トライベッカ映画祭2019 受賞結果

 第18回トライベッカ映画祭(4月24日-5月5日)の受賞結果です。

 トライベッカ映画祭は、同時多発テロの被害を受けて元気を失ってしまったニューヨークを、映画を通じて元気づけようという目的で2002年から始められた映画祭で、今年で18回目になります。

 コンペ部門には、巨匠やベテラン、期待の新鋭などがこぞって作品を出品するという感じでもなく、ほとんど知られていないような監督の作品ばかりになってしまいますが、そのかわりプレミア度は高く、ワールド・プレミア作品か北米プレミア作品ばかりが並ぶことになります。

 インターナショナル・ナラティヴ・コンペティションは、近年は、後々高い評価を得ていくことになる作品も集まるようになってきていて、『好きにならずにはいられない』、“The Rocket”、『魔女と呼ばれた少女』、『彼女が消えた浜辺』、『ぼくのエリ 200歳の少女』、“Son of Sofia”などが最優秀作品賞を受賞しています。
 一方、ドキュメンタリー・コンペティションの方は、『キル・チーム』“The Kill Team”、“The World Before Her”、“Bombay Beach”、『米国“闇”へ』、“Bobbi Jene”、”Island of the Hungry Ghosts“などが最優秀ドキュメンタリー賞を受賞しています。

--------------------------------

 【USナラティヴ・コンペティション部門】
 すべてワールド・プレミア

 ・“Blow the Man Down”(米) 監督:Danielle Krudy、Bridget Savage Cole
 ・“Burning Cane”(米) 監督:Phillip Youmans
 ・“Clementine”(米) 監督: Lara Jean Gallagher
 ・“Gully”(米) 監督:Nabil Elderkin
 ・“Initials S.G. (Iniciales S.G.)”(アルゼンチン・レバノン・米) 監督:Rania Attieh、Daniel Garcia
 ・“Low Tide”(米) 監督:Kevin McMullin
 ・“The Place of No Words”(英・米・オーストラリア) 監督:Mark Webber
 ・“The Short History of the Long Road”(米) 監督:Ani Simon-Kennedy
 ・“Stray Dolls”(米) 監督:Sonejuhi Sinha
 ・“Swallow”(米) 監督:Carlo Mirabella-Davis

 審査員:ジョナサン・エイムズ(作家)、コリー・ハードリクト(Cory Hardrict:俳優、プロデューサー)、Dana Harris(IndieWire誌のチープ編集者)、ジェニー・ルメット(作家)

 ◆最優秀USナラティヴ作品賞(The Founders Award for Best Narrative Feature)
 ◎“Burning Cane”(米) 監督:Phillip Youmans
 物語:ルイジアナ州の農村のサトウキビ畑の中で、年をとった母親は、彼女の宗教的信念と息子へのの愛との間で闘う。

画像

画像

 ◆最優秀男優賞(Best Actor in a U.S. Narrative Feature Film“
 ◎ウェンデル・ピアース “Burning Cane”

 ◆最優秀女優賞(Best Actress in a U.S. Narrative Feature Film)
 ◎Haley Bennett  “Swallow”

 “Swallow”(米) 監督:Carlo Mirabella-Davis
 物語:Hunterは、妊娠していて、幸せで、日常生活も調和が取れているように見える。ところが、彼女は、出し抜けに手に負えないほど物を食べ始める。

画像

画像

 ◆女優賞審査員スペシャル・メンション
 ◎Geetanjali Thapi “Stray Dolls”
 “Stray Dolls”(米) 監督:Sonejuhi Sinha
 物語:Riz(Geetanjali Thapa)は、アメリカに不慣れな南アジアの移民で、Tides Plaza Motelでハウスキーピングの仕事を得る。マネージャーのUna(シンシア・ニクソン)は、欺瞞的な上司で、Rizは、知らないうちにパスポートを細断処理される。Unaは、Rizの新しいルームメートであるDallas(Olivia DeJonge)ら、他の何人かの若者たちを困難な状況下で雇用し、モーテルで卑劣な仕事をさせて、犯罪の世界に引き込む。
 シアトル国際映画祭2019出品。

画像

画像

 ◆脚本賞(Best Screenplay in a U.S. Narrative Feature Film)
 ◎Bridget Savage Cole、Danielle Krudy “Blow the Man Down”

 “Blow the Man Down”(米) 監督:Danielle Krudy、Bridget Savage Cole
 物語:Easter Coveというメイン州の海辺の小さな町。Mary BethとPrisというConnolly姉妹は、病んでいる母親の世話をしていた。その母親が亡くなった後、Prisは母親の魚屋を続ける気でいるが、Mary Bethは、母親が借金以外に何も残さなかったという厳しい知らせを受けて、今では町を出るのを我慢できなくなっている。突然、彼らは自分たちが隠蔽すべき犯罪を犯していることに気づき……。殺人、セックス、そして小さな町の秘密のドラマ。

画像

画像

 ◆ノラ・エフロン賞
 ◎Rania Attie  “Initials S.G. (Iniciales S.G.)”(アルゼンチン・レバノン・米)

 “Initials S.G. (Iniciales S.G.)”(アルゼンチン・レバノン・米) 監督:Rania Attieh、Daniel Garcia
 物語:年をとったアルゼンチン人SGは、軌道に乗るようには思えないキャリア、やりたくない仕事、犯すつもりのなかった犯罪を処理しようと躍起になっている。

画像

画像

 【インターナショナル・ナラティヴ・コンペティション部門】

 ・“Run”(英) 監督:Scott Graham [ワールド・プレミア]
 ・“White As Snow (Blanche Comme Neige)”(仏) 監督:アンヌ・フォンテーヌ [インターナショナル・プレミア]
 ・“Flesh Out”(伊) 監督:Michela Occhipintiamed Chinghaly [北米プレミア]
 ・”A Regular Woman (Nur Eine Frau)”(独) 監督:Sherry Hormann [ワールド・プレミア]
 ・”Roads”(独) 監督:ゼバスティアン・シッパー(Sebastian Schipper) [インターナショナル・プレミア]
 ・“Noah Land (Nuh Tepesi)”(独・トルコ・米) 監督:Cenk Erturk [ワールド・プレミア]
 ・“Flawless (Haneshef)”(イスラエル・独) 監督:シャロン・マイモン(Sharon Maymon)、タル・グラニット(Tal Granit) [ワールド・プレミア]
 ・“Aamis”(インド) 監督:Bhaskar Hazarika [ワールド・プレミア]
 ・“House of Hummingbird (Beol-sae)”(韓・米) 監督:Bora Kim [北米プレミア]
 ・“The Gasoline Thieves (Huachicolero)”(メキシコ・西・英・米) 監督:エドガル・ニト(Edgar Nito) [ワールド・プレミア]

 審査員:アンジェラ・バセット、ファムケ・ヤンセン、バルタザール・コルマクール、レベッカ・ミラー、スティーヴ・ザイリアン

 ◆最優秀インターナショナル・ナラティヴ作品賞(Best International Narrative Feature)
 ◎“House of Hummingbird(Beol-sae)”(韓・米) 監督:Bora Kim
 物語:Eunheeは、14歳。1994年に聖水大橋が崩壊した時、彼女は、両親や兄たちと大峙洞 (テチドン)に暮らしていた。家族は、あまりEunheeのことを気にかけていないように見える。Eunheeは、親友のJisookと万引きに出かけ、非行少女の行きつけの有名なカラオケバーに出入りしていた。彼女は、同級生と同じように、近隣の学校の男子生徒とデートをし、愛を求めてさまよっていた。しかし、そんな彼女にも彼女の人生を気にかけてくれる人物が現れる。それは、教師のKim Youngjiだった。
 初監督作品。
 釜山国際映画祭2018出品。NETPAC賞、KNN賞受賞。
 ベルリン国際映画祭2019ジェネレーション14plus部門出品。インターナショナル審査員賞グランプリ受賞。
 イスタンブール国際映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。
 北京国際映画祭2019 新人脚本賞スペシャル・メンション。
 Molodist国際映画祭2019出品。
 シアトル国際映画祭2019出品。

画像

画像

 ◆男優賞(Best Actor in an International Narrative Feature Film)
 ◎Ali Atay “Noah Land”

 “Noah Land (Nuh Tepesi)”(独・トルコ・米) 監督:Cenk Erturk
 物語:末期の病気との戦いの終わりに直面して、Ibrahim(Haluk Bilginer)は彼が育ったトルコの田舎の村に連れてってくれるように息子Ömer(Ali Atay)に頼む。彼らが到着した直後に、Ömerはこの要求には目に見える以上のものがあることに気づく。Ibrahimは半世紀も前に植えた木の下に埋められたいと希望する。しかし、Ibrahimの家族をコミュニティから追い払った土地紛争の結果、土地の区画は「ノアの木」と呼ばれる聖地となっている。Ömerは瀕死の父親の願いを実現するために怒りの村人に直面しなければならない。

画像

画像

 ◆女優賞(Best Actress in an International Narrative Feature Film)
 ◎Ji-hu Park “House of Hummingbird”

 ◆脚本賞(Best Screenplay in an International Narrative Feature Film)
 ◎“Noah Land (Nuh Tepesi)”

 ◆撮影賞(Best Cinematography in an International Narrative Feature Film)
 ◎Kang Gook-hyun “House of Hummingbird”

 ◆ニュー・ナラティヴ監督賞(Best New Narrative Director)
 ◎“The Gasoline Thieves (Huachicolero)”(メキシコ・西・英・米) 監督:エドガル・ニト(Edgar Nito)
 物語:14歳のLalo(Eduardo Banda)は、母親と同居し、故郷で農夫として働いている。彼は、高校のためにスマートフォンを購入する。彼の母親が医療費を支払うために彼の貯金を使うことを余儀なくされたとき、Laloは助けを求めて地元のhuachicolerosに近づくことを決心する。彼はすぐに不安な暴力の世界に巻き込まれていく。

画像

画像

 【ドキュメンタリー・コンペティション部門】
 すべてワールド・プレミア

 ・“Seahorse”(英) 監督:Jeanie Finlay
 ・“Scheme Birds”(スコットランド・スウェーデン) 監督:Ellen Fiske、Ellinor Hallin
 ・“Leftover Women”(イスラエル) 監督:Shosh Shlam、Hilla Medalia
 ・“Our Time Machine(时光机)”(中・米) 監督:Yang Sun、S. Leo Chiang
 ・“17 Blocks”(米) 監督:Davy Rothbart
 ・“Mystify: Michael Hutchence”(オーストラリア) 監督:Richard Lowenstein
 ・“A Woman's Work: The NFL's Cheerleader Problem”(米・英) 監督:Yu Gu
 ・“The Dog Doc”(米) 監督:Cindy Meehl
 ・“For They Know Not What They Do”(米) 監督:Daniel Karslake
 ・“Recorder: The Marion Stokes Project”(米) 監督:Matt Wolf
 ・“Rewind”(米) 監督:Sasha Joseph Neulinger
 ・“Watson”(米・コスタリカ・トンガ) 監督:Lesley Chilcott

 審査員:ドレイク・ドレマス(Drake Doremus:フィルムメイカー)、Robert Greene(ライター、フィルムメイカー)、ジュリー・ゴールドマン(Julie Goldman:プロデューサー)、Cheryl McDonough(ドキュメンタリー監督、プロデューサー)

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞(Best Documentary Feature)
 ◎“Scheme Birds”(スコットランド・スウェーデン) 監督:Ellen Fiske、Ellinor Hallin
 Scheme Birdsは、スコットランドのティーンエイジャーのGemmaと彼女の人生の中の人々に焦点を合わる。彼女のボーイフレンドのパット、彼女の不運な親友エイミー、隣人のJP。彼らの計画はスコットランド北東部の町Jervistonであり、あなたが「ノックアウトまたはロックされる」場所で、マーガレット・サッチャーが1980年代に地元の製鉄所を閉鎖して以来何もすることはなかった。誰もが悩みから逃れるために気を散らすことを見つける。パパはハトを飼い、ボクシングを教え、子供たちは飲んでささいな犯罪を犯し、そしてGemmaは母性を見つける。

画像

画像

 ◆撮影賞(Best Cinematography in a Documentary Film)
 ◎Yang Sun、Shuang Liang “Our Time Machine ”(中)

 “Our Time Machine(时光机)”(中・米) 監督:Yang Sun、S. Leo Chiang
 影響力のある中国の芸術家Ma Liang(別名Maleonn)は、熟練した北京オペラ監督のMa Keがアルツハイマー病に罹患していることに気付いた時、今までで最も野心的なプロジェクト - 狩猟、魔法、自伝的ステージで共同作業をしようとする。実物大の機械式人形劇「パパのタイムマシーン」をフィーチャーしたパフォーマンス。この戯曲の創造を通して、二人の男は時間がなくなり、記憶が永遠に失われる前に死に立ち向かう。

画像

画像

 ◆編集賞(Best Editing in a Documentary Film)
 ◎Jennifer Tiexiera “17 Blocks”(米)

 “17 Blocks”(米) 監督:Davy Rothbart
 中毒と銃の暴力に苦しんでいるサンフォード家族は、20年間の親密な家庭用ビデオを使用して、愛、喪失、および容認の旅へと向かう。
 DocAviv映画祭2019出品。

画像

画像

 ◆審査員スペシャル・メンション(Special Jury mention)
 ◎“Rewind”(米)

 “Rewind”(米) 監督:Sasha Joseph Neulinger
 彼の父親のホームビデオの膨大なコレクションを掘り起こして、若い男は彼の少年時代の考えられない物語を再構築し、代々受け継がれた卑劣な虐待を明らかにする。

画像

画像

 ◆ニュー・ドキュメンタリー監督賞(Albert Maysles New Documentary Director Award)
 ◎“Scheme Birds”(スコットランド・スウェーデン) 監督:Ellen Fiske、Ellinor Hallin

 【短編部門】

 ◆最優秀ナラティヴ・ショート(Best Narrative Short)
 ◎“Maja”(デンマーク) 監督:Marijana Jankovic.

 ◆スペシャル・メンション(Special Jury Mention)
 ◎“The Dishwasher”() 監督:Nick Hartanto、Sam Roden.”

 ◆短編アニメーション賞(Shorts Animation Award)
 ◎“My Mother’s Eyes”(英) 監督:Jenny Wright.

 ◆短編ドキュメンタリー賞(Best Documentary Short)
 ◎“Learning to Skateboard in a Warzone (If You’re a Girl)”(英) 監督:Carol Dysinger.

 ◆審査員スペシャル・メンション(Special Jury Mention)
 ◎St. Louis Superman
: “An unflinching and delicate portrait of a loving father with a haunted past who bravely decides to stand up to the powers that be in Ferguson, Missouri, in.”

 【その他の賞】

 ◆学生ヴィジョナリー賞(Student Visionary Award)
 ◎“Jebel Banat”(エジプト) 監督:Sharine Atif.

 ◆審査員スペシャル・メンション(Special Jury mention)
 ◎Pearl (Zhen Zhu)

 ◆Storyscapes Award
 ◎“The Key”(米・イラク) 監督:Celine Tricart

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・トライベッカ映画祭2017 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_2.html

 ・トライベッカ映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_3.html

 ・トライベッカ映画祭2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201505/article_5.html

 ・トライベッカ映画祭2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201404/article_31.html

 ・トライベッカ映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_25.html

 ・トライベッカ映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_2.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年4月~9月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201904/article_12.html

"トライベッカ映画祭2019 受賞結果" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。