イタリアの映画館 6月15日から再開!

 イタリアは6月15日から映画館を再開することを許可したようで、再開に向けて安全対策を発表し、準備を進めているようです。

イタリア.jpg

 Cineuropaよりほぼ機械翻訳のまま:https://www.cineuropa.org/en/newsdetail/388443

6月に映画館を再開することを許可する政府の決定に従い、緊急資金の資金は2億4,500万ユーロに増加する一方で、会場は現在、ウイルス対策プロトコルに合わせて調整する必要があります。

イタリア政府は発言しました:映画館は6月15日から再開することが許可されます。今、映画を特別な付属文書のガイドラインに沿ったものにすることが問題になっています。これは、さまざまな地域によって修正、拡張、または強化することができます。 AGIS(イタリア国立舞台芸術協会)の会長、Carlo Fontanaは、数日前に文化大臣Dario Franceschiniとの会談の後、すでに意見を述べています。
「舞台芸術と映画館のマシンを短時間でバックアップして実行するのは難しいことです。技術科学委員会の専門家が定めたプロトコルは、私たちの要件に適合していません。」

Covid-19からの保護を目的とした安全対策は、1つの講堂あたり最大200人の視聴者か野外ショーの1,000人の視聴者を考えています。

閲覧者と従業員の両方の体温の測定。強制的なマスクの着用、物理的な距離の尊重、閉鎖されたスペースの適切な定期的な消毒、およびさまざまなショーの間を含むトイレ設備。適切で自然な通気と換気;ショー中の食べ物や飲み物の摂取を禁止する。チケット売り場を含む、少なくとも1メートルの物理的な距離の測定を尊重することを公衆に思い出させる看板。チケット販売とアクセス制御のための技術的ソリューション。

これらすべての主要な量は、感染を恐れずに映画館に再び慣れる必要がある一般大衆と、当然のことながら、映画館が提供できる作品の量です。Anec(イタリアの全米シネマオペレーター協会)の会長であるMario Loriniの場合、「製品とフィルムが必要です。これらの製品にはリリース時間と手順があり、数週間の準備が必要です。市場の動向を全国的に理解する必要があります。そして国際的に」。市民とのつながりを深めるために、屋外の空間に焦点が当てられています。 「屋外の夏のイベントは伝統的な活動であり、昨年の夏に素晴らしい結果が出た後、課された安全対策を明確に尊重しながら、その範囲を拡大することを検討しています。」
一方、ショー、映画、「Cura Italia」布告によって導入された視聴覚作品の緊急資金リソースは、130百万ユーロから2億4,500万ユーロに増加しました。 2020年にはさらに5000万ユーロが見込まれます。

―――――――――――――――――――――――――――――――

 ベネチア国際映画祭(9月2日-12日)、ローマ映画祭(10月15日-25日)は、世界に向けて断固として開催するという強い意気込みを示しているということでしょうか。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2020年2月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202002/article_7.html

この記事へのコメント