セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2016 受賞結果

 第13回セビリヤ・ヨーロッパ映画祭(11月4日-12日)の受賞結果です。


--------------------------------

 【オフィシャル・セレクション部門】

 ◆金のヒラルディージョ賞/Gold Giraldillo for best film
 ◎“Ma Loute (Slack Bay)”(仏・独・ベルギー) 監督:ブリュノ・デュモン
 出演:ファブリス・ルキーニ、ジュリエット・ビノシュ、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ジャン=リュック・ヴァンサン
 物語:1910年の夏、北フランスのスラック湾で、謎めいた失踪事件が起こる。Machin捜査官とそのアシスタントのMalfoyという、およそ似つかわしくないコンビが捜査にやってくる。彼らは、漁師一家Bréfort家の18歳の長男Ma Louteと、退廃的なブルジョワ一家Van Peteghems家の末っ子Billieの間の、奇妙な恋物語にたどりつく。
 カンヌ国際映画祭2016 コンペティション部門出品。カンヌ・サウンドトラック賞 音楽スーパーバイザー賞(ブリュノ・デュモン)受賞。
 モスクワ国際映画祭2016出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 ホライズンズ部門出品。
 エルサレム映画祭2016出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 モトヴン映画祭2016 アウト・オブ・コンペティション部門出品。



 ◆審査員特別賞(Special Jury Award)
 ◎“Mimosas”(西・モロッコ・仏・カタール) 監督:Oliver Laxe
 物語:キャラバン隊がモロッコ・アトラスを旅している。一行には、死にかけた長老がいて、彼はスーフィー教徒の長老の安息の地シジルマサで葬られたいと考えている。しかし、死は待ってくれない。山は恐ろしく、キャラバン隊は遺体とともに旅し続けることを拒む。同行していた2人のならず者SaidとAhmedは、道を知っていると言い、目的地まで遺体を届けられると請け負う。即興のキャラバン隊が組まれ、Shakibは、隊を助けて、山を行くミッションに選ばれる。
 監督のOliver Laxeは、2010年のカンヌ国際映画祭監督週間に“Todos Vós Sodes Capitáns”を出品して、国際批評家連盟賞を受賞。本作が第2監督長編。
 カンヌ国際映画祭2016 国際批評家週間出品。グランプリ受賞。
 モスクワ国際映画祭2016出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 アナザー・ビュー部門出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 トロント国際映画祭2016 WAVELENGTHS部門出品。
 ニューヨーク映画祭2016出品。
 BFIロンドン映画祭2016 Journey部門出品。
 釜山国際映画祭2016 フラッシュ・フォワード部門出品。
 CPH:PIX 2016出品。
 ヨーロッパ映画賞オフィシャル・セレクション。



 ◆監督賞
 ◎アラン・ギロディー “Rester Vertical (Staying Vertical)”(仏)

 “Rester Vertical (Staying Vertical)”(仏) 監督:アラン・ギロディー
 出演:Damien Bonnard、India Hair、ロール・カラミー(Laure Calamy)、Basile Meilleurat
 物語:映画監督のレオは、フランス南部で、スカウト旅行をしていて、自由な精神を持った女羊飼いマリーに誘惑される。9か月後、彼女は赤ん坊を生む。ところが、産後うつ病を患い、予告もなしに現れては去っていくレオに信用が置けなくなって、マリーは2人を置いて去る。レオは、面倒を見なければならない赤ん坊を抱えて途方にくれる。しかし、彼は、内心ではこの状況を楽しんでもいた。思いもかけないことが続けざまに起こっても、次の作品に向けてインスピレーションを見出し、困難を乗り越えていこうとするのが好きだったのだ。
 カンヌ国際映画祭2016 コンペティション部門出品。
 モスクワ国際映画祭2016出品。
 エルサレム映画祭2016出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 サラエボ映画祭2016出品。
 香港レズビアン&ゲイ映画祭2016出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2016出品。
 ニューヨーク映画祭2016出品。
 BFIロンドン映画祭2016 Dare部門出品。
 シカゴ国際映画祭2016出品。
 ウィーン国際映画祭2016出品。
 フィラデルフィア映画祭2016出品。
 デンバー映画祭2016出品。
 バージニア映画祭2016出品。
 セントルイス国際映画祭2016出品。
 マル・デル・プラタ国際映画祭2016出品。
 トリノ映画祭2016出品。


 ◆男優賞
 ◎Victor Ezenfis

 “Le fils de Joseph(The Son of Joseph)”(仏・ベルギー) 監督:ウジェーヌ・グリーン(Eugène Green)
 出演:マチュー・アマルリック、ファブリツィオ・ロンジョーネ(Fabrizio Rongione)、ナターシャ・レニエ、Victor Ezenfis、ドミニク・ブラン
 物語:パリの夏。15歳のヴァンサンは、ネズミをいじめたり、インターネットで精子を売ったりするような学校の仲間とつるむのは嫌だった。彼は、シングルマザーのマリーと暮らしていたが、実の父親を見つけようと考える。調査の末にたどり着いたのは、パリの出版界で、神ともみなされる人物で、マキャベリアンなならず者としても知られるジョゼフだった。ジョゼフと会うことで、ヴァンサンの人生は大きく変わる。
 ベルリン国際映画祭2016 フォーラム部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 ホライズンズ部門出品。
 ニュージーランド国際映画祭2016出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 ニューヨーク映画祭2016出品。
 BFIロンドン映画祭2016 LOVE部門出品。
 ハイファ国際映画祭2016出品。
 トリノ映画祭2016出品。



 ◆女優賞
 ◎Raph “Ma Loute (Slack Bay)”(仏・独・ベルギー)


 ◆脚本賞
 ◎ウジェーヌ・グリーン(Eugène Green) “Le fils de Joseph(The Son of Joseph)”


 ◆撮影賞
 ◎ロビー・ライアン “American Honey”(米・英)

 “American Honey”(米・英) 監督:アンドレア・アーノルド
 出演:サシャ・レーン(Sasha Lane)、シャイア・ラブーフ、ライリー・キーオ
 物語:スターは、問題を抱えた家を飛び出し、アメリカのミッドウェストで予約購読雑誌を車で訪問販売する旅回りのセールス・グループに加わる。彼女は、社会不適合者の集まりのような仲間にすぐに溶け込み、法律すれすれの行為や夜ごとのパーティー三昧、そして若者らしい恋を経験する。
 アンドレア・アーノルドによる、初めてのアメリカを舞台にした作品。シャイア・ラブーフは、この作品で出会ったサシャ・レーンと実生活でも恋人どうしになった。
 カンヌ国際映画祭2016 コンペティション部門出品。審査員賞、エキュメニカル審査員賞スペシャル・メンション受賞。
 トロント国際映画祭2016 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 アトランティック映画祭2016出品。
 チューリヒ映画祭2016出品。
 ファンタスティック・フェスト2016出品。
 カルガリー映画祭2016 出品。
 ベルゲン国際映画祭2016出品。
 バンクーバー国際映画祭2016出品。
 BFIロンドン映画祭2016 スペシャル・プレゼンテーションズ部門出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2016出品。
 ハイファ国際映画祭2016出品。
 CPH:PIX2016出品。
 リスボン&エストリル映画祭2016出品。
 ストックホルム国際映画祭2016 国際批評家連盟賞受賞。
 リュブリャナ国際映画祭2016出品。
 ゴッサム・アワード2016 ブレイクスルー俳優賞ノミネート(サシャ・レーン)。
 ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2016 作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞、技術貢献賞(ロビー・ライアン(撮影))ノミネート。


 ◆スペシャル・メンション 音響デザイン&編集賞(Special Mention To Best Sound Design And Editing)
 ◎“Mimosas”(西・モロッコ・仏・カタール) 監督:Oliver Laxe

 ◆Asecan 最優秀作品賞
 ◎“Godless(Bezbog)”(ブルガリア・デンマーク・仏) 監督:Ralitza Petrova
 物語:ブルガリアの田舎町。Ganaは、認知症を抱える高齢者の世話をして、彼らのIDカードをブラック・マーケットに横流ししていた。Ganaの母は無職で、彼女とはほとんど会話がない。Ganaは、メカニックをしているボーイフレンドともうまくいっておらず、互いに性的魅力も感じなくなり、つきあっているのはモルヒネのおかげのようなものだった。彼女は、裏の仕事をばらすぞと脅してきた患者を誤って殺してしまったが、それでも未来は見えなかった。ところが、新しい患者Yoanが歌っているのを見て、状況が変わり始める。Yoanに対する共感が、彼女の良心を目覚めさせたのだ。しかし、彼が詐欺罪で逮捕されて、「正しいことをすること」の対価が大きいことを知ることになる。
 初監督長編。
 ロカルノ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。金豹賞、女優賞(Irena Ivanova)、エキュメニカル審査員賞受賞。
 サラエボ国際映画祭2016 長編コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 トロント国際映画祭2016 DISCOVERY部門出品。
 ゴールデン・ローズ映画祭2016 コンペティション部門出品。作品賞、監督賞、男優賞(Ivan Nalbantov)、女優賞(Irena Ivanova)、撮影賞受賞。
 バトゥミ国際映画祭(ジョージア)2016 監督賞受賞。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2016出品。
 レイキャビク国際映画祭2016 コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 釜山国際映画祭2016 フラッシュ・フォワード部門出品。
 ワルシャワ国際映画祭2016 国際批評家連盟賞受賞。
 ムンバイ映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。シルバー・ゲイトウェイ賞受賞。
 CPH:PIX 2016出品。New Talent Grand Pix受賞。
 ストックホルム国際映画祭2016 コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 AFIフェスト2016出品。
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭2016出品。
 トリノ映画祭2016出品。


 [その他のエントリー作品]
 ・“Love & Friendship”(アイルランド・英・仏) 監督:ホイット・スティルマン(Whit Stillman)
 ・“Malgré La Nuit”(仏) 監督:フィリップ・グランドリュー(Philippe Grandrieux)
 ・“Personal Shopper”(仏) 監督:オリヴィエ・アサイヤス
 ・“A Woman's Life”(仏・ベルギー) 監督:ステファーヌ・ブリゼ
 ・“Mister Universo”(オーストリア・伊) 監督:Tizza Covi、Rainer Frimmel
 ・『サファリ』“Safari”(オーストリア) 監督:ウルリッヒ・ザイドル
 ・“It's Not The Time of My Life”(ハンガリー) 監督:Szabolcs Hajdu
 ・『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ラブ』“United States of Love”(ポーランド・スウェーデン) 監督:トマシュ・ヴァシレフスキ(Tomasz Wasilewski)
 ・『たかが世界の終わり』“It's Only The End of The World”(カナダ・仏) 監督:グザヴィエ・ドラン

 【NEW WAVES部門】

 ※現代ヨーロッパ映画をリフレッシュさせるような、新しい才能と優れたヴィジョンを持った作品を集めたセレクション。フィクション部門とノンフィクション部門がある。

 ◆最優秀作品賞
 ◎“The Sun, the Sun Blinded Me”(ポーランド・スイス) 監督:Anka Sasnal、ヴィルヘルム・サスナル(Wilhelm Sasnal)
 物語:Rafał Mularzは、「よそ者」で、外的世界から自分を守るために、厳格なルーティーンを作り、他人と関わることを避けてきた。ところが、ある日、浜辺を走っていて、砂の上に黒人が横たわっているのを見つける。どうやらヨーロッパに流れついたアフリカ人移民らしい。Rafałは考える。よそ者にやさしくないこの社会で、彼を助けることは彼のためになるだろうか? そして自分はそれに責任が持てるだろうか?
 カミュの『異邦人』を現代を舞台として脚色した作品。
 ロカルノ国際映画祭2016 サインズ・オブ・ライフ部門出品。
 ワルシャワ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。



 ◆特別賞
 ◎“Album”(仏・ルーマニア・トルコ) 監督:Mehmet Can Mertoğlu
 物語:30代後半の夫婦が養子を計画していて、その赤ん坊が生物学的に自分たちの赤ん坊であるという証拠となるような偽のアルバムをでっちあげようとしている。典型的な中流階級の夫婦が描く、理想の夫婦像を完成させるには、息子が必要だ。しかし、養子には時間がかかる。夫婦の好みがうるさい場合は特に。不妊治療の問題は、現代のトルコでも恥とされ、養子縁組はしばしば秘密にされる。
 カンヌ国際映画祭2016 国際批評家週間出品。France4 ヴィジョナリー賞受賞。
 エルサレム映画祭2016 デビュー部門出品。国際批評家連盟賞 第1回作品賞(The FIPRESCI Award for Best International First Film)受賞。
 オデッサ国際映画祭2016出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 サラエボ映画祭2016 長編コンペティション部門出品。最優秀作品賞、Cineuropa Award、CICAE Award受賞。
 パシフィック・メリダン/ウラジオストック国際映画祭2016 出品。
 ベルゲン国際映画祭2016出品。
 アダナ国際映画祭(トルコ)2016 ナショナル長編コンペティション部門出品。監督賞、脚本賞、美術賞受賞。
 ボゴタ映画祭2016出品。
 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2016出品。
 ワルシャワ国際映画祭2016出品。
 バンクーバー国際映画祭2016出品。
 アンタルヤ国際映画祭2016出品。
 香港アジア映画祭2016出品。
 ムンバイ映画祭2016出品。
 テッサロニキ国際映画祭2016出品。
 ストックホルム国際映画祭2016 コンペティション部門出品。
 AFIフェスト2016出品。
 ナント三大陸映画祭2016出品。


 ◆オナー・メンション(Honor Mention)
 ・“Daydreams(L'Indomptée)”(仏) 監督:Caroline Deruas
 出演:タニヤ・ロペール(Tanya Lopert)、チェッキー・カリョ、ベルナール・ヴェルレー(Bernard Verley)、クロティルド・エスム(Clotilde Hesme)、フィリッポ・ティーミ(Filippo Timi)、ジェナ・ティアム(Jenna Thiam)、ロリータ・シャマー(Lolita Chammah)、マリリン・カント(Marilyne Canto)、Pascal Rénéric、レナート・カルペンティエリ(Renato Carpentieri)
 物語:ヴィラ・メディチは、ローマにある建造物で、ローマにありながら、フランスの国有資産になっていて、在ローマ・フランス・アカデミーが使用し、芸術関連の分野で優れた者が選ばれてここに留学にやってくる。写真家のアクセルと作家のカミーユは、それまで会ったことはなかったが、1年間の留学が認められて、ヴィラ・メディチにやってくる。2人のアーティストの人間関係と自由に関する物語。
 第1回作品。
 ロカルノ国際映画祭2016 フィルムメーカーズ・オブ・ザ・プレゼント コンペティション部門出品。
 アングレーム・フランス語映画フェスティバル2016出品。



 ◆DELUXE賞
 ◎“Días color naranja”(西) 監督:Pablo Llorca
 物語:2010年の夏。Álvaroは、韓国での展覧会からの帰りに、アイスランドの火山灰のせいで、アテネ空港に足止めされることになり、同じ目に遭ったフランス人とともに列車でパリに向かうことにする。そこで、彼は、イタリアへ向かう旅行者グループと出会い、スペイン語を話すスウェーデン娘と知り合って、さらなる脇道へと逸れていく。彼女とは、ディケンズの『ピックウィック・ペーパーズ』を通して親しくなったのだが、彼女のおかげで、Álvaroは、思いもかけなかった経験をする。


 [その他のエントリー作品]
 ・“La Mano Invisible”(西) 監督:David Macián
 ・“La Película De Nuestra Vida”(西) 監督:Enrique Baró Ubach
 ・“Belle Dormant”(仏) 監督:Ado Arrietta
 ・“In Bed With Victoria(Victoria)”(仏) 監督:ジャスティーヌ・トリエ(Justine Triet)
 ・“The Park(Le parc)”(仏) 監督:ダミアン・マニヴェル(Damien Manivel)
 ・“The Challenge”(仏・伊) 監督:Yuri Ancarani
 ・“Fiore”(伊・仏) 監督:Claudio Giovannesi
 ・“The Dreamed Path(Der traumhafte Weg)”(独) 監督:Angela Schanelec
 ・“I, Olga Hepnarova(Ja, Olga Hepnarová)”(チェコ・スロヴァキア・ポーランド) 監督:Petr Kazda、Tomas Weinreb
 ・“Dogs(Câini)”(ルーマニア・仏・ブルガリア・カタール) 監督:Bogdan Mirica
 ・“The Stopover(Voir du pays)”(仏・ギリシャ) 監督:デルフィーヌ・クラン(Delphine Coulin)、ミュリエル・クラン(Muriel Coulin)
 ・“The Student(Uchenik)”(ロシア) 監督:キリル・セレブレンニコフ(Kirill Serebrennikov)

 ◆最優秀ノンフィクション賞
 ◎“Paradise! Paradise!”(オーストリア) 監督:Kurdwin Ayub
 1991年にKurdwin Ayubは、まだ赤ん坊だった。その年、家族は、母国イラクを逃れて、オーストリアで暮らし始める。時が流れ、父は、クルディスタンに親族を訪ねる決心をする。父にはもう1つ目的があった。それは老後を過ごすための家を買うことだ。その旅に、Kurdwinも同行し、一部始終をカメラで記録する。たくさんの親族に会い、アパートを訪ね、不動産屋と話し、クルド人民兵組織パシュメルガとまで会った。父は興奮していたが、それは一度は失われた母国への盲目的な理想主義からもたらされるものであり、紛争と回復を急がされる中で、バラバラにされた国の現実を目の当たりにしたKurdwinの思いとは対照的だった。
 初の長編ドキュメンタリー。



 【その他の賞】

 ◆Resistenciasコンペティション部門 最優秀作品賞(Award for best film in the section Resistencias)/国際批評家連盟賞
 ※Resistencias部門は、スペインのインディペンデント映画の製作で、パイオニアとなるような、刺激的でイキイキとした新しいスペイン映画を集めたコンペティション部門。国際批評家連盟の審査員が審査を担当する。
 ◎“Los Objetos Amorosos”(西) 監督:Adrián Silvestre David
 物語:Luzは、若いコロンビア人女性で、2歳の息子を姉に預けて、よりよい生活を求めてローマにやってくる。ところが、着くやいなや当座の資金として持ってきていた蓄えを使い果たし、お決まりのコースをたどる。そすなわち、すし詰めのアパートで寝泊まりし、掃除婦として働くというものだ。同僚以外に話す相手もなく、ネットでデート相手を探す。見つけたのは、チリ人のFranだが、彼は、ルールというものが通用しない男で、Luzの考えはズタズタにされてしまう。



 ◆ヨーロッパ・ジュニア部門 最優秀作品賞(Award for best film in the section Europa Junior)
 ※ヨーロッパ・ジュニア部門は、ヨーロッパのファミリー映画のベスト・セレクション。
 ◎『アヒルからの贈り物』“Les oiseaux de passage(Birds of Passage)”(仏・ベルギー) 監督:オリヴィエ・ランジェ(Olivier Ringer)
 出演:クラリス・デュロスキ、レア・ワルニ、アラン・エロワ、ミリエム・アケディウー、アンジェロ・デッロ・スペダーレ、ジャンヌ・ダンドワ、ルノー・リュッテン、カミーユ・ヴォグレール
 物語:Cathyは、10歳の誕生日に、父親から孵化しそうなアヒルの卵をもらう。彼女は、卵を温めて、孵化させなければならない。親友Margauxの前で、卵からひなが孵る。ひなは、最初に見たMargauxを母親と思い込んでしまう。Margauxも、その状況を楽しむ。ところが、彼女は、車椅子生活をしていることもあって、両親は娘がアヒルの面倒を見ることを快く思わない。しかし、彼女は、まわりが想像する以上になんでもやれることを証明してみせる。
 モントリオール国際児童映画祭2015出品。
 ズリーン国際映画祭2015出品。
 シカゴ国際児童映画祭2015出品。
 SKIPシティDシネマ映画祭2016 長編コンペティション部門出品。脚本賞受賞。


 ◆EURIMAGES最優秀共同製作賞(Eurimages for best European co-production)
 ◎“Toni Erdmann”(独・オーストリア) 監督:マレン・アデ(Maren Ade) [EFA部門]
 出演:ペーター・シモニシェック(Peter Simonischek)、サンドラ・フラー(Sandra Hüller)、ルーシー・ラッセル(Lucy Russell)、Trystan Wyn Pütter、ハデヴィック・ミニス(Hadewych Minis)、ヴラド・イヴァノフ(Vlad Ivanov)、ジョン・キーオ(John Keogh)
 物語:ウィンフリードは、ジョークが大好きな、ソウルフルな65歳の音楽教師である。一方、娘のイネスは、父とは正反対の性格で、ビジネス・コンサルタントとして野心が強く、次々と新しいプロジェクトをこなしては、キャリアのステップを上っていた。彼女は世界を股にかけて仕事をしていたので、父と娘が会うことはほとんどなくなっていた。ところが、ウィンフレードの犬が死に、彼は娘に会いに行こうと決める。彼は、娘がすっかりユーモアをなくしてしまったと考えていて、彼女の前でジョークを炸裂させる。しかし、そのジョークと自分のライフスタイルへの批判から、イネスは父に対して猛烈に反発する。ウィンフリードは、もう1つの自己、トニ・エルドマンに変身して、事態をさらに悪化させる。だが、期待に反して、2人が衝突すれば衝突するほど、2人の仲は縮まっていく……。
 カンヌ国際映画祭2016 コンペティション部門出品。国際批評家連盟賞受賞。
 シドニー映画祭2016出品。
 ブリュッセル映画祭2016 オフィシャル・コンペティション部門出品。ゴールデン・アイリス賞(最優秀作品賞)、脚本賞、RTBF TV Prize of Best Film受賞。
 ミュンヘン映画祭2016 ニュー・ジャーマン・シネマ部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 ホライズンズ部門出品。
 ニュージーランド国際映画祭2016 ビッグ・ナイツ部門出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 ラックス賞2016 ノミネート。
 サラエボ映画祭2016キノスコープ部門出品。
 ノルウェー国際映画祭2016 ノルウェー映画批評家賞受賞。
 テルライド映画祭2016出品。
 トロント国際映画祭2016 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ベルゲン国際映画祭2016出品。
 国際批評家連盟賞2016 年間グランプリ受賞。
 ファンタスティック・フェスト2016出品。
 アテネ国際映画祭2016出品。
 ニューヨーク映画祭2016出品。
 エドモントン国際映画祭2016出品。
 BFIロンドン映画祭2016 ストランド・ガラ部門出品。
 釜山国際映画祭2016 ワールド・シネマ部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2016出品。
 ミル・ヴァレー映画祭2016出品。
 フィラデルフィア映画祭2016出品。
 ハワイ国際映画祭2016出品。
 デンバー映画祭2016出品。
 ストックホルム国際映画祭2016出品。
 AFIフェスト2016出品。
 ヒホン国際映画祭2016出品。
 米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 ドイツ代表。
 ヨーロッパ映画賞2016 オフィシャル・セレクション。作品賞、監督賞、男優賞(ペーター・シモニシェック)、女優賞(サンドラ・フラー)、脚本賞、大学映画賞ノミネート。


◆EFA部門 観客賞(Grand Audience Award)
 ※EFA部門は、ヨーロッパ映画賞のプレ・セレクション。
 ◎“Toni Erdmann”(独・オーストリア) 監督:マレン・アデ(Maren Ade)

 ◆アンダルシア・パノラマ・ショート部門 最優秀短編賞(The Best Andalusian Panorama Short Film Sgae Award)
 ◎“Un billete a Nunca Jamás”(西/15分) 監督:Jorge Naranjo
 物語:Rosarioは、半世紀の間、家族の面倒を見てきた。クリスマス・イヴになり、マドリッドに行っていた娘Aliciaが帰って来る。今年は手伝ってくれるおばあちゃんがいない。数か月前に他界したからだ。Rosarioは、悲しむよりもホッとした。残されたのは、記憶と、埋められないダイニングルームのテーブルの空席と、クリーニング屋の引換券だった。
 ウエルバ・イベロアメリカン映画祭2016出品。クリーニング屋に出されていたコートには、何枚かのコインが隠されていた。



 ◆SGAE特別賞 芸術的演出賞(Special SGAE Award for Artistic Category to The Direction)
 ◎“La vida sigue igual”(西/13分) 監督:Mateo Cabeza [アンダルシア・パノラマ・ショート部門]
 物語:Nachoは、30年間ずっと同じような週末を過ごしてきた。ヒゲをそり、バスに乗って、大好きなクラブのダンス・フロアで朝まで踊るのだ。そうして彼は自由を満喫する。



 ◆第3回自由へのオカーニャ賞(3rd OCAÑA Award to Freedom)
 アンダルシアの芸術家で、LGBT活動家でもあったJosé Pérez Ocañaにちなんで設けられた賞で、LGBTモチーフを含んだ優秀作品に贈られる。
 ◎“Hjartasteinn (Heartstone)”(デンマーク・アイスランド) 監督:Guðmundur Arnar Guðmundsson
 物語:アイスランドの漁村。10代のThorとChristianは、激動の夏を経験する。Thorは、姉たちにからかわれたり、いじめられたりしていた。留守がちの母親は、子どもたちを抱えていることにフラストレーションを感じていたが、隠していた。一方、Christianは、飲んだくれで暴力的な父親に悩まされていた。その夏、Thorは、町で一番かわいい少女Bethに恋をし、Christianは、親友に対する新たな感情を発見する。夏が終わって、アイスランドの厳しい季節が戻ってきた時、彼らは遊び場から去り、大人の世界の入り口に立つ。
 短編『クジラの谷』“Whale Valley”が高い評価を受けたGuðmundur Arnar Guðmundssonの初監督長編。
 ベネチア国際映画祭2016 ベネチア・デイズ部門出品。クィア獅子賞受賞。
 トロント国際映画祭2016 DISCOVERY部門出品。
 釜山国際映画祭2016 フラッシュ・フォワード部門出品。
 ワルシャワ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。監督賞受賞。
 シカゴ国際映画祭2016 Gold Q Hugo受賞。
 CPH:PIX2016 観客賞受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。


 【特別賞・名誉賞】

 ◆名誉ヒラルディージョ賞(Giraldillo de Honor)
 ◎ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ


 ◎ヴァンサン・ランドン


 ◆オマージュ・トゥ・マヌエル・ヘレーナ(Homenaje a Manuel Gerena)


 ◆ラジオとテレビに対するCanal賞(Premio Canal Sur Radio y Televisión)
 ◎アントニオ・デチェント(Antonio Dechent)(男優)


--------------------------------


 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_24.html
 ・セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_13.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月~11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック