アジア映画賞2018 ノミネーション!

 第12回アジア映画賞(アジア・フィルム・アワード/亞洲電影大獎)のノミネーションが発表になりました。(1月11日)

画像

 ◆作品賞(最佳電影)
 ・『天使は白をまとう』“嘉年華(Angels Wear White)”(中・仏) 監督:ヴィヴィアン・チュイ(文晏/Vivian Qu)
 ・“Newton”(インド) 監督:Amit V. Masurkar
 ・“The Day After”(韓) 監督:ホン・サンス
 ・『三度目の殺人』(日) 監督:是枝裕和
 ・”芳華(Youth)”(中) 監督:フォン・シャオガン

 『天使は白をまとう』は、ベネチア国際映画祭2017 コンペティション部門出品。台湾・金馬奨2017 作品賞ノミネート、監督賞受賞。アジア太平洋スクリーン・アワード2017 作品賞ノミネート。マカオ国際映画祭2017 NETPAC賞受賞。
 “Newton”は、ベルリン国際映画祭2017 フォーラム部門出品、C.I.C.A.E.賞受賞。香港国際映画祭2017 ヤング・シネマ・コンペティション部門出品、審査員賞受賞。米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 インド代表。
 “The Day After”は、カンヌ国際映画祭2017 コンペティション部門出品。釜日映画賞2017作品賞ノミネート。釜山映画評論家協会賞2017 大賞受賞。
 『三度目の殺人』は、ベネチア国際映画祭2017 コンペティション部門出品。
 “芳華(Youth)”は、トロント国際映画祭2017 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。

 ◆監督賞(最佳導演)
 ・チェン・カイコー 『空海 KU-KAI~妖貓傳』(香港・中・日)
 ・シルヴィア・チャン 『相愛相親』“相愛相親”(中・台湾)
 ・アン・ホイ “明月幾時有(Our Time Will Come)”(香港・中)
 ・ホン・サンス “The Day After”(韓)
 ・石井裕也 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(日)
 ・フォン・シャオガン “芳華(Youth)”(中)

 チェン・カイコーとシルヴィア・チャンは、初ノミネート。
 アン・ホイは、2015年に『黄金時代』で監督賞受賞。2012年にアジア映画終身成就賞受賞。
 ホン・サンスは、2007年に『浜辺の女』で監督賞ノミネート。2010年に『よく知りもしないくせに』で脚本賞ノミネート。2015年に『自由が丘で』で監督賞ノミネート。
 石井裕也は、2008年にエドワード・ヤン新人賞受賞。2014年に『舟を編む』で作品賞ノミネート。
 フォン・シャオガンは、2009年に『狙った恋の落とし方。』で監督賞ノミネート。2011年に『唐山大地震』で作品賞・監督賞ノミネート。2016年に『ロクさん』で主演男優賞ノミネート、10周年特別大賞受賞。2017年に『わたしは潘金蓮じゃない』で監督賞ノミネート、作品賞受賞。

 台湾・金馬奨2017では、シルヴィア・チャンとアン・ホイが監督賞ノミネート。
 ホン・サンスは、釜日映画賞2017 監督賞ノミネート。

 ◆主演男優賞(最佳男主角)
 ・キム・ユンソク “1987:When the Day Comes”(韓)(監督:チャン・ジュンファン)
 ・スコラワット・カナロット(Sukollawat Kanarot) “Malila: The Farewell Flower”(タイ)(監督:アヌチャー・ブンヤワッタナ(Anucha Boonyawatana))
 ・ラージクマール・ラーオ(Rajkummar Rao) “Newton”(インド)
 ・ルイス・クー “殺破狼.貪狼(Paradox)”(香港)(監督:ウィルソン・イップ)
 ・ドアン・イーホン(段奕宏) 『迫り来る嵐』“暴雪將至(The Looming Storm)”(中)(監督:ドン・ユエ(董越))

 全員初ノミネート。

 ラージクマール・ラーオは、アジア太平洋スクリーン・アワード2017男優賞ノミネート。
 ドアン・イーホンは、東京国際映画祭2017男優賞受賞。

 ◆主演女優賞(最佳女主角)
 ・蒼井優 『彼女がその名を知らない鳥たち』(日)
 ・シルヴィア・チャン 『相愛相親』“相愛相親”(中・台湾)
 ・Marsha Timothy 『殺人者マルリナ』“Marlina the Murderer in Four Acts”(インドネシア・仏・マレーシア・タイ)(監督:モーリー・スリヤ)
 ・キム・ミニ “The Day After”(韓)
 ・チョウ・ドンユィ(周冬雨) 『こんなはずじゃなかった!』”喜歡.你(This Is Not What I Expected)”(香港・中)(監督:デレク・ホイ)

 蒼井優は、4年ぶり4回目のノミネートで、2014年に『東京家族』で助演女優賞ノミネート。2011年に『おとうと』で助演女優賞ノミネート。2009年に『人のセックスを笑うな』で助演女優賞ノミネート。
 チョウ・ドンユィは、2011年に『サンザシの樹の下で』で助演女優賞ノミネート。

 台湾・金馬奨2017では、シルヴィア・チャンが主演女優賞ノミネート。

 ◆助演男優賞(最佳男配角)
 ・ユ・ヘジン 『タクシー運転手~約束は海を越えて~』(韓)(監督:チャン・フン)
 ・耿樂(Geng Le) 『天使は白をまとう』“嘉年華(Angels Wear White)”(中・仏)
 ・田壮壮 『相愛相親』“相愛相親”(中・台湾)
 ・エディ・ポン(彭于晏) “明月幾時有(Our Time Will Come)”(香港・中)
 ・ヤン・イクチュン 『あゝ、荒野』(日)

 ユ・ヘジンは、2011年に『黒く濁る村』で助演男優賞ノミネート。

 ユ・ヘジンは、韓国映画評論家協会賞2017受賞。青龍映画賞2017ノミネート。
 台湾・金馬奨2017では、田壮壮は主演男優賞にノミネート。

 ◆助演女優賞(最佳女配角)
 ・チェ・ヒソ “Anarchist from Colony(박열/朴烈)”(韓)(監督:イ・ジュンイク)
 ・杉咲花 『無限の住人』(日)
 ・キティ・チャン 『空海 KU-KAI~妖貓傳』(香港・中・日)
 ・吳彥姝(Wu Yanshu) 『相愛相親』“相愛相親”(中・台湾)
 ・広瀬すず 『三度目の殺人』(日)

 全員初ノミネート。

 チェ・ヒソは、釜日映画賞2017 新人女性演技賞受賞。大鐘賞2017新人女優賞受賞。韓国映画評論家協会賞2017新人女優賞受賞。青龍映画賞2017新人女優賞受賞。釜山映画評論家協会賞2017新人女性演技者賞受賞。
 台湾・金馬奨2017では、吳彥姝が助演女優賞ノミネート。

 ◆脚本賞(最佳編劇)
 ・ファン・ソング “Anarchist from Colony(박열/朴烈)”(韓)
 ・ナタウット・プーンピリヤ 『頭脳ゲーム』“Bad Genius”(タイ)(監督:ナタウット・プーンピリヤ)
 ・シルヴィア・チャン、游曉穎(You Xiaoying) 『相愛相親』“相愛相親”(中・台湾)
 ・Amit V. Masurkar “Newton”(インド)
 ・厳歌苓(Yan Geling/ゲリン・ヤン) “芳華(Youth)”(中)

 厳歌苓(Yan Geling/ゲリン・ヤン)は、2012年に“金陵十三釵”でノミネート。

 “Anarchist from Colony(박열/朴烈)”は、釜日映画賞ノミネート。大鐘賞2017ノミネート。韓国映画評論家協会賞2017受賞。青龍映画賞2017ノミネート。
 台湾・金馬奨2017では、『相愛相親』がオリジナル脚本賞に、“芳華(Youth)”が脚色賞にノミネート。
 “Newton”は、アジア太平洋スクリーン・アワードでも脚本賞ノミネート。

 ◆撮影賞(最佳攝影)
 ・曹郁(ツァオ・ユイ/Cao Yu) 『空海 KU-KAI~妖貓傳』(香港・日・中)
 ・ユヌス・パソラン(Yunus Pasolang) 『殺人者マルリナ』 “Marlina the Murderer in Four Acts”(インドネシア・仏・マレーシア・タイ)
 ・キム・ジヨン “南漢山城(The Fortress/남한산성)”(韓)(監督:ファン・ドンヒョク)
 ・中島長雄(チョン・モンホン) 『大仏+』“大佛普拉斯”(台湾)(監督:ホアン・シンヤオ(Huang Hsin-Yao(黃信堯)))
 ・瀧本幹也 『三度目の殺人』(日)

 曹郁(ツァオ・ユイ/Cao Yu)は、2010年にCity Of Life And Death/南京! 南京!”で受賞。
 キム・ジヨンは、2017年に『密偵』でノミネート。

 “南漢山城(The Fortress/남한산성)”は、韓国映画評論家協会賞2017受賞。青龍映画賞2017ノミネート。
 中島長雄は、台湾・金馬奨2017受賞。

 ◆編集賞(最佳剪接)
 ・リー・ニエンシウ(李念修) 『怪怪怪怪物!』“報告老師!怪怪怪怪物!”(台湾)(監督:ギデンズ・コー)
 ・雪美蓮(Mary Stephen)、コン・チーリョン(鄺志良) “明月幾時有(Our Time Will Come)”(香港・中)
 ・シン・ミンギョン 『ザ・キング』(韓)(監督:ハン・ジェリム)
 ・是枝裕和 『三度目の殺人』(日)
 ・張琪(Zhang Qi) “芳華(Youth)”(中)

 コン・チーリョンは、2010年に『盗聴犯〜死のインサイダー取引〜』でノミネート。2015年に『黄金時代』でノミネート。
 シン・ミンギョンは、2013年に『10人の泥棒たち』でノミネート。2014年に『監視者たち』で受賞。
 是枝裕和は、2009年に『歩いても 歩いても』で監督賞受賞。2014年に『そして父になる』で監督賞ノミネート。2016年に『海街diary』で監督賞ノミネート。

 “明月幾時有(Our Time Will Come)”は、台湾・金馬奨2017ノミネート。
 シン・ミンギョンは、大鐘映画賞2017受賞。青龍映画賞2017受賞。

 ◆美術賞(最佳美術指導)
 ・イ・モグォン(Lee Mok-won) “Along With the Gods: The Two Worlds”(韓)(監督:キム・ヨンファ)
 ・屠楠(Nan Tu)、陸葦(Lu Wei) 『空海 KU-KAI~妖貓傳』(香港・日・中)
 ・Frans Paat 『殺人者マルリナ』“Marlina the Murderer in Four Acts”(インドネシア・仏・マレーシア・タイ)
 ・種田陽平 『三度目の殺人』(日)
 ・ベン・ルク(陸文華/Ben Luk) 『こんなはずじゃなかった!』”喜歡.你(This Is Not What I Expected)”(香港・中)

 種田陽平は、2009年に『ザ・マジックアワー』でノミネート。2012年に『セデック・バレ』でノミネート。

 ◆衣裳デザイン賞(最佳造型設計)
 ・シム・ヒョンソプ(Shim Hyun-sup) “Anarchist from Colony(박열/朴烈)”(韓)
 ・Rama Rajamouli、Prashanti Tipirineni 『バーフバリ 王の凱旋』(インド)
 ・前田勇弥 『無限の住人』(日)
 ・チェン・トンシュン(陳同勛/Chen Tongxun) 『空海 KU-KAI~妖貓傳』(香港・日・中)
 ・シャーリー・チャン(陳顧方/Shirley Chan) “奇門遁甲(The Thousand Faces of Dunjia)”(香港・中)(監督:ユエン・ウーピン)

 全員初ノミネート。

 “Anarchist from Colony(박열/朴烈)”は、大鐘賞2017ノミネート。青龍映画賞2017ノミネート。

 ◆視覚効果賞(最佳視覺效果)
 ・Jin Jong-hyun “Along With the Gods: The Two Worlds”(韓)
 ・Ankur Sachdev 『バーフバリ 王の凱旋』(インド)
 ・小林真吾 『銀魂』(日)
 ・石井教雄 『空海 KU-KAI~妖貓傳』(香港・日・中)
 ・ホアン・メイチン(黃美青/Huang Mei-ching)、パオ・チェンシュン(包正勳/Pao Cheng-hsun) 『怪怪怪怪物!』“報告老師!怪怪怪怪物!”(台湾)
 ・張誠浩(Jang Seong-ho)、朴英秀(Park Young-soo)、孫五亨(Son Ohh-young) “奇門遁甲(The Thousand Faces of Dunjia)”(香港・中)

 全員初ノミネート。

 『怪怪怪怪物!』は、台湾・金馬奨2017ノミネート。

 ◆音響賞(最佳音響)
 ・王鋼(Wang Gang) “繡春刀 II:修羅戰場(Brotherhood of Blades II: The Infernal Battlefield)”(中)
 ・Khikmawan Santosa 『殺人者マルリナ』“Marlina the Murderer in Four Acts”(インドネシア・仏・マレーシア・タイ)
 ・ドゥ・ドゥチー(杜篤之)、ウー・シューヤオ(吳書瑤)、杜均堂(Tu Chun-tang) 『怪怪怪怪物!』“報告老師!怪怪怪怪物!”(台湾)
 チョ・テヨン(Choi Tae-young) “南漢山城(The Fortress/남한산성)”(韓)
 ・ドゥ・ドゥチー(杜篤之)、ウー・シューヤオ(吳書瑤) 『大仏+』“大佛普拉斯”(台湾)

 ドゥ・ドゥチーとウー・シューヤオは、2016年に『黒衣の刺客』で受賞。今回、2作品でノミネート。

 『怪怪怪怪物!』は、台湾・金馬奨2017受賞。
 『大仏+』は、台湾・金馬奨2017ノミネート。

 ◆オリジナル音楽賞(最佳原創音樂)
 ・Jo Young-wook(チョ・ヨンウク) 『タクシー運転手~約束は海を越えて~』(韓)
 ・文子(Wen Zi) 『天使は白をまとう』“嘉年華(Angels Wear White)”(中・仏)
 ・久石譲 “明月幾時有(Our Time Will Come)”(香港・中)
 ・リン・シェンシアン(林生祥/Lin Sheng-xiang) 『大仏+』“大佛普拉斯”(台湾)
 ・岩代太郎 『あゝ、荒野』(日)

 久石譲は、2009年に『崖の上のポニョ』で受賞。2015年に『弾丸と共に去りぬ -暗黒街の逃亡者-』でノミネート。

 Jo Young-wook(チョ・ヨンウク)は、大鐘賞2017ノミネート。青龍映画賞2017受賞。
 『大仏+』は、台湾・金馬奨2017受賞。
 “明月幾時有(Our Time Will Come)” は、台湾・金馬奨2017ノミネート。

 ◆新人賞(最佳新演員)
 ・周美君(Zhou Meijun) 『天使は白をまとう』 “嘉年華(Angels Wear White)”(中・仏)
 ・Chutimon Chuengcharoensukying 『頭脳ゲーム』 “Bad Genius”(タイ)
 ・ユナ 『コンフィデンシャル/共助』(韓)(監督:キム・ソンフン)
 ・凌文龍(Ling Man-lung) “黃金花”(香港・中)(監督:陳大利)
 ・木下あかり 『あゝ、荒野』(日)
 ・鍾楚曦(Zhong Chuxi) “芳華(Youth)”(中)

 ユナは、大鐘賞2017ノミネート。青龍映画賞2017ノミネート。
 鍾楚曦(Zhong Chuxi)は、台湾・金馬奨2017ノミネート。

 ◆新人監督賞(最佳新導演) [新設]
 ・ヴィヴィアン・チュイ(文晏/Vivian Qu) 『天使は白をまとう』“嘉年華(Angels Wear White)”(中・仏)
 ・アヌチャー・ブンヤワッタナ(Anucha Boonyawatana) “Malila: The Farewell Flower”(タイ)
 ・ホアン・シンヤオ(Huang Hsin-Yao(黃信堯)) 『大仏+』“大佛普拉斯”(台湾)
 ・ドン・ユエ(董越) 『迫り来る嵐』“暴雪將至(The Looming Storm)”(中)
 ・デレク・ホイ(許宏宇) 『こんなはずじゃなかった!』”喜歡.你(This Is Not What I Expected)”(香港・中)
 ・岸善幸 『あゝ、荒野』(日)

 ホアン・シンヤオは、台湾・金馬奨受賞。

 ◆アクション映画賞(最佳動作電影) [新設]
 ・“Along With the Gods: The Two Worlds”(韓)
 ・『無限の住人』(日)
 ・“繡春刀II:修羅戰場(Brotherhood of Blades II: The Infernal Battlefield)”(中)
 ・“殺破狼.貪狼(Paradox)”(香港)
 ・“奇門遁甲(The Thousand Faces of Dunjia)”(香港・中)

 ◆優秀アジア映画人賞(Excellence in Asian Cinema Award/卓越亞洲電影人大奨)
 ◎クララ・ワイ(惠英紅)

--------------------------------

 今回、新人監督賞とアクション映画賞の2部門が新設されています。

 また、形を変えつつずっと存続させていた公式サイトがなくなり、今回より、facebookが公式のサイトとなったようです。ノミネーションもfacebookでの発表(部門ごとに画像で発表)になりました。

 国別のノミネーション状況は以下の通り。

 ◆韓国 8作品 16ノミネート
 ・“The Day After”(3):作品・監督・主演女優
 ・“Anarchist from Colony(박열/朴烈)”(3):助演男優・脚本・衣裳
 ・“Along With the Gods: The Two Worlds”(3):美術・視覚効果・アクション
 ・『タクシー運転手~約束は海を越えて~』(2):助演男優・音楽
 ・“南漢山城(The Fortress/남한산성)”(2):撮影・音響
 ・“1987:When the Day Comes”(1):主演男優
 ・『ザ・キング』(1):編集
 ・『コンフィデンシャル/共助』(1):新人

 ◆日本 6作品+1/3 15ノミネート+6/3
 ・『空海 KU-KAI~妖貓傳』(香港・中・日)(6):監督・助演女優・撮影・美術・衣裳・視覚効果
 ・『三度目の殺人』(5):作品・助演女優・撮影・編集・美術
 ・『あゝ、荒野』(4):助演男優・音楽・新人・新人監督
 ・『無限の住人』(3):助演女優・衣裳・アクション
 ・『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(1):監督
 ・『彼女がその名を知らない鳥たち』(1):主演女優
 ・『銀魂』(1):視覚効果

 ◆中国 4作品+1/2×5+1/3 14ノミネート+6/3+5/2+4/2+3/2+3/2+1/2
 ・『空海 KU-KAI~妖貓傳』(香港・中・日)(6):監督・助演女優・撮影・美術・衣裳・視覚効果
 ・『天使は白をまとう』“嘉年華(Angels Wear White)”(中・仏)(5):作品・助演男優・音楽・新人・新人監督
 ・“芳華(Youth)”(5):作品・監督・脚本・編集・新人
 ・『相愛相親』(中・台湾)(5):監督・主演女優・助演男優・助演女優・脚本
 ・“明月幾時有(Our Time Will Come)”(香港・中)(4):監督・助演男優・編集・音楽
 ・『こんなはずじゃなかった!』”喜歡.你(This Is Not What I Expected)”(香港・中)(3):主演女優・美術・新人監督
 ・“奇門遁甲(The Thousand Faces of Dunjia)”(香港・中)(3):衣裳・視覚効果・アクション
 ・『迫り来る嵐』“暴雪將至(The Looming Storm)”(2):主演男優・新人監督
 ・“繡春刀 II:修羅戰場(Brotherhood of Blades II: The Infernal Battlefield)”(2):音響・アクション
 ・“黃金花”(香港・中)(1):新人

 ◆香港 1作品+1/2×4+1/3 2ノミネート+6/3+4/2+3/2+3/2+1/2
 ・『空海 KU-KAI~妖貓傳』(香港・中・日)(6):監督・助演女優・撮影・美術・衣裳・視覚効果
 ・“明月幾時有(Our Time Will Come)”(香港・中)(4):監督・助演男優・編集・音楽
 ・『こんなはずじゃなかった!』”喜歡.你(This Is Not What I Expected)”(香港・中)(3):主演女優・美術・新人監督
 ・“奇門遁甲(The Thousand Faces of Dunjia)”(香港・中)(3):衣裳・視覚効果・アクション
 ・“殺破狼.貪狼(Paradox)”(2):主演男優・アクション
 ・“黃金花”(香港・中)(1):新人

 ◆台湾 2作品+1/2 7ノミネート+5/2
 ・『相愛相親』(中・台湾)(5):監督・主演女優・助演男優・助演女優・脚本
 ・『大仏+』(4):撮影・音響・音楽・新人監督
 ・『怪怪怪怪物!』(3):編集・視覚効果・音響

 ◆タイ 2作品+1/3 4ノミネート+4/3
 ・『殺人者マルリナ』(インドネシア・仏・マレーシア・タイ)(4):主演女優・撮影・美術・音響
 ・“Malila: The Farewell Flower”(タイ)(2):主演男優・新人監督
 ・『頭脳ゲーム』(2):脚本・新人

 ◆インド 2作品 5ノミネート
 ・“Newton”(3):作品・主演男優・脚本
 ・『バーフバリ 王の凱旋』(2):衣裳・視覚効果

 ◆マレーシア 1/3作品 4/3ノミネート
 ・『殺人者マルリナ』(インドネシア・仏・マレーシア・タイ)(4):主演女優・撮影・美術・音響

 ◆インドネシア 1/3作品 4/3ノミネート
 ・『殺人者マルリナ』(インドネシア・仏・マレーシア・タイ)(4):主演女優・撮影・美術・音響

 ノミネートがあったのは9カ国でした。(前回と同じ)
 このうち上位4カ国と台湾、インドは常連国で、タイからは2年ぶり、インドネシアからは3年ぶり、マレーシアからは8年ぶりの選出となっています。

 そのほかのアジア諸国は―

 フィリピン、イラン、シンガポール:前回、選出あり
 カザフスタン:2014年を最後に選出なし
 イラク、トルコ、アフガニスタン:2013年を最後に選出なし
 スリランカ:2012年を最後に選出なし
 キルギスタン:2011年を最後に選出なし
 ベトナム:2009年を最後に選出なし

 というような選出状況になっています。

 アジア映画賞には、できるだけいろんな作品をノミネートさせようとか、過去にノミネートされたことのない人をノミネートさせようとか、1つの部門にできるだけ異なる国の作品をノミネートさせようとかという意図が窺われ、この部門にこの作品やこの人がノミネートされていてもよかったのでは?と思われる候補がいくつもあります。

 今回は、連覇がかかっている候補は1人もいませんが、フォン・シャオガンは、2016年に主演男優賞にノミネート、2017年に監督賞にノミネートされて、3年連続ノミネートになっています。

 複数のノミネートでは、
 シルヴィア・チャンが、監督賞、主演女優賞、脚本賞
 ドゥ・ドゥチーとウー・シューヤオが、ともに音響賞で2作品に
 ノミネートされています。

--------------------------------

 授賞式は、3月17日にマカオで行なわれます。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・第11回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_7.html
 ・第11回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201703/article_23.html
 ・第10回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_6.html
 ・第10回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201603/article_7.html
 ・第9回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201503/article_8.html
 ・第9回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201503/article_15.html
 ・第8回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_28.html
 ・第8回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_24.html
 ・第7回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_44.html
 ・第7回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201303/article_7.html
 ・第6回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_42.html
 ・第6回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201203/article_7.html
 ・第5回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_3.html
 ・第5回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_21.html
 ・第4回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_42.html
 ・第4回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_37.html
 ・第3回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_33.html
 ・第3回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_17.html
 ・第2回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200803/article_10.html
 ・第1回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200703/article_31.html

 ・2017年における、国際映画祭・映画賞での日本映画の受賞結果まとめ!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_1.html

 ・台湾・金馬奨2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_3.html
 ・台湾・金馬奨2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_44.html

 ・釜山映画評論家協会賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_46.html

 ・青龍映画賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_12.html
 ・青龍映画賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_45.html

 ・韓国映画評論家協会賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_44.html

 ・大鐘賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_31.html
 ・大鐘賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_42.html

 ・釜日映画賞2017受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_20.html

 ・春史映画賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_13.html
 ・春史映画賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_38.html

 ・アジア太平洋スクリーン・アワード2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_39.html
 ・アジア太平洋スクリーン・アワード2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_39.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月~2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

 追記:
 ・アジア映画賞2018 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_22.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック