ローマ映画祭2018 結果

 第13回ローマ映画祭(10月18日-10月28日)が閉幕しました。

画像

 ローマ国際映画祭からローマ映画祭へと体制が見直されて4年目、上映作品に贈られる賞が観客賞1つのみになって4年目です。

 本年度の観客賞は―

 ◆観客賞“BNL People’s Choice Award”
 ◎『堕ちた希望』“Il vizio della speranza”(伊) 監督:エドアルド・デ・アンジェリス(Edoardo De Angelis)
 出演:ピーナ・トゥルコ(Pina Turco)、マッシミリアーノ・ロッシ(Massimiliano Rossi)、マリナ・コンファロン(Marina Confalone)、クリスティーナ・ドナディオ(Cristina Donadio)、Marcello Romolo
 物語:ナポリ郊外にあるCastel Volturno。ここはイタリアでも治安が悪いことで知られている。マリアは、そこでその日暮らしのような生活をしている。夢も希望もなく、無慈悲で、宝石で着飾ることが好きな母親の世話が待っている。彼女の仕事は、子どもを孕ますために代理母を雇って、クライアントに引き渡すことだ。物おじしないピットブルを伴い、川を渡って妊婦たちを引き渡す。痛々しい、非道な運命へと。女たちのひとりが逃げたら、捜すのも彼女の役目だ。マリアは、まもなく、この仕事での自分の役目に関する一連の決断を迫られる。彼女には未来はないように思える。
 『切り離せないふたり』のエドアルド・デ・アンジェリス監督最新作。
 トロント国際映画祭2018 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 ハイファ国際映画祭2018出品。
 モンペリエ地中海映画祭2018 長編コンペティション部門出品。
 東京国際映画祭2018 コンペティション部門出品。


 ローマ映画祭の観客賞は、10月27日に発表になりましたが、『堕ちた希望』と監督と主演女優は、東京国際映画祭に出席するために、東京に滞在していたようです。

画像

--------------------------------

 【Facts and Figures】

 総上映回数:266 Screenings(前回268)
 上映本数:91 Films(前回106)
 レトロスペクティヴ&トリビュート(Retrospective and Tributes):31(前回23)
 出品国:30カ国(前回27)

 バッジ・ホルダー(Badge-holders)とチケット総売り上げ(Sold tickets)、総観客数(Total Audience including both Badge-holders and Tickets)に関しては、今回発表がありませんでした。総上映回数がわずかながらも減り、上映本数が約15%も減っている(スクリーンも1つ減った)となれば、観客数が減っても不思議ではありませんが、座席占有率(Seats filled)が6%増えた、と発表されています。

 メディア露出は、すべて「増」になっています。

 MEDIA COVERAGE
 + 1% 日刊新聞記事(Articles in national and local daily newspapers)
 + 2% オンライン記事(Online articles)
 + 1% TVニュース・レポート、TV・ラジオ番組(National and local TV news reports, TV and radio shows)
 + 13% Nインターナショナル・メディア・ニュース・ストーリー、レポート、レビュー(ews stories, reports and reviews on international media)

 SOCIAL
 + 12% Facebook
 + 13% Twitter
 + 48% Instagram
 + 30% YouTube Channel
 + 20% Voting spectators

--------------------------------

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award)
 ◎マーティン・スコセッシ プレゼンター:パオロ・タヴィアーニ

 [近年の名誉賞]
 2010年:ゴールデン・グローブ賞 セシル・B・デミル賞
 2012年:英国アカデミー賞 BAFTAフェローシップ
 2014年:トロント国際映画祭 第1回ゴールデン・サム賞(ロジャー・エバート トリビュート)
 2015年:リュミエール映画祭 第7回リュミエール賞
 2016年:第28回高松宮殿下記念世界文化賞 演劇・映像部門
 2016年:東京国際映画祭 第3回「SAMURAI賞」
 2018年:カンヌ国際映画祭 黄金の馬車賞
 2018年:アストゥリアス皇太子賞(スペイン) 芸術部門

画像

 ◎イザベル・ユペール プレゼンター:トニ・セルヴィッロ

画像

--------------------------------

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ローマ映画祭2017 結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_11.html
 ・ローマ映画祭2016 結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_7.html
 ・ローマ国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_25.html
 ・ローマ国際映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_20.html
 ・ローマ国際映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_13.html
 ・ローマ国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_30.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年10月~2019年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_5.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック