釜日映画賞2019 受賞結果

 第28回釜日映画賞の各賞が発表されました。(10月4日)

授賞式.jpg

 釜日映画賞は、1958年に韓国で始められた最初の映画賞で、政府による検閲とテレビの普及によって、1973年に第16回でいったん中断された後、2008年から釜山国際映画祭の会期中に発表されるイベントとして再開しています。「釜日」は、主催の釜山日報社の略で、釜山広域市と釜山国際映画祭組織委員会の共催によって、行なわれています。

 ◆作品賞(최우수 작품상)
 ◎『パラサイト 半地下の家族』 監督:ポン・ジュノ
 ・『川沿いのホテル』 監督:ホン・サンス
 ・『群山:鵞鳥を咏う』 監督:チャン・リュル
 ・”Dark Figure of Crime(暗数殺人/암수살인)” 監督:キム・テギュン
 ・”천당의 밤과 안개(Night and Fog In Zona)” 監督:Jung Sung-il(정성일)

 ◆監督賞(최우수 감독상)
 ◎”Dark Figure of Crime(暗数殺人/암수살인)” 監督:キム・テギュン
 ・『川沿いのホテル』 監督:ホン・サンス
 ・『エクストリーム・ジョブ』”극한직업(Extreme Job/極限職業)” 監督:イ・ビョンホン

 ・『パラサイト 半地下の家族』 監督:ポン・ジュノ
 ・”천당의 밤과 안개(Night and Fog In Zona)” 監督:Jung Sung-il(정성일)

監督賞.jpg

 ◆主演男優賞(남우주연상)
 ◎『川沿いのホテル』 기주봉(Ki Joo-bong)
 ・『パラサイト 半地下の家族』 チェ・ウシク
 ・”생일(Birthday)”(監督:Lee Jong-un(이종언)) ソル・ギョング
 ・”Dark Figure of Crime(暗数殺人/암수살인)” チュ・ジフン
 ・”우상(Idol)”(監督:이수진(Lee Su-Jin)) ハン・ソッキュ

 ◆主演女優賞(여우주연상)
 ◎”생일(Birthday)” チョン・ドヨン
 ・『パラサイト 半地 下の家族』 チョ・ヨジョン
 ・『虐待の証明/ミス・ペク』 ハン・ジミン
 ・”우상(Idol)” チョン・ウヒ
 ・“증인(Innocent Witness/証人)”(監督:イ・ハン) キム・ヒャンギ

チョンドヨン2.jpg

 ◆助演男優賞(남우조연상)
 ◎『パラサイト 半地下の家族』 パク・ミョンフン
 ・『エクストリーム・ジョブ』“극한직업(Extreme Job/極限職業)” チン・ソンギュ
 ・『最後の息子』“Last Child(살아남은 아이)” 최무성(チェ・ムソン)
 ・『スウィング・キッズ』(스윙키즈)(監督:カン・ヒョンチョル) キム・ミンホ
 ・”엑시트(Exit)”(監督:Lee Sang-geun(이상근)) カン・ギヨン(강기영)

パクチョンフン.jpg

 ◆助演女優賞(여우조연상)
 ◎『パラサイト 半地下の家族』 イ・ジョンウン(이정은)
 ・『パラサイト 半地下の家族』 チャン・ヘジン(장혜진)
 ・”나의 특별한 형제(Inseparable Bros)” イ・ソム(이솜)
 ・『虐待の証明/ミス・ペク』 クォン・ソヒョン
 ・“풀잎들(Grass)”(監督:ホン・サンス) キム・セビョク(김새벽)

 ◆脚本賞(각본상)
 ◎『パラサイト 半地下の家族』 ポン・ジュノ、ハン・ジンウォン
 ・『エクストリーム・ジョブ』“극한직업(Extreme Job/極限職業)” 문충일(Moon Choong-il)
 ・『最後の息子』“Last Child(살아남은 아이)” シン・ドンソク(Shin Dong-Seok/신동석)
 ・”Dark Figure of Crime(暗数殺人/암수살인)” キム・テギュン、クァク・キョンテク
 ・”엑시트(Exit)” Lee Sang-geun(이상근)

 ◆撮影賞(촬영상)
 ◎『パラサイト 半地下の家族』 ホン・ギョンピョ
 ・“PMC: 더 벙커(Take Point)”(監督:김병우(Kim Byung-woo)) キム・ビョンソ(김병서)
 ・『川沿いのホテル』 キム・ヒョング(김형구)
 ・『安市城 グレート・バトル』 ナム・ドングン
 ・”Dark Figure of Crime(暗数殺人/암수살인)” ファン・ギソク(황기석)

 ◆美術/技術賞(미술/기술상)
 ◎『スウィング・キッズ』(스윙키즈) 박일현(パク・イルヒョン)(美術)
 ・“PMC: 더 벙커(Take Point)” 김병한(キム・ビョンハン)(美術)
 ・『パラサイト 半地下の家族』 이하준 (イ・ハジュン)(美術)
 ・『わが国の語音』“나랏말싸미”(監督:チョ・チョルヒン) 류성희(リュ・ソンヒ)(美術)
 ・『安市城 グレート・バトル』 윤대원(ユン・デウォン)(SFX)

 ◆音楽賞(음악상)
 ◎『パラサイト 半地下の家族』 Jung Jaeil(정재일)
 ・『川沿いのホテル』 ダルパラン
 ・『サバハ』(사바하) キム・テソン(김태성)
 ・『スウィング・キッズ』(스윙키즈) キム・ジュンソク(김준석)、他1
 ・”우상(Idol)” キム・テソン(김태성)

 ◆新人男性演技賞(신인남자연기상)
 ◎『最後の息子』“Last Child(살아남은 아이)” ソン・ユビン
 ・『エクストリーム・ジョブ』“극한직업(Extreme Job/極限職業)” コンミョン
 ・“내가 사는 세상(Back from the Beat)”(監督;최창환(Choi Chang-Hwan)) 곽민규(Kwak Min-gyoo)
 ・『スウィング・キッズ』(스윙키즈) キム・ミンホ
 ・『安市城 グレート・バトル』 ナム・ジュヒョク

ソンユビン.jpg

 ◆新人女性演技賞(신인여자연기상)
 ◎“After My Death(죄 많은 소녀)” チョン・ヨビン(전여빈)
 ・“미성년(Another Child)”(監督:김윤석(キム・ユンセク)) キム・ウネヨン(김혜준)
 ・『サバハ』 이재인(キム・ユンセク)
 ・『スウィング・キッズ』(스윙키즈) パク・ヘス(박혜수)
 ・“이월(February)” 조민경(Jo Min-gyeong)

チョンヨビン.jpg

 ◆新人監督賞(신인감독상)
 ◎“죄 많은 소녀(After My Death)” 김의석(キム・ウィソク/Kim Euiseok)
 ・“김군(Kim-Gun)” 강상우(Kang Sang-woo)
 ・『虐待の証明/ミス・ペク』 イ・ジウォン
 ・『最後の息子』“Last Child(살아남은 아이)” シン・ドンソク(신동석)
 ・”생일(Birthday)” Lee Jong-un(이종언)

キムウィソク.jpg

 ◆ユ•ヒョンモク映画芸術賞(유현목 영화예술상)
 ◎정성일(Jung Sung-il)
 映画評論家、脚本家

ユ•ヒョンモク映画芸術賞.jpg

 ◆男性人気スター賞(기스타상)
 ◎『スウィング・キッズ』“스윙키즈” D.O.

 ◆女性人気スター賞(자인기스타상)
 ◎“엑시트(Exit)” ユナ

ユナ.jpg

――――――――――――――――――――――――――――――――

 主な作品のノミネーション、受賞結果は、以下の通り。

 ・『パラサイト 半地下の家族』(6/11):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・助演女優・脚本・撮影・美術・音楽
 ・”Dark Figure of Crime(暗数殺人/암수살인)”(1/5):作品・監督・主演男優・撮影・音楽
 ・『川沿いのホテル』(1/5):作品・監督・主演男優・脚本・撮影
 ・”Dark Figure of Crime(暗数殺人/암수살인)” (1/5): 作品・監督・主演男優・脚本・撮影
 ・『スウィング・キッズ』(1/5):助演男優・美術・音楽・新人男性・新人女性
 ・『エクストリーム・ジョブ』(0/5):監督・助演男優・脚本・新人男性
 ・『最後の息子』(1/4):助演男優・脚本・新人男性・新人監督
 ・”생일(Birthday)”(1/3):主演男優・主演女優・新人監督
 ・”우상(Idol)”(0/3):主演男優・主演女優・音楽
 ・『虐待の証明/ミス・ペク』(0/3):主演女優・助演女優・新人監督
 ・『安市城 グレート・バトル』(0/3):撮影・美術・新人男性
 ・“After My Death(죄 많은 소녀)”(2/2):新人女性・新人監督
 ・”천당의 밤과 안개(Night and Fog In Zona)”(0/2):作品・監督
 ・”엑시트(Exit)”(0/2):助演男優・脚本
 ・“PMC: 더 벙커(Take Point)”(0/2):撮影・美術
 ・『サバハ』(0/2):音楽・新人女性

 韓国の映画賞は、意識的に他の映画賞と違うチョイスをする傾向がありますが、今年の『パラサイト 半地下の家族』はどうでしょうか。どの映画賞でも1強になったりするんでしょうか。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_7.html
  ↑ ↑ ↑ ↑
  クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・釜日映画賞2018 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201809/article_1.html
 ・釜日映画賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_7.html
 ・釜日映画賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201709/article_15.html
 ・釜日映画賞2017 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_20.html
 ・釜日映画賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_18.html
 ・釜日映画賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_8.html
 ・釜日映画賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_13.html

 ・百想芸術大賞2019 映画部門 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201905/article_1.html
 ・百想芸術大賞2019 テレビ部門 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201905/article_2.html

 ・百想芸術大賞2018 映画部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201804/article_9.html
 ・百想芸術大賞2018 テレビ部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201804/article_10.html
 ・百想芸術大賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201805/article_4.html

 ・ワイルドフラワー映画賞2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201905/article_15.html

 ・青龍映画賞2018 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201811/article_3.html
 ・青龍映画賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201811/article_37.html

 ・釜山映画評論家協会賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201811/article_35.html

 ・韓国映画評論家協会賞2018 発表:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_38.html
 ・韓国映画評論家協会賞2018 授賞式:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201811/article_17.html

 ・大鐘賞2018 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_14.html
 ・大鐘賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_36.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント