Prix Daniel Toscan du Plantier)は、故ダニエル・トスカン・デュ・プランティエにちなんで、2008年より設けられたもので、前年度に著しい業績を残したと見なされるフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米・映画音響協会賞2019 受賞結果!

 第26回米・映画音響協会賞の受賞結果が発表になりました。(2月16 日)  【米・映画音響協会(CAS:Cinema Audio Society)】  1964年創立という歴史あるアメリカのミキサーの団体で、550名のミキサーが所属しています。  アメリカの映画・テレビ業界の約半数がここに属していて、映画のエンドロールで、名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Screen Internationalによる、ベルリン国際映画祭2019 星取表!

 Screen Internationalから、世界各国の8つの媒体による、第69回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門の星取り(最終)が発表されています。  *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。              ↓ ↓ ↓ ↓           …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンリ・ラングロワ賞2019 受賞結果 [復活]

 第12回アンリ・ラングロワ賞の受賞結果です。(1月22日発表)  【アンリ・ラングロワ賞】  アンリ・ラングロワ(1914~77)は、シネマテーク・フランセーズの創設者で、アンリ・ラングロワ賞は、2006年に開催された、映画遺産と映画修復に関する国際ミーティングin ヴァンセーヌ(Rencontres internationa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス映画界が選ぶ、2018年度最優秀映画プロデューサーは―

 第12 回ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞のファイナリストです。(1月30日発表)  ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞(Prix Daniel Toscan du Plantier)は、故ダニエル・トスカン・デュ・プランティエにちなんで、2008年より設けられたもので、前年度に著しい業績を残したと見なされるフラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス映画トロフィー2019

 フランスの映画業界専門誌“Le film français”が選出する、第26回フランス映画トロフィー(26èmes Trophées du Film français)が発表されました。(2月5日)  この賞には、興行成績によって自動的に決まる部門もありますが、審査員によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターナショナル・シネファイル・ソサイエティル賞2019 『万引き家族』が3部門

 第16回インターナショナル・シネファイル・ソサイエティー賞の受賞結果です。(2月3日発表)  【インターナショナル・シネファイル・ソサエティー賞】  インターナショナル・シネファイル・ソサイエティー賞(ICS:International Cinephile Society Award)は、オンラインで行なわれるインディペン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MCNのオスカー2019予想 11部門 [2019年2月上旬]

 米国アカデミー賞2019の、MCN(Movie City News)による、最新オスカー予想(Gurus o’ Gold)11部門が発表されました。(2月6日)  ◆作品賞  1位:『ROMA/ローマ』 92ポイント(12票)  2位:『グリーンブック』 83ポイント(12票)  3位『ブラック・クランズマン』 58ポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本年度も脚色賞の行方は? USCスクリプター2019 受賞結果

 第31回USCスクリプターの受賞結果:が発表になりました。(2月9日)  USC スクリプターとは、正しくは、南カリフォルニア大学図書館スクリプター賞(The University of Southern California (USC) Libraries Scripter Award)のことで、南カリフォルニア大学図書館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米・撮影監督協会賞(ASC)2019 受賞結果!

 第33回米・撮影監督協会賞(ASC)の受賞結果が発表になりました。(2月9日発表。ノミネーション発表は1月7日)  【映画部門】  ◆劇場公開作品部門(Theatrical Release)  ◎ウカシュ・ジャル(Lukasz Zal) 『COLD WAR あの歌、2つの心』  ・アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BAFTA英国アカデミー賞2019 受賞結果!

 第72回BAFTA英国アカデミー賞の受賞結果が発表されました(2月10日)。  ◆作品賞(Best Film)  ・『ブラック・クランズマン』(米) ショーン・マッキトリック(Sean McKittrick)、ジェイソン・ブラム(Jason Blum)、レイモンド・マンスフィールド(Raymond Mansfield)、ジョー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“37 Seconds”、『ウィーアーリトルゾンビーズ』 in ベルリン国際映画祭2019

 【パノラマ部門】  ・“37 Seconds”(日) 監督:HIKARI [WP] 2/9、2/10、2/11、2/14、2/17  上右がHIKARI監督、下左が主演の佳山明、上左が大東駿介、前右が映画祭ディレクターDieter Kosslick。  ※HIKARI監督のInstagram: https://w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君こそスターだ!シューティング・スター授賞式@ベルリン国際映画祭2019

 シューティング・スター2019(The Shooting Stars2019)のプレス・プレゼンテーションが行なわれました。(2月9日)  【シューティング・スター】  シューティング・スター(The Shooting Stars)というのは、ヨーロッパ映画界に登場したニュー・スターをいち早く取り上げて紹介しつつ、彼らの栄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンタバーバラ国際映画祭2019 Celebrity Tributes

 サンタバーバラ国際映画祭は、全米映画賞レース開催期間中の映画祭として、(パームスプリングス国際映画祭と同様に)昨年活躍した映画人に賞を与えるという催しを行なっていて、その受賞者は、前年末から発表されています。  彼らの表彰は、映画祭期間中にバラバラの日程で行なわれ、映画祭に華を添えています。  第34回サンタバーバラ国際映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2019 コンペティション部門 星取表!

 第69回ベルリン国際映画祭(2月7日-17日)のコンペティション部門の星取表です。  個々のサイトでの星取りは星5つ(★★★★★)が最高で、星1つが最低になっています。  おそらく、すべての作品について、媒体ごとにまんべんなく星取りが拾えるとも思えないので、行き当たりばったりみたいな表になるかとは思いますが、各作品の相対的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2019 コンペティション部門の傾向と予想!

 【コンペティション部門の傾向と予想】  【選出された国や地域】  ・イギリス、アイルランド、ポルトガル、オランダ、スイス、チェコ、スロヴァキア、マケドニア以外のバルカン諸国、ロシア、イスラエル以外の中東、南アジア、東南アジア、台湾、香港、韓国、日本、オセアニア、アメリカ、中南米、アフリカからの選出はありませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2019 ジェネレーション部門、ドイツ映画部門、短編部門、他

 【ジェネレーション部門】  【ジェネレーション Kplus部門】  ※ジェネレーション Kplus インターナショナル審査員  カミラ・アンディニ(インドネシアの映画監督)、ティルダ・コブハム・ハーベイ(Tilda Cobham-Hervey:オーストラリアの男優)、イェジ・モシュコヴィッチ(Jerzy Moszko…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2019 ベルリナーレ・スペシャル、パノラマ部門、フォーラム部門

 第69回ベルリン国際映画祭(2月7日-17日)のコンペティション部門のラインナップです。  【アウト・オブ・コンペティション部門】 6作品  ・“L'adieu à la nuit (Farewell to the Night)”(仏) 監督:アンドレ・テシネ [WP]  ・“Varda par Agn&e…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュミエール賞2019 受賞結果!

 外国人記者によるフランス映画の映画賞(フランス版ゴールデン・グローブ賞のようなもの)、第24回リュミエール賞の受賞結果が発表になりました。(2月4日発表)  ◆作品賞(Film)  ・『アマンダと僕』“Amanda”(仏) 監督:ミカエル・アース(Mikhaël Hers)  ◎“Les Frè…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴヤ賞2019 受賞結果!

 第33回ゴヤ賞の受賞結果が発表になりました。(2月2日発表)  ◆作品賞(Mejor película)  ◎“Campeones(Champions)”(西) 監督:ハビエル・フェセル  ・『カルメン&ロラ』“Carmen y Lola(Carmen & Lola)”(西) 監督:アランチャ・エチェバリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米・美術監督組合賞(ADG)2019 受賞結果!

 第23回美術監督組合賞(ADG)の受賞結果が発表されました。(2月2日)  【映画カテゴリー】(Excellence In Production Design For A Feature Film)  ◆歴史もの映画部門(Period Film)  ◎『女王陛下のお気に入り』 プロダクション・デザイナー:フィオナ・クロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米・映画編集者賞 2019 受賞結果

 第69回米・映画編集者賞(ACE:American Cinema Editors/Eddie)の受賞結果が発表になりました。(2月1日)  【映画部門】 `  ◆ドラマ部門(Best Edited Feature Film (Dramatic))  ◎『ボヘミアン・ラプソディ』 ジョン・オットマン(John Ottman)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2019 ノミニーズ・ランチョン(続き)

 ◆オリジナル作曲賞  ・『ブラック・クランズマン』 テレンス・ブランチャード(Terence Blanchard)  ・『ブラックパンサー』 ルドウィグ・ゴランソン(Ludwig Goransson)  ・『ビール・ストリートの恋人たち』 ニコラス・ブリテル  ・『犬ヶ島』 アレクサンドル・デプラ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出席する人、しない人 米国アカデミー賞2019 ノミンーズ・ランチョン!

 第91回米国アカデミー賞のノミニーズ・ランチョンが行なわれました。(2月4日)  ◆作品賞  ・『ブラックパンサー』 ケヴィン・ファイギ(Kevin Feige)。  ・『ブラック・クランズマン』 ショーン・マッキトリック(Sean McKittrick)、  ジェイソン・ブラム(Jason Blum)、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米・監督組合賞(DGA)2019 受賞結果!

 第71回米・監督組合賞(DGA)の受賞結果が発表されました。(2月3日)  【映画部門】(Film)  ※ここでは監督名のみ挙げていますが、実際は、各作品の演出チームに属する個人(ユニット・プロダクション・マネージャーやアシスタント・ディレクターなど)数名がノミネートされています。  ◆長編映画部門(Outstand…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニー賞2019受賞結果! 『未来のミライ』も受賞!

 第46回アニー賞が発表になりました。(2月3日。ノミネーション発表は12月3日)  ※各部門の呼称には、Annie Award for~がつけられるようになったようです。  【映画部門】  ◆最優秀長編アニメーション賞(Annie Award for Best Animated Feature)  ◎『スパイダーマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サンダンス映画祭2019 受賞結果! 日本からも受賞!

 第35回サンダンス映画祭(1月24日-2月3日)の各賞が発表になりました。  【USドラマ・コンペティション部門】  ◆グランプリ(The U. S. Grand Jury Prize)  ◎“Clemency”(米) 監督:Chinonye Chukwu  ◆監督賞  ◎“The Last Black Ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MCNのオスカー2019予想 8部門 【ノミネーション発表後】

 米国アカデミー賞2019ノミネーション発表後の、MCN(Movie City News)による、オスカー予想(Gurus o’ Gold)8部門が発表されました。(1月25日)  ◆作品賞  1位:『ROMA/ローマ』 76ポイント(10票)  2位:『グリーンブック』 60ポイント(10票)  3位:『ブラック・クラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロトゥルーディス賞2019 ノミネーション発表!『万引き家族』が5部門

 第25回クロトゥルーディス賞のノミネーションが発表されました。(1月30日)  【クロトゥルーディス賞】  クロトゥルーディス賞というのは、ボストンにある非営利団体クロトゥルーディス協会(Chlotrudis Society for Independent Film)が出している年刊の映画賞です。  クロトゥルーディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーストリア映画賞2019 受賞結果!

 第9回オーストリア映画賞(Österreichischen Filmpreis/Austrian Film Award)の受賞結果が発表されました。(1月30日)  ◆作品賞(Bester Spielfilm)  ・“Angelo”(オーストリア・ルクセンブルク) 監督:マルクス・シュラインツァー(Markus …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先進映像協会が選ぶ、ルミエール賞2019 受賞結果!

 ルミエール賞2019が発表されました。(1月30日)  この賞は、国際3D協会によって“Lumiere Awards”として創設されていながら、第2回以降「3Dクリエイティヴ・アーツ・アワード」(3D Creative Arts Awards)と名乗っていたんですが、前々回からまた「ルミエール賞」を正式名称として名乗るようになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スウェーデン・アカデミー賞(Guldbagge Awards)受賞結果!『万引き家族』が外国語映画賞

 第54回スウェーデン・アカデミー賞(Guldbagge Awards(ゴールデン・ビートル賞/スウェーデン映画協会賞))の受賞結果が発表になりました。(1月28日。ノミネーションの発表は1月3日)  ◆作品賞(Bästa film)  ◎“Gräns(Border)”(スウェーデン・デンマーク) 監督:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セザール賞2019 ノミネーション! 『万引き家族』も!

 第44回セザール賞のノミネーションが発表になりました。(1月23日)  ◆作品賞(Meilleur film)  ・『あなたはまだ帰ってこない』“La Douleur”(仏) 監督:エマニュエル・フィンキエル プロデューサー:Julien Deris、マルク・デュジャルダン(Marc Dujardin)、Etienne …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2019 コンペティション部門 ラインナップ!

 第69回ベルリン国際映画祭(2月7日-17日)のコンペティション部門のラインナップです。  【コンペティション部門】  ・“Elisa y Marcela (Elisa & Marcela)”(西) 監督:イザベル・コイシェ  ・“Grâce à Dieu (By the Grace of God)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳優組合賞(SAG)2019 受賞結果!!!

 第25回米・俳優組合賞(SAG)の受賞結果が発表されました。(1月27日)  【映画部門】  ◆主演男優賞(Outstanding Performance by a Male Actor in a Leading Role)  ・クリスチャン・ベール 『バイス』  ・ブラッドリー・クーパー 『アリー/スター誕生』  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ウィーアーリトルゾンビーズ』 in サンダンス映画祭2019

 第35回サンダンス映画祭のコンペティション部門で、久々の日本映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』が上映になりました。  ・『ウィーアーリトルゾンビーズ』“WE ARE LITTLE ZOMBIES”(日) 監督:長久允  出演:二宮慶多、水野哲志、奥村門土、中島セナ、佐々木蔵之介、工藤夕貴、池松壮亮、初音映莉子、村上淳、西田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンダンス映画祭2019 コンペティション部門以外のラインナップ

 ◆NEXT部門  アメリカ映画に新たなるニューウェーヴを作り出すと期待される大胆で、イノヴェーティヴな映画監督: : たちの作品を集めたプログラム  ※全10本すべてワールド・プレミア  ・“Adam”(米) 監督: Rhys Ernst  ・“The Death of Dick Long”(米) 監督: ダニエル・シャイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンダンス映画祭2019 ワールド・シネマ コンペティション部門 ラインナップ

 ワールド・シネマ ドラマ・コンペティション部門(WORLD CINEMA DRAMATIC COMPETITION)  12本 特記以外はワールド・プレミア  ・“The Last Tree”(英) 監督:Shola Amoo  物語:Femiは、ナイジェリア系のイギリスの少年で、里親のメアリーに溺愛され、親しい友人グループ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンダンス映画祭2019 US コンペティション部門 ラインナップ

 第35回サンダンス映画祭(1月24日-2月3日)のラインナップです。  USドラマ・コンペティション部門(U.S. DRAMATIC COMPETITION)  16本すべてワールド・プレミア  ・“Before You Know It”(米) 監督:Hannah Pearl Utt  出演:Hannah Pearl …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン映画批評家協会賞2019 受賞結果!

 第39回ロンドン映画批評家協会賞の受賞結果が発表されました。(1月20日)  ◆作品賞(Film of The Year)  ・『ブラック・クランズマン』  ・『COLD WAR あの歌、2つの心』(ポーランド・英・仏) 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ  ・『女王陛下のお気に入り』  ・『ファースト・マン』  ・『魂の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more