ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2019 受賞結果

 第29回ザグレブ国際アニメーションフェスティバル(6月3日-8日)の受賞結果です。


 【グランド・コンペティション 長編部門】(Grand Competition Feature Film)

 ・“Buñuel in the Labyrinth of the Turtles(Buñuel en el laberinto de las tortugas)”(西・オランダ) 監督:Salvador Simó
 ・“Funan”(仏・ベルギー・ルクセンブルク・カンボジア) 監督:Denis Do
 ・『アナザー・デイ・オブ・ライフ』“Another Day of Life(Un Dia Mas Con Vida)”(ベルギー・ポーランド・西・独・ハンガリー) 監督:ラウル・デ・ラ・フエンテ(Raúl de la Fuente)、ダミアン・ネノウ(Damian Nenow)
 ・“Ruben Brandt, Collector”(ハンガリー) Milorad Krstić
 ・“Away(Followers)”(ラトビア) 監督:Gints Zilbalodis
 ・『アラーニェの虫籠』“Aragne: Sign of Vermillion”(日) 監督:阪本サク
 ・“Ville Neuve”(カナダ) 監督:Félix Dufour-Laperrière
 ・“The Wolf House(La Casa Lobo)”(チリ) 監督:Joaquín Cociña, Cristóbal León

 ※審査員:Dalibor Barić(実験&アニメーションの映画)、Frank Gladstone(アメリカのアニメーター、プロデューサー、監督、脚本家) 、Dina Goder (ロシアの演劇・アニメーションの評論家・作家)

 ◆グランプリ(Grand Prix – Best Feature Film)
 ◎“Ruben Brandt, Collector”(ハンガリー) Milorad Krstić
 物語:サイコセラピストが、伝説的な芸術作品によって、暴力的な悪夢に悩まされるようになる。彼は、前科を持つ患者たちに、その作品を盗み出してほしいと依頼する。もしその芸術作品が自分のものになれば、悪夢は消えるに違いないと考えたからだ。Mimiはしなやかな窃盗犯、Bye-Bye Joeは有名人のボディーガード、Fernandoはコンピューターの天才だ。こうしてサイコセラピストは、世界の有名な美術館から有名な絵画13点を盗み出し、「コレクター」と呼ばれる指名手配犯になった。
 ロカルノ国際映画祭2018 ピアッツァ・グランデ部門出品。
 サラエボ映画祭2018出品。
 CPH:PIX 2018出品。
 バンクーバー国際映画祭2018出品。
 ワルシャワ国際映画祭2018出品。
 シカゴ国際映画祭2018出品。
 Animation Is Film Festival 2018出品。
 バージニア映画祭2018出品。
 セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2018出品。脚本賞受賞。
 トリエステ映画祭2019出品。SkyArte Award受賞。
 ヨーテボリ国際映画祭2019出品。
 アニー賞2019 インディペンデント作品賞、編集賞受賞。
 イマジン映画祭2019出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2019出品。
 ファンタジー・フィルムフェスト・ナイツ(独)2019出品。
 シュトゥットガルト・アニメーション・フェスティバル2019出品。
 Museo Interattivo del Cinema(ミラノ)2019出品。


 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Funan”(仏・ベルギー・ルクセンブルク・カンボジア) 監督:Denis Do
 物語:Chouは、カンボジアのプノンペンで夫と4歳の息子とともに暮らしていた。しかし、1975年にクメール・ルージュの狂気に襲われ、家族とともに脱出しなければならなくなる。強制的な行進の途中で、彼女は息子と離れ離れになり、独りで強制収容所に送られる。彼女は、息子をもう一度見つけたいという思いのみで、強制収容所の悪夢に耐える。
 Denis Doの作品は、短編時代から、みな彼の文化的民族的に基づいている。本作も彼の母親が語った実話を元にしている。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2018長編コンペティション部門出品。グランプリ/Crystal Award受賞。
 シャンゼリゼ映画祭2018出品。
 CPH:PIX 2018出品。
 モントリオール・ヌーv-・シネマ・フェスティバル2018出品。
 釜山国際映画祭2018 アニメーション・ショーケース部門出品。
 アデレード映画祭2018出品。
 ローマ映画祭2018出品。
 Animation Is Film Festival 2018出品。
 Festival Voix d'Etoiles 2018出品。
 Mon premier Festival 2018出品。
 Drakkar'Toon Festival 2018出品。
 セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2018出品。
 ムンバイ映画祭2018出品。ゴールデン・ゲイトウェイ賞 長編部門 9歳以上/The Golden Gateway Award (Feature) Age Category 9+
 Five Flavoursアジアン映画祭2018出品。
 エミー賞2019 脚本賞、サウンド・デザイン賞受賞。監督賞、背景&キャラクター・デザイン賞ノミネート。
 Carrefour du Cinéma d'Animation2018出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2019出品。
 ルクセンブルク・シティー映画祭2019出品。
 グアダラハラ国際映画祭2019出品。
 Monstraリスボン・アニメーション・フェスティバル2019出品。


 観客賞(Audience Award)
 ◎“Funan”(仏・ベルギー・ルクセンブルク・カンボジア) 監督:Denis Do

 【グランド・コンペティション 短編部門】(Grand Competition Short Film)

 ※審査員:ボリス・ラベ(西・仏)、ルース・リングフォード(アメリカの短編アニメーション監督、アニメーション講師)、Michaela Müller(スイスのアニメーション
アーティスト)、Tünde Vollenbroek(オランダのキュレーター、エミール賞理事)、Chen Xi(中国のアニメーション監督、キュレーター)

 ◆グランプリ(Grand Prix for the best short film of the festival)
 ◎“Acid Rain”(ポーランド) 監督:トマーシュ・ポパクル(Tomek Popakul)
 物語:東ヨーロッパのどこかで。少女は憂鬱な故郷から逃げ出す。夜中に彼女が街の郊外にいることに気づいたとき、ヒッチハイクについての彼女の初期の熱意は落ちる。橋で彼女は橋のガードレールでバランスのずれている人物と出会う。そうしてSkinnyと出会った。一種の不安定な変人。Skinnyはキャンプ用のバンに住んでいるが、それは彼の法的ではない仕事の用事を実行するために使用している。彼女は、彼と一緒に、目的地のない
旅を始める。旅が続くにつれて、二人の間に特別な愛情が広がっていく。



 ◆ゴールデン・ザグレブ賞("Golden Zagreb" Award as an encouragement of creativity and innovative artistic achievement)
 ◎“Kids”(スイス) 監督:ミヒャエル・フライ(Michael Frei)
物語:集団のダイナミクスを探求する短編アニメーション。私たちが皆平等であるとき、私たちはどのように自分自身を定義するのだろうか?


 ◆ズラトコ・グルギッチ賞/第1回作品賞("Zlatko Grgić" Award for the best first production apart from educational institutions)
 ◎“Flood(Flut)”(独) 監督:マルタ・ステイン(Malte Stein)
 物語:汚れた湖が堤防を破裂させ、町に洪水を起こし始める。息子を家にとどめるには十分な理由がある。しかし、それとは別に、悪夢のような団体は現実と混同し始める。そして、その間に外なる世界は水の下で静かに沈み、国内の大災害は内部で大荒れする。


 ◆ボリス・ラベによるスペシャル・メンション(Special Mention from Boris Labbé)
 ◎“No Objects(Sans objets)”(カナダ) 監督:Moïa Jobin-Paré
 映画製作者のMoïa Jobin-Paréは、ジェスチャーの本質を官能的に探究し、写真、スクラッチ、オリジナルの録音から作られたサウンドトラックを組み合わせた実験的作品に没頭する。


 ◆ルース・リングフォードによるスペシャル・メンション(Special Mention from Ruth Lingford)
 ◎『海まで5分』“Five Minutes to Sea(Piat minut do moria)”(ロシア) 監督:ナタリア・ミルゾヤン(Natalia Mirzoyan)
 物語:母親が命令を出す:あなたが海に戻る前に、休憩を取って、5分間静かに座っていなさい。小さな女の子にとって、この5分間はいつまでも続く退屈な時間である。彼女は他の海水浴客を観察し、なんとか5分間過ごそうとする。
 この映画は、幼い頃からの小さいながらも記憶に残る瞬間を示している。老年をテーマとし、人生の終わりと始まりの時間の知覚の違いと並列する。


 ◆Michaela Müllerによるスペシャル・メンション(Special Mention from Michaela Müller)
 ◎“Roughhouse”(英・仏) 監督:Jonathan Hodgson
 物語:3人の友人が奇妙な町で新しい冒険に乗り出す。しかし思いどおりに操ろうとする新しいメンバーが彼らの一団に加わるとき、彼らの忠誠心は恐ろしい結果で引き裂かれる。


 ◆Tünde Vollenbroekによるスペシャル・メンション(Special Mention from Tünde Vollenbroek)
 ◎“Si So Mi ”(台湾) 監督:Xu-Zhan Zhang(張徐展)
 物語:生と死の境界線は、私の幼年期に深く刻み込まれている。ほとんど水が満杯に入ったバケツと、半分水が漬かりながらも自由を求めるケージの中の新しいネズミが、避けられない死に向かって疲れ果てて放棄しようとしている、晴れた日の鮮やかな思い出。この作品で使用されている音楽は、ドイツのフォークソングAch、wie ist’s möglich dannです。台湾の民俗文化では、歌はしばしば葬儀で演奏されました。これは、1935年のドイツの文学映画でのラブストーリーのサウンドトラックとしての歌の本来の用途とは異なり、面白くて不条理な対照でした。それで、張は死についてこのドイツの民謡に踊りを振付けました。
 台北電影奨2018アニメーション部門観客賞ノミネート。
 台湾・金馬奨2018 短編アニメーション賞ノミネート。


 ◆Chen Xiによる(Special Mention from Chen Xi)
 ◎“Imbued Life(Udahnut život)”(クロアチア) 監督:Ivana Bošnjak、Thomas Johnson
 物語:“Imbued Life”は、若い女性と自然の生命力との関係についての映画である。彼女は獣医師の才能を駆使して動物を彼らの自然の生息地に「戻す」。しかし、答えを求める真の探求は、彼女が治療する動物のそれぞれに未現像のフィルムのロールを見つけ始めたときに始まる。彼女の強迫観念は、彼女が感じているつながりについての説明、彼女の夢、そして起きている瞬間についての説明を求めるように彼女を駆り立てる。


 ◆観客賞(Audience Award)
 ◎“Acid Rain”(ポーランド) 監督:トマーシュ・ポパクル(Tomek Popakul)

 【学生コンペティション】(Student Film Competition)

 ◆ドゥシャン・ヴコテック賞/最優秀作品賞("Dušan Vukotić" Award for the best student film)
 ◎“After”(O tom co potom)(チェコ) Matouš Valchář (Ladislav Sutnar University of Design and Art of Western Bohemia)
 物語:「死後どうなる?」 この質問について多くの人は考えている。多くのグループはまったく異なる意見を持っているが、多数派のほとんどは1つの同じ考えを持っている。ほとんどすべての宗教は自分たちは正しいと確信している。
 この映画は、友人であるKarelVžtrovskůと書いた。それは。やがて心の中でゆっくりとキリスト教の刑務所から脱走した時であり、私たちが育った場所や長い間投獄された場所である。


 ◆スペシャル・メンション(Special Mentions)
 ◎“Happy Ending”(英) EunJu Ara Choi (Royal College of Art)
 物語:“Happy Ending”は、韓国の売春婦の匿名のオンライン証言に基づく詩的なドキュメンタリーアニメーションである。彼女の仕事は、自分の意志に関係なくそれを感じて楽しむ必要があると信じられているので、彼女は喜びを感じることを余儀なくされている。彼女は自分の汚名を苦しんでいる。しかし、彼女は自分の体を探求し、売春婦に対する社会的偏見を廃止したいと願っている。


 ◎“Love at the Crossroads”(韓) Hee-seung Choi (Korea National University of Arts,)
 物語:Kkum(夢)とHyeon-sil(現実)と私の間の愛の三角関係。Hyeon-sil(現実を意味する)は私の同意なしに、ゆっくりと、しかし確実に私のところにやって来た。一方、Kkum(夢を意味する)はまだ私から遠く離れている。私は夢と現実と私との関係についておなじみの少女漫画(少女漫画)として語りたいと思った。


 【クロアチア・コンペティション部門】(Croatian Film Competition)

 ◆最優秀クロアチア作品賞(Best Croatian Film)
 ◎“A Demonstration of Brilliance in Four Acts(Briljantsuse demonstratsioon neljas vaatuses)”(エストニア・クロアチア) 監督:Morten Tšinakov、Lucija Mrzljak
 物語:人々は特別な誰かを待っている。特別な誰かが生まれた - スーツを着た大人の男。 彼らはその人を追いかけ、彼の、演劇的だが、全く無意味な公演を応援する。ある公演の途中で彼は間違いを犯し、これまで彼を崇拝してきた人々は去る。一人で、彼は彼のために作られた女性と出会う。演劇は続く…


 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Imbued Life(Udahnut život)”(クロアチア) 監督:Ivana Bošnjak、Thomas Johnson

 ◆クロアチア・マイノリティ共同製作作品賞(Best Croatian Minority Co-production)
 ◎“The Fall of Rome(Róma Bukása)”(ハンガリー・クロアチア) 監督:Balász Turai
 物語:核爆発の後、家族はドームの保護の中で彼らの日常生活を送っている。お父さんは狩りをし、お母さんは料理をし、子供たちは遊ぶ - すべては順調に進んでいたが、それは子供たちがドームの外に遠足にでかけ、恐ろしい突然変異のカエルの人々の領土に足を踏み入れるまでのことだった。
小旅行をするまで、ます。


 【児童映画コンペティション】(Children’s Film Competition)

 ◆作品賞(Best Film)
 ◎“Big Wolf, Little Wolf(Grand Loup & Petit Loup)”(仏・ベルギー) 監督:Rémi Durin [10-1]
 物語:ビッグウルフは、木の下に満足して住んでいる。ある日、リトルウルフは彼に近づき、友だちになろうと決心した。しかし、ビッグウルフは友だちを必要としない。彼は静かな生活と決まりきった生活が好きだ。


 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Sweet Night(Nuit chérie)”(ベルギー) 監督:Lia Bertels [14+]
 物語:すべてのクマは冬眠するはずだ。目を大きくあけた1頭以外は。


 【VRコンペティション】(VR Competition)

 ◎Best VR Project
 ◎“Accused #2: Walter Sisulu”(仏) 監督:Nicolas Champeaux、Gilles Porte

 【特別賞・名誉賞】

 ◆生涯貢献賞2019(Lifetime Achievement Award2019)
 ◎スーザン・ピット(Suzan Pitt)

 ◆アニメーション研究への貢献賞2019(The Award for Outstanding Contribution to Animation Studies2019)
 ◎ジェイン・ピリング(Jayne Pilling)
 英国を拠点に世界で活動するアニメーション専門家・歴史家。

--------------------------------

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_23.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_24.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201706/article_8.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2016 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_10.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2016 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_11.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_9.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2014 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201405/article_20.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201406/article_11.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2013 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_38.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_10.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2012 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_25.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2012 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_26.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_6.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2011 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_26.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_8.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2010 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_18.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_5.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年4月~9月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201904/article_12.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック