ドーヴィル・アメリカン映画祭2019 受賞結果

 第45回ドーヴィル・アメリカン映画祭(9月6日-15日)の受賞結果です。

poster.jpg

 【コンペティション部門】
 ・“Bull”(米) Annie Silverstein
 ・“Ham on Rye”(米) 監督:Tyler Taormina
 ・“Judy & Punch”(オーストラリア) 監督:ミラーフォークス(Mirrah Foulkes)
 ・“Knives and Skin”(米) 監督:Jennifer Reeder
 ・“Mickey and the Bear”(米) 監督:アナベル・アタナシオ(Annabelle Attanasio)
 ・“Port Authority”(米・仏) 監督:Danielle Lessovitz
 ・『シェア~私に何が起こったか~』“Share”(米) 監督:ピッパ・ビヤンコ(Pippa Bianco)
 ・“Skin”(米) 監督:ガイ・ナッティヴ(Guy Nattiv)
 ・“Swallow”(米・仏) 監督:Carlo Mirabella-Davis
 ・“The Climb”(米) 監督:Michael Angelo Covino
 ・“The Lighthouse”(米・カナダ・ブラジル) 監督:ロバート・エガース(Robert Eggers)
 ・“The Peanut Butter Falcon”(米) 監督:Michael Schwartz、タイラー・ニルソン(Tyler Nilson)
 ・“The Wolf Hour”(英・米) 監督:アリステア・バンクス・グリフィン(Alistair Banks Griffin)
 ・“Watch List”(フィリピン・米・カナダ) 監督:ベン・レキー(Ben Rekhi)
 ※審査員:カトリーヌ・ドヌーブ、アントナン・ボードリー(監督・脚本家・作家)、クレール・ブルジェ(監督・脚本家・編集技師)、ジャン=ピエール・デュレ(監督・サウンドエンジニア)、ヴァレリア・ゴリーノ、ヴィッキー・クリープス(女優)、ガエル・モレル(監督・脚本家・男優)、オレールサン(監督・男優・ミュージシャン)、ニコラ・サーダ(監督・脚本家)、ギャスパー・ウリエル

 ◆グランプリ(The Grand Prize)
 ◎“Bull”(米) Annie Silverstein
 物語:ヒューストン西部の放棄された地区で、気まぐれな10代の若者が、彼女と同じように故意で容赦のない隣人と対立する。
 出演:Yolonda Ross、Rob Morgan、Karla Garbelotto
 2014年のシネフォンダシオン部門の“SKunk”で第1席を受賞したAnnie Silversteinの第1監督長編。
 カンヌ国際映画祭2019 ある視点部門出品。

Bull.jpg

 ◆審査員賞(The Jury Prize)
 ◎“The Climb”(米) 監督:Michael Angelo Covino
 物語:KyleとMikeは親密な絆を共有する親友だった。MikeがKyleの婚約者と寝るまでは。
 二人の男の間の長年にわたる、激動するが永続的な関係についての、笑い、失恋、激怒の物語。また、すべての親密な友情の中で、深い関係を豊かで人道的で頻繁に騒々しいものに変える、友情の境界(またはその欠如)に関する、実生活における親友どうしの物語でもある。
 出演:ガイル・ランキン(Gayle Rankin)、タリア・バルサム(Talia Balsam)、Zina Wilde
 カンヌ国際映画祭2019ある視点部門出品。Coup de Coeur Award受賞。
 ミュンヘン映画祭2019出品。
 テルライド映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。

The Climb.jpg

 ◎“The Lighthouse”(米・カナダ・ブラジル) 監督:ロバート・エガース(Robert Eggers)
 出演:ロバート・パティンソン、ウィレム・デフォー
 物語:ニューイングランドの海岸の容赦ない地形のためにカナダを後にして、エフライム・ウィンスロー(ロバート・パティンソン)は渋々ほこりまみれの灯台に到着し、次の4週間働くことになる。不快な共同生活を共有することになったベテラン船員であるトム・ウェイク(ウィレム・デフォー)から粗雑な敵意を持って迎えられ後、人使いが荒い雇い主トムと虐待された下男エフライムの2人は、まもなく気まぐれなダイナミクスを確立していく。若い見習いは建物でより面倒で品位を貶めるような要求をしがちだったため、トムは誇らしげに神話の光を支配した。そして、それぞれのヘトヘトになる日々がゆるやかに過ぎていくと、エフライムの怒りが大きくなっていく。しかし、エフライムが主人の元助手に降りかかった不思議な運命を知ったとき、彼の恐怖とパラノイアが忍び寄ってくる感覚も増えていく。
 『ウィッチ』のロバート・エガース監督の4年ぶりの第2監督長編。
 カンヌ国際映画祭2019 監督週間出品。国際批評家連盟賞出品。
 トロント国際映画祭2019 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ストラスブール・ユーロピーアン・ファンタスティック映画祭2019出品。
 シネフェスト国際映画祭2019(ハンガリー)出品。
 Miskolc国際映画祭2019(ハンガリー)出品。国際批評家連盟賞受賞。
 アトランティック映画祭2019(カナダ)出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2019Perlak部門出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2019出品。
 ファンタスティック・フェスト2019出品。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 バンクーバー国際映画祭2019出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2019出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 ミル・バレー映画祭2019出品。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2019出品。
 ゲント国際映画祭2019出品。
 ハイファ映画祭2019出品。

The Lighthouse.jpg

 ◆批評家賞(Critics Award)
 ◎“Bull”(米) Annie Silverstein

 ◆ドーヴィル観客賞(The Deauville Audience Award)
 ◎“The Peanut Butter Falcon”(米) 監督:Michael Schwartz、タイラー・ニルソン(Tyler Nilson)
 物語:「ダウン症の少年、ザックはプロレスラーになることを夢見ていた。そんなある日、ザックは一念発起して養護施設から脱走し、とあるレスラー養成学校へと向かうことにした。その養成学校はザックが憧れているレスラー、ソルト・ウォーター・レッドネックが運営する学校であった。道中、ザックは逃亡中のならず者(タイラー)に遭遇した。2人は何故か一緒に旅をすることになり、タイラーはザックのスパーリング相手を務めることになった。ほどなくして、2人は施設の看護師(エレノア)に追い付かれてしまったが、説得の末に、エレノアも旅に同行することになった。」
 出演:シャイア・ラブーフ、ダコタ・ジョンソン、ジョン・ホークス、ザック・ゴッサーゲン、ブルース・ダーン
 SXSW映画祭2019出品。観客省受賞。
 ライトハウス国際映画祭2019出品。
 ナンタケット映画祭2019出品。ベスト・オブ・フェスト賞、観客賞受賞。
 アメリカン映画祭(ロシア)2019出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2019出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 ハートランド映画祭2019出品。Truly Moving Picture Award受賞。
 ハイファ映画祭2019出品。

The Peanut Butter Falcon.jpg

 ◆新人賞(The Louis Roederer Fondation Revelation Prize)
 ◎“Bull”(米) Annie Silverstein

 ◆Prix spécial du 45E
 ◎“Swallow”(米・仏) 監督:Carlo Mirabella-Davis
 物語:Hunterは、妊娠していて、幸せで、日常生活も調和が取れているように見える。ところが、彼女は、出し抜けに手に負えないほど物を食べ始める。
 トライベッカ映画祭2019 出品。女優賞(Haley Bennett)受賞。
 プロヴィンスタウン国際映画祭2019出品。ジョン・シュレシンジャー賞受賞。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭2019出品。国際批評家賞、Narcisse Award受賞。
 ファンタジア国際映画祭2019出品。監督賞、脚本賞受賞。
 メルボルン国際映画祭2019出品。
 オルデンブルグ映画祭(独)2019出品。
 ファンタスティック・フェスト2019出品。
 ミラノ映画祭2019出品。
 ナッシュヴィル映画祭2019出品。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2019出品。
 ワルシャワ国際映画祭2019出品。
 ボルドー国際インディペンデント映画祭2019出品。
 ブルックリン・ホラー映画祭2019出品。

Swallow.jpg

 【その他の賞】

 ◆Michel d'Ornano Award
 ◎“Les misérables”(仏) 監督:Ladj Ly
 出演:Damien Bonnard、Alexis Manenti、Djibril Zonga
 物語:Stéphaneは、93年にモンフェルメイユの反犯罪旅団に加わった。彼は新しいチームメイトであるChris and Gwadaに出会い、地区のさまざまなグループ間の緊張を発見する。
 パリ近郊での2005年の暴動に触発された映画。同名の2017年の短編の同キャストによる長編版。
 カンヌ国際映画祭2019コンペティション部門出品。審査員賞、Prix de la Citoyenneté、AFCAE Art House Cinema Award スペシャル・メンション受賞。
 シドニー映画祭2019出品。
 上海国際映画祭2019出品。
 ミュンヘン映画祭2019出品。
 ダーバン国際映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。作品賞、脚本賞受賞。
 エルサレム映画祭2019出品。Gabriel Sherover Foundation Award受賞。
 トロント国際映画祭2019CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2019オフィシャル・セレクション。
 アトランティック映画祭2019出品。
 International Cinematographers' Film Festival Manaki Brothers 2019出品。
 El Gouna映画祭2019出品。観客賞受賞。
 アテネ映画祭2019出品。ギリシャ映画批評家協会賞、観客賞受賞。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 釜山国際映画祭2019 オープン・シネマ部門出品。
 ゲント映画祭2019出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。
 トゥー・シティーズ映画祭(米)2019出品。

Les Miserables.jpg

 ◆Prix du 45E festival du cinéma américain de deauville
 ◎『WASP ネットワーク』“Wasp Network”(仏・西・ベルギー) 監督:オリヴィエ・アサイヤス
 物語:スパイ行為と殺人の容疑で1990年代後半から米国によって投獄された5人のキューバの政治犯の物語。
 出演:アナ・デ・アルマス、ペネロペ・クルス、エドガー・ラミレス、ヴァグネル・モウラ(Wagner Moura)、ガエル・ガルシア・ベルナル
 ベネチア国際映画祭2019コンペティション部門出品。
 トロント国際映画祭2019 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2019出品。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 ニューヨーク映画祭2019出品。
 釜山国際映画祭2019出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 東京国際映画祭2019出品。

WASP2.jpg

 【トリビュート】

 ◆ドーヴィル・タレント・アワード(Deauville Talent Award)
 ◎ジーナ・デイヴィス

ジーナデイヴィス2.jpg

 ◎クリステン・スチュワート

クリステン・スチュワート.jpg

 ◎ピアース・ブロスナン

ピアースブロスナン.jpg

 ◎シエナ・ミラー

シエナ・ミラー.jpg

 ◎ジョニー・デップ

ジョニーデップ.jpg

 【ルシアン・バリエール文学賞】
 ◆ルシアン・バリエール文学賞(Lucien-Barriere Literary Award)
 ◎Rea DelBianco “Rough Animals”,

――――――――――――――――――――――――――――――――

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ドーヴィル・アメリカン映画祭2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201809/article_16.html
 ・ドーヴィル・アメリカン映画祭2017 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201709/article_3.html
 ・ドーヴィル・アメリカン映画祭2017 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201709/article_20.html
 ・ドーヴィル・アメリカン映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_19.html
 ・ドーヴィル・アメリカン映画祭2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201409/article_17.html
 ・ドーヴィル・アメリカン映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_18.html
 ・ドーヴィル・アメリカン映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201209/article_15.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年4月~9月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201904/article_12.html
 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント