オダギリジョー(『ある船頭の話』) in 釜山国際映画祭2019

 ・『ある船頭の話』“They Say Nothing Stays the Same”(日) 監督:オダギリジョー 10/6GV・9・11 【アジア映画の窓部門】  *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。  ↓ ↓ ↓ ↓  ↑ ↑ ↑ ↑  クリックして…
コメント:0

続きを読むread more

サンセバスチャン国際映画祭2019 受賞結果

 第67回サンセバスチャン国際映画祭(9月20日-28日)の受賞結果です。  【オフィシャル・セレクション】  ◆グランプリ/ゴールデン・シェル賞(Golden Shell for Best Film)  ◎“Pacified(Pacificado)”(ブラジル) 監督:Paxton Winters  ◆審査員特…
コメント:0

続きを読むread more

『真実』 in サンセバスチャン国際映画祭2019

『真実』 in サンセバスチャン国際映画祭2019(9月22日)  *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。  ↓ ↓ ↓ ↓    ↑ ↑ ↑ ↑  クリックしてね!  *当ブログ記事  ・『真実』 in ベネチア国際映画祭201…
コメント:0

続きを読むread more

『真実』 in 釜山国際映画祭2019

 ◆『真実』 photocall、プレス・カンファレンス  ・映画祭ディレクターJay Jeon、是枝裕和  ◆アジア・フィルムメーカー・オブ・ザ・イヤー(Asian Filmmaker of the Year Award)  ・映画祭チェアマンLee Yong-Kwan、是枝裕和、依田巽、映画祭デ…
コメント:0

続きを読むread more

サターン賞2019 受賞結果

 第45回サターン賞の受賞結果です。(9月13日発表)  【映画部門】  ◆最優秀コミック原作作品(Best Comic Book-to-Film Release)  ・『アクアマン』  ◎『アベンジャーズ/エンドゲーム』  ・『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』  ・『キャプテン・マーベル』  ・『シャザム…
コメント:0

続きを読むread more

釜山国際映画祭2019 オープニング

 釜山国際映画祭2019(10月3日-12日)が始まりました。  『オルジャスの白い馬』(日・カザフスタン) 監督:エルラン・ヌルムハンベトフ(Yerlan Nurmukhambetov)、竹葉リサ  出演:森山未来  監督エルラン・ヌルムハンベトフ(左から3番目)、女優サマル・エスリャーモバ(Samal Yeslyamo…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2019 ヨーロッパ大学映画賞 ノミネーション発表

 ヨーロッパ映画賞2019 ヨーロッパ大学映画賞のノミネーションが発表になりました。(10月1日)  ・“Portrait of a Lady on Fire(Arcobaleno Filmcenter)”(仏) 監督:セリーヌ・シアマ  出演:ヴァレリア・ゴリーノ、アデル・エネル、ノエミ・メルラン  物語:18世紀の終わり。…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2019 オフィシャル・セレクション2作品追加

 第32回ヨーロッパ映画賞のオフィシャル・セレクションが2作品追加になりました。(9月26日)  ・“J'accuse”(仏・伊) 監督:ロマン・ポランスキー  物語:1894年、フランスの陸軍参謀本部勤務の大尉であったアルフレッド・ドレイフュスは反逆罪で有罪判決を受け、デビル島での終身刑を宣告された。  『ゴーストライター』…
コメント:0

続きを読むread more

10月になりましたが

ベネチア国際映画祭の閉幕と前後して、モデムが故障し、インターネットが使えなくなりました。 ほぼ時を同じくして、台風による千葉の停電があり、NTTにもつながりにくくなりました。 なのでというか、モデムを新しくして、インターネットを再開させるまで約25日もかかってしまいました。 6月には救急車に乗るようなこともあって、そこでもブロ…
コメント:0

続きを読むread more

『ある船頭の話』 in ベネチア国際映画祭2019

 『ある船頭の話』“They Say Nothing Stays the Same”(日) 監督:オダギリジョー [ベネチア・デイズ部門]  *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。  ↓ ↓ ↓ ↓    ↑ ↑ ↑ ↑  クリックしてね!  *当ブログ記事…
コメント:0

続きを読むread more

『サタデー・フィクション』 in ベネチア国際映画祭2019

 『サタデー・フィクション』“Saturday Fiction (蘭心大劇院)”(中) 監督:ロウ・イエ  監督ロウ・イエ、脚本家Ma Yingli、(guests)、パスカル・グレゴリー、マーク・チャオ(Mark Chao)、コン・リー、(guest)、オダギリジョー、トム・ヴラシア(Tom Wlaschiha )、Huang …
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2020 国際映画賞 各国代表(9月2日現在)

 米国アカデミー賞2020国際映画賞(外国語映画賞より改称)の締め切りが10月1日なので、ほぼ1か月になりました。  現時点での出品は24か国なので、あと1か月くらいで60か国くらいが選出されることになります。  毎年だいたい各国が同じくらいの時期に選出作品が発表されるという認識があったんですが、必ずしも同じではなく、多少ずれたりも…
コメント:0

続きを読むread more

ベネチア国際映画祭2019 ベネチア・クラシック部門、SCONFINI部門 ラインナップ

 【ベネチア・クラシック部門】  [修復クラシック作品](Restored classic films)  ・『春の調べ』“Ecstasy(Extase)”(1933-チェコスロヴァキア) 監督:グスタフ・マハティ(Gustav Machatý)  ・『アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生』“The Criminal …
コメント:0

続きを読むread more

ベネチア国際映画祭2019 Orizzonti部門 ラインナップ

 『Orizzonti部門』  [コンペティション部門]  ※審査員:スザンナ・ニッキャレッリ(Susanna Nicchiarelli、イタリアのフィルムメイカー、審査員長)、Mark Adams(エジンバラ国際映画祭の芸術監督)、ラシッド・ブシャール、Álvaro Brechner(ウルグアイのフィルムメイカー)、Eva…
コメント:0

続きを読むread more

ベネチア国際映画祭2019 日本作品上映スケジュール

 ◆コンペティション部門  ・『真実』“The Truth”(仏・日) 監督:是枝裕和 8/28、8/29  ・『サタデー・フィクション』“Saturday Fiction (蘭心大劇院)”(中) 監督:ロウ・イエ 9/4、9/5  出演:オダギリジョー、中島歩  ※審査員:塚本晋也  ◆ベネチア・デイズ …
コメント:0

続きを読むread more

ベネチア国際映画祭2019 コンペティション部門 星取表

 第76回ベネチア国際映画祭(8月28日-9月7日)コンペティション部門の星取表です。  ベネチア国際映画祭は各媒体の星取りをまとめてくれるサイトは見当たらないので、ネットを徘徊して、見つけた映画情報サイトなどでの採点を個々にピックアップする形になります。  採点結果は、それぞれの媒体や評者による、通常モードにおける相対的な…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2019 ドキュメンタリー賞オフィシャル・セレクション12作品発表!

 ヨーロッパ映画賞2019のオフィシャル・セレクション12作品が発表になりました。(8月26日)  ・“Advocate”(イスラエル・カナダ・スイス) 監督:Rachel Leah Jones、Philippe Bellaiche  イスラエルの人権弁護士Lea Tsemelは抑止できない力である。彼女は、イスラエルの…
コメント:0

続きを読むread more

ベネチア国際映画祭2019 アウト・オブ・コンペティション部門ラインナップ

 【アウト・オブ・コンペティション部門】  [フィクション]  ・“Adults in the Room”(仏・ギリシャ) 監督:コスタ=ガヴラス  出演:ヴァレリア・ゴリーノ、ジョージ・コラフェイス(Georges Corraface)、コリン・スティントン(Colin Stinton)、ダーン・スフーアマンス(Daan…
コメント:0

続きを読むread more

ベネチア国際映画祭2019 傾向と予想

 【コンペティション部門の傾向と予想】  【選出された国や地域】  ・イギリス、アイルランド、スペイン、ベルギー、スイス、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、ルーマニア、デンマーク、ノルェー、トルコ、イスラエル、東南アジア、韓国、台湾、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、アフリカからの選出はありませんでした。 …
コメント:0

続きを読むread more

サラエボ映画祭2019 受賞結果!

 第25回サラエボ映画祭(8月16日-23日)の受賞結果が発表になりました。  【サラエボ映画祭】  サラエボ映画祭は、ボスニア ヘルツェゴビナ(首都がサラエボ)が独立した1992年からわずか4年後にスタートした映画祭で、映画という共通言語を用いて、地域を活性化させ、映画人の交流を図ろうという目的で開催され、今回で23回目を…
コメント:0

続きを読むread more

ノルディック映画賞2019 ノミネーション発表!

 第16回ノルディック映画賞(The Nordic Council Film Prize)のノミネーションが発表されました。(8月20日)  ノルディック映画賞(The Nordic Council Film Prize)は、ノルディック・カウンシル(The Nordic Council/日本語では「北欧理事会」と訳されることがあ…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2019 オフィシャル・セレクション [解説]

 第32回ヨーロッパ映画賞のオフィシャル・セレクションが発表されたわけですが、本年度からオフィシャル・セレクションの選出方法が変わっています。  前回までは、会員数の上位20か国から1本ずつ選ばれた20本と委員会のセレクトした約30本、あわせて約50本がオフィシャル・セレクションになっていましたが、今回からはヨーロッパ各国から平等…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2019 オフィシャル・セレクションその2

 ・“Joy”(オーストリア) 監督:スダベー・モルテツァイ(Sudabeh Mortezai)  物語:Joyは、若きナイジェリア女性で、セックス・トラフィックの危険なサークルに引っかかってしまう。彼女は、搾取者であるMadameへの借金を払うためにストリートで働く。一方で、ナイジェリアの家族を支え、ウィーンに住む小さな娘のよりよい…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2019 オフィシャル・セレクションその1

 ・“Sorry We Missed You”(英・仏・ベルギー) 監督:ケン・ローチ  出演:Kris Hitchen、Debbie Honeywood、Katie Proctor、Rhys Stone  物語:リッキーと彼の家族は、2008年の金融危機以来、債務に対する苦戦を強いられている。いくつかの独立を取り戻す機会は、光沢の…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2019 オフィシャル・セレクション

 ヨーロッパ映画賞2019のオフィシャル・セレクションが発表されました(8月21日)。本年度は46作品あります。  ・“Sorry We Missed You”(英・仏・ベルギー) 監督:ケン・ローチ  ・『イエスタデイ』“Yesterday”(英) 監督:ダニー・ボイル  ・『女王陛下のお気に入り』“The Favourit…
コメント:0

続きを読むread more

トロント国際映画祭2019プラットフォーム部門 ラインナップ

 トロント国際映画祭2019プラットフォーム部門のラインナップです。  【プラットフォーム部門】(Platform)  ・“Rocks”(英) 監督:サラ・ガヴロン(Sarah Gavron)  物語:Shola 'Rocks'は、将来への大きな夢、素晴らしい友人、愛らしい弟エマニュエルを持つティーンエイジャー。しかし、母…
コメント:0

続きを読むread more

『旅のおわり、世界のはじまり』 in ロカルノ国際映画祭2019

 『世界の果てまで(仮)』と予告されていた黒沢清の新作のタイトルは、『旅のおわり、世界のはじまり』になったようです。  『旅のおわり、世界のはじまり』”Tabi no Owari Sekai no Hajimari (To the Ends of the Earth)”(日・ウズベキスタン・カタール)  ロカルノ国際映画祭201…
コメント:0

続きを読むread more

ロカルノ国際映画祭2019 受賞結果!

 【インターナショナル・コンペティション部門】  ◆金豹賞(Pardo d’oro (Golden Leopard), Grand Prize of the City of Locarno)  ◎“Vitaina Varela”(ポルトガル) 監督:ペドロ・コスタ  ◆審査員特別賞  ◎“Height of the …
コメント:0

続きを読むread more

学生アカデミー賞2019 ファイナリスト発表!

 第46回学生アカデミー賞のファイナリストが発表されました。(8月13日))  学生アカデミー賞は、アメリカの映画芸術科学アカデミーによる学生作品を対象とするコンペティションで、過去には、ロバート・ゼメキス(1975年“A Field of Honor”)、ジョン・ラセター(1979年“Lady and the Lamp”、1…
コメント:0

続きを読むread more

『よこがお』 in ロカルノ国際映画祭2019

深田晃司 監督 筒井真理子  *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。     ↓ ↓ ↓ ↓       ↑ ↑ ↑ ↑     クリックしてね!  *当ブログ記事  ・ロカルノ国際映画祭2019インターナショナル・コン…
コメント:0

続きを読むread more

米国映画芸術科学アカデミー(AMPAS) 第37代会長決定

 米国映画芸術科学アカデミー賞AMPASの第37代会長が発表になりました。  第37代会長は、キャスティング・ディレクターとしては初めてとなるDavid Rubinでした。  AMPASで投票があったのが8月5日(火)  それがHollywood Reporterで記事になったのが6日  さらにそれがAWARDSDA…
コメント:0

続きを読むread more

ロカルノ国際映画祭2019 インターナショナル・コンペティション部門 ラインナップ

 第72回ロカルノ国際映画祭(8月7日-17日) インターナショナル・コンペティション部門のラインナップです。  ・“Technoboss”(ポルトガル・仏) 監督:João Nicolau  物語:ルイス・ロビスコの退職が間近に迫っている。彼が日中に夢見る歌は、彼の人生のすべての不正を補う。しかし、受付のルシンダの前に立って、…
コメント:0

続きを読むread more

春史映画賞2019 受賞結果

 第24回春史映画賞の受賞結果です。(7月18日発表)  春史映画賞は、2014年と2015年が3月発表、2016年が4月発表、2017年と2018年は5月発表でしたが、2019年は7月になってから発表になりました。  ◆監督賞(최우수 감독상 후보)  ◎ポン・ジュノ “Parasite(기생충)”  ・キム・グァ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サターン賞2019 ノミネーション!

 第45回サターン賞のノミネーションです。  例年だとノミネーションは3月に発表になり、受賞結果は6月下旬に発表されるのに、本年度は、サイトもリニューアルされ、ノミネーションの発表は7月15日になってからでした。  【映画部門】  ◆最優秀コミック原作作品(Best Comic Book-to-Film Relea…
コメント:0

続きを読むread more

SIGGRAPH 2019 コンピュータ・アニメーション・フェスティバル ラインナップ

 SIGGRAPH 2019のコンピューター・アニメーション・フェスティバル(7月28日-8月1日)のラインナップです。  ・“Purl”(米/9min) Lead Creator:Kristen Lester(Pixar) [Best in Show]  物語:Purlという毛糸玉は、男性中心の新興企業に就職する。彼女が、この…
コメント:0

続きを読むread more