BFIロンドン映画祭2019 受賞結果

 BFIロンドン映画祭2019(10月2日-13日)の受賞結果です。

 【オフィシャル・コンペティション部門】(The Official Competition)

 ※審査員:ウォッシュ・ウェストモアランド(Wash Westmoreland:イギリスのテレビ、ドキュメンタリー、インディペンデント映画の監督、審査員長)、ジェシカ・ハウスナー、ヤンス・フォード(Yance Ford:アメリカのプロデューサー、映画監督)、Jacqui Davies(イギリスのプロデューサー).

 ◆最優秀作品賞
 ◎『猿』“Monos”(コロンビア・オランダ・アルゼンチン・独・デンマーク・スウェーデン・ウルグアイ・スイス) 監督:アレハンドロ・ランデス(Alejandro Landes)
 出演:ジュリアンヌ・ニコルソン(Julianne Nicholson)、モイセス・アリアス(Moisés Arias)、Sofia Buenaventura、Deiby Rueda、Karen Quintero、Laura Castrillón
 物語:落ちこぼれ少年兵のグループが、“the Organization”「組織」という名の反乱グループを結成する。メンバーは、ランボー、ウルフ、レディー、ビッグフットのようなウォーネームをつけ、銃を持って、田舎の荒廃した山の山頂を占拠する。彼らは、そこで訓練を行ない、「徴用した」乳牛を見張り、アメリカ人のエンジニアDoctoraを誘拐して、人質に取る。しかし、彼らは攻撃されると、たちまち基地を放棄せざるを得なくなり、雑多な若いクルーの、遊びの時間は終わった。
 第3監督長編。
 サンダンス映画祭2019出品。審査員特別賞受賞。
 ベルリン国際映画祭2019パノラマ部門。
 カルタヘナ国際映画祭2019出品。最優秀コロンビア映画賞、観客賞受賞。
 トゥールーズ・ラテンアメリカ映画祭2019出品。Prix Des Électriciens Gaziers受賞。
 New Directors/New Films 2019出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。オリジナル作曲賞受賞。
 ウィスコンシン映画祭2019出品。
 イマジン映画祭2019出品。
 ウルグアイ国際映画祭2019出品。
 サンフランシスコ国際映画祭2019出品。
 ニューポート・ビーチ国際映画祭2019出品。作品賞、監督賞、女優賞(Sofia Buenaventura)、撮影賞受賞。
 モントクレア映画祭2019出品。長編ナラティヴ作品賞受賞。
 シアトル国際映画祭2019出品。
 シカゴ批評家映画祭2019出品。
 マンモス・レイク映画祭2019出品。
 Art映画祭2019出品。作品賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2019出品。作品賞受賞。
 シドニー映画祭2019出品。
 Biografilm フェスティバル2019出品。
 Bildrauschフィルムフェスト・バーゼル2019出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2019アナザー・ビュー部門出品。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭2019出品。
 Transatlantyk映画祭2019出品。
 オデッサ国際映画祭2019出品。監督賞受賞。
 ニュージーランド国際映画祭2019出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2019出品。
 メルボルン国際映画祭2019出品。
 リマ・ラテンアメリカ映画祭2019出品。
 サンティアゴ国際映画祭SANFIC2019インターナショナル・コンペティション部門出品。監督賞受賞。
 Viña del Mar映画祭2019出品。Grand Paoa (作品賞)、Premio Prensa Especializada受賞。
 シネマティック国際映画祭(スロヴァキア)2019出品。
 Miskolc国際映画祭2019出品。CICAE Jury Prize、エメリック・プレスバーガー賞、International Confederation of Art Cinemas Award受賞。
 アトランティック映画祭2019出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2019 ホライズンズ・ラティーノ部門出品。作品賞受賞。
 ベルゲン国際映画祭2019出品。
 米国アカデミー賞2020 国際映画賞 コロンビア代表。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 オランダ映画祭2019出品。
 ゲント国際映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ映画祭2019出品。
 ハイファ国際映画祭2019出品。
 ラテンビート映画祭2019出品。

Monos.jpg

アレハンドロ・ランデス2.jpg

 ◆最優秀作品賞
 ◎“Saint Maud”(英) 監督:Rose Glass
 物語:引きこもりがちな若い看護師Maudは、はっきりしないトラウマの後に、神の恵みのために、感受性の強い態度から、キリスト教の献身の道を追求する。引退したダンサーであるアマンダががんに見舞われて、ホスピスにかかった時、Maudの熱心な信仰は、たちまちどんな犠牲を払っても病棟の魂を救わなければならないという強迫観念にかられる。
 初監督長編。
 トロント国際映画祭2019 Midnight Madness部門出品。
 ファンタスティック・フェスト2019出品。

Saint Maud.jpg

 ◎“Honey Boy”(米) 監督:アルマ・ハレル(Alma Har’el)
 出演:シャイア・ラブーフ、ルーカス・ヘッジズ、ノア・ジュプ(Noah Jupe)
 物語:12歳のオーティスが、ハリウッドで子ども向けテレビスターとして成功し始めた時、元ロデオ・クラウンの彼の父親が保護者として奉仕するために戻ってくる。オーティスは、応援してくれる観客の前にいない時、父親と一緒に街はずれにある長期滞在型モーテルで過ごして、威圧的な父親の虐待に耐えていた。父と息子は、やがて過去の関係と向き合い、それを修復しようとする。
 アルマ・ハレルは、イスラエル・テルアビブ出身の女性監督で、ミュージック・ビデオやドキュメンタリーを手がけていて、フィクションではこれが初監督長編。
 サンダンス映画祭2019出品。ヴィジョンとクラフトに対する審査員特別賞受賞。
 トロント国際映画祭2019 GALA PRESENTAIONS部門出品。
 ベルゲン国際映画祭2019出品。
 アスペン映画祭2019出品。
 ウッドストック映画祭2019出品。
 ミル・ヴァレー映画祭2019出品。
 ハイファ国際映画祭2019出品。
 La Roche-sur-Yon映画祭2019出品。
 ローマ映画祭2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。
 ハリウッド映画賞2019 脚本家・オブ・ザ・イヤー受賞。

Honey Boy.jpg

 [その他のエントリー作品]
 ・“Fanny Lye Deliver’d”(英・独) 監督:Thomas Clay
 ・“Rose Plays Julie”(アイルランド・英) 監督:Christine Molloy、Joe Lawlor
 ・“The Other Lamb”(アイルランド・ベルギー・米) 監督:マウゴシュカ・シュモフスカ(Małgorzata Szumowska)
 ・『完璧な候補者』“The Perfect Candidate”(独・サウジアラビア) 監督:ハイファ・アル=マンスール(Haifaa Al Mansour)
 ・“Lingua Franca”(米) 監督:Isabel Sandoval
 ・『ラ・ヨローナ伝説』“La Llorona”(グァテマラ・仏) 監督:ハイロ・ブスタマンテ(Jayro Bustamante
 ・“Moffie”(南ア・英) 監督:Oliver Hermanus

 【第1回作品コンペティション部門】(First feature competition)

 ※審査員:ジェシカ・ハウスナー(審査員長)、Shola Amoo(監督・脚本家・プロデューサー)、テレサ・イココ(Theresa Ikoko:イギリスの劇作家)、ホン・カウ(Hong Khaou:イギリスの映画監督)

 ◆第1回作品賞/サザーランド賞(The Sutherland Award)
 ◎“Atlantics”(仏・セネガル・ベルギー) 監督:マティ・ディオプ(Mati Diop)
 物語:ダカールの郊外。若い女性が労働者に恋をするが、彼は海に消える。
 カンヌ国際映画祭2019 コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 アングレーム・フランス語映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2019 Zabaltegi Tabakalera部門出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 ニューヨーク映画祭2019出品。
 ゲント国際映画祭2019出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。
 ヨーロッパ映画賞2019 ディスカバリー賞ノミネート。

Atlantics.jpg

Mati Diop.jpg

 ◆特別表彰(Special Commendation)
 ◎“House of Hummingbird”(韓) 監督:Bora Kim
 物語:Eunheeは、14歳。1994年に聖水大橋が崩壊した時、彼女は、両親や兄たちと大峙洞 (テチドン)に暮らしていた。家族は、あまりEunheeのことを気にかけていないように見える。Eunheeは、親友のJisookと万引きに出かけ、非行少女の行きつけの有名なカラオケバーに出入りしていた。彼女は、同級生と同じように、近隣の学校の男子生徒とデートをし、愛を求めてさまよっていた。しかし、そんな彼女にも彼女の人生を気にかけてくれる人物が現れる。それは、教師のKim Youngjiだった。
 初監督作品。
 釜山国際映画祭2018出品。NETPAC賞、KNN賞受賞。
 ベルリン国際映画祭2019ジェネレーション14plus部門出品。インターナショナル審査員賞グランプリ受賞。
 イスタンブール国際映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。ゴールデン・チューリップ賞受賞。
 アテネ国際映画祭2019出品。脚本賞受賞。
 北京国際映画祭2019 Forward Future Award部門出品。新人脚本賞スペシャル・メンション受賞。
 トライベッカ映画祭2019出品。女優賞(Ji-hu Park)、撮影賞、インターナショナル・ナラティヴ長編賞受賞。
 VC FilmFest -ロサンゼルス・アジア太平洋映画祭2019出品。審査員大賞 最優秀ナラティヴ長編賞受賞。
 Molodist国際映画祭2019出品。国際批評家連盟賞、Scythian Deer受賞。
 シアトル国際映画祭2019出品。審査員大賞受賞。
 Cinema Jove – Valencia国際映画祭2019出品。最優秀音楽賞受賞。
 台北電影節2019インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 ファンタジア国際映画祭2019出品。
 Transatlantyk映画祭2019出品。
 マレーシア国際映画祭2019出品。
 エルサレム映画祭2019出品。国際批評家連盟賞受賞。
 ベルゲン国際映画祭2019出品。Cinema Extraordinaire受賞。

House of Hummingbird.jpg

 [その他のエントリー作品]
 ・“Make Up”(英) 監督:Claire Oakley
 ・“Calm with Horses ”(英・アイルランド) 監督:ニック・ローランド(Nick Rowland)
 ・“Instinct ”(オランダ) 監督:ハリナ・ライン(Halina Reijn)
 ・“Relativity”(独) 監督:Mariko Minoguchi
 ・“Scales”(サウジアラビア・UAE) 監督:Shahad Ameen
 ・“Babyteeth”(オーストラリア) 監督:Shannon Murphy
 ・“The Last Black Man in San Francisco”(米) 監督:Joe Talbot

 【ドキュメンタリー・コンペティション部門】(Documentary competition)

 ※審査員:ヤンス・フォード(審査員長)、Cíntia Gil(映画祭ディレクター)、Julia Nottingham

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞(The Grierson Award)
 ◎“White Riot”(英) 監督:Rubika Shah
 ロンドンの重要なプロテスト運動を取り上げた短編ドキュメンタリー映画“White Riot:London”(2017))の拡大版。Rock Against Racism(RAR)は1976年に結成され、「音楽の最大の植民地主義者」であるエリック・クラプトンと人種差別主義者の政治家イーノック・パウェルの支持に促された。“White Riot”(2019)は、新鮮なインタビューと落ち着かなくさせるアーカイブ映像を組み合わせて、反移民ヒステリーとナショナル・フロントの行進という敵対的な環境を再現している。ネオナチが国の若者を募集したとき、RARの多文化パンクとレゲエのギグはレジスタンスの結集点を提供した。キャンペーンは、Hoxtonのファンジンのルーツから、エックス‐レイ・スペックスやスティール、もちろんザ・クラッシュを含む、1978年のビクトリアパークでの巨大な反ファシストカーニバルへと成長した。

White Riot.jpg

Rubika Shah.jpg

 [その他のエントリー作品]

 ・“I Am (Not) A Monster”(英) 監督:Nelly Ben Hayoun-Stépanian
 ・“Coup 53”(英・イラン・米) 監督:Taghi Amirani
 ・“A Pleasure, Comrades! ”(ポルトガル) 監督:José Filipe Costa
 ・“Overseas”(ベルギー・仏) 監督:Sung-A Yoon
 ・“Cunningham”(独・仏・米) 監督:Alla Kovgan
 ・“Cold Case Hammarskjöld”(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・ベルギー) 監督:マッツ・ブリュガー(Mads Brügger)
 ・“Mystify: Michael Hutchence”(オーストラリア) 監督:リチャード・ローウェンスタイン(Richard Lowenstein)
 ・“The Kingmaker”(米) 監督:ローレン・グリーンフィールド(Lauren Greenfield)

 【短編映画コンペティション部門】(Short Film Award in Short Film Competition)

 ※審査員:Jacqui Davies(審査員長)

 ◆短編映画賞
 ◎“Fault Line(Gosal)”(イラン/15min) 監督:Soheil Amirsharifi
 物語:Nahalは、イランの女子高生であり、自己保存に意図しない結果があったにもかかわらず、厳しい環境で真実の新しいバージョンを作成する必要がある。

Fault Line.png

 ◆特別表彰(Special Commendation)
 ◎“If You Knew”(英/5min) 監督:Stroma Cairns
 物語:けんかして、連絡もとらなかったコ数ヶ月の後、10代の双子の兄弟2人が集まって、Canvey島で1日過ごします。

If I Knew.jpg

 [その他のエントリー作品]
 ・“White Girl”(英/ 13min) 監督:Nadia Latif
 ・“GUO4”(英/3min) 監督:ピーター・ストリックランド
 ・“Queering Di Teknolojik”(英/9min) 監督:Timothy Smith
 ・“In Vitro”(英・パレスチナ・デンマーク/28min) 監督:ラリッサ・サンスール(Larissa Sansour)、Søren Lind
 ・“Watermelon Juice(Suc de síndria)”(西/22min) 監督:Irene Moray
 ・“Algo-Rhythm”(オーストリア・英・セネガル/14min) 監督:マヌ・ルクシュ(Manu Luksch)
 ・“In Between(Në Mes)”(コソボ/14min) 監督:Samir Karahoda
 ・“What Do You Know About The Water And The Moon(水母)”(中/16min) 監督:Jian Luo(羅柬)
 ・“Child”(米・オーストラリア/11min) 監督:タリア・ザッカー(Talia Zucker)
 ・“Between(Entre)”(ブラジル/ 15min) 監督:Ana Carolina Marinho、Bárbara Santos

 ◆BFI Fellowship
 ◎オリヴィア・コールマン

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・BFIロンドン映画祭2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_35.html

 ・BFIロンドン映画祭2017 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201709/article_44.html
 ・BFIロンドン映画祭2017 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201709/article_45.html
 ・BFIロンドン映画祭2017 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_25.html

 ・BFIロンドン映画祭2016 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_25.html
 ・BFIロンドン映画祭2016 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_26.html
 ・BFIロンドン映画祭2016 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_32.html

 ・BFIロンドン映画祭2013 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_5.html
 ・BFIロンドン映画祭2013 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_6.html
 ・BFIロンドン映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_31.html

 ・BFIロンドン映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_28.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント