ベルリン国際映画祭2020 受賞結果!

 第70回ベルリン国際映画祭の受賞結果です。

 【コンペティション部門】

 ・“The Roads Not Taken”(英・米・スウェーデン) 監督:サリー・ポッター

 ・“Effacer l'historique (Delete History)”(仏・ベルギー) 監督:ブノワ・ドゥレピーヌ(Benoît Delépine)、ギュスタヴ・ケルヴェン(Gustave Kervern)
 銀熊賞70th Berlinale賞 、BERLINER MORGENPOST READERS’ JURY AWARD

70周年.jpg

 ・“Le sel des larmes (The Salt of Tears)”(仏・スイス) 監督:フィリップ・ガレル

 ・“Irradiés (Irradiated)”(仏・カンボジア) 監督:リティー・パン(Rithy Panh)

 ・“Volevo nascondermi (Hidden Away)”(伊) 監督:ジョルジョ・ディリッティ(Giorgio Diritti)
 男優賞(エリオ・ジェルマーノ)銀熊賞

elio germarno.jpg

 ・“Siberia”(伊・独・メキシコ) 監督:アベル・フェラーラ

 ・“Favolacce (Bad Tales)”(伊・スイス) 監督:Damiano d'Innocenzo 、Fabio d'Innocenzo
 脚本賞(D'Innocenzo Brothers)銀熊賞

Damiano d'Innocenzo.jpg

 ・“Schwesterlein (My Little Sister)”(スイス) 監督:Stéphanie Chuat、Véronique Reymond

 ・“Undine”(独・仏)監督:クリスティアン・ペツォールト(Christian Petzold)
 女優賞(パウラ・ベアー)銀熊賞、国際批評家連盟賞

パウラ・ベアー.jpg

 ・“Berlin Alexanderplatz”(独・オランダ) 監督:ブルハン・クルバニ(Burhan Qurbani)

 ・“Sheytan vojud nadarad (There Is No Evil)”(独・チェコ・イラン) 監督:モハマド・ラスロフ(Mohammad Rasolouf)
 金熊賞、エキュメニカル審査員賞、GUILD FILM PRIZE

金熊賞.jpg

 ・“DAU. Natasha”(独・ウクライナ・英・ロシア) 監督:Ilya Khrzhanovskiy、Jekaterina
Oertel
 銀熊賞(ユルゲン・ユルゲス(Jürgen Jürges))(撮影:芸術貢献賞Outstanding Artistic Contribution)
 ユルゲン・ユルゲスは、『舞姫』(1989、篠田正浩)、『霧』(1989、トルコ・スウェーデン、ズルフェ・リヴァネリ)、『時の翼にのって/ファラ・ウェイ・ソークロース!』(1993)、『ベルリンのリュミエール』(独、ヴィム・ヴェンダース)、『ファニーゲーム』(1997)、『コード:アンノウン』(2000)、『タイム・オブ・ザ・ウルフ』(仏・オーストリア・独)、『クララ・シューマン 愛の協奏曲』(独・ハンガリー・仏、ヘルマ・サンダー=ブラームス)、『ジョン・ラーベ~南京のシンドラー~』(2009、独・仏・中、フロリアン・ガレンバルガー)、『僕とカミンスキーの旅』(2015、独・ベルギー、ヴォルフガング・ベッカー)などを手がける撮影監督。

 ・“日子(Rizi/Days)”(台湾) 監督:ツァイ・ミンリャン
 テディー賞

 ・“도망친 여자(The Woman Who Ran)”(韓) 監督:ホン・サンス
 銀熊賞(監督賞)

ホンサンス.jpg

 ・“First Cow”(米) 監督:ケリー・ライヒャルト(Kelly Reichart)
レル

 ・“Never Rarely Sometimes Always”(米) 監督:エリザ・ヒットマン(Eliza Hittman)
 銀熊賞(審査員グランプリ)

エリザヒットマン.jpg

 ・“Todos os Mortos (All the Dead Ones)”(ブラジル・仏) 監督:Caetano Gotardo、マルコ・デュトラ(Marco Dutra)

 ・“El Prófugo (The Intruder)” (アルゼンチン・メキシコ) 監督:Natalia Meta

 上映後、あまり評価の高くなかったサリー・ポッター、フィリップ・ガレル、リティー・パン(ドキュメンタリー賞受賞)は無冠に終わりました。
 評価の割には無冠だったのはツァイ・ミンリャン(テディー以外)、ケリー・ライヒャルトくらいでしょうか。

 サンダンスで既に受賞している“Never Rarely Sometimes Always”は、審査員グランプリでした。早くも年末の映画賞レース候補となりました。

 ホン・サンスは、4回目のコンペティション部門出品で個人賞は初でした。カンヌではコンペティション部門出品3回で受賞なし、ある視点賞受賞、ベネチアではコンペティション部門出品なし。

 イラン映画は、2011年に『別離』、2015年に『人生タクシー』で金熊賞を受賞しています。モハマド・ラスロフは、イランを離れる許可が得られないため、映画祭入りはしていないようです。

 ※アルフレッド・バウアー賞は、最初のディレクターにちなんで名づけられたアルフレッド・バウアーがナチス時代に重要な高官だったことがわかり、その名前を冠した賞を贈ることが好ましくないということになって、本年度から廃止されることになりました。


 <コンペティション部門以外>

 【短編部門】

 ◆金熊賞
 ◎“T”(米/14’) 監督:Keisha Rae Witherspoon

T.jpg

 ◆銀熊賞審査員賞
 ◎“Filipiñana”(フィリピン・英/24’) 監督:Rafael Manuel

Filipina.jpg

 ◆The Audi Short Film Award 2020
 ◎“Genius Loci”(仏/16’) 監督:Adrien Mérigeau

Genius Loci.jpg

 ◆ヨーロッパ映画賞2020短編映画賞ベルリン代表
 ◎“It Wasn’t the Right Mountain, Mohammad”(仏/29’) 監督:Mili Pecherer

 ◆テディー賞
 ◎“Playback. Ensayo de una despedida”(アルゼンチン/14’) 監督:Agustina Comedi

 【パノラマ部門】

 ◆エキュメニカル審査員賞
 ◎“Father(Otac)”(ボスニア ヘルツェゴビナ・クロアチア・仏・独・セルビア・スロヴェニア) 監督:スルジャン・ゴルボヴィチ(Srdan Golubović)

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“Mughal Mowgli”(英) 監督:バサーム・タリク(Bassam Tariq)

 ◆国際批評家連盟賞 スペシャル・メンション
 ◎“À L'abordage”(仏) 監督:ギヨーム・ブラック(Guillaume Brac)

 ◆CICAE ART CINEMA AWARD
 ◎“Digger”(ギリシャ・仏) 監督:ヨルギス・グリゴラキス(Georgis Grigorakis)

 ◆LABEL EUROPA CINEMAS
 ◎“Hope(Håp)”(ノルウェー・スウェーデン) 監督:Maria Sødahl

 ◆テディー賞
 ◎“No Hard Feelings(Futur Drei)”(独) 監督:Faraz Shariat
 ◎“If It Were Love(Si c'était de l'amour)”(仏) 監督:Patric Chiha

 ◆アムネスティ・インターナショナル賞
 ◎“Welcome to Chechnya“(米) 監督:David France

 ◆READERS’ JURIES AND AUDIENCE AWARDS
 ◎“Father(Otac)”(ボスニア ヘルツェゴビナ・クロアチア・仏・独・セルビア・スロヴェニア) 監督:スルジャン・ゴルボヴィチ(Srdan Golubović)
 ◎“Welcome to Chechnya“(米) 監督:David France

 ◆TEDDY READERS' AWARD POWERED BY QUEER.DE
 ◎“No Hard Feelings(Futur Drei)”(独) 監督:Faraz Shariat

 【フォーラム部門】

 ◆エキュメニカル審査員賞
 ◎『精神0』“Seishin 0(Zero)”(日・米) 監督:想田和弘

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“The Twentieth Century”(カナダ) 監督:マシュー・ランキン(Matthew Rankin)

 ◆国際批評家連盟賞 スペシャル・メンション
 ◎“Ouvertures”(英・仏) 監督:The Living and the Dead Ensemble

 ◆CICAE ART CINEMA AWARD
 ◎“Ping jing(The Calming)”(中) 監督:Song Fang

 ◆カルガリ賞
 ◎“Victoria”(ベルギー) 監督:Sofie Benoot、Liesbeth De Ceulaer、Isabelle Tollenaere

 ◆TAGESSPIEGEL READERS’ JURY AWARD
 ◎“Chico ventana también quisiera tener un submarino(Window Boy Would Also Like to Have A Submarine) ”(ウルグアイ・アルゼンチン・ブラジル・オランダ・フィリピン) 監督:Alex Piperno

 ◇Teddy Activist Award
 ◎Olga Baranova, Maxim Lapunov, David Isteev

  【ジェネレーション部門】

 [ジェネレーション 14plus部門]

 ◆児童審査員 クリスタル・ベア部門
 ◎“Notre-Dame du Nil(Our Lady of the Nile)”(仏) 監督:アティーク・ラヒーミー(Atiq Rahimi)

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“White Riot”(英) 監督:Rubika Shah [デビュー作品・ドキュメンタリー]

 ◆短編部門 クリスタル・ベア部門
 ◎“Clebs”(カナダ) 監督:Halima Ouardiri [短編ドキュメンタリー]

 ◆短編部門スペシャル・メンション
 ◎“Goodbye Golovin”(カナダ) 監督:Mathieu Grimard [短編]

 ◆インターナショナル審査員賞 グランプリ 7,500Euro
 ◎“Meu nome é Bagdá(My Name is Baghdad)”(ブラジル) 監督:Caru Alves de Souza

 ◆スペシャル・メンション
 ◎『風の電話』“Kaze no Denwa(Voices in the Wind)”(日) 監督:諏訪敦彦

 ◆短編部門 特別賞 2,500 Euro
 ◎“Clebs”(カナダ) 監督:Halima Ouardiri [短編ドキュメンタリー]

 ◆短編部門 スペシャル・メンション
 ◎“White Winged Horse”(イラン) 監督:Mahyar Mandegar  [短編]

 ◆AG KINO GILDE 14plus
 ◎“Jumbo”(仏・ベルギー・ルクセンブル) 監督:Zoé Wittock

 [ジェネレーションKplus]

 ◆児童審査員クルスタル・ベア部門
 ◎“Sweet Thing”(米) 監督:アレクサンダー・ロックウェル(Alexandre Rockwell)

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“H is for Happiness”(オーストラリア) 監督:John Sheedy [デビュー作品]

 ◆短編部門 クリスタル部門
 ◎“El nombre del hijo(The Name of the Son)”(アルゼンチン) 監督:Martina Matzkin [短編]

 ◆短編部門 スペシャル・メンション
 ◎“El sghayra(Miss)”(アルゼンチン・仏) 監督:Amira Géhanne Khalfallah [短編]

 ◆インターナショナル審査員グランプリ 7,500Euro
 ◎“Los lobos(The Wolves)”(メキシコ) 監督:Samuel Kishi Leopo

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Mignonnes(Cuties)”(仏) 監督:Maïmouna Doucouré [デビュー作品]
 ◎“Mamá, mamá, mamá(Mum, Mum, Mum)”(アルゼンチン) 監督:Sol Berruezo Pichon-Riviére

 ◆インターナショナル審査員特別賞 2,500 Euros
 ◎“El nombre del hijo(The Name of the Son)”(アルゼンチン) 監督:Martina Matzkin [短編]

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“The Kites”(イラン) 監督:Seyed Payam Hosseini [短編]

 ◆PEACE FILM PRIZE
 ◎“Los lobos (Die Wölfe))”(メキシコ) 監督:Samuel Kishi Leopo

 【Encounters部門】

 ◆最優秀作品賞
 ◎“The Works and Days (of Tayoko Shiojiri in the Shiotani Basin) ”(中・香港・日本・スェーデン・英・米) 監督:アンダース・エドストローム(Anders Edström)、C.W. Winter

C.W. Winter and Anders Edström.jpg

 ◆審査員特別賞
 ◎“The Trouble with Being Born”(オーストリア・独) 監督:Sandra Wollner

The Trouble with Being Born.jpg

 ◆監督賞
 ◎“Malmkrog”(ボスニア・北マケドニア・ルーマニア・セルビア・スウェーデン・スイス) 監督:クリスティ・プイウ(Cristi Puiu)

Malmkrog.jpg

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Isabella”(アルゼンチン) 監督:マティアス・ピニェイロ(Matías Piñeiro)

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“The Metamorphosis of Birds(A metamorfose dos pássaros)”(ポルトガル) 監督:Catarina Vasconcelos

 【ドキュメンタリー賞】(The Berlinale Documentary Award)

 ◆ドキュメンタリー賞 40,000 Euro
 ◎“Irradiés (Irradiated)”(仏・カンボジア) 監督:リティー・パン(Rithy Panh) [コンペティション部門]

リティー・パン.jpg

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Notes from the Underworld(Aufzeichnungen aus der Unterwelt)”(オーストリア) 監督:Tizza Covi、Rainer Frimmel [パノラマ部門]

 【第1回作品賞】

 ◆The GWFF Best First Feature Award  € 50,000
 ◎“Los Conductos”(ブラジル・コロンビア・仏) 監督:Camilo Restrepo [Encounters部門]

Los conductos.jpg

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Naked Animals(Nackte Tiere)”(独) 監督:Melanie Waelde [Encounters部門]

Naked Animals.jpg

 【パースペクティヴ・ドイツ映画部門】

 ◆The Best film of the programme
 ◎Janna Ji Wonders for the film "Walchensee Forever"

 ◆COMPASSPERSPEKTIVE -AWARD
 ◎Janna Ji Wonders for the film "Walchensee Forever"

 ◆Kompagnon-Fellowships
 ◎Hristiana Raykova (Perspektive Deutsches Kino 2019)
 ◎Ian Purnell (Berlinale Talents 2020)

 ◆Heiner Carow Prize
 ◎Natalija Yefimkina for Garagenvolk

 ◆HEINER CAROW PRIZE
 ◎“Garagenvolk (Garage People)” Natalija Yefimkina

 【DEVELOPMENT AWARDS】

 ◇KOMPAGNON-FELLOWSHIP
 Members of the Jury: Melanie Andernach, Bernd Lange, Mia Spengler endowed with € 5,000 and a mentoring programme
 ◎Arctic Link by Ian Purnell (Berlinale Talents 2020)
 ◎111 by Hristiana Raykova (Perspektive Deutsches Kino 2019 Alumna)

 ◇ARTEKINO INTERNATIONAL PRIZE endowed with € 6,000
 ◎The Melting by Veerle Baetens, produced by Savage Film (Belgium)

 ◇EURIMAGES CO-PRODUCTION DEVELOPMENT AWARD Members of the Jury: Giorgos Karnavas, Elena Kotová, Marie-Pierre Vallé endowed with € 20,000
 ◎Liman Film & b.i.t arts (Turkey) for There Are Two Kinds of People in This World (Director: Onur Saylak)

 ◇VFF TALENT HIGHLIGHT AWARD Members of the Jury: Roshanak Behesht Nedjad, Prof. Georg Feil, Gabor Greiner, Katriel Schory endowed with € 10,000
 ◎Producer Jón Hammer (Faroe Islands) for The Last Paradise on Earth (Director: Sakaris Stórá)

 ◆名誉金熊賞
 ◎ヘレン・ミレン

ヘレンミレン.jpg
 
 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓

 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・ベルリン国際映画祭2020 コンペティション部門 ラインナップ:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202002/article_14.html
 ・ベルリン国際映画祭2020 コンペ部門以外のラインナップ:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202002/article_16.html

 ・ベルリン国際映画祭2020 星取表:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202002/article_15.html

 ・君こそスターだ! シューティング・スター2020!:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202002/article_17.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2020年2月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202002/article_7.html

この記事へのコメント