米国アカデミー賞2020 短編アニメーション賞 有資格作品 94作品 日本からは3作品

 米国アカデミー賞2020 短編アニメーション賞の有資格作品のリストです。

 短編アニメーション賞のエントリー作品は、公式には発表されていませんが、規定に従って、いくつかのサイトに書き出されています。

 下記のリストは、10月18日にcartoonbrew(https://www.cartoonbrew.com/awards/2020-best-animated-short-film-oscar-a-list-of-qualified-films-in-the-category-exclusive-180937.html)に基づいたものですが、cartoonbrewでは、抜け落ちていた作品をその後書き足しています。

 短編アニメーション賞の有資格作品の規定は
 1.定められたコンペテティティヴ映画祭で、規定の賞を受賞した作品
 2.ロサンゼルス郡あるいはニューヨーク市で、公共上映や非劇場手段による配給に先立って、最低、連続した7日間に有料上映された作品
 3.学生アカデミー賞で金・銀・ブロンズのいずれかのメダルを獲得した作品(アメリカ映画3作品、外国映画1作品)
 ということになっています。

 規定によってピックアップされた本年度の短編アニメーション賞の有資格作品は、全部で94本あります。

――――――――――――――――――――――――――――――――

 【米国アカデミー賞2020 短編アニメーション賞 有資格作品94作品】

 〇“Blind Mice”(米) 監督:Nicholas D’Agostino Qualified at レインダンス映画祭

 ・“Coaster”(米) 監督:Amos Sussigan、Dan Lund Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映(public exhibition in L.A. county)

 ・“Curse of the Monkeybird”(米) 監督:Pete Browngardt Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Cycles“(米) 監督:Jeff Gipson Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Dak’Toka Taíno”(米) 監督:Alba García Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Dani”(米) 監督:Lizzy Hogenson Qualified at パームスプリングス

 ・“Downtown”(米) 監督:Kendra Vander Vliet Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Drop”(米) 監督:Trent Correy Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Elephant in the Room”(米) 監督:Brian Scott Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Exchange Student“(米) 監督:Natalie Nourigat Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Fetch”(米) 監督:Mitch Counsell Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 〇“Game Changer”(米) 監督:Aviv Mano Qualified at 学生アカデミー賞

 ・“Grendel”(米) 監督:Kalee McCollaum Qualified at 学生アカデミー賞

 〇“Gun Shop”(米) 監督:Patrick Smith Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Hair-Jitsu”(米) 監督:Brian Estrada Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Hair Love”(米) 監督:Matthew A. Cherry、Everett Downing Jr.、Bruce W. Smith Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Hands”(米) 監督:John Canemaker Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Henrietta Bulkowski”(米) 監督:Rachel Johnson Qualified at Atlanta,Santa Barbara

 ・“Jing Hua”(米) 監督:Jerry Huynh Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Just a Thought“(米) 監督:Brian Menz Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 〇“Kitbull“(米) 監督:Rosana Sullivan Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Lightning in a Bottle”(米) 監督:John Aquino Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Lucky Toupee”(米) 監督:Nikki Mull Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Marooned”(米) 監督:Andrew Erekson Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 〇『マイ・ムーン』“My Moon”(米) 監督:オンソン・リー(Eusong Lee) Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Puddles”(米) 監督:Zach Parrish Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 〇“Purl”(米) 監督:Kristen Lester Qualified at SIGGRAPHコンピュータ・アニメーション・フェスティバル

 ・“Shalva (=Tranquility)”(米) 監督:Danna Windsor Qualified atスラムダンス映画祭

 〇“Smash and Grab”(米) 監督:Brian Larsen Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Songs to Sing in the Dark”(米) 監督:Riannon Delanoy Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 〇“Substance”(米) 監督:Jamaal Bradley Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 〇“The Opposites Game”(米) 監督:Lisa LaBracio、Anna Samo Qualified at レインダンス映画祭

 ・“The Race”(米) 監督:Terry Moews Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Two”(米) 監督:Emre Okten Qualified at 学生アカデミー賞

 ・“Zenith”(米) 監督:Jennifer Stratton Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 〇“Sister(妹妹)”(米・中) 監督:Siqi Song(宋思琪) Qualified at Aspen Shortsfest, Austin, Foyle, Hollyshorts

 ・『Reneepoptosis』“Reneepoptosis”(米・日) 監督:Renee Zhan Qualified atサンダンス映画祭

 ・『The Wheel Turns』“The Wheel Turns”(米・日・韓) 監督:キム・サンジュン(Sang Joon Kim) Qualified at Sitges

 ・“Cityunited”(英) 監督:Don Jayamanne Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 〇“My Mother’s Eyes”(英) 監督:Jenny Wright Qualified at トライベッカ映画祭

 ・“Plankton”(英) 監督:Gustaf Lindström Qualified at Interfilm

 ・“Zog”(英) 監督:Max Lang and Daniel Snaddon Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Roughhouse”(英・仏) 監督:Jonathan Hodgson Qualified through BAFTA Awards *

 ・“Streets of Fury”(アイルランド) 監督:Aidan McAteer Qualified at ゴールウェイ映画祭

 〇“The Bird and the Whale”(アイルランド) 監督:Carol Freeman Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Augur”(ポルトガル・仏) 監督:David Doutel、Vasco Sá Qualified at 釜山

 ・“Don’t Feed These Animals”(ポルトガル) 監督:Guilherme Afonso and Miguel Madaíl de Freitas Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Cazatalentos”(西) 監督:José Herrera Qualified through ゴヤ賞

 ・“Las Del Diente”(西) 監督:Ana Pérez López Qualified at Florida

 〇“Egg”(仏・デンマーク) 監督:マルティナ・スカルペッリ(Martina Scarpelli) Qualified at AFI Fest, Athens, Leipzig *

 ・“Flowing Through Wonder”(仏) 監督:Joanna Lurie Qualified at Flickerfest

 〇『(Fool Time) Job』“(Fool Time) Job”(仏) 監督:Gilles Cuvelier Qualified at ウプサラ

 〇“Follow the White Rabbid”(仏) 監督:Meat Dept Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 〇『スイミングプール』“Grand Bassin”(仏) 監督:Héloïse Courtois、Chloé Plat、Victori Jalabert、Adèle Raigneau Qualified at ワルシャワ

 〇“Hors Piste”(仏) 監督:Léo Brunel、Loris Cavalier、Camille Jalabert、Oscar Malet Qualified at ニューヨーク国際児童映画祭

 〇“How I Left Your Father”(仏) 監督:Explosm/Connor Murphy Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“I’m Going Out for Cigarettes (Je sors acheter des cigarettes)”(仏) 監督:Osman Cerfon Qualified at Animator Int’ Festival *

 〇『ル・マン 1955』“Le Mans 1955”(仏) 監督:Quentin Baillieux Qualified at セントルイス

 〇“Maestro”(仏) 監督:Illogic Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Memorable”(仏) 監督:ブルーノ・コレ(Bruno Collet) Qualified atアヌシー国際アニメーションフェスティバル *

 ・“My Generation”(仏) 監督:ルドウィク・ウープラン(Ludovic Houplain) Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 〇“Ostrich Politic”(仏) 監督:Mohamad Houhou Qualified at LA Shorts Fest

 ・“Raymonde or the Vertical Escape”(仏) 監督:Sarah van der Boom Qualified at リーズ

 ・“Riviera”(仏) 監督:Jonas Schloesing Qualified at Guanajuato, Regard — Saguenay Int’ Film Festival *

 ・“Under the Rib Cage”(仏・ベルギー) 監督:Bruno Tondeur Qualified atクラクフ 映画祭

 ・“Reruns”(仏・オランダ・ベルギー) 監督:Rosto Qualified at Anima

 ・“Mind My Mind”(オランダ・ベルギー) 監督:Floor Adams Qualified at ロードアイランド

 ・“Selfies”(スイス) 監督:Claudius Gentinetta Qualified at サンフランシスコ

 ・“The Flood Is Coming”(スイス・英) 監督:Gabriel Böhmer Qualified at Winterthur

 〇“Cops & Robbers (Räuber & Gendarm)”(独) 監督:Florian Maubach Qualified through German Short Film Award

 ・『Dont Know What』“Dont Know What”(オーストリア) 監督:トーマス・レノルトナー(Thomas Renoldner) Qualified at オタワ国際アニメーションフェスティバル

 ・“Mr. Mare”(ハンガリー・仏) 監督:Luca Tóth Qualified at オーデンセ

 〇『Acid Rain』“Acid Rain”(ポーランド) 監督:トマーシュ・ポパクル(Tomek Popakul) Qualified at ザグレブ国際アニメーションフェスティバル

 ・“Portrait of Suzanne”(ポーランド・独・仏) 監督:イザベラ・プリュシンスカ(Izabela Plucińska) Qualified at クラクフ映画祭

 ・“Daughter”(チェコ) 監督:ダリア・カシュチェエヴァ(Daria Kashcheeva) Qualified at 学生アカデミー賞

 ・“The Kite”(チェコ・スロヴァキア・ポーランド) 監督:Martin Smatana

 ・“Tasks of the Day”(ブルガリア) 監督:Petya Zlateva Qualified at In the Palace

 ・『海まで5分』“Five Minutes to Sea”(ロシア) 監督:ナタリア・ミルゾヤン(Natalia Mirzoyan) Qualified at Animayo, Encounters, Lebu

 ・『He Can’t Live Without Cosmos』“He Can’t Live Without Cosmos”(ロシア) 監督:コンスタンティン・ブロンジット(Konstantin Bronzit) Qualified at Tirana, In the Palace

 ・“Falafel Cart“(クウェート) 監督:Abdullah Al-Wazzan Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Sitara: Let Girls Dream”(パキスタン) 監督:Sharmeen Obaid Chinoy Qualified through ニューヨークでの公開上映

 ・『ごん GON,THE LITTLE FOX』“Gon, The Little Fox”(日) 監督:八代健志 Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・『マイリトルゴート』“My Little Goat”(日) 監督:見里朝希 Qualified at Short Shorts

 ・『Walking Meat』“Walking Meat”(日) 監督:須貝真也 Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Sohrab and Rustum”(オーストラリア) 監督:Lee Whitmore Qualified atシドニー映画祭

 〇“Girl in the Hallway”(カナダ) 監督:Valerie Barnhart Qualified atエドモントン

 ・『The Physics of Sorrow』“The Physics of Sorrow”(カナダ) 監督:セオドア・ウシェフ(Theodore Ushev) Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“The Procession (Le cortège)”(カナダ) 監督:Pascal Blanchet、Rodolphe Saint-Gelais Qualified through ロサンゼルス郡での公開上映

 ・“Uncle Thomas: Accounting for the Days”(カナダ・仏・ポルトガル) 監督:レジナ・ペソア(Regina Pessoa) Qualified at アニマ・ムンディ, アヌシー国際アニメーションフェスティバル

 ・“Primos”(メキシコ) 監督:Federico Gutiérrez Obeso Qualified at Chilemonos

 ・“Coffee Break”(コロンビア) 監督:María Cristina Pérez、Mauricio Cuervo Rincón Qualified at Bogoshorts

 〇“Guaxuma”(ブラジル・仏) 監督:Nara Normande Qualified at Cinequest, グアダラハラ国際映画祭, SXSW映画祭 *

 ・“Ian, A Moving Story”(アルゼンチン) 監督:Abel Goldfarb Qualified at クリーヴランド国際映画祭

-------------------------------

 日本での上映は、一応、以下の映画祭をチェックしてあります。
 新千歳空港国際アニメーション映画祭などでは、日本語のタイトルが用意されていない場合があります。

 広島国際アニメーションフェスティバル2018
 徳島国際映画祭2019
 トンコハウス映画祭とスタジオトンコカフェ Program D/今世界が注目するアニメ作家たち
 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2019
 花開くコリア・アニメーション2019+アジア
 札幌国際短編映画祭2019
 新千歳空港国際アニメーション映画祭2019
 品川国際映画祭2019

 〇印は、cartoonbrewが選んだ25本です。(https://www.cartoonbrew.com/shorts/over-two-dozen-shorts-contending-for-an-oscar-are-free-to-view-online-watch-them-here-183099.html
 該当ページには、動画本編もアップしてあります。

 *印は、セザール賞2020 短編アニメーション賞のオフィシャル・セレクションです。全12本のうち6本選ばれています。
  ※http://www.academie-cinema.org/vote/focus-courts-metrages-2020.html

 米国アカデミー賞2020短編アニメーション賞 ショートリストは、12月16日発表の予定です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー賞2019 短編アニメーション賞候補71作品:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_34.html
 ・米国アカデミー賞2019 短編アニメーション賞 ショートリスト10作品発表:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_53.html

 ・米国アカデミー賞2018 短編アニメーション賞 候補リスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_4.html
 ・米国アカデミー賞2018 短編アニメーション賞 ショートリスト10作品発表:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_7.html

 ・米国アカデミー賞2017 短編アニメーション賞 候補リスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_44.html
 ・米国アカデミー賞2017 短編アニメーション賞 ショートリスト10作品発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_42.html

 ・米国アカデミー賞2016 短編アニメーション賞 ロングリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_10.html
 ・米国アカデミー賞2016 短編アニメーション賞 ショートリスト10作品発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_26.html

 ・米国アカデミー賞2015 短編アニメーション賞 ショートリスト10作品発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_5.html

 ・米国アカデミー賞2014 短編アニメーション賞 ショートリスト発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_13.html

 ・米国アカデミー賞2013 短編アニメーション賞 ショートリスト発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_9.html

 ・米国アカデミー賞2012 短編アニメーション賞 ロングリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_21.html
 ・米国アカデミー賞2012 短編アニメーション賞 ショートリスト発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_3.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント