海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港国際映画祭2018 受賞結果!

<<   作成日時 : 2018/04/03 19:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第42回香港国際映画祭(第42届香港國際電影節/3月19日-4月5日)の受賞結果が発表になりました。

 今回の香港国際映画祭には、大きく分けて
 ・GALA部門
 ・シネフィル・パラダイス部門
 ・コンペティション部門
 ・Masters & Auteurs部門、ルクレシア・マルテルの魅惑的孤立(The Engaging Detachment of Lucrecia Martel)
 ・パン・チャイニーズ・シネマ:Hong Kong Panorama 2017-18、ブリジット・リン フィルムメイカーイン・フォーカス、チャイニーズ・シネマ・ナウ
 ・ワールド・シネマ:Global Vision、ニュー・デンマーク・シネマ(New Danish Cinema)、インディー・パワー
 ・ドキュメンタリー:Realuity Bites、A Dedicated Filmmaker :Hara Kazuo(疾走無韁 原一男)
 ・カレードスコープ:アジアン・カルト映画(I See It My Way)、ミッドナイト・ヒート、アニメーション・アンリミティッド、ポエトリー・イン・モーション、修復された古典作品
 ・フォーカス部門(テーマや人物の特集)
 で構成されています。

 コンペティション部門には、ヤング・シネマ部門、ドキュメンタリー部門、短編映画部門の3つがあります。

 フォーカス部門(Focuses)の今回の特集は
 ・ヴェルナー・ヘルツォークのエクスタシックな真実(The Ecstasic Truth of Werner Herzog)
 『アギーレ/神の怒り』、『カスパー・ハウザーの謎』、『ノスフェラトゥ』、『フィツカラルド』
 ・フィリピン・ニュー・ウェーヴの天才:イシュマエル・ベルナール(The Genius of Filipino New Wave:Ishmael Bernal)
 “At the Top(Pagdating sa Dulo)”(1971)、“You are Mine(Ikaw ay Akin)”(1978)、“Miracle(Himala)”(1982)

 ルクレシア・マルテルの特集(The Engaging Detachment of Lucrecia Martel)は、
 『沼地という名の町』“La Ciénaga” (2001)、“La niña santa(The Holy Girl)”(2004)、『頭のない女』“La mujer sin cabeza”(2008)、『サマ』“Zama”(2017)

 パン・チャイニーズ・シネマ部門のブリジット・リンの特集(Brigitte Lin Ching-Hsia ,Filmmaker in Focus)は、
 『古鏡幽魂』“Ghost of the Mirror(古镜幽魂)”(1974)、“The Cloud of Romance(我是一片云)”(1977)、“The Dream of the Red Chamber(金玉良缘红楼梦)”(1977)、“Love Massacre(爱杀)”(1981)、“All the Wrong Spies(我爱夜来香)”(1983)、『キラーウルフ/白髪魔女伝』(1993)、『恋する惑星』(1994)、『楽園の瑕 終極版』(2008)

 ドキュメンタリー部門の原一男の特集(A Dedicated Filmmaker :Hara Kazuo(疾走無韁 原一男))は
 『極私的エロス 恋歌1974』、『ゆきゆきて、神軍』、『ニッポンVS泉南石綿村』

 今回のコンペティション部門の受賞結果は以下の通りです。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【ヤング・シネマ・コンペティション部門】

 ・“Daughter of Mine (Figlia mia)”(伊・独・スイス) 監督:ラウラ・ビスプリ(Laura Bispuri) [アジア・プレミア]
 ・“Styx”(独・オーストリア) 監督:Wolfgang Fischer [インターナショナル・プレミア]
 ・“Pity”(ギリシャ) 監督:Babis Makridis [アジア・プレミア]
 ・『天使は白をまとう』“嘉年華(Angels Wear White)”(中・仏) 監督:ヴィヴィアン・チュイ(文晏/Vivian Qu)
 ・“Girls Always Happy(柔情史)”(中) 監督:Yang Mingming(楊明明) [アジア・プレミア]
 ・“Wangdrak's Rain Boots (Wang Zha de Yuxue/旺扎的雨靴)”(中) 監督:Lhapal Gyal(拉華加) [アジア・プレミア]
 ・“Last Child (Salanameun Ayi)”(韓) 監督:Shin Dong-seok
 ・『あみこ』“Amiko”(日) 監督:山中瑶子

 ※審査員:諏訪敦彦、マニ・ハギギ、ケント・ジョーンズ、セシリア・イップ

画像

 ◆グランプリ(Firebird Award/火鳥大獎)
 ◎“Girls Always Happy(柔情史)”(中) 監督:Yang Mingming(楊明明)
 物語:ウーは、20代半ばで、母と一緒に、北京の胡同で伝統的な一階建ての家に住んでいる。ウーも母親も書くことで生計を立てたいと思っているが、成功には程遠い。母親は、結婚からお金、テーブル・マナーに至るまで、いちいち娘に言わなければ気が済まない。一方、ウーの方も、母親の過去の選択を許すことはできず、もっとまともな場所に引っ越しすることができたはずだという思いがある。また、ウーは、年上で離婚歴のある男性に支えてもらっていて、そのおかげで2人が暮らせているということもある。2人は、食事の時以外、口ゲンカばかりしているが、実はよく似ていて、すぐにカッとなる一方で、あっという間にわかり合ったりもできる。そんな2人に転機が訪れる……。
 “Screen”には、『レディ・バード』に対する中国からのアンサーだと指摘されている。
 ベルリン国際映画祭2018 パノラマ部門出品。

画像

 ◆審査員賞
 ◎“Daughter of Mine (Figlia mia)”(伊・独・スイス) 監督:ラウラ・ビスプリ(Laura Bispuri)
 出演:ヴァレリア・ゴリーノ、アルバ・ロルヴァケル、Sara Casu、ウド・キアー
 物語:ひとりの娘が、2人の母親に引き裂かれる。一方は、愛情を持って娘を育てた母親であり、もう一方は、娘を生んだ母親で、娘を取り戻したくなったのだ。3人の女性は、根源的な感情と闘い、心の傷や切り離せない絆と向き合う。
 ラウラ・ビスプリは、2014年に『処女の誓い』でグランプリ受賞。
 第2監督長編。
 ベルリン国際映画祭2018 コンペティション部門出品。
 トライベッカ映画祭2018出品。

画像

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“Girls Always Happy(柔情史)”(中) 監督:Yang Mingming(楊明明)

画像

 【ドキュメンタリー・コンペティション部門】

 ・“Lots of Kids, a Monkey and a Castle”(西) 監督:グスタボ・サルメロン(Gustavo Salmerón) [アジア・プレミア]
 ・“Young Solitude (Premieres Solitudes)”(仏) 監督:クレア・シモン(Claire Simon) [アジア・プレミア]
 ・“Eldorado”(スイス・独) 監督:マークス・イムホーフ(Markus Imhoof) [アジア・プレミア]
 ・“The Other Side of Everything (Druga strana svega)”(セルビア・仏・カタール) 監督:Mila Turajlic
 ・“The Distant Barking of Dogs”(デンマーク・スウェーデン) 監督:Simon Lereng Wilmont [アジア・プレミア]
 ・“Mama(羅長姐)”(中) 監督:Jin Xingzheng(金行征)
 ・『港町』“Inland Sea”(日) 監督:想田和弘 [アジア・プレミア]
 ・『愛と法 OF LOVE & LAW』“Of Love & Law”(日・英・仏) 監督:戸田ひかる [インターナショナル・プレミア]

画像

 ※審査員:Anand Patwardhan(インドのドキュメンタリー監督)、Peter Yung(香港の写真家、監督、プロデューサー、撮影監督)、Ken Smith(アジアン・パフォーミング・アート批評家)

 ◆グランプリ(Firebird Award/火鳥大獎)
 ◎『愛と法 OF LOVE & LAW』“Of Love & Law”(日・英・仏) 監督:戸田ひかる
 「カズとフミは大阪の下町で一緒に法律事務所を営む弁護士“夫夫”。出会って15年。仕事も生活も常に二人三脚のふたりは、法律上は他人同士。そんな彼らのもとには日本全国から生きづらさを抱えた人々がやってくる。LGBT、養護が必要な子供たち、無戸籍者、突然逮捕されたアーティスト、「君が代」不起立を貫く学校教師…。ふたり自身も、いつかは人の親になりたいという夢に向かって試行錯誤を続けていた。そんなある日、居場所を失った少年をしばらく預かることになり…。欧州で長年活動していた戸田監督は、偶然出会ったふたりに惚れ込み、大阪へ移住。国際共同制作による外からの視点を巧みに使いながら、日本社会の現実を鮮やかに描き出す。」(東京国際映画祭)
 ※東京国際映画祭で上映された時はなかった漢字のタイトルが新たに加えられたようです。
 東京国際映画祭2017 日本映画スプラッシュ部門出品。作品賞受賞。
 日本映画のドキュメンタリー賞受賞は、2013年の『先祖になる』、2011年の『ピース Peace』、2009年の『精神』、2008年の『靖国 YASUKUNI』以来。

画像

画像

 ◆審査員賞
 ◎“The Distant Barking of Dogs”(デンマーク・スウェーデン) 監督:Simon Lereng Wilmont
 紛争の最前線となっているウクライナの東部。10歳の少年オレグの目を通して見た1年が映し出される。Hnutoveの小さな町に、オレグは、大好きなおばあちゃんアレクサンドラと一緒に暮らしている。オレグとアレクサンドラにはどこか引っ越すことができるようなあてもなく、他の村人が去っていくのを見送るしかない。生活はどんどん厳しくなり、紛争は終わる気配がない。いまではこの半ば荒涼とした村で、2人にとって、本当に変わらぬものと言えば、お互いしかない。本作では、この2人の親密な関係が、生き延びるために、いかに脆弱であり、それでいてとても大切なものであるかを示す。オレグの視線を通して、紛争地帯で成長することの意味を問う。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2017出品。First Appearance Award受賞。
 ヨーテボリ国際映画祭2018 ノルディック・ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。ドラゴン賞/最優秀ノルディック・ドキュメンタリー賞受賞。
 Docpoint ペルシンキ2018出品。
 !fイスタンブール・インディペンデント映画祭2018出品。
 テッサロニキ国際ドキュメンタリー映画祭2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ヴィリニュス国際映画祭2018出品。
 CPH:DOX 2018出品。
 サンフランシスコ国際映画祭2018出品。


 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Mama(羅長姐)”(中) 監督:Jin Xingzheng(金行征)
 羅長姐(Luo Zhangjie)は、88歳で、未だにじゃがいもを植え、とうもろこしやハーブを育て、ブタを飼っている。息子のQi Caizhengは、1974年に兵役に就いて、髄膜炎にかかり、記憶を失い、自分で服を着たり脱いだりもできず、入浴もできなくなってしまった。以来、40年、ずっと母親が彼の面倒を見ている。いま彼女は右目が見えなくなり、右腕も息子のせいで折れてしまった。息子が投げつけた茶碗は数えきれないし、壊した茶碗も多い。それでも、40年間、彼女は不満も言わず息子の面倒を見ている。
 西湖国際ドキュメンタリー映画祭2017出品。
 西寧FIRST国際映画祭2017出品。
 台湾・金馬奨2018 ドキュメンタリー賞ノミネート。

画像

画像

 【短編コンペティション部門】

画像

 ◆グランプリ(Firebird Award/火鳥大獎)
 ◎『悪い子』“Wicked Girl (Kotu Kiz /Vilaine fille)”(仏・トルコ) 監督:アイス・カルタル(Ayce Kartal)
 物語:Sは、8歳のトルコ人の少女で、豊かなイマジネーションを持っている。彼女は、自然と動物を愛している。病院のベッドから、彼女は、おばあちゃんの村で過ごした幸福な時を振り返る。だが、何か暗く恐ろしい記憶がよぎる。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。審査員賞受賞。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2017短編コンペティション部門出品。カトゥーン・ネットワーク賞受賞。
 リーズ国際映画祭2017 出品。最優秀短編アニメーション賞受賞。
 セントルイス国際映画祭2017出品。最優秀インターナショナル・ショーツ受賞。
 アンジェ・ファースト・フィルム・フェスティバル2018出品。
 クレルモンフェラン国際映画祭2018 ナショナル・コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 トルコ映画批評家協会賞(SiYAD Awards)2018 短編映画賞受賞。
 ファーゴ映画祭2018出品。最優秀アニメーション・オナラブル・メンション受賞。


 ◆審査員賞
 ◎“The Burden(Min Börda)”(スウェーデン) 監督:Niki Lindroth von Bahr
 物語:大きなハイウェイ沿いのショッピングセンター、長期滞在型ホテル、コールセンター、ハンバーガー・レストランと、4幕ものの黙示録的なミュージカルが繰り広げられる。
 ヨーテボリ国際映画祭2017 最優秀短編映画賞受賞。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 ヴィラ・ド・コンド国際短編映画祭2017 アニメーション部門グランプリ。
 メルボルン国際映画祭2017出品。最優秀短編アニメーション賞受賞。
 サラエボ映画祭2017 ヨーロッパ短編部門出品。
 ファントーシュ国際アニメーションフェスティバル2017出品。第1回作品賞受賞。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。最優秀インターナショナル短編映画賞受賞。
 ファンタスティック・フェスト2017 出品。ファンタスティック・ショート部門最優秀作品賞受賞。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2017出品。
 ワルシャワ国際映画祭2017 観客賞短編映画部門 第2席。
 シカゴ国際映画祭2017 観客フェイバリッツ受賞。
 AFIフェスト2017 審査員賞 短編アニメーション部門受賞。
 ヨーロッパ・アニメーション賞2017 短編アニメーション賞受賞。
 スウェーデン・アカデミー賞2018 短編映画賞受賞。


 【観客賞】(Audience Choice Award)

 ◎“An Elephant Sitting Still(大象席地而坐)”(中) 監督:Hu Bo(胡波)
 物語:中国北部の都市、満州里市。ここには、じっと座って世界を無視している象がいるという。本作は、負のスパイラルから逃げ出したいと考えている群像劇で、満州里市は、この映画の登場人物たちのオブセッションになる。Buは、前に彼をいじめていたShuaiを階段から突き落として、逃げてしまった。BuのクラスメイトのLingは、母親から逃れて教師とつき合っている。Shuaiの兄Chengは、友人の自殺に責任を感じている。Mr. Wangは、囚人で、息子は、彼を家に連れ戻したいと考えている。朝から次の日の夜明けまで、満州里市へ向かう列車が出発するまでの物語。230分。
 監督のHu Boは、本作で映画監督デビューする前に小説でセンセーションを起こしている。本作の完成後、2017年10月12日、29歳で自殺した。
 ベルリン国際映画祭2018 フォーラム部門出品。第1回作品賞スペシャル・メンション、国際批評家連盟賞受賞。
 ニュー・ディレクターズ/ニュー・フィルムズ2018出品。

 監督に代わり、監督の母親が登壇した。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【PHOTO GALLERY】

 ・『あみこ』

画像

 ・原一男

画像

 ・『リバーズ・エッジ』

画像

 ・『少女邂逅』

画像

画像

 ・Accidental Injuryのために映画祭入りできなくなった香川京子からの手紙
画像

 ・ブリジット・リン

画像

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・香港国際映画祭2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_35.html
 ・香港国際映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_2.html
 ・香港国際映画祭2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201505/article_6.html
 ・香港国際映画祭2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201404/article_9.html
 ・香港国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_18.html
 ・香港国際映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201204/article_12.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年3月〜9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_33.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
香港国際映画祭2018 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる