サンダンス映画祭2019 コンペティション部門以外のラインナップ

 ◆NEXT部門
 アメリカ映画に新たなるニューウェーヴを作り出すと期待される大胆で、イノヴェーティヴな映画監督: : たちの作品を集めたプログラム
 ※全10本すべてワールド・プレミア
 ・“Adam”(米) 監督: Rhys Ernst
 ・“The Death of Dick Long”(米) 監督: ダニエル・シャイナート(Daniel Scheinert)
 ・“Give Me Liberty”(米) 監督: Kirill Mikhanovsky
 ・“The Infiltrators”(米) 監督: アレックス・リベラ(Alex Rivera)、Cristina Ibarra
 ・“Light From Light”(米) 監督: Paul Harrill
 ・“Premature”(米) 監督: ラシャード・エルネスト・グリーン(Rashaad Ernesto Green)
 ・“Selah and the Spades”(米) 監督: Tayarisha Poe
 ・“Sister Aimee”(米) 監督:サマンサ・バック(Samantha Buck)、Marie Schlingmann
 ・“The Wolf Hour”(米) 監督: アリステア・バンクス・グリフィン(Alistair Banks Griffin)
 ・“Paradise Hills”(西・米) 監督:Alice Waddington

 ◆Premieres部門
 ※全18本 特記以外すべてワールド・プレミア
 ・“After The Wedding”(米) 監督: バート・フレインドリッチ(Bart Freundlich)
 ・“Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile”(米) 監督:ジョー・バーリンジャー
 ・“Late Night”(米) 監督:ニーシャ・ガナトラ(Nisha Ganatra)
 ・“The Mustang”(米) 監督: アリステア・バンクス・グリフィン(Laure de Clermont-Tonnerre)
 ・“Relive”(米) 監督:ジェイコブ・エステス(Jacob Estes)
 ・“The Report”(米) 監督: スコット・Z・バーンズ(Scott Z. Burns)
 ・“The Tomorrow Man”(米) 監督: Noble Jones
 ・“Troupe Zero”(米) 監督: Bert & Bertie
 ・“Velvet Buzzsaw”(米) 監督: ダン・ギルロイ
 ・“Blinded by the Light”(英) 監督:グリンダ・チャーダ(Gurinder Chadha)
 ・“The Boy Who Harnessed the Wind (英) 監督:キウェテル・イジョフォー
 ・“Animals”(英・アイルランド・オーストラリア) 監督:Sophie Hyde
 ・“Official Secrets (米・英) 監督:ギャビン・フッド
 ・“The Sunlit Night”(独・ノルウェー) 監督:ダーヴィト・ヴネント(David Wnendt)
 ・“Sonja – The White Swan (ノルウェー) 監督:アンネ・セウィツキー(Anne Sewitsky) [IP]
 ・“Top End Wedding”(オーストラリア) 監督:ウェイン・ブレア(Wayne Blair)
 ・“Photograph”(インド) 監督:リテーシュ・バトラ
 ・“I Am Mother”(オーストラリア) 監督:Grant Sputore

 ◆Documentary Premieres部門
 ※全12本 特記以外すべてワールド・プレミア
 ・“Ask Dr. Ruth”(米) 監督: Ryan White
 ・“Halston”(米) 監督: フレデリック・チェン(Frédéric Tcheng)
 ・“Love, Antosha”(米) 監督: Garret Price
 ・“Marianne & Leonard: Words of Love”(米) 監督: ニック・ブルームフィールド
 ・“Raise Hell: The Life & Times of Molly Ivins”(米) 監督: Janice Engel
 ・“The Great Hack”(米) 監督: Karim Amer、Jehane Noujaim
 ・“The Inventor: Out for Blood in Silicon Valley”(米) 監督:アレックス・ギブニー
 ・“Toni Morrison: The Pieces I Am”(米) 監督: Timothy Greenfield-Sanders
 ・“Untouchable”(米) 監督: Ursula Macfarlane
 ・“Words from a Bear”(米) 監督: Jeffrey Palmer
 ・“Miles Davis: Birth of the Cool”(米・英) 監督:スタンリー・ネルソン(Stanley Nelson)
 ・“Merata: How Mum Decolonised The Screen”(ニュージーランド) 監督:Heperi MIta [IP]

 ◆Midnight部門
 ※全7本すべてワールド・プレミア
 ・“Greener Grass”(米) 監督: Jocelyn DeBoer、Dawn Luebbe
 ・“Memory – The Origins of Alien”(米) 監督:アレクサンドル・O・フィリップ(Alexandre O. Philippe)
 ・“Mope”(米) 監督: Lucas Heyne
 ・“Sweetheart”(米) 監督:JD Dillard
 ・“The Lodge”(米・英) 監督:ヴェロニカ・フランツ(Veronika Franz)、セヴェリン・フィアラ(Severin Fiala)
 ・“The Hole in the Ground”(アイルランド) 監督:Lee Cronin
 ・“Little Monsters”(オーストラリア) 監督:エイブ・フォーサイス(Abe Forsythe)

 ◆Spotlight部門
 ※他の映画祭でプレミア上映されている作品
 ・“The Biggest Little Farm”(米) 監督: John Chester
 ・“The Mountain”(米) 監督: リック・アルバーソン(Rick Alverson) [USプレミア]
 ・“The Nightingale”(オーストラリア)”(米) 監督:ジェニファー・ケント(Jennifer Kent) [北米プレミア]
 ・“Maiden”(英) 監督:アレックス・ホームズ(Alex Holmes) [USプレミア]
 ・“Anthropocene: The Human Epoch”(カナダ) 監督:アリステア・バンクス・グリフィン [IP]
 ・『夏の鳥』“Birds of Passage”(コロンビア) 監督:クリスティーナ・ガジェゴ(Cristina Gallego)、シ―ロ・ゲーラ(Ciro Guerra) [ユタ・プレミア]

 ◆Kids部門
 ・“The Elephant Queen”(英・ケニア) 監督:Victoria Stone、Mark Deeble [USプレミア]
 ・“The Witch Hunters“(セルビア・マケドニア) 監督:Rasko Miljkovic [USプレミア]
 ・“Abe”(ブラジル) 監督:Fernando Grostein Andrade [WP]

 ◆スペシャル・イベント(Special Events)
 ・“Documentary Now! Original Cast Album: Co-Op”() 監督:Alex Buono
 ・“Documentary Now! Season 52 Preview”
 “Waiting for the Artist”
 “Original Cast Album: Co-Op”
 ・“Documentary Now! Waiting for the Artist”(米・ハンガリー) 監督:Alex Buono、Rhys Thomas
 ・“Leaving Neverland”(米・英) 監督:Dan Reed
 ・“Lorena”(米) 監督:Joshua Rofé、Steven J. Berger、Jordan Peele、Win Rosenfeld
 ・“Now Apocalypse”(米) 監督:グレッグ・アラキ
 ・“Pop-Up Magazine”(米) 監督:
 ・“This Is Personal (formerly Til Everybody's Free)”(米) 監督:エイミー・バーグ

 ◆Indie Episodic部門
 ・“Delhi Crime Story”(インド) 監督:リッチー・メータ(Richie Mehta)
 ・“Indie Episodic Program”
 “Girls Weekend”
 “Don’t Hug Me I’m Scared”
 “Bootstrapped”
 “Maggie”
 “Quarter Life Poetry”
 “The Dress Up Gang”
 “Delivery Girl”
 “It's Not About Jimmy Keene”
 “Work in Progress”
 ・“State of the Union”(英) 監督:ニック・ホーンビー
 ・“Wu-Tang Clan: Of Mics and Men”(米) 監督:Sacha Jenkins

 ◆New Frontier部門
 [Exhibitions]
 ・analmosh”(米) リード・アーティスト:Matt Romein、キー・コラボレイター:Oren Shoham、Kevin Cunningham、Jason Batcheller、Skye Morse-Hodgson
 ・“THE DIAL”(米) リード・アーティスト:Peter Flaherty、Jesse Garrison、Trey Gilmore、キー・コラボレイター:Jake Sally、Sal Mannino、Ela Topcuoglu、Julia Bembenek、Brian Chasalow
 ・“Dirtscraper”(米) リード・アーティスト:Peter Burr、キー・コラボレイター:John Also Bennett、Mark Fingerhut、Porpentine Charity Heartscape、Eric Timothy Carlson、Brandon Blommaert
 ・“Embody”(米) リード・アーティスト:Melissa Painter、Thomas Wester、Siân Slawson、キー・コラボレイター:Joey Verbeke、Jordan Goldfarb、Ben Purdy、Peter Rubin、Eric Adrian Marshall
 ・“Esperpento”(米) リード・アーティスト:Victor Morales、Jason Batcheller、キー・コラボレイター:Kevin Cunningham、Skye Morse-Hodgson
 ・“Grisaille”(米) リード・アーティスト:Teek Mach、キー・コラボレイター:Joel Douek、Andrew Sales
 ・“Mica”(米) リード・アーティスト:John Monos、Alice Wroe
 ・“REACH“(米) リード・アーティスト:Nonny de la Peña、Chaitanya Shah、Hannah Eaves、Cedric Gamelin、キー・コラボレイター:James Pallot、Sandra Persing、Charles Park、Roshail Tarar
 ・“Runnin'“(米) リード・アーティスト:Reggie Watts、Kiira Benzing、キー・コラボレイター:John Tejada、Amy O'Neal、Ani Taj、Adam Rogers
 ・“Traveling While Black”(米) リード・アーティスト:Roger Ross Williams、Félix Lajeunesse、Paul Raphaël、Ayesha Nadarajah、キー・コラボレイター:Bonnie Nelson Schwartz、Stéphane Rituit、Ryan Horrigan、Jihan Robinson
 ・“Emergence“(英) リード・アーティスト:Matt Pyke、キー・コラボレイター:Chris Mullany、Simon Pyke、Chris Milk、Aaron Koblin
 ・“Sweet Dreams“(英) リード・アーティスト:Robin McNicholas、Ersin Han Ersin、Barnaby Steel、Nell Whitley、キー・コラボレイター:Simon Wroe
 ・“The Seven Ages of Man“(英) リード・アーティスト:Royal Shakespeare Company、Magic Leap、キー・コラボレイター:Jessica Curry、Gregory Doran [Royal Shakespeare Company],Andy Lanning、John Monos [Magic Leap]
 ・“Mechanical Souls“(仏・台湾) リード・アーティスト:Gaëlle Mourre、L.P. Lee、キー・コラボレイター:Francois Klein、Thomas Villepoux、Estela Valdivieso Chen
 ・“Gloomy Eyes“(仏・アルゼンチン) リード・アーティスト:Jorge Tereso、Fernando Maldonado、キー・コラボレイター:Antoine Cayrol、German Heller、Santiago Amigorena
 ・“Interlooped“(スイス) リード・アーティスト:Maria Guta、Robin Mange、Javier Bello Ruiz、FlexFab、キー・コラボレイター:Benoît Perrin、Joël Comminot、Charlotte Gubler
 ・“A Jester's Tale“(米・パキスタン) リード・アーティスト:Asad J. Malik、キー・コラボレイター:Jake Sally、Jack Daniel Gerrard、Mariana Irazu、Ela Topcuoglu、Philipp Schaeffer

 ・Immersive Stage at New Frontier Central
 “analmosh”
 “Dirtscraper”
 “Esperpento”
 “Digital Puppeteering Demonstration”
 “Digital Puppet Karaoke in the Pica Lagartos Lounge”
 “Two Black Lights and One Red”

 ・New Frontier After Hours

 ・New Frontier After Hours Hosted by Dell

 ・New Frontier After Hours Hosted by Google AR & VR

 ・New Frontier After Hours Hosted by IMAX

 ・New Frontier at The Ray
 “Embody”
 “Emergence”
 “Gloomy Eyes”
 “A Jester's Tale”
 “REACH”
 “Runnin'”
 “Sweet Dreams”
 “Traveling While Black”

 ・New Frontier Central
 “THE DIAL”
 “Grisaille”
 “Interlooped”
 “Mechanical Souls”
 “Mica”
 “The Seven Ages of Man”

 ・New Frontier Double Feature: (antiquated) Augmented Reality and The ART oF BE(i)NG
 “(antiquated) Augmented Reality”
 “The (ART) oF BE(i)NG”

 [VR Cinema]
 ・“Ashe '68”(米) リード・アーティスト:Brad Lichtenstein、Beth Hubbard、Jeff Fitzsimmons、Rex Miller、キー・コラボレイター:John Legend、Mike Jackson、Masha Vasilkovsky、Ruah Edelstein、Madeline Power、Vernon Reid
 ・“Ghost Fleet VR”(米) リード・アーティスト:Lucas Gath、Shannon Service) —An immersive look at the true story of modern slavery in the Thai fishing industry、told through the experience of one man's harrowing ordeal to escape a prison of water after 10 years at sea. Cast:Tun Lin、Vithaya Pansringarm.
 ・“Kaiju Confidential”(米) リード・アーティスト:Thomas O'Donnell、Ethan Shaftel、Piotr Karwas、Raul Dominguez、キー・コラボレイター:Eric Rosenthal、Corey Campodonico、Alex Bulkley、Matt Jenkins、Monica Mitchell、Ryan Franks
 ・“Last Whispers:An Immersive Oratorio”(米) リード・アーティスト:Lena Herzog、Jonathan Yomayuza、Meghan McWilliams、Laura Dubuk、キー・コラボレイター:Nonny de la Peña、Mark Mangini、Amanda Tasse、Cedric Gamelin、Marilyn Simons、Mandana Seyfeddinipur
 ・“RocketMan 360“(ルーマニア) リード・アーティスト:Millo Simulov、Gabriela Hirit、キー・コラボレイター:Filip Columbeanu、Andreea Serpe、Gabi Ranete
 ・“The Tide:Episodes 1 & 2 / South Korea (リード・アーティスト:Taekyung Yoo、キー・コラボレイター:Seok Cho
 ・“Live Stream from Yuki <3“(台湾) リード・アーティスト:Tsung-Han Tsai、キー・コラボレイター:Meng-Yin Yang、Inch Lin、Pu-Yuan Cheng
 ・“Marshall from Detroit”(米) リード・アーティスト:Caleb Slain、Felix Lajeunesse、Paul Raphael、キー・コラボレイター:Stephane Rituit、Ryan Horrigan、Paul Rosenberg、Eric Hahn
 ・“4 Feet:Blind Date”(アルゼンチン) リード・アーティスト:Maria Belen Poncio、Rosario Perazolo Masjoan、Damian Turkieh、Ezequiel Lenardon、キー・コラボレイター:Guillermo Mena、Florencia Cossutta、Gonzalo Sierra、Martin Lopez Funes、Marcos Rostagno、Santiago Beltramo

 [Films and Performances]
 ・“(antiquated) Augmented Reality”(米) 監督:Christine Marie
 ・“The (ART) oF BE(i)NG”(米) 監督:JB Ghuman Jr.
 ・“Two Black Lights and One Red”(米) リード・アーティスト:Victor Morales、Billy Burns、Jason Batcheller、キー・コラボレイター:Kevin Cunningham、Skye Morse-Hodgson、Andreea Mincic、Yasmin Santana、Marcelo Añez
 ・“Aquarela”(英・独) 監督:Victor Kossakovsky
Deckert、Sigrid Dyekjær
 ・“Walden”(スイス) 監督:Daniel Zimmermann
 ・“TAKING THE HORSE TO EAT JALEBIS”(インド) 監督:Anamika Haksar

 ◆短編部門
 ・アニメーション・スポットライト:8編
 ・ドキュメンタリー・ショート:8編+3編
 ・ミッドナイト・ショート:8編
 ・New Frontier Shorts Program:4編
 ・長編作品の併映作品:7編
 ・ショート・プログラム:7編+7編+7編+7編+7編

 ◆From the Collection
 ・『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999/米) 監督:ダニエル・マイリック、エドゥアルド・サンチェス
 ・『僕たちの時間』(1991/米) 監督:クリストファー・ミュンチ

――――――――――――――――――――――――――――――――

 2018年度の賞レースの結果から見て、USドラマ・コンペティション部門で最も評価されたのは“Eighth Grade”であり、異色な作品として取り上げられることが多かったのは例えば“Sorry to Bother You”だったりするわけですが、どちらもサンダンスでは賞を獲っていないし、そうした作品を現時点で、あるいは受賞結果が出た後でも、予想するのは難しいですね。グランプリを獲った『ミスエデュケーション』も日本では劇場公開されずにDVDになってしまったし。

 まあ、そんな感じで、昨今では、サンダンス映画祭の受賞結果と10カ月後以降の映画賞レースの結果とは、ドキュメンタリーを別にすれば、あまりリンクしていないのですが、一応、せっかくラインナップを書き出したんだし、よさそう、面白そうと思える作品をいくつかピックアップしておきたいと思います。

 USドラマ・コンペティション部門
 ・“The Farewell”(米) 監督:Lulu Wang

 USドキュメンタリー・コンペティション部門
 ◎“Moonlight Sonata: Deafness in Three Movements”(米) 監督:Irene Taylor Brodsky
 ・“Bedlam”(米) 監督:Kenneth Paul Rosenberg
 ・“Hail Satan?”(米) 監督:Penny Lane
 ・“Midnight Family”(メキシコ・米) 監督:Luke Lorentzen
 ・“TIGERLAND”(米) 監督:ロス・カウフマン(Ross Kauffman)
 ・“Untitled Amazing Johnathan Documentary”(米) 監督:Ben Berman

 ワールド・シネマ ドラマ・コンペティション部門

 ワールド・シネマ ドキュメンタリー・コンペティション部門
 ・“Cold Case Hammarskjold”(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・ベルギー) 監督:マッツ・ブリュガー(Mads Brügger)
 ・“The Disappearance of My Mother”(Storia di B. - La scomparsa di mia madre)(伊) 監督:Beniamino Barrese
 ・“Sea of Shadows”(オーストリア) 監督:Richard Ladkani
 ・“Stieg Larsson – The Man Who Played With Fire(Mannen som lekte med elden)”(スウェーデン) 監督:Henrik Georgsson

 ……今年は、ピンとくる作品はそんなに多くはなかったかなあ。

 昨年は、Kids部門で『夜明け告げるルーのうた』が上映されていますが、コンペティション部門で長編日本映画が上映されるのは2016年の『WE ARE X』と『Tokyo Idols』、日本人監督の日本映画だと2011年の『ヴァンパイア』、2012年の『ももいろそらを』以来でしょうか。
 久しぶりだし、どういうリアクションが得られるか、ちょっと楽しみですね。

 そういえば、本年度から(昨年から)、Kim Yutaniがサンダンス映画祭の新しいプログラミング・デレクターに就任していますが、何か新しい変化はあったでしょうか。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 *[人気ブログランキング]
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・サンダンス映画祭2019 US コンペティション部門 ラインナップ:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_47.html
 ・サンダンス映画祭2019 ワールド・シネマ コンペティション部門 ラインナップ:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_48.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年1月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_31.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック