CPH:PIX 2019 東京グランプリ受賞作がデンマーク・デビュー賞を受賞

 第11 回CPH:PIX(コペンハーゲン国際映画祭)(11月14日-17日)の受賞結果です。  【CPH:PIX】  CPH:PIXは、2003年に始まった(旧)コペンハーゲン国際映画祭(8月~9月にかけて開催)と、1990年に始まったNatFilm Festival(イースター時期に開催)というライバル同士にあった2…
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2020 短編アニメーション賞 有資格作品 94作品 日本からは3作品

 米国アカデミー賞2020 短編アニメーション賞の有資格作品のリストです。  短編アニメーション賞のエントリー作品は、公式には発表されていませんが、規定に従って、いくつかのサイトに書き出されています。  下記のリストは、10月18日にcartoonbrew(https://www.cartoonbrew.com/awards…
コメント:0

続きを読むread more

2019年度の映画賞の結果をまとめてみました(日本編)

 2019年度の日本映画賞の結果をまとめておきたいと思います。  日本映画に対する映画賞はまだまだありますが、ここでは比較的にポピュラーなものをピック・アップしてあります。  なお、過去12年分の結果は、文末にリンク先が示してあります。  随時、更新します。 -------------------------…
コメント:0

続きを読むread more

お待ちかね! MCNのオスカー2020予想第1弾! 作品賞部門・キャスト部門4部門

 MCN(Movie City News)のオスカー予想第1弾が発表されました。(11月18日・19日)  第1弾は、作品賞とキャスト部門4部門の5部門です。  ◆作品賞  1位:『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(監督:クエンティン・タランティーノ) 156ポイント(13票)  1位:『アイリッシュマン』…
コメント:0

続きを読むread more

ラックス賞2019 受賞結果

 第13回Lux賞の受賞結果が発表になりました。(11月27日)  【ラックス賞】  ラックス賞というのは、欧州議会(European Parliament)によって贈られる映画賞で、ヨーロッパの現状(拡大と交流)を示すような題材の映画を通して公衆に議論を呼び起こすことと、EU加盟国での映画の普及とを目的として、2007…
コメント:0

続きを読むread more

釜山映画評論家協会賞2019 受賞結果

 第20回釜山映画評論家協会賞(부산영화평론가협회상)の受賞結果が発表になりました。(11月26日)  ◆大賞(대상)  ◎『川沿いのホテル』 監督:ホン・サンス  ◆審査員特別賞(심사위원특별상)  ◎“얼굴들(Possible Faces)” 監督:이강현(Lee Kang Hyun)  ◆男性演技者賞(자연기…
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデン・グローブ賞2020 外国語映画賞エントリー作品 93作品発表! 日本からは?

 ノミネーション発表に先がけ、第77回ゴールデン・グローブ賞の外国映画賞のロングリストが公表されました。(11月26日)  対象となるのは、2018年10月1日から2019年12月31日までに、当言語の母国で公開されている作品で、英語以外の言語が51%以上使われている作品、ということになっています。  米国アカデミー賞と…
コメント:0

続きを読むread more

米・製作者組合賞(PGA)2020 ドキュメンタリー部門のノミネーション発表!

 第31回米・製作者組合賞(PGA) ドキュメンタリー部門のノミネーションが発表になりました。(11月19日)  ・“Advocate” イスラエル・カナダ・スイス) 監督:Rachel Leah Jones、Philippe Bellaiche  ・『アメリカン・ファクトリー』“American Factory”(米) 監…
コメント:0

続きを読むread more

テッサロニキ国際映画祭2019 受賞結果 ギリシャ・日本オペレッタも受賞

 第60回テッサロニキ国際映画祭(10月31日-11月10日)の受賞結果です。  【インターナショナル・コンペティション部門】  ※第1回または第2回監督作品が対象のコンペティション  ※審査員:Rugilė Barzdžiukaitė(リトアニアの映画監督)、Jacqui Davies(イギリスのプロデューサー)…
コメント:0

続きを読むread more

インディペンデント・スピリット・アワード2020 ノミネーション発表!

 第35回インディペンデント・スピリット・アワードのノミネーションが発表されました。(11月21日)  ◆作品賞(Best Feature)  ・『名もなき生涯』“A Hidden Life”(独・米) 監督:テレンス・マリック  ・“Clemency”(米) 監督:Chinonye Chukwu  ・“The Far…
コメント:0

続きを読むread more

台湾・金馬奨 2019 受賞結果!

 第56回台湾・金馬奨の各賞が発表になりました。(11月23日発表)  ◆作品賞(最佳劇情片/Best Feature Film)  ◎『ひとつの太陽』”陽光普照(A Sun)”(台湾) 監督:チョン・モンホン  ・”叔·叔(Suk Suk)”(香港・中) 監督:楊曜恺(Ray Yeung)  ・”夕霧花園(The Gard…
コメント:0

続きを読むread more

バンビ・メディア賞2019 発表 ナオミ・ワッツ、ベルギー王妃、他受賞

 ドイツのメディア企業のフーベルト・ブルダ・メディア(Hubert Burda Media)主催の第71回バンビ・メディア賞(Bambi Media Awards)」授賞式がドイツのバーデンバーデンで開催されました。(11月21日)  この賞は、この1年間にドイツのメディアを賑わわせた有名人・著名人に贈られる賞で、日本では特定のス…
コメント:0

続きを読むread more

『パラサイト 半地下の家族』が5冠! 青龍映画賞2019 受賞結果!

 第40回青龍映画賞の受賞結果が発表になりました。(11月21日) 【青龍映画賞】  1963年~ 中断あり  スポーツ朝鮮主催、朝鮮日報・韓国放送公社後援。SBS中継。  大鐘賞とともに韓国2大映画賞の1つ。  毎年11月に開催。  選考方法:1年を通して国内で公開された韓国映画を対象に、ネチズンの意見(インターネ…
コメント:0

続きを読むread more

アジア太平洋スクリーン・アワード2019 受賞結果! 『天気の子』がアニメーション賞受賞!

 第13回アジア太平洋スクリーン・アワード(Asia Pacific Screen Awards)の授賞式が行われました。(11月21日)  【アジア太平洋スクリーン・アワード(Asia Pacific Screen Awards)】  アジア太平洋スクリーン・アワードといっても、世界各地で開催される様々な映画祭・映画賞の1…
コメント:0

続きを読むread more

セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2019 受賞結果

 第16回セビリヤ・ヨーロッパ映画祭(11月8日-16日)の受賞結果です。  【オフィシャル・セレクション部門】  ※審査員:Lucía Alemany(スペインの映画監督)、Serge Bozon(フランスの男優、映画監督)、Mirsad Purivatra(サラエボ映画祭のディレクター、プロデューサー)、Elías Le…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2019 技術部門8部門 発表!

 第32回ヨーロッパ映画賞の技術部門8部門が発表されました。(11月19日)  審査員は、各部門を代表する1名ずつのプロフェッショナル8名(おそらく出身国も重ならないように選ばれた)で構成され、ベルリンに全員が集まって、EFAのセレクションを基に決定されました  ・ヴァニヤ・ツァーンユル(Vanja Černjul:クロアチアの…
コメント:0

続きを読むread more

フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭2019 受賞結果

 第29回フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭(11月7日-17日)の受賞結果です。  【フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭】  フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭(Film fra Sør (Films from the South))は、1991年からノルウェーのオスロで開催されている映画祭で、元々はオスロ大学の…
コメント:0

続きを読むread more

ハワイ国際映画祭2019 受賞結果! 『37セカンズ』、オダギリジョーも受賞!

 第39回ハワイ国際映画祭(11月7日-17日)の受賞結果です。  【ハワイ国際映画祭】  ハワイ国際映画祭は、1981年にハワイで始まった国際映画祭で、地元ハワイの映画はもちろん、アジア太平洋地域の映画の上映に力を入れている映画祭で、毎年、日本からも数多くの作品が出品されています。  プログラムとしては、インド、…
コメント:0

続きを読むread more

「ヴァラエティー」誌が選ぶ、「観るべき10人の俳優たち」2019

 「ヴァラエティー」誌は、1月に開催されるパームスプリングス国際映画祭では「観るべき10人の監督たち」を表彰し、7月に開催されるカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭では「観るべき10人のヨーロッパの監督たち」を選び(2016年以降はヨーロッパに限定していませんが)、秋には、「観るべき10人の俳優たち」を選ぶというのが恒例になっています。近年では…
コメント:0

続きを読むread more

グリアソン・アワード2019 受賞結果!

 グリアソン・アワード2019 の受賞結果が発表になりました。(11月14日発表)  【グリアソン・アワード】  グリアソン・アワード(The Grierson Award)と言っても日本ではほとんど知られていないと思いますが、スコットランド出身のドキュメンタリーのパイオニア、ジョン・グリアソン(1898-1972)の偉業を…
コメント:0

続きを読むread more

ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2019 技術部門 結果発表!

 第22回ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードの技術部門9部門の受賞結果が先行して発表になりました。(11月15日)  ※技術部門は、3年前まで「技術部門」として1つにまとめられていた部門が、前々回より、撮影賞、編集賞、美術賞、衣裳デザイン賞、メイキャップ&ヘア・デザイン賞、効果賞、音響賞、音楽賞、キャスティ…
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2020 長編ドキュメンタリー賞 エントリー作品159作品!

 米国アカデミー賞2020長編ドキュメンタリーエントリー作品が発表されました。(11月12日)  2020年度は、159作品でした。  ・“Advocate”(イスラエル・カナダ・スイス) 監督:Rachel Leah Jones、Philippe Bellaiche  ・“After Parkland”(米) 監督:Ja…
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画評論家協会賞2019 授賞式!

 第39回韓国映画評論家協会賞の授賞式が開催されました。(11月13日)  ◆最優秀作品賞(최우수 작품상)  ◎『パラサイト 半地下の家族』 監督:ポン・ジュノ  ◆監督賞(감독상)  ◎ポン・ジュノ 『パラサイト 半地下の家族』  ◆主演男優賞(남우주연상)  ◎シン・ハギュン ”나의 특별한 형제(In…
コメント:0

続きを読むread more

シネマ・アイ・オナーズ 2020 ノミネーション発表

 第12回シネマ・アイ・オナーズのノミネーションが発表されました。(11月7日)  「シネマ・アイ・オナーズ」は、2008年より、映画監督のAJ Schnackとトロント国際映画祭のドキュメンタリー部門のプログラマーThom Powers,によって始められたキュメンタリー映画に特化した映画賞で、略さずに言うと「The Cinema…
コメント:0

続きを読むread more

ピープルズ・チョイス・アワード2019 受賞結果!

 第45回ピープルズ・チョイス・アワードの受賞結果が発表になりました。(11月10日。ノミネーション発表は9月4日。)  【映画部門】(Film) [11部門 ← 10部門]  ◆2019年の映画(The Movie of 2019)  ◎『アベンジャーズ/エンドゲーム』  ・『キャプテン・マーベル』  ・『ワイルド・…
コメント:0

続きを読むread more

クリティクス・チョイス・アワード 2019 ドキュメンタリー賞発表!

 クリティクス・チョイス・アワード2019 ドキュメンタリー部門の受賞結果が発表されました。(11月10日発表)。  ◆最優秀ドキュメンタリー賞(BEST DOCUMENTARY FEATURE)  ・『アメリカン・ファクトリー』“American Factory”(Netflix) (米) 監督:スティーヴン・ボグナー(Ste…
コメント:0

続きを読むread more

アメリカン・シネマテーク・アワード2019:シャーリーズ・セロン

 第33回アメリカン・シネマテーク・アワードの授賞式が行なわれました。(11月8日)  アメリカン・シネマテーク・アワードは、ロサンゼルスを拠点に活動している非営利団体「アメリカン・シネマテーク」(1981年設立)が出している映画賞で、1986年スタートして今年で33回を迎えています。  賞といっても、たくさんはなくて、…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2019 ノミネーション発表!

 第32回ヨーロッパ映画賞のノミネーションがセビリヤ・ヨーロッパ映画祭で発表になりました。(11月9日)  ◆作品賞(European Film 2019)  ・“J'accuse(An Officer and a Spy)”(仏・伊) 監督:ロマン・ポランスキー  ・“Les Misérables”(仏) 監督:Ladj…
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画評論家協会賞2019 受賞結果

 第39回韓国映画評論家協会賞の受賞結果です。(10月21日発表)  ◆最優秀作品賞(최우수 작품상)  ◎『パラサイト 半地下の家族』 監督:ポン・ジュノ  ◆監督賞(감독상)  ◎ポン・ジュノ 『パラサイト 半地下の家族』  ◆主演男優賞(남우주연상)  ◎シン・ハギュン ”나의 특별한 형제(Insepar…
コメント:0

続きを読むread more

青龍映画賞2019 ノミネーション!

 第40回青龍映画賞のノミネーションが発表になりました。(11月1日) 【青龍映画賞】  1963年~ 中断あり  スポーツ朝鮮主催、朝鮮日報・韓国放送公社後援。SBS中継。  大鐘賞とともに韓国2大映画賞の1つ。  毎年11月に開催。  選考方法:1年を通して国内で公開された韓国映画を対象に、ネチズンの意見(インタ…
コメント:0

続きを読むread more

モンペリエ地中海映画祭2019 受賞結果

 第41回モンペリエ地中海国際映画祭(10月11日-10月26日)の受賞結果です。  【モンペリエ地中海国際映画祭】  モンペリエ地中海国際映画祭(Cinemed Montpellier International Festival of Mediterranean Films)は、地中海周諸国の作品に限った映画祭で、日本で…
コメント:0

続きを読むread more

オスカーへとつながる作品がいっぱい バリャドリッド国際映画祭2019 受賞結果!

 第64回バリャドリッド国際映画祭(10月19日-26日)の受賞結果です。  スペイン語圏の映画について調べていると、ちょくちょく名前が挙がってくるバリャドリッド国際映画祭。  スペイン国内で開催される映画祭としては、サンセバスチャン国際映画祭、シッチェス・カタロニア国際映画祭に次ぐ、規模&知名度の映画祭という感じでしょうか…
コメント:0

続きを読むread more

ムンバイ映画祭2019 受賞結果

 第21回ムンバイ映画祭(10月17日-24日)の受賞結果です。  【ムンバイ映画祭】  ムンバイ映画祭は、インド映画を中心にした映画祭で、4つのコンペティション部門と、常設部門、および、特集という構成で成り立っています。  主なプログラムは以下の通り。  [コンペティション部門]  ・インターナショナル・コン…
コメント:0

続きを読むread more

ワルシャワ国際映画祭2019 受賞結果

 第35回ワルシャワ国際映画祭(10月11日-20日)の受賞結果です。  【ワルシャワ国際映画祭】  ワルシャワ国際映画祭は、東京国際映画祭と同じく、1985年にスタートした映画祭で、ワルシャワ国際映画祭が1991年に「映画週間」から「映画祭」になり、さらに2000年に「国際映画祭」になったのに対し、東京国際映画祭は、199…
コメント:0

続きを読むread more

ハリウッド映画賞2019 授賞式!

 第23 回ハリウッド映画賞の授賞式が行われました。(11月3日)  ハリウッド映画賞は、元プレイメイツで女優のジャニス・ペニントン(Janice Pennington)と、マーケティングのエキスパートであり、インターネットのパイオニアで、作家、プロデューサーでもあるカルロス・デ・アブレウ(Carlos de Abreu)とが19…
コメント:0

続きを読むread more

BAFTA スコットランド・アワード2019 受賞結果

 BAFTAスコットランド・アワード2019の受賞結果が発表になりました。(11月3日)  BAFTA英国アカデミー賞には、ウェールズとスコットランドにも支部があり、「本家」同様、毎年それぞれ賞の授与を行なっています。BAFTAウェールズは1991年、BAFTAスコットランドは1989年に設立されています。  スコットランド映画…
コメント:0

続きを読むread more

ローマ映画祭2019 受賞結果

 第14回ローマ映画祭(10月17日-10月27日)の受賞結果です。  ローマ国際映画祭からローマ映画祭へと体制が見直されて5年目、上映作品に贈られる賞が観客賞1つのみになって5年目です。  本年度の観客賞は―  ◆観客賞“BNL People’s Choice Award”  “Santa subito”(伊)…
コメント:0

続きを読むread more

レイキャビク国際映画祭2019 受賞結果

 第16回レイキャビク国際映画祭(9月26日-10月6日)の受賞結果です。  【レイキャビク国際映画祭】  レイキャビク国際映画祭は、2004年から始まったアイスランドの国際映画祭で、特に、新作アイスランド映画の紹介と、ドキュメンタリー映画、そして、環境問題を扱った作品の上映に力を入れています。  コンペティション部門…
コメント:0

続きを読むread more

国際ドキュメンタリー協会が選ぶIDAアワード2019 ノミネーション

 国際ドキュメンタリー協会(International Documentary Association /IDA)が贈る第35回IDAアワードのノミネーションが発表されました。(10月24日)  【IDAアワード】  IDAは、ドキュメンタリー作品の作り手の支援やドキュメンタリー作品の上映機会の増加のための活動を行なっている…
コメント:0

続きを読むread more

ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2019 ノミネーション発表!

 第22回ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードのノミネーションが発表されました。(10月30日)  ◆作品賞(Best British Independent Film)  ・“Bait”(英) Mark Jenkin、ケイト・バイアーズ(Kate Byers)、Linn Waite  ・“For Sam…
コメント:0

続きを読むread more