ローマ映画祭2019 受賞結果

 第14回ローマ映画祭(10月17日-10月27日)の受賞結果です。

ローマ2019 ポスター.jpg

 ローマ国際映画祭からローマ映画祭へと体制が見直されて5年目、上映作品に贈られる賞が観客賞1つのみになって5年目です。

 本年度の観客賞は―

 ◆観客賞“BNL People’s Choice Award”
 “Santa subito”(伊) 監督:Alessandro Piva
 物語:バーリ、1980年代後半。Santaはちょうど20歳未満で、すべての若い女の子のように夢や不安を抱いていて、それを日記に託している。彼女は、クリスチャンの信仰と人生への渇望で心は燃えている。彼女は、両親と同意したように、大学を卒業する前ではなく、彼女の精神的な職業に従うことを望んでいる。しかし、誰かがSantaと彼女の願望の間に介入する。教区活動中に偶然出会った男は、警察に多くの報告をしているにも拘らず、彼女に忍び寄って、狂信的な手紙を送り、3年間どこにでも付きまとう。 1991年3月15日、Santaは13回刺され、人生を終わらせた。そのようなエピローグは避けられただろうか?

Santa Subito.jpg

観客賞.jpg

--------------------------------

 【Facts and Figures】

 総上映回数:258 Screenings(前回266)
 上映本数:70Films(前回91)
 レトロスペクティヴ&トリビュート(Retrospective and Tributes):34(前回31)
 出品国:24カ国(前回30)

 Increase over 2018
 +10% Tickets sold
 +18% Box office earnings
 +13% Accreditations
 +9% Accreditation earnings
 +7% Entry tickets accreditations and public
 +11% Entry tickets public and free events

 Media
 +23% Articles in national and local daily newspapers
 +45% Online articles
 +10% National and local TV news reports, TV and radio news reports

 Web & Social
 +86% Official site
 +12% Facebook
 +2% Twitter
 +36% Instagram

 MEDIA COVERAGE
 + 1% 日刊新聞記事(Articles in national and local daily newspapers)
 + 2% オンライン記事(Online articles)
 + 1% TVニュース・レポート、TV・ラジオ番組(National and local TV news reports, TV and radio shows)
 + 13% Nインターナショナル・メディア・ニュース・ストーリー、レポート、レビュー(ews stories, reports and reviews on international media)

 SOCIAL
 + 12% Facebook
 + 13% Twitter
 + 48% Instagram
 + 30% YouTube Channel
 + 20% Voting spectators

--------------------------------

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award)
 ◎ヴィオラ・デイヴィス プレゼンター:ピエロフランチェスコ・ファヴィーノ

ヴィオラデイヴィス.jpg

 ◎ビル・マレー with フランシス・マクドーマンド、エドワード・ノートン、ウェス・アンダーソン

ビルマレー.jpg

 
 過去6年の映画祭の基本データを書き出すと以下のようになります。(公式サイトでの発表に基づく)

 2013年:30カ国から163作品を上映。7スクリーンでのべ402回の上映。総観客数:15万人以上。

 2014年:23カ国から113作品を上映。7スクリーンでのべ336回の上映。総観客数:15万人。

 2015年:24カ国から53作品を上映。14スクリーンでのべ313回の上映。総観客数:6万人。

 2016年:26カ国から72作品を上映。16スクリーンでのべ313回の上映。総観客数:前年比18%増(具体的な数字は示されず)

 2017年:27カ国から106作品を上映。のべ268回の上映。総観客数:(具体的な数字は示されず)

 2018年:30カ国から91作品を上映。のべ266回の上映。総観客数:(具体的な数字は示されず)

 体制の変更から、若干持ち直してきたのかなと思っていたんですが、映画祭としてはパワーが落ち続けているようにも見えます。
 メディアの数字はアップしているように(自前のデータで)書いていますが、本当に大丈夫なんでしょうか。
 ちょっと気になりますね。

--------------------------------

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ローマ映画祭2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_49.html
 ・ローマ映画祭2017 結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_11.html
 ・ローマ映画祭2016 結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_7.html
 ・ローマ国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_25.html
 ・ローマ国際映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_20.html
 ・ローマ国際映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_13.html
 ・ローマ国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_30.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント