国際ドキュメンタリー協会が選ぶIDAアワード2019 ノミネーション

 国際ドキュメンタリー協会(International Documentary Association /IDA)が贈る第35回IDAアワードのノミネーションが発表されました。(10月24日)

 【IDAアワード】

 IDAは、ドキュメンタリー作品の作り手の支援やドキュメンタリー作品の上映機会の増加のための活動を行なっている非営利団体で、ロサンゼルスに本部があり、世界53カ国に2000人の会員を有しています。(Wikipedia)

 IDAアワードは、そんな非営利団体が贈る賞ということで、一見地味~な印象も受けますが(実際のところ、あまり陽の目を見ないドキュメンタリー作品に積極的にスポットライトを当てようとしているようなところがあり、シリアスな作品も多いのですが)、ユニークな題材を扱った作品も多く、さまざまな映画祭で評価された作品もたくさん取り上げられています。

 過去の受賞作には、『光、ノスタルジア』、『ヴィック・ムーニーズ/ごみアートの奇跡』、『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』、『ウォー・チャイルド』、『神は僕らを見放した』、『イラクのカケラを集めて』、『未来を写した子どもたち』、『華氏911』、『イメルダ』、『バス174』、『SUGIHARA: Conspiracy Of Kindness~杉原千畝 善意の陰謀』、などがあります。

 IDAアワードは、以前は、米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞の前哨戦というようなポジションにはなかったのですが、選考基準が変わったのか、2012年あたりからアカデミー賞に絡んできそうな作品が多くノミネートされるようになってきています。

 結果として、2012年度は、『シュガーマン 奇跡に愛された男』と“The Invisible War”がIDAアワード長編部門と米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞の双方でノミネートされ、ともに『シュガーマン 奇跡に愛された男』が受賞。
 短編部門では、“Kings Point”と『OPEN HEART』“Open Heart”と“Mondays At Racine”がノミネーションで一致し、IDAアワードでは『セイビング・フェイス 魂の救済』(『私の顔を返して ~パキスタン 酸攻撃の被害女性たち~』)“Saving Face”が受賞し、米国アカデミー賞では『イノセンテの描く未来』“Inocente”が受賞。ただし、IDAアワードで受賞した『セイビング・フェイス 魂の救済』とノミネート作品の“God Is the Bigger Elvis”は、米国アカデミー賞2012短編ドキュメンタリー賞にノミネートされていて、『セイビング・フェイス 魂の救済』が受賞している。

 2013年度は、米国アカデミー賞長編キュメンタリー賞を受賞した『バックコーラスの歌姫たち』は、IDAアワードにはノミネートされていませんでしたが、『アクト・オブ・キリング』や“The Square (Al Midan)”がノミネートされ、後者が受賞。
 短編部門では、ノミネーション、受賞結果ともに、一致した作品はなし。

 2014年度は、長編部門では、IDAアワード、米国アカデミー賞ともに『シチズンフォー スノーデンの暴露』が受賞。
 短編部門では、『私たちの受難』のみノミネーションで一致し、IDAアワードでは『タシちゃんと僧侶』“Tashi and the Monk”が受賞し、米国アカデミー賞では“Crisis Hotline: Veterans Press 1”が受賞。

 2015年度は、長編部門では、『ルック・オブ・サイレンス』と『AMY エイミー』が双方でノミネートされ、IDAアワードでは『ルック・オブ・サイレンス』が受賞し、米国アカデミー賞では『AMY エイミー』が受賞。
 短編部門では、“Body Team 12”と“Claude Lanzmann: Spectres of the Shoah”と“Last Day of Freedom”がノミネーションで一致し、IDAアワードでは“Last Day of Freedom”が受賞し、米国アカデミー賞では“A Girl in the River: The Price of Forgiveness”が受賞しています。

 2016年度は、長編部門では、『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』と『私はあなたのニグロではない』と“O.J.: Made in America”と『13th -憲法修正第13条-』と4作品もノミネーションで一致し、ともに“O.J.: Made in America”が受賞しています。
 短編部門では、『ホワイト・ヘルメット -シリアの民間防衛隊-』と『最期の祈り』がノミネーションで一致し、ともに『ホワイト・ヘルメット -シリアの民間防衛隊-』が受賞。“4.1 Miles”は、IDAアワードでは学生部門で受賞し、米国アカデミー賞では短編ドキュメンタリー賞にノミネートされています。

 2017年度は、長編部門のノミネーションでは、『顔たち、ところどころ』と『ストロング・アイランド』がともにノミネートされ。IDAアワードでは“Dina”が受賞、米国アカデミー賞では『イカロス』が受賞。短編部門ではともに“Edith+Eddie”と“Heaven Is A Traffic Jam On The 405”がノミネートされ、IDAアワードでは前者が、米国アカデミー賞では後者が受賞しています。

 2018年度は、“Minding the Gap”が長編部門と編集賞を受賞しています。

 本年度のノミネーションは、以下の通り。

--------------------------------

 ◆長編部門(Best Feature Nominees)
 ・“For Sama”(英・シリア) 監督:Waad al-Kateab、Edward Watts
 ・“Sea of Shadows”(オーストリア) 監督:Richard Ladkani
 ・“Honeyland”(北マケドニア) 監督:Tamara Kotevska、Ljubomir Stefanov
 ・“Advocate”(カナダ・スイス・イスラエル) 監督: Rachel Leah Jones、Philippe Bellaiche
 ・“One Child Nation”(中・米) 監督:Nanfu Wang(王男栿)、Jialing Zhang
 ・『アポロ11 完全版』“Apollo 11”(米) 監督:トッド・ダグラス・ミラー(Todd Douglas Miller)
 ・“The Biggest Little Farm”(米) 監督: John Chester
 ・『アメリカン・ファクトリー』“American Factory”(米) 監督:スティーヴン・ボグナー(Steven Bognar)、ジュリア・ライカート(Julia Reichert)
 ・“Midnight Family”(メキシコ) 監督 Luke Lorentzen
 ・『ブラジル -消えゆく民主主義-』“The Edge of Democracy”(ブラジル) 監督:ペトラ・コスタ(Petra Costa)

 “One Child Nation”、・『アポロ11 完全版』、『アメリカン・ファクトリー』、『ブラジル -消えゆく民主主義-』は、ゴッサム・アワード2019ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ◆短編部門(Best Short Nominees)
 ・“A Love Song for Latasha”(米/18min) 監督:Sophia Nahli Allisonbr
 ・“America”(米/27min) 監督:Garrett Bradley
 ・“Easter Snap”(米/14min) 監督:RaMell Ross
 ・“Learning to Skateboard in a Warzone (if you're a girl) ”(英/39min) 監督:Carol Dysinger
 ・“The Nightcrawlers”(英/40min) 監督:Alexander Mora
 ・『アフター・マリア: 見捨てられた家族/After Maria』“After Maria”(米/35min) 監督:Nadia Hallgren
 ・“Black to Techno”( ) 監督:Jenn Nkiru
 ・“In the Absence”(韓/28min) 監督:: イ・スンジュン(Yi Seung-Jun)
 ・“Sam and the Plant Next Door”(デンマーク・英/23min) 監督:Omer Sami
 ・“Valley of the Rulers”(セルビア・モンテネグロ・イスラエル/26min) 監督:: Efim Graboy

 “In the Absence”、“Sam and the Plant Next Door”は、クリティクス・チョイス・アワード2019 短編ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ◆監督賞(Best Director Nominees)
 ・ペトラ・コスタ(Petra Costa) 『ブラジル -消えゆく民主主義-』“ “The Edge of Democracy”
 ・Rachel Leah Jones、Philippe Bellaiche “Advocate”
 ・スティーヴン・ボグナー(Steven Bognar)、ジュリア・ライカート(Julia Reichert) 『アメリカン・ファクトリー』“American Factory”
 ・Tamara Kotevska、Ljubomir Stefanov “Honeyland”
 ・Waad al-Kateab、Edward Watts “For Sama”

 ◆シリーズ部門(Best Curated Series Nominees)
 ・“American Experience”(PBS) Executive Producer: Mark Samels

 ・“BBC Storyville”(BBC) Executive Producer: Mandy Chang

 ・“Dokumania”(Danish Broadcasting Corporation) Executive Producers: Anders Bruus

 ・“POV”(PBS) Executive Producers: Justine Nagan and Chris White

 ・“AJE Witness”(AJE English) Executive Producers: Fiona Lawson-Baker

 “POV”は9年連続ノミネートで前回受賞。

 ◆エピソード部門(Best Episodic Series Nominees)
 ・『アート・オブ・デザイン』“Abstract: The Art of Design”(Netflix)
 Executive Producers: Scott Dadich, モーガン・ネヴィル, Dave O'Connor, ジャスティン・ウィルクス(Justin Wilkes)and Jon Kamen


 ・“Finding Justice”(BET)
 Executive Producers: ドウェイン・ジョンソン(Dwayne Johnson), ダニー・ガルシア(Dany Garcia), David Leepson, Brian Gewirtz, dream hampton, Jackson Nguyen, Aaron Rice, Todd Crites, ハイラム・ガルシア(Hiram Garcia), Aaron Bowden and Stephanie Lydecker

 ・“Kids Behind Bars: Life Or Parole”(A&E)
 Executive Producers: Eli Holzman, Aaron Saidman, Peter LoGreco, Joshua Rofe, Devon Hammonds, Evan Lerner, Amy Savitsky and Elaine Frontain Bryant

 ・『不法移民として生きる』“Living Undocumented”(Netflix)
 Directors/Executive Producers: アナ・チャイ(Anna Chai)and Aaron Saidman
 Executive Producers: Eli Holzman, Sean O'Grady, セレーナ・ゴメスand Mandy Teefe

 ・『OUR PLANET 私たちの地球.』“Our Planet”(Netflix)
 Directors: Adam Chapman, Mandi Stark, Jeff Wilson, Sophie Lanfear, Hugh Pearson and Huw Cordey
 Executive Producers: アラステア・フォザーギル(Alastair Fothergill)and キース・スコーリー(Keith Scholey)


 ◆マルチ・パート・ドキュメンタリー部門(Best Multi-Part Documentary Nominees) [新設]
 ・“Chasing the Moon”(PBS)
 Director:/Producer: Robert Stone
 Executive Producer: マーク・サメルズ(Mark Samels). Producers: Susan Bellows, Daniel Aegerter, Keith Haviland and Ray Rothrock

 ・『ネバーランドにさよならを』“Leaving Neverland”(HBO)
 Director/Producer: Dan Reed
 Executive Producers: Nancy Abraham and Lisa Heller

 ・“Lorena”(Amazon)
 Director:/Executive Producer: Joshua Rofé
 Executive Producers: ジョーダン・ピール, Steven J. Berger, ウィン・ローゼンフェルド(Win Rosenfeld), Jenna Santoianni, Tom Lesinski and Andrea Harner. Producer: M. Elizabeth Hughes

 ・“Surviving R. Kelly”(Lifetime)
 Executive Producers: Joel Karsberg, Dream Hampton, Tamra Simmons, Jesse Daniels and Brie Miranda Bryant

 ・“Wu-Tang Clan: Of Mics and Men”(Showtime)
 Executive Producers: Peter J. Scalettar, Peter Bittenbender, Sacha Jenkins and Vinnie Malhotra

 ◆ショート・フォーム・シリーズ部門(Best Short Form Series Nominees)
 ・“A Cure for Fear”(Topic.com)
 監督:/Producer: Lana Wilson
 Producer: Shrihari Sathe
 Executive Producers: Anna Holmes, Jeff Seelbach and Diane L. Max

 ・“A Moment in Mexico — The New York Times Op-Docs”(The Guardian)
 Executive Producer: Kathleen Lingo. Coordinating Producer: Lindsay Crouse
 New York Times
 Guardian Documentaries
 Executive Producer: Charlie Phillips, Lindsay Poulton and Jacqueline Edenbrow

 ・“POV Shorts”(PBS)
Producer: Chloe Gbai
Executive Producers: Justine Nagan and Chris White

 ・“The F Word”(SoulPancake)
 Director:/Producer: Nico Opper
 Producer: Kristan Cassady

 ◆オーディオ・ドキュメンタリー(Best Audio Documentary Nominees)
 ・“Gladiator: The Aaron Hernandez Story”
 Reporters: Bob Hohler, Beth Healy, Sacha Pfieffer and Andrew Ryan
 Producer: Amy Pedulla. Executive Producers: Hernan Lopez, Marshall Lewy and George Lavender
The Boston Globe, Wondery

 ・“Headlong: Running from COPS”
 Host/Producer: Dan Taberski
 Producers: Henry Molofsky, Courtney Harrell and Diane Hodson
 Executive Producers: Max Linsky, Jenna Weiss-Berman, Lisa Leingang and Leital Molad
 Stitcher Premium, Topic Studios

 ・“Heavyweight” — Episode: “Skye”
 Reporter/Executive Producer: Jonathan Goldstein
 Producers: Kalila Holt, Stevie Lane, Peter Bresnan and Jorge Just
 Gimlet Media

 ・“Latino USA” — Episode: “The Return”
 Producer: Sayre Quevedo
 Executive Producer: Maria Hinojosa
 National Public Radio

 ・“A Sense of Quietness”
 Producer: Eleanor McDowall
 Executive Producers: Alan Hall and Rachel Hooper BBC Radio 4

 ◆音楽ドキュメンタリー賞(Best Music Documentary Nominees)
 ・“Amazing Grace”(NEON)
 Producers: アラン・エリオット(Alan Elliot), Tirrell D. Whittley, Sabrina V. Owens, Joe Boyd, Rob Johnson, チエミ・カラサワ, スパイク・リー, Angie Seegers, Joseph Woolf

 ・『HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品』“Homecoming: A Film by Beyoncé”(Netflix)
 Director/Producer: ビヨンセ(Beyoncé Knowles-Carter)
 Director: エド・バーク(Ed Burke)
Producers: Steve Pamon and Erinn Williams

 ・“The Apollo”(HBO)
 Director/Producer: ロジャー・ロス・ウィリアムズ(Roger Ross Williams)
Producers: Lisa Cortés, Jeanne Elfant Festa and Cassidy Hartmann

 ・“The Gift: The Journey of Johnny Cash”(YouTube)
 Director:トム・ジムニー(Thom Zimny)
 Producers: トム・ジムニー(Thom Zimny), Glen Zipper, Sean Stuart and Jillian Apfelbaum

 ・“Wu-Tang Clan: Of Mics and Men”(Showtime)
 Director: Sacha Jenkins
 Executive Producers: Peter J. Scalettar, Peter Bittenbender, Sacha Jenkins and Vinnie Malhotra. Producers: Cary Graber, Vanessa Maruskin, Ghostface Killah, Robert F. Diggs, GZA, Lamont "UGod" Hawkins, Darryl Hill Sr., Jason Hunter, Icelene Jones, Method Man, E. Turner and Raekwon The Chef

 ◆学生部門(David L. Wolper Student Documentary Award Nominees)
 ・“All That Remains” 監督:Eva Rendle(UC Berkeley Graduate School of Journalism)
 ・“Beyond the North Winds: A Post Nuclear Reverie” 監督:Natalie Cubides-Brady(National Film and Television School (United Kingdom))
 ・“Brewed in Palestine” 監督:Emma Schwartz(UC Berkeley Graduate School of Journalism)
 ・“Follow the Sun” 監督:JoeBill Muñoz(UC Berkeley Graduate School of Journalism)
 ・“In the Wake” 監督:Natasha Nair(Northwestern University)

 ◆撮影賞(Best Cinematography Nominees)
 ・“Dark Suns(Soleils Noirs)”(カナダ)(監督:Julien Elie) 撮影:Ernesto Pardo、François Messier-Rheault
 ・『テロの街の天使たち ~ブリュッセル6歳児日記~』“Gods of Molenbeek(Aatos ja Amine)”(フィンランド)(監督:レーッタ・フーフタネン(Reetta Huhtanen)) 撮影:Hannu Vitikainen
 ・“Honeyland” 撮影:Fejmi Daut、Samir Ljuma
 ・“Midnight Family” 撮影:Luke Lorentzen
 ・“When Lambs Become Lions”(米)(監督:Jon Kasbe) 撮影:Jon Kasbe

 ◆編集賞(Best Editing Nominees)
 ・『アメリカン・ファクトリー』“American Factory” 編集:リンゼイ・ウッツ(Lindsay Utz)
 ・『アポロ11 完全版』“Apollo 11” 編集:トッド・ダグラス・ミラー(Todd Douglas Miller)
 ・“Diego Maradona”(英)(監督:アシフ・カパディア) 編集:Chris King
 ・“Human Nature”(米)(監督:アダム・ボルト(Adam Bolt)) 編集:Regina Sobel、Steve Tyler
 ・“Midnight Family” 編集:Luke Lorentzen、Paloma López Carrillo
 ・“When Lambs Become Lions” 編集:Jon Kasbe、Caitlyn Greene、Frederick Shanahan

 ◆作曲賞(Best Music Score Nominees)
 ・『アポロ11 完全版』“Apollo 11” 作曲:マット・モートン(Matt Morton)
 ・“Human Nature” 作曲:Keegan Dewitt
 ・“Sea of Shadows”  作曲:H. Scott Salinas
 ・“The Biggest Little Farm”  作曲:ジェフ・ビール(Jeff Beal)
 ・“The Raft(Flotten)”(スウェーデン・デンマーク・独・米)(監督:Marcus Lindeen) 作曲:Hans Appelqvist

 ◆脚本賞(Best Writing Nominees
 ・“Always in Season”(米)(監督:Jacqueline Olive) 脚本:Jacqueline Olive、ダン・バーニール(Don Bernier)
 ・“Dark Suns(Soleils Noirs)” 脚本:Julien Elie
 ・“The Cave”(シリア・デンマーク・独・カタール・米)(監督: フェラス・ファイヤード) 脚本:Alisar Hasan、フェラス・ファイヤード
 ・『ブラジル -消えゆく民主主義-』“The Edge of Democracy” 脚本:ペトラ・コスタ、Carol Pires、David Barker、Moara Passoni
 ・『グレート・ハック: SNS史上最悪のスキャンダル』“The Great Hack”(米)(監督:カリム・アーメル(Karim Amer)、ジェヘイン・ヌージャイム(Jehane Noujaim)) 脚本:Pedro Kos、Erin Barnett、カリム・アーメル(Karim Amer)

 ◆Pare Lorentz Award
 ドキュメンタリー作品を通して、自然環境や、公正、緊急の社会問題に対して焦点を当てた優れたフィルムメイカーに贈られる。
 ◎“Honeyland”
 荒れ果てたマケドニアの村で、50代の女性Hatidzeが、明るい黄色のブラウスと緑のスカーフを身に着けて、ハチのコロニーが岩に沿ってあるのを確認するために丘の中腹を歩き回っている。彼女は秘密の聖歌でハチを黙らせて、網や手袋なしでハチの巣を優しく扱う。彼女は故郷に戻ると、手作りの巣箱と寝たきりの母親の面倒を見、時折自分の商品を市場に出すために首都に向かう。ある日、移動労働者の一家が隣にやってきて、Hatidzeの平和な王国は、轟音のエンジン、キャッキャ叫ぶ7人の子どもたち、そして150頭の牛に道を譲る。それでもHatidzeは仲間を歓迎し、何も隠し立てしない。実証済みの養蜂アドバイスも、彼女の愛情も、彼女の特別なブランデーも。しかし、すぐに、移動労働者一家の家長であるHusseinは、Hatidzeの生活様式を永遠に破壊する可能性がある一連の決定を下す。
 サンダンス映画祭2019出品。グランプリ、撮影賞、mpact and Change受賞。
 香港国際映画祭2019出品。
 New Directors/ New Films2019出品。
 Visions du Reel映画祭2019出品。
 7Magnificent(セルビア)出品。
 Frames of Representation(英)2019出品。
 サラソータ映画祭2019出品。長編ドキュメンタリー賞受賞。
 サンフランシスコ国際映画祭2019出品。
 モスクワ国際映画祭2019出品。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 IsReal映画祭サルジニア2019出品。
 モントクレア映画祭2019出品。Bruce Sinofsky Prize for Documentary Feature受賞。
 CinéDOC-Tbilisi2019出品。
 Docs Against Gravity映画祭2019出品。グランプリ、Bydgoszcz ART.DOC賞、グディニャ市長賞受賞。
 DOK.festミュンヘン2019出品。
 Docsバルセロナ国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 シアトル国際映画祭2019出品。
 DocAviv/テルアビブ国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。最優秀インターナショナル作品賞受賞。
 クラクフ映画祭2019出品。
 バークシャー国際映画祭2019出品。長編ドキュメンタリー賞受賞。
 ドキュメンタリー・エンジ映画祭2019(ニュージーランド)出品。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 シドニー映画祭2019出品。
 ミッドナイト・サン映画祭2019出品。
 プロヴィンスタウン国際映画祭2019出品。
 ナンタケット映画祭2019出品。
 ラックス賞2019オフィシャル・セレクション。
 メルボルン国際映画祭2019出品。
 トゥー・リバース・フィルム&アート・フェスティバル2019出品。
 サラエボ映画祭2019出品。
 ヨーロッパ映画賞2019 ドキュメンタリー賞オフィシャル・セレクション。
 Makedoxフェスティバル2019出品。
 ウルチュ・マウンテン映画祭2019出品。
 セント・ペテルスブルク・メッセージ・トゥ・マン映画祭2019出品。Environmental Law Organization's Prize、最優秀デビュー賞受賞。
 アトランティック映画祭2019出品。
 Manaki Brothers映画祭2019出品。
 カルガリー映画祭2019出品。
 アテネ映画祭2019出品。最優秀ドキュメンタリー賞(Golden Athena)受賞。
 ブリスベーン映画祭2019出品。ドキュメンタリー長編受賞。
 ゲント国際映画祭2019出品。
 ケルン映画祭2019出品。
 サンパウロ国際映画祭2019出品。
 ムンバイ映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。Golden Gateway Award受賞。
 バリャドリッド国際映画祭2019出品。Green Spike受賞。
 ミンスク国際映画祭2019出品。
 Camerimage 2019出品。
 シネマ・アイ・オナーズ2020 アンフォゲッタブルズ受賞。

Honeyland.jpg

 ◎“オナラブル・メンション”Anthropocene: The Human Epoch”(カナダ)  監督:ジェニファー・バイチウォル(Jennifer Baichwal)、ニック・ド・パンシェ(Nicholas de Pencier)、エドワード・バーティンスキー(Edward Burtynsky)
 『ポール・ボウルズの告白 シェルタリング・スカイを書いた男』『いま ここにある風景』のジェニファー・バイチウォルとニック・ド・パンシェ、『いま ここにある風景』に出演し、“Watermark”では一緒に監督もしている写真家エドワード・バーティンスキーらの最新作。
 サイケデリックな炭酸カリウムの鉱山、広々としたコンクリートの防波堤、巨大な工業機械、そのほか人間の作り出した大量で破壊的なリエンジニアリングな例に関する目が覚めるような考察。
 ナレーション:アリシア・ヴィキャンデル。
 トロント国際映画祭2018 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 アトランティック映画祭2018出品。
 Cinéfest Sudbury国際映画祭2018出品。
 カルガリー映画祭2018出品。
 バンクーバー国際映画祭2018出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2018出品。
 Guelph映画祭2018出品。
 トロント映画批評家協会賞2018 ドキュメンタリー賞次点。最優秀カナダ映画賞 受賞。
 バンクーバー映画批評家協会賞2019 カナダ・ドキュメンタリー賞受賞。
 サンダンス映画祭2018出品。
 サンタバーバラ国際映画祭2019出品。
 ベルリン国際映画祭2019 ベルリナーレ・スペシャル部門出品。
 Movies That Matter映画祭2019出品。
 ボールダー国際映画祭2019出品。
 ルクセンブルク・シティー映画祭2019出品。
 ポートランド国際映画祭2019出品。
 ヴィリニュス国際映画祭2019出品。
 香港国際映画祭2019出品。
 DC環境映画祭2019出品。
 CPH:DOX 2019出品。
 Docville2019出品。
 クリーヴランド国際映画祭2019出品。
 ミネソタ・セントポール国際映画祭2019出品。
 Docs Against Gravity映画祭2019出品。
 D'A映画祭2019出品。
 シアトル国際映画祭2019出品。
 Molodist国際映画祭2019出品。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 ゴールウェイ映画祭2019出品。
 Aegean映画祭2019出品。
 ドキュフェスト国際ドキュメンタリー&短編映画祭2019出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2019出品。
 カナダ撮影者協会賞2019ドキュメンタリー撮影賞受賞。

Anthropocene.jpg

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
   ↓ ↓ ↓ ↓
 
   ↑ ↑ ↑ ↑
   クリックしてね!

 受賞結果の発表は、12月7日です。

 *当ブログ記事

 ・IDAアワード2018 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_45.html
 ・IDAアワード2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_21.html
 ・IDAアワード2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_3.html
 ・IDAアワード2017 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_28.html  ・IDAアワード2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_28.html
 ・IDAアワード2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_11.html
 ・IDAアワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_8.html
 ・IDAアワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_15.html
 ・IDAアワード2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_16.html
 ・IDAアワード2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_7.html
 ・IDAアワード2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_7.html
 ・IDAアワード2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_10.html

 ・ヨーロッパ映画賞2019 ドキュメンタリー賞 オフィシャル・セレクション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201908/article_23.html

 ・グリアソン・アワード2019 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_37.html

 ・クリティクス・アワード2019 ドキュメンタリー賞ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_38.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント