チューリヒ映画祭2019 受賞結果

 第15回チューリヒ映画祭(9月26日-10月6日)の受賞結果です。

 【インターナショナル・コンペティション部門】(‘International Feature Film Competition)

 ※審査員:オリバー・ストーン(審査員長)、 ラウラ・ビスプリ(イタリアの監督、脚本家)、シーロ・ゲーラ(コロンビアの監督)、セバスチャン・コッホ(ドイツの男優)、ティジアナ・スダニ (Tiziana Soudani:スイスのプロデューサー)

 ◆最優秀作品賞/Golden Eye for Best Film
 ◎“Sound of Metal”(米) 監督:アリウス・マーダー(Darius Marder)
 物語:ヘビーメタルのドラマーが聴力を失って、彼の人生は急降下する。
 編集技師ダリウス・マーダー の初長編フィクション。
 トロント国際映画祭2019 PLATFORM部門出品。

Sound of Metal.jpg

ダリウスマーダー.jpg

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Babyteeth”(オーストラリア) 監督:Shannon Murphy
 物語:ティーンエイジャーのミラが小児麻薬の売人モーゼと恋に落ちるとき、それは彼女の両親の最悪の悪夢となる。しかし、ミラの愛が彼女の人生のための新しい欲望をもたらすように、物事は乱雑になり、伝統的なモラルは外に外れる。ミラの両親、モーゼ、敏感な音楽教師、新進の子供のバイオリニスト、そして妊娠中の隣人。フィンレー一家にとって大惨事だったかもしれないことは、代わりに、人生の栄光の混乱の中で手放した恵みを見つけることにつながる。
 初監督長編。
 ベネチア国際映画祭2019 コンペティション部門出品。マルチェロ・マストロヤンニ賞(トビー・ウォレス(Toby Wallace)、Soundtrack Stars Awardスペシャル・メンション受賞。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2019出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 ピンヤオ国際映画祭2019 Gala-Best Film観客賞受賞。
 ハンプトンズ国際映画祭2019出品。
 ワルシャワ国際映画祭2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。
 サンパウロ国際映画祭2019出品。
 ムンバイ映画祭2019出品。

Babyteeth.jpg

 ◎“A White, White Day(Hvítur, Hvítur Dagur)”(アイスランド・デンマーク・スウェーデン) 監督:フリーヌル・パルマソン(Hlynur Pálmason) [USプレミア]
 物語:人里離れたアイスランドの町では、非番の警察署長が、最近、地元の男性が自動車事故で亡くなった妻と関係を持った関係があると疑う。真実を見つけることへの彼の強迫観念は次第に蓄積し、彼自身と彼の愛する人たちを危険にさらし始める。悲しみ、復讐、そして無条件の愛の物語。
 カンヌ国際映画祭2019国際批評家週間出品。Louis Roederer Foundation Rising Star Award受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2019演技賞(イングヴァル・E・シグルズソン)受賞。
 シドニー映画祭2019出品。
 ミュンヘン映画祭2019出品。
 モトヴン映画祭2019出品。最優秀作品賞/プロペラ賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2019ホライズンズ部門出品。
 ニュージーランド国際映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2019 オフィシャル・セレクション。
 ノルディック映画賞2019ノミネート。
 シネマティック国際映画祭(スロヴァキア)2019出品。
 Manaki Brothers映画祭(北マケドニア)映画祭2019出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2019出品。
 アテネ映画祭2019出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2019出品。
 釜山国際映画祭2019ワールド・シネマ部門出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 ゲント国際映画祭2019出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2019 出品。長編ナラティヴ部門受賞。
 Gdansk ECS All About Freedom Festival(ポーランド)2019出品。

AWhiteWhiteDay.jpg

 ◆監督賞
 ◎ダヴィッド・ソナーナ(David Zonana) “Mano de Obra(Workforce)”(メキシコ)
 物語:フランシスコと建設労働者のグループは、メキシコシティに豪華な家を建てている。兄弟の現場での偶然の死に続いて、フランシスコは、未亡人の義理の姉妹が家の裕福な所有者から補償を受けないことを知る。彼は、自分と同僚に対するさらなる虐待の連続に耐え、正義を得るためにいくつかの試みを行った後、最終的に法律を自分の味方にする。
 メキシコのプロデューサー、ダヴィッド・ソナーナの初監督長編。
 トロント国際映画祭2019PLATFORM部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2019 コンペティション部門出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。

Workforce.jpg

 ◆女優賞
 ◎トリーヌ・ディルホム “Queen of Hearts(Dronningen)”(デンマーク・スウェーデン) 監督:May el-Touhky
 出演:トリーヌ・ディルホム、Gustav Lindh、マグヌス・クレッペル(Magnus Krepper)
 物語:成功した弁護士のAnneは、彼女の2人の娘と医師の夫Peterと一緒に美しいモダニストの家に住んでいる。Peterには、別の女性との間に10代の息子Gustavがいて、問題を抱えたGustavは彼らと同居するようになる。AnneとGustavは親密な絆を築くが、Anneの完璧な人生は危険にさらされることになる。そして、当初Anneの解放的な行動のように思われたものは、壊滅的な結果を伴う、権力と裏切りと責任の不穏な物語に変容する。
 サンダンス映画祭2019出品。観客賞受賞。
 ロッテルダ国際映画祭2019出品。ノルディック映画賞、演技賞(トリーヌ・ディルホム)、ノルディック映画部門観客賞受賞。
 ヨーテボリ国際映画祭2019出品。観客賞受賞。
 ヴィリニュス国際映画祭2019出品。
 香港国際映画祭2019ヤング・シネマ・コンペティション部門出品。男優賞(Gustav Lindh)受賞。
 バーリ国際映画祭2019出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2019 コンペティション部門出品。監督賞受賞。
 オデッサ国際映画祭2019出品。
 エルサレム映画祭2019出品。
 ヨーロッパ映画賞2019 オフィシャル・セレクション。
 ノルディック映画賞2019 受賞。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2019出品。
 フィラデルフィア映画祭2019出品。

Dronningen.jpg

 【インターナショナル・ドキュメンタリー・コンペティション部門】(International Documentary Film Competition)

 ※審査員:サイモン・チン(審査員長)、Christian Frei(スイスの監督)、Maryam Goormaghtigh(フランスの監督)、Anja Kofmel (スイスの監督、イラストレーター)、Stephen Nemeth(アメリカのプロデューサー)

 ◆最優秀作品賞/Golden Eye for Best Film in the International Documentary Film category
 ◎“Collective(Colectiv)”(ルーマニア・ルクセンブルク) 監督:アレクサンダー・ナナウ(Alexander Nanau)
 ルーマニアの音楽クラブでの悲劇的な火災の後、多くの火傷被害者が病院で命にかかわらない傷で死に始めている。調査ジャーナリストのチームが行動を起こし、保健システムやその他の国家機関の大規模な腐敗を発見する。
 ベネチア国際映画祭2019 アウト・オブ・コンペティション部門出品。
 トロント国際映画祭2019TIFF Docs部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2019出品。

Collective.jpg

ナナウ.jpg

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“17 Blocks”(米) 監督:Davy Rothbart
 中毒と銃の暴力に苦しんでいるサンフォード家族は、20年間の親密な家庭用ビデオを使用して、愛、喪失、および容認の旅へと向かう。
 トライベッカ映画祭2019出品。編集賞受賞。
 テルライド・マウンテン映画祭2019出品。長編ドキュメンタリー賞、観客賞受賞
 マンモス・レイク映画祭2019出品。最優秀北米ドキュメンタリー長編受賞。
 DocAviv映画祭2019出品。
 サンフランシスコ・ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 AFI Docsフェスティバル2019出品。
 ナンタケット映画祭2019出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2019出品。
 Martha's Vineyard映画祭2019出品。
 ウッズ・ホール映画祭2019出品。
 メルボルン・ドキュメンタリー映画祭2019出品。監督賞、審査員賞受賞。
 トラヴァース・シティー映画祭2019出品。
 ドキュフェスト国際映画ドキュメンタリー&短編映画祭2019出品。
 サン・アントニオ映画祭2019出品。
 サイドウォーク映画祭2019出品。
 桃園映画祭2019出品。
 Chagrinドキュメンタリー映画祭2019出品。
 ウッドストック映画祭2019出品。マーヴェリック賞(長編ドキュメンタリー賞)、編集賞受賞。
 デンバー国際映画祭2019出品。
 ナッシュヴィル映画祭2019出品。
 ハートランド映画祭2019出品。
 ミルウォーキー映画祭2019出品。

!'Blocks.jpg

 ◎“Midnight Family”(メキシコ・米) 監督:Luke Lorentzen.
 メキシコシティーには、900万人という人口に対し、緊急救急車は45台しかない。Ochoa一家は、民間の救急車を走らせて、地下のライフラインとして機能している。しかし、一家は、警察への賄賂と熾烈な争いでいっぱいである。彼らは、信用できるという評判を得ながらも、窮地にある患者からお金を稼ぐという倫理的に疑わしい慣行に身を置くことを余儀なくされる。本作では、至る所で、息をのむようなスピードと緊急の事態が展開する。カメラは緊張感あるテクスチャーと救急車とレスキューのスリルを捉えて、深刻な財政的および道徳的な強要の下での家族と社会についてのサブテキストの物語が浮かび上がっていく。
 サンダンス映画祭2019出品。撮影賞受賞。
 テッサロニキ・ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 カルタヘナ国際映画祭2019出品。
 グアダラハラ国際映画祭2019出品。長編ドキュメンタリー賞、MEZCAL Awardメキシコ長編映画賞、監督賞受賞。
 香港国際映画祭2019出品。グランプリ(Firebird Award/火鳥大獎)受賞。
 CPH:DOX 2019出品。F:ACT Awardオナラブル・メンション受賞。
 Docville国際映画祭2019出品。
 ヒューストン・ラティーノ映画祭2019出品。
 ミネアポリス・セントポール国際映画祭2019出品。観客賞受賞
 New Directors/New Films 2019出品。
 フル・フレーム・ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 ナイト・ヴィジョンズ映画祭2019出品。
 FREEP映画祭2019出品。
 サラソータ映画祭2019出品。
 サンフランシスコ国際映画祭2019出品。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 カルガリー・アンダーグラウンド映画祭2019出品。
 モントクレア映画祭2019 出品。Bruce Sinofsky Prizeオナラブル・メンション受賞。
 マンモス・レイク映画祭2019出品。Bravery Award受賞。
 シアトル国際映画祭2019出品。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。審査員大賞受賞。
 シドニー映画祭2019出品。
 Biografilm フェスティバル2019出品。
 ナンタケット映画祭2019出品。
 AFI Docsフェスティバル2019出品。
 メイン国際映画祭2019出品。
 グアナファト国際映画祭2019出品。最優秀メキシカン・ドキュメンタリー長編受賞。
 ニュージーランド国際映画祭2019出品。
 ダーバン国際映画祭2019出品。
 ギムリ映画祭2019出品。審査員大賞受賞。
 エルサレム映画祭2019出品。In Spirit for Freedom Award受賞。
 トラヴァース・シティー映画祭2019出品。
 メルボルン国際映画祭2019出品。
 リマ・ラテンアメリカ映画祭2019出品。
 Monterrey国際映画祭2019出品。最優秀メキシカン・ドキュメンタリー スペシャル・メンション受賞。
 デンバー国際映画祭2019出品。
 カムデン国際映画祭2019出品。
 セント・ペテルスベルク・メッセージ・トゥ・マン映画祭2019出品。Golden Centaur Award、Int'l Federation of Cinema Societies' Prize、Russian Press Prize受賞。
 アテネ映画祭2019出品。
 El Gouna映画祭2019出品。
 ベルゲン国際映画祭2019出品。Documentaire Extraordinaire受賞。
 バンクーバー国際映画祭2019出品。
 ブリスベン映画祭2019出品。
 ケルン映画祭2019出品。
 ハンプトン国際映画祭2019出品。
 カルガリー・アンダーグランド映画祭2019出品。最優秀ドキュメンタリー長編スペシャル・メンション受賞。
 ケンブリッジ映画祭2019出品。
 ストックホルム国際映画祭2019出品。
 シネマ・アイ・オナーズ2020出品。アンフォゲッタブル受賞。

Midnight Famiry.jpg

 【ドイツ語長編作品コンペティション部門】(Focus: Switzerland, Germany, Austria Competition)

 ◆最優秀作品賞/Golden Eye for Best Film in the German-Language Feature Film Competition category
 ◎“Systemsprenger (System Crasher)”(独) 監督:ノラ・フィングシャイト(Nora Fingscheidt)
 物語:9歳の娘Benniは、優しいけれども、非常に攻撃的な女の子である。彼女はいろんな児童保護サービスに委ねられるが、どこでも、追い出されてしまう。彼女が本当に望んでいることは一つのことだけなのに。しかし母親のビアンカは自分の娘を怖がっている。
 レザルク映画祭2018のWork in Progress,で、TitraFilm Award(映像と音響のポスト・プロダクションのために10000ユーロ)を獲得している。
 初監督長編。
 ベルリン国際映画祭2019コンペティション部門出品。アルフレッド・バウアー賞(銀熊賞)、Reader Jury of the "Berliner Morgenpost"、受賞。
 Schwerin Art of Film Festival 2019出品。Best Sound and Music(Flying Ox)受賞。
 香港フィルマート2019出品。
 全州国際映画祭2019出品。
 Molodist国際映画祭2019出品。エキュメニカル審査員賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2019出品。観客賞受賞。
 上海国際映画祭2019出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2019 ホライズンズ部門出品。
 FEST New Directors New Films2019出品。
 台北電影節2019インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション出品。グランプリ受賞。
 ヴコバル映画祭2019出品。Golden Barge受賞。
 Transatlantyk映画祭2019出品。Transatlantyk Distribution Award受賞。
 エルサレム映画祭2019出品。
 Lux賞2019 オフィシャル・セレクション。
 グアナファト国際映画祭2019出品。
 サンティアゴ国際映画祭SANFIC2019インターナショナル・コンペティション部門出品。。男優賞(Helena Zengel)受賞。
 米国アカデミー賞2020国際映画賞国際映画賞ドイツ代表。
 ヨーロッパ映画賞2019オフィシャル・セレクション。
 Jameson CineFest - Miskolc 国際映画祭2019出品。
 El Gouna映画祭2019出品。
 アテネ映画祭2019出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。
 サンパウロ国際映画祭2019出品。
 ムンバイ映画祭2019出品。
 ライデン国際映画祭2019出品。
 Camerimage 2019出品。

System Crasher.jpg

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Lillian”(オーストリア) 監督:Andreas Horvath
 物語:リリアンは、ニューヨーク市で立ち往生しているロシア移民である。彼女は母国のロシアに歩いて戻ることにする。彼女は断固としてアメリカを渡り、アラスカの氷点下を進もうとする。
 初監督作品。
 Art Film Festival 2019出品。最優秀女性パフォーマンス賞(Patrycja Planik)受賞。
 カンヌ国際映画祭2019 監督週間出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2019 アナザー・ビュー部門出品。
 Cinematik国際映画祭2019出品。
 オルデンブルク国際映画祭2019出品。最優秀女性パフォーマンス賞(Patrycja Planik)受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2019出品。
 ハイファ国際映画祭2019出品。最優秀デビュー映画賞受賞。

Lilian.jpg

 【その他の部門の賞】

 ◆観客賞(Audience Award)
 3つのコンペティション部門の中のベスト作品。
 ◎“Volunteer“(スイス) 監督:Anna Thommen、Lorenz Nufer [ドイツ語長編作品コンペティション部門]
 ヨーロッパの国境で立ち往生した何千人もの難民を支援するために立ち上がる一般市民の前例のないスイスの草の根運動についての映画。スイスアルプスで牛を飼っているスイスの農家とその妻、スイス陸軍の元司令官、湖畔に住む金持ちの老婦人、そして成功したコメディアンとエンターテイナー。これらの経験の浅いボランティアは、彼らの人生を永遠に変える冒険に挑戦する。

Volunteer.jpg

Volunteer2.jpg

 ◆キッズ審査員賞(Kids Jury Award)
 ◎”ZU WEIT WEG(Too Far Away)”(独・ルクセンブルク) 監督:Sarah Winkenstette
 物語:12歳のSueは、自分で言うように、完全に普通の女の子だ。彼女は漫画やスーパーヒーローが大好きだ。ある日、彼女の母親、科学者が秘密の研究室で発達した液体に触れると、スーは突然姿が見えなくなる。彼女の母親が誘拐されたとき、Sueは、友人のApp とTobiと一緒に、誘拐犯を見つけるために自分の贈り物を使わなければならない。
 Molodist国際映画祭2019ティーン・スクリーン・コンペティション部門出品。Scythian Deer受賞。

ZU WEIT WEG.jpg

 ◆観客賞 キッズ部門
 ◎“Zu Weit Weg(Too Far Away)”(独・ルクセンブルク) 監督:Sarah Winkenstette

 ◆最優秀シリーズ(Best Series)
 ◎”Just for Today” 監督:ニル・ベルグマン(Nir Bergman)、Ram Nehari

 ◆科学映画賞(Science Film Award)
 ◎Niklaus Hilber “Bruno Manser - Die Stimme des Regenwaldes”(スイス・オーストリア)
 物語:1984: 近代文明の表面性よりも深い経験を探して、Bruno Manserはボルネオのジャングルにわたり、遊牧民ペナン部族にそれを見つける。それは、彼の人生を永遠に変える出会いだった。ペナンの存在が容赦ない森林破壊によって脅かされるとき、Manserは時代の最も有名で信頼できる環境保護主義者の一人になる勇気と決意を持ち、伐採との戦いを選ぶ。実話に基づく物語。

Bruno Manser - Die Stimme des Regenwaldes.jpg

 【特別賞・名誉賞】

 ◆ゴールデン・アイコン(The Golden Icon Award)
 ◎ケイト・ブランシェット

ケイト/ブランシェット2.jpg

 ◆Golden Eye Award for the New A-Lister
 ◎クリステン・スチュワート

クリステンスチュワート.jpg

 ◆トリビュート(The A Tribute to... Award)
 ◎ローランド・エメリッヒ

ローランドエメリッヒ.png

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓
 
  ↑ ↑ ↑ ↑
  クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・チューリヒ映画祭2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_18.html
 ・チューリヒ映画祭2017 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_9.html
 ・チューリヒ映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_2.html
 ・チューリヒ映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_12.html
 ・チューリヒ映画祭2013 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_43.html
 ・チューリヒ映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_2.html
 ・チューリヒ映画祭2010 ラインナップ&受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201010/article_8.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年4月~9月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201904/article_12.html
 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント