セザール賞2019 短編アニメーション賞 オフィシャル・セレクション12作品!

 第44回セザール賞短編アニメーション賞のオフィシャル・セレクション12作品のラインナップです(9月17日発表)

 ・“(Fool Time) Job”(仏/16min) 監督:Gilles Cuvelier
 物語:Pedroは仕事を見つけた。危機にあるこの時期に稀な出来事。それは彼と彼の家族にとって良いニュースだ。仕事がかなり変わっているのは事実だが……重要なのは仕事をすることだ……そうではないだろうか?
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2017出品。
 Zinebi 2017インターナショナル・コンペティション部門出品。
 Interfilmベルリン国際短編映画祭2017出品。
 クレルモンフェラン国際短編映画祭2018ナショナル・コンペティション部門出品。
 Anima(ベルギー)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 マイアミ国際映画祭2018 IMDbPro短編コンペティション部門出品。
 Go Short 国際短編映画祭2018ヨーロッパ・コンペティション部門出品。
 シュトゥットガルト国際アニメーションフェスティバル2018インターナショナル・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 インディーリスボア/リスボン国際インディペンデント映画祭2018出品。
 Mediawave国際映画&音楽Gathering of Fort Monostor - Komárom (ハンガリー)2018インターナショナル短編コンペティション部門出品。
 ウエスカ国際短編映画祭(西)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2018 短編コンペティション部門出品。
 エジンバラ国際映画祭2018出品。
 ロード・アイランド国際映画祭2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 サンパウロ国際映画祭2018出品。
 ソウル国際カトゥーン&アニメーションフェスティバル2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 Animatou 国際アニメーションフェスティバル・イン・ジュネーヴ2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ウプサラ国際短編映画祭2018出品。グランプリ受賞。

画像

 ・“59 Secondes”(スイス・仏/15min) 監督:Mauro Carraro
 物語:BrunoとTizianaのラブストーリーは、59秒で奪われた。59秒といえば、2人の人生、あるいは、地域全体、または、国の運命を変えるには短い時間かもしれない。しかし、地面が揺れている時には長く感じるものだ。1976年5月にイタリアのフリウリを襲った地震は、多くの死者を出し、多くの人の家を奪った。
 ロカルノ国際映画祭2017 レパード・オブ・トゥモロー部門出品。銀豹賞受賞。
 Krok国際アニメーションフェスティバル2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 Animatou 国際アニメーションフェスティバル・イン・ジュネーヴ2017 スイス・コンペティション部門出品。観客賞受賞。
 Anima(ベルギー)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 シュトゥットガルト国際アニメーションフェスティバル2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 Mediawave国際映画&音楽Gathering of Fort Monostor - Komárom (ハンガリー)2018インターナショナル短編コンペティション部門出品。
 ファントーシュ国際アニメーションフェスティバル(スイス)2018出品。
 Anim'Est (仏) 2018出品。
 Filmets(西)2018出品。
 Curtacinema(ブラジル)2018出品。
 Cinanima国際アニメーション映画祭(ポルトガル)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。

画像

 ・『ビットウィーン ザ シャドウズ』“Au Coeur Des Ombres(Entre Sombras/Between the Shadows)”(仏・ポルトガル/13min) 監督:Alice Guimarães、Mónica Santos
 物語:ナタリアは、うんざりする仕事に縛られていた。盗まれたハートを探す仕事だ。銀行にハートを預けることができる世界で、ナタリアはジレンマに直面していた。自分のハートを預けるべきか、それとも自分で守っておくべきか。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2018グランド・コンペティション 短編部門出品。“Mr. M” - Award受賞。
 ヴィラ・ド・コンデ国際短編映画祭2018ナショナル・コンペティション部門出品。観客賞受賞。
 広島国際アニメーションフェスティバル2018コンペティション部門出品。国際審査委員特別賞受賞。
 ソウル国際カトゥーン&アニメーションフェスティバル2018出品。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2018ワールド・パノラマ部門出品。
 Krok国際アニメーションフェスティバル2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 Animatou 国際アニメーションフェスティバル・イン・ジュネーヴ2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 バリャドリッド国際映画祭2018出品。
 Curtacinema(ブラジル)2018出品。観客賞、ヤング審査員スペシャル・メンション受賞。
 Cinanima国際アニメーション映画祭(ポルトガル)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。

画像

 ・『転落』“La Chute(The Fall)”(仏/14min) 監督:ボリス・ラベ(Boris Labbé)
 物語:天国の住民が地上の人々を堕落させてしまうと、世界の自然秩序は混沌に投げ込まれる。それは悲劇的な転落の始まりであり、地獄の領域と、その逆、天国の領域の創造へとつながる。
 カンヌ国際映画祭 2018 国際批評家週間出品。
 ウィーンCourts-métrages indépendants 2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2018 グランド・コンペティション短編部門出品。グランプリ受賞。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2018 短編コンペティション部門出品。André-Martin Special Distinction for a French Short Film、国際批評家連盟賞受賞。
 Cinema Jove-バレンシア国際映画祭2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ヴィラ・ド・コンデ国際短編映画祭2018ナショナル・コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 トロント国際映画祭2018 SHORT CUTS部門出品。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2018短編コンペティション部門出品。最優秀ノン・ナラティヴ アニメーション賞受賞。
 Krok国際アニメーションフェスティバル2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員ディプロマ受賞。
 Animatou 国際アニメーションフェスティバル・イン・ジュネーヴ2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 プチョン国際アニメーション映画祭(BIAF)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ウプサラ国際短編映画祭2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 コンテンポラリー・アニメーション入門~現代アニメーションの見取図~2018出品。
 エレバン国際アニメーション映画祭(ReAnimania)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。

画像

 ・“Étreintes(Embrace)”(仏・カナダ/5min) 監督:Justine Vuylsteker
 物語:ひとりの女性が、開いた窓の前に立って、空を覆い隠す暗い雲を見つめる。静止したまま、彼女は過去の思い出に対して戦う。雲の中で、情熱的な抱擁が現れる。
 カンヌ国際映画祭2018 ユニフランス短編映画賞出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2018 短編コンペティション部門出品。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2018
 アデレード映画祭2018出品。
 テッサロニキ国際短編映画祭2018出品。
 プチョン国際アニメーション映画祭(BIAF)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 Cinanima国際アニメーション映画祭(ポルトガル)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。

画像

 ・“Féroce(Fierce)”(仏/15min) 監督:イズ・トロアン(Izù Troin)
 物語:若い会社のエグゼクティヴがアパートから誘拐される。森の真ん中で目覚めた彼は、謎めいたハンターにつきまとわれる。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭2018 ナショナル・コンペティション部門出品。
 Anima(ベルギー)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ヴィルールバンヌ国際短編映画祭2018出品。

画像

 ・“Il S'est Passé Quelque Chose(Something happened)”(仏/8min) 監督:Anne Larricq
 物語:今日は夏休みの最後の日。誰もが最後にはお互いを見て、突然もっと魅力的なものを見つける。サイレンは遠くに鳴り響き、ビーチは空っぽになる……誰もがいなくなった……ほぼ……。
 Linoleumコンテンポラリー・アニメーション&メディア・アート・フェス2018出品。

画像

 ・“Le Mans 1955”(仏/15min) 監督:Quentin Baillieux
 物語:1955年、ル・マン24時間レース。300,000人の観客が観戦している。午後6時。ピエール・ルヴェーが乗ったメルセデス・ベンツの車300SLRは、グランドスタンド側の防護土塁の上に落下し、エンジンとサスペンションはひきちぎれ、スタンドに飛散した。マシンはピットとスタンドを繋ぐ地下道階段の側壁に激突して爆発炎上し、ルヴェーはマシンから放り出されて死亡した。観客83名がこの事故に巻き込まれて死亡し、モータースポーツ史上最悪の惨事となった。これは大事故だが、レースは続いている。メルセデス・ベンツ・チームには、副操縦士で友人のジョン・フィンチが待機している。
 ワルシャワ国際映画祭2018出品。

画像

 ・『死神の父と息子』“La Mort, Père & Fils(The Death, Dad & Son/『死と父と息子』/『がいこつ君とおとうさん』)”(仏/13min) 監督:ヴィンシュルス&ドゥニ・ヴァルゲンヴィッツ(Denis Walgenwitz & Winshluss)
 物語:死神の家族。父親の後を継ぐはずの息子は、密かに守護天使になることを夢見ている。しかし、そのことが数々の不幸をもたらす。父親は、息子をなんとか正しい道へと引き戻そうとするが……。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。
 L'Étrangeフェスティバル2017出品。
 プチョン国際アニメーション映画祭(BIAF)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル2018 短編コンペティション部門出品。外国報道機関賞受賞。
 クレルモンフェラン国際短編映画祭2018出品。Mention spéciale du jury Canal+ Family受賞。
 Anima(ベルギー)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 東京アニメアワードフェスティバル2018短編コンペティション部門出品。
 Dead by Dawnホラー・フェスティバル(英)2018出品。観客賞受賞。
 シュトゥットガルト国際アニメーションフェスティバル2018出品。
 ブルックリン国際映画祭2018出品。最優秀アニメーション賞受賞。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2018グランド・コンペティション 短編部門出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2018 短編コンペティション部門出品。ジュニア審査員賞受賞。
 ヴィラ・ド・コンデ国際短編映画祭2018出品。
 ロード・アイランド国際映画祭2018出品。Flickers‘ ユース映画審査員賞受賞。
 ナミュール・フランス語映画国際映画祭(FIFF)2018出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル(FNC)2018出品。
 Animatou 国際アニメーションフェスティバル・イン・ジュネーヴ2018インターナショナル・コンペティション部門出品。Prix RTS Jeune public 2018受賞。
 TOHorror映画祭(伊)2018出品。
 札幌国際短編映画祭2018出品。審査員スペシャル・メンション受賞。
 ウプサラ国際短編映画祭2018出品。
 テヘラン国際短編映画祭2018インターナショナル・コンペティション部門出品。

画像

 ・“Raymonde Ou L'évasion Verticale(Raymonde or the vertical escape)”(仏/16min) 監督:サラ・ヴァン=デン=ブーム(Sarah Van Den Boom)
 物語:Raymondeは、本当にエンドウ豆、アブラムシ、汚れたパンティー、キッチンガーデンにはうんざりしている。結局のところ、彼女はセックスと愛と空の巨大さを好むのだろう。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2018 短編コンペティション部門出品。
 パームスプリング国際短編映画祭2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ヴィラ・ド・コンデ国際短編映画祭2018出品。アニメーション大賞受賞。
 ロード・アイランド国際映画祭2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 オーデンセ国際映画祭2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ナミュール・フランス語映画国際映画祭(FIFF)2018出品。
 Anim'Est (仏) 2018出品。
 Krok国際アニメーションフェスティバル2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 プチョン国際アニメーション映画祭(BIAF)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 バリャドリッド国際映画祭2018出品。
 ウプサラ国際短編映画祭2018出品。
 リーズ国際映画祭2018ワールド・アニメーション・コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。

画像

 ・『リランズ』“Reruns(『Reruns』)”(仏・オランダ・ベルギー/14min) 監督:ロスト(Rosto)
 物語:すべてが違っていて、実際には何も変わっていない。記憶と夢が詰まった水中迷宮をたどる旅。
 クレルモンフェラン国際短編映画祭2018出品。視覚効果賞(Prix des effets visuels Allegorithmic)受賞。
 ファンタスポルト国際映画祭2018出品。
 タンペレ映画祭2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 REGARD sur le court-métrage au Saguenay (カナダ)2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 Lyon Festival Hallucinations Collectives 2018出品。
 シュトゥットガルト国際アニメーションフェスティバル2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2018 グランド・コンペティション短編部門出品。
 エジンバラ国際映画祭2018出品。
 サンパウロ国際短編映画祭2018出品。
 オーデンセ国際映画祭2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 Anim'Est (仏) 2018出品。
 Animatou 国際アニメーションフェスティバル・イン・ジュネーヴ2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 TOHorror映画祭(伊)2018出品。
 札幌国際短編映画祭2018出品。
 Filmets(西)2018出品。
 プチョン国際アニメーション映画祭(BIAF)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 Interfilmベルリン国際短編映画祭2018出品。
 新千歳空港国際アニメーション映画祭2018インターナショナル・コンペティション部門出品。

画像

 ・『悪い子』“Wicked Girl (Kotu Kiz /Vilaine fille)”(仏・トルコ/8min) 監督:アイス・カルタル(Ayce Kartal)
 物語:Sは、8歳のトルコ人の少女で、豊かなイマジネーションを持っている。彼女は、自然と動物を愛している。病院のベッドから、彼女は、おばあちゃんの村で過ごした幸福な時を振り返る。だが、何か暗く恐ろしい記憶がよぎる。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。審査員賞受賞。
 ソウル国際カトゥーン&アニメーションフェスティバル2018インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。
 Message to Man 国際映画祭(ロシア)2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。最優秀アニメーション賞受賞。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2017短編コンペティション部門出品。カトゥーン・ネットワーク賞受賞。
 アダナ映画祭2017出品。最優秀アニメーション賞(Golden Boll)受賞。
 Animatou 国際アニメーションフェスティバル・イン・ジュネーヴ2017インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ウプサラ国際短編映画祭2017出品。
 エレバン国際アニメーション映画祭(ReAnimania)2017インターナショナル・コンペティション部門出品。
 リーズ国際映画祭2017 出品。最優秀短編アニメーション賞受賞。
 セントルイス国際映画祭2017出品。最優秀インターナショナル・ショーツ受賞。
 シウダッド・デ・ソリア国際短編映画祭(西)2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ヒホン国際映画祭2017出品。
 テッサロニキ国際短編映画祭(TISFF)2017出品。
 アンジェ・ファースト・フィルム・フェスティバル2018出品。
 クレルモンフェラン国際映画祭2018 ナショナル・コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 Anima(ベルギー)2018インターナショナル・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 タンペレ映画祭2018出品。Diploma of Merit、Jinzhenin映画祭特別賞受賞。
 トルコ映画批評家協会賞(SiYAD Awards)2018 短編映画賞受賞。
 ファーゴ映画祭2018出品。最優秀アニメーション・オナラブル・メンション受賞。
 香港国際映画祭2018 短編コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 アスペン短編映画祭2018出品。
 クリーヴランド国際映画祭2018出品。
 イスタンブール国際映画祭2018 ナショナル短編コンペティション部門出品。国際批評家連盟賞受賞。
 シュトゥットガルト国際アニメーションフェスティバル2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 パームスプリング国際短編映画祭2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ロード・アイランド国際映画祭2018出品。
 Krok国際アニメーションフェスティバル2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 アデレード映画祭2018出品。
 Filmets(西)2018出品。最優秀アニメーション賞受賞。
 イスタンブール国際短編映画祭2018出品。


--------------------------------

 セザール賞の短編アニメーション賞は、正式にアニメーション賞から独立して5年目で、2014年は2本がノミネーションに選ばれ、2015年以降は4本がノミネーションに選ばれることになっています。

 セザール賞の短編アニメーション賞は、必ずしも国際的に評価が高い作品が選ばれやすいということもないようで、予想はなかなか難しいですね。
 昨年度は、フランス作品から『ガーデン・パーティー』と『ネガティブ・スペース』が、米国アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされていますが、セザール賞では『ネガティブ・スペース』がオフィシャル・セレクションに選ばれたものの、ノミネートはされず、『ガーデン・パーティー』はオフィシャル・セレクションにすら選ばれませんでした。

 どうもセザール賞は、『ガーデン・パーティー』みたいなタイプの作品は嫌いみたいで、本年度も、シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2017 短編アニメーション賞やSIGGRAPH2018 最優秀作品賞(Best in Show)を受賞している“Hybrids”をオフィシャル・セレクションから落としたりしています。(エントリーすらしてないってことはないと思いますが。)

 本年度は、黒白映画が多いってこともありますが、ポスター・ヴィジュアルが暗めの作品が多いっていうこともちょっと気になります。

 これまでの受賞歴、ノミネート歴からすると、『悪い子』が圧倒的に多く、最近評判がいいのは『転落』“La Chute(The Fall)”ですが、だからと言ってこれらがノミネートされるという保証は全くありません。有望な作品、受賞歴が多い作品がノミネート段階で落とされるケースは昨年度も(これまでも)たくさんありますから。

 データ的には、クレルモンフェランやアヌシーの上映作品がノミネートされやすいということがありますが、そもそもオフィシャル・セレクションからして、クレルモンフェランやアヌシーの上映作品ばかり、だったりしますから。昨年度は、クレルモンフェラン国際短編映画祭上映作品から1本、アヌシー国際アニメーションフェスティバル上映作品から3本がノミネートに進み、受賞作もアヌシー国際アニメーションフェスティバル上映作品でした。
 本年度は、上記の中にクレルモンフェラン国際短編映画祭上映作品が4本、アヌシー国際アニメーションフェスティバル上映作品が半数の6本という具合になっています。

 第44回セザール賞は、2019年1月23日にノミネーションが発表され、2月22日に授賞式が行なわれる予定になっています。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓
 
  ↑ ↑ ↑ ↑
  クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・セザール賞2018 短編アニメーション賞 オフィシャル・セレクション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201709/article_36.html
 ・セザール賞2017 短編アニメーション賞 オフィシャル・セレクション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_51.html
 ・セザール賞2016 短編アニメーション賞 オフィシャル・セレクション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_14.html
 ・セザール賞2015 短編アニメーション賞 オフィシャル・セレクション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201410/article_10.html
 ・セザール賞2014 短編アニメーション賞 オフィシャル・セレクション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_28.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年10月~2019年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_5.html
 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年3月~9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_33.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック