アイルランド・アカデミー賞2016 受賞結果!

 アイルランド・アカデミー賞2016(The 2016 IFTA Film & Drama Awards)の受賞結果が発表されました。(4月9日)

 ◆作品賞(Best Film)
 ・『ブルックリン』
 ・“My Name is Emily”(アイルランド) 監督:Simon Fitzmaurice
 ◎『ルーム』
 ・“Sing Street”(アイルランド・英・米) 監督:ジョン・カーニー
 ・“The Survivalist”(英) 監督:Stephen Fingleton
 ・“Viva”(アイルランド・キューバ) 監督:パディー・ブレスナック

 レニー・アブラハムソンは、前回『FRANK –フランク-』でノミネート。
 ジョン・カーニーは、前回 『はじまりのうた』でノミネート。

画像

 ◆監督賞(Director Film)
 ◎レニー・アブラハムソン 『ルーム』
 ・パディー・ブレスナック “Viva”
 ・ジョン・カーニー “Sing Street”
 ・ジョン・クローリー 『ブルックリン』
 ・Stephen Fingleton “The Survivalist”

 レニー・アブラハムソンは、前回『FRANK –フランク-』で受賞していて、2年連続受賞。
 ジョン・カーニーは、前回 『はじまりのうた』でノミネート。
 前回は『ヴァイキング ~海の覇者たち~』でキアラン・ドネリーが受賞。

 ◆主演男優賞(Actor in a Lead Role Film)
 ・コリン・ファレル 『ロブスター』
 ◎マイケル・ファスベンダー 『スティーブ・ジョブズ』
 ・ドーナル・グリーソン 『エクス・マキナ』
 ・バリー・コーガン “Mammal”(アイルランド・オランダ・ルクセンブルク)(監督:Rebecca Daly)
 ・Martin McCann “The Survivalist”

 コリン・ファレルは、4年連続ノミネート。前回“Miss Julie”で主演男優賞ノミネート。今回、ドラマ部門主演男優賞でもノミネート。
 マイケル・ファスベンダーは、3年連続ノミネート。前回『FRANK –フランク-』で主演男優賞ノミネート。
 ドーナル・グリーソンは、4年連続ノミネート。前回『FRANK –フランク-』で助演男優賞受賞。今回助演男優賞でもノミネート。

 ◆主演女優賞(Actress in a Lead Role Film)
 ・エヴァ・バーシッスル “Swansong”(英)(監督:Douglas Ray)
 ・ルース・ブラッドリー “Pursuit”(アイルランド)(監督:Paul Mercier)
 ・オーラ・ブラディー “The Price of Desire”(仏)(監督:アリー・マクガキアン)
 ・イヴァナ・リンチ “My Name Is Emily”
 ◎シアーシャ・ローナン 『ブルックリン』

 シアーシャ・ローナンは、2012年まで5年連続ノミネートで、5連覇し、1年空けて、2014年受賞、そして、また1年空けて今回またまた受賞を果たしました。

 ◆助演男優賞(Actor in a Supporting Role Film)
 ・ドーナル・グリーソン 『ブルックリン』
 ・Sean T. Ó Meallaigh “The Callback Queen”(英)(監督:Graham Cantwell)
 ◎ジャック・レイナー “Sing Street”
 ・オーウェン・ロー “Pursuit”
 ・マイケル・スマイリー “My Name is Emily”

 ドーナル・グリーソンは、4年連続ノミネート。前回『FRANK –フランク-』で助演男優賞受賞。今回主演男優賞でもノミネート。

画像

 ◆助演女優賞(Actress in a Supporting Role Film)
 ◎ジェーン・ブレナン 『ブルックリン』
 ・Gemma-Leah Devereux “Get Up and Go”(アイルランド・英)(監督:Brendan Grant)
 ・オルウェン・フエレ “The Survivalist”
 ・Siobhan O'Kelly “An Klondike”(アイルランド)(監督:Dathaí Keane) [TV]
 ・ジャー・ライアン “The Callback Queen”

 ◆脚本賞(Script Film)
 ・ジョン・カーニー “Sing Street”
 ◎エマ・ドナヒュー 『ルーム』
 ・Simon Fitzmaurice “My Name is Emily”
 ・Mark O'Halloran “Viva”
 ・Johnny O'Reilly “Moscow Never Sleeps”(ロシア・アイルランド)(監督:Johnny O'Reilly)

画像

 ◆撮影賞(Cinematography)(テレビ部門を含む)
 ・シーマス・ディージー “My Name is Emily”
 ・P・J・ディロン 『ヴァイキング ~海の覇者たち~』(アイルランド・カナダ)(監督:マイケル・ハースト) [TV]
 ・ロビー・ライアン “Slow West”(英・ニュージーランド)(監督:John Maclean)
 ◎Cathal Watters “Viva”

 P・J・ディロンは、4年連続ノミネート。前回も同作品で連続ノミネート。2014年に『リッパー・ストリート』で受賞。

 ◆編集賞(Editing)(テレビ部門を含む)
 ・Mick Mahon “The Queen of Ireland”(アイルランド)(監督:Conor Horgan)
 ◎ネイサン・ヌーゲント 『ルーム』
 ・Stephen O'Connell “Viva”
 ・エマー・レイノルズ “My Name is Emily”

 ネイサン・ヌーゲントは前回『FRANK –フランク-』でノミネート。2013年に“What Richard Did”が受賞。
 エマー・レイノルズは3年連続ノミネートで、2年連続受賞。

 ◆美術賞(Production Design)(テレビ部門を含む)
 ◎トム・コンロイ 『レジェンド 狂気の美学』
 ・Padraig O'Neill “An Klondike”
 ・パキー・スミス “Viva”
 ・デレク・ウォラス “Rebellion” [TV]

 トム・コンロイは、5年連続ノミネート。3年連続で『ヴァイキング ~海の覇者たち~』でノミネート。2014年に受賞。

 ◆衣裳デザイン賞(Costume Design)(テレビ部門を含む)
 ◎ジョーン・バーギン 『ヴァイキング ~海の覇者たち~』
 ・アリソン・バーン “Rebellion”
 ・ティツィアーナ・コルヴィシエリ “Sing Street”
 ・Triona Lillis “An Klondike”

 ジョーン・バーギンは、同作品で3年連続ノミネート。2011年に『THE TUDORS ~背徳の王冠~』で受賞。

画像

 ◆メイキャップ&ヘア賞(Make Up & Hair Sponsored By M.A.C)(テレビ部門を含む)
 ◎“An Klondike”
 ・『ブルックリン』
 ・“Sing Street”
 ・『ヴァイキング ~海の覇者たち~』

 『ヴァイキング ~海の覇者たち~』は3年連続ノミネート。前回受賞。

画像

 ◆視覚効果賞(VFX) [新設]
 ・『ブルックリン』
 ◎“The Frankenstein Chronicles”(アイルランド) [TV]
 ・“Ghosthunters: On Icy Trails”(独・オーストリア・アイルランド)(監督:Tobi Baumann)
 ・“Ripper Street S3”(英・アイルランド) [TV]

 ◆録音賞(Sound)(テレビ部門を含む)
 ・『ザ・ハロウ/侵蝕』(英)(監督:コリン・ハーディー)
 ・“My Name is Emily”
 ◎『ルーム』
 ・“Sing Street”

 ◆オリジナル音楽賞(Original Original Music)(テレビ部門を含む)
 ・Gary Clark、ジョン・カーニー “Sing Street”
 ・スティーヴン・マッキーオン “My Name Is Emily”
 ◎スティーヴン・レニックス 『ルーム』
 ・スティーヴン・レニックス “Viva”

 スティーヴン・マッキーオンは、前回“Queen and Country”で受賞。
 スティーヴン・レニックスは、前回『FRANK –フランク-』でノミネート。

 ◆長編ドキュメンタリー賞(George Morrison Feature Documentary )
 ・“A Doctor's Sword”(アイルランド・日) 監督:ゲイリー・レノン
 ・“The Land of the Enlightened”(ベルギー・アイルランド・オランダ・独・アフガニスタン) 監督:Pieter-Jan De Pue
 ◎“Mom and Me”(アイルランド・米) 監督:Ken Wardrop
 ・“Older Than Ireland”(アイルランド) 監督:Alex Fegan
 ・“The Queen of Ireland”(アイルランド) 監督:Conor Hargan

 “The Land of the Enlightened”は、サンダンス映画祭2016 撮影賞受賞。
 “The Queen of Ireland”は、ダブリン映画批評家協会賞2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

 ◆短編映画賞(Short Film)
 ・“Change in the Weather”(アイルランド) 監督:Muiris Crowley
 ・“Ernestine and Kit”(英) 監督:Simon Bird
 ・“The Great Wide Open”(アイルランド) 監督:Ciarán Dooley
 ・“How Was Your Day?”(アイルランド) 監督:Damien O'Donnell
 ・“Love is a Sting”(アイルランド) 監督:Vincent Gallagher
 ◎“Stutterer”(英) 監督:Benjamin Cleary

 “How Was Your Day?”は、SXSW映画祭2015 審査員大賞受賞。
 “Stutterer”は、LA短編映画祭2015 最優秀外国映画賞受賞。Aesthetica短編映画祭2015 最優秀ドラマ作品賞受賞。ロンドン映画批評家協会賞2016 最優秀英国&アイルランド短編賞受賞。米国アカデミー賞2016 短編映画賞受賞。

画像

 ◆アニメーション賞(Animation)
 ・“A Coat Made Dark”(アイルランド) 監督:Jack O'Shea
 ◎“Geist”(アイルランド) 監督:Ben Harper、Sean Mullen、Alex Sherwood
 ・“Tea with the Dead”(アイルランド) 監督:Gary Gill
 ・“Unhinged”(アイルランド) 監督:Tom Caulfield

 “A Coat Made Dark”は、サンダンス映画祭2016出品。
 “Tea with the Dead”は、ロードアイランド国際映画祭2015 第1回作品賞受賞。

 【インターナショナル部門】

 ◆作品賞(International Film)
 ・『レヴェナント:蘇えりし者』
 ◎『スポットライト 世紀のスクープ』
 ・『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ・『エクス・マキナ』

 ◆男優賞(International Actor)
 ◎レオナルド・ディカプリオ 『レヴェナント:蘇えりし者』
 ・マット・デイモン 『オデッセイ』
 ・ジェイコブ・トレンブレイ 『ルーム』
 ・ブライアン・クランストン 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

 ◆女優賞(International Actress)
 ・ケイト・ブランシェット 『キャロル』
 ・レイチェル・グリフィス “Mammal”
 ◎ブリー・ラーソン 『ルーム』
 ・シャーロット・ランプリング 『さざなみ』

 【テレビ部門】

 ◆作品賞 ドラマ部門(Drama)
 ◎“An Klondike”
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』
 ・『ナイトメア ~血塗られた秘密~』
 ・“Rebellion”
 ・『ヴァイキング ~海の覇者たち~』

 『ゲーム・オブ・スローンズ』は5年連続ノミネート。『ヴァイキング ~海の覇者たち~』は3年連続ノミネート。

 ◆監督賞 ドラマ部門(Director Drama)
 ・アンソニー・バーン 『リッパー・ストリート』
 ◎Neasa Hardiman “Happy Valley”
 ・Dathai Keane “An Klondike”
 ・ブライアン・カーク 『ナイトメア ~血塗られた秘密~』
 ・アシュリング・ウォルシュ “An Inspector Calls”

 ◆主演男優賞 ドラマ部門(Actor in a Lead Role in Drama)
 ◎Dara Devaney “An Klondike”
 ・コリン・ファレル 『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』
 ・スティーヴン・レイ 『ディケンジアン』
 ・エイダン・ターナー 『風の勇士 ポルダーク』
 ・バリー・ウォード “Rebellion”

 コリン・ファレルは、映画部門でも主演男優賞ノミネート。
 スティーヴン・レイは、前回ドラマ部門助演男優賞受賞。今回助演男優賞でもノミネート。

 ◆主演女優賞 ドラマ部門(Actress in a Lead Role Drama)
 ・カトリーナ・バルフ 『アウトランダー』
 ◎ルース・ブラッドリー “Rebellion”
 ・エレイン・キャシディ “No Offence”
 ・セーラ・グリーン “Rebellion”
 ・キャサリン・ウォーカー “Critical”

 カトリーナ・バルフは、同作品で前回もノミネート。
 セーラ・グリーンは、前回映画部門で助演女優賞受賞(ライジング・スター賞も受賞)。今回助演女優賞でもノミネート。
 キャサリン・ウォーカーは、前回映画部門で助演女優賞ノミネート。

 ◆助演男優賞 ドラマ部門(Actor in a Supporting Role in Drama)
 ・リアム・カニンガム 『ゲーム・オブ・スローンズ』
 ・ネッド・デネヒー 『ディケンジアン』
 ◎Moe Dunford 『ヴァイキング ~海の覇者たち~』
 ・Robert O'Mahoney “An Klondike”
 ・スティーヴン・レイ “War and Peace”

 リアム・カニンガムは、同作品で3年連続ノミネート。
 Moe Dunfordは、前回映画部門で主演男優賞受賞。
 スティーヴン・レイは、前回ドラマ部門助演男優賞受賞。今回主演男優賞でもノミネート。

画像

 ◆助演女優賞 ドラマ部門(Actress in a Supporting Role in Drama)
 ・ミシェル・フェアリー “Rebellion”
 ◎セーラ・グリーン 『ナイトメア ~血塗られた秘密~』
 ・ポーラ・マルコムソン 『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』
 ・ルース・ネッガ 『エージェント・オブ・シールド』
 ・ヴィクトリア・スマーフィット 『ワンス・アポン・ア・タイム』

 セーラ・グリーンは、前回、ライジング・スター賞と映画部門の助演女優賞を受賞し、この2年で3つの賞に輝いた。今回主演女優賞でもノミネート。

画像

 ◆脚本賞 ドラマ部門(Script Drama)
 ◎Marcus Fleming “An Klondike”
 ・Lisa McGee “Indian Summers”
 ・Billy Roche “Clean Break”
 ・コリン・ティーヴァン(Colin Teevan) “Rebellion”

 コリン・ティーヴァンは前回“Charlie”で受賞。

 【特別賞・名誉賞】

 ◆ライジング・スター賞
 ※前回まではノミネーションの発表がありましたが、今回は受賞者の発表のみのようです。
 ◎Stephen fingleton
 “The Survivalist”の監督。

画像

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award)
 ◎リアム・ニーソン

画像

 ◆ディアスポラ賞(The Inagurual Irish Diaspora Award)
 ◎ローマ・ダウニー(Roma Downey)
 オペレーション・スマイルの大使として20年以上活動しているほか、シリアやイラクのキリスト教徒避難民のために働き、また、ニューヨークのアイリッシュ・アート・センターやロンドンデリーのプレイハウスでサポーターを務めていることに対して。

画像

--------------------------------

 映画部門の、主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・『ルーム』(7/9):作品・監督・脚本・編集・録音・音楽・インターナショナル作品・男優・女優
 ・“Sing Street”(1/8):作品・監督・助演男優・脚本・衣裳・メイク・録音・音楽
 ・『ブルックリン』(2/7):作品・監督・主演女優・助演男優・助演女優・メイク・視覚効果
 ・“My Name is Emily”(0/7):作品・主演女優・助演男優・撮影・編集・録音・音楽
 ・“Viva”(1/7):作品・監督・脚本・撮影・編集・美術・音楽
 ・“The Survivalist”(0/4):作品・監督・主演男優・助演女優
 ・“Ex Machina”(0/2):主演男優・インターナショナル作品
 ・“Mammal”(0/2):主演男優・女優
 ・“Pursuit”(0/2):主演女優・助演男優
 ・“The Callback Queen”(0/2):主演女優・助演男優
 ・“The Queen of Ireland”(0/2):編集・ドキュメンタリー

 テレビ部門の、主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・“An Klondike”(4/9):助演女優・美術・衣裳・メイク・ドラマ・監督・主演男優・助演男優・脚本
 ・“Rebellion”(1/8):美術・衣裳・ドラマ・主演男優・主演女優・主演女優・助演女優・脚本
 ・『ヴァイキング ~海の覇者たち~』(2/5):撮影・衣裳・メイク・ドラマ・助演男優
 ・『ナイトメア ~血塗られた秘密~』(1/3):ドラマ・監督・助演女優
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(0/2):ドラマ・助演男優
 ・『ディケンジアン』(0/2):主演男優・助演男優

--------------------------------

 ・“Sing Street”(アイルランド・英・米) 監督:ジョン・カーニー
 出演:Ferdia Walsh-Peelo、エイダン・ギレン、マリア・ドイル・ケネディー、ジャック・レイナー、ルーシー・ボーイントン、Kelly Thornton
 物語:1980年代のダブリン。コナーは、1歳年上の女の子ラフィーナの関心を惹きたくてバンドを始める。学校は過酷で、家庭も壊れかけていて、彼がそれらから逃れる術は、曲を書くことだった。一方、ラフィーナの家庭も問題を抱えていて、彼女は父親から虐待を受け、母親は精神的な病を患っていた。バンドは、デュランデュランやザ・キュアなどに影響を受けていたが、次第に彼ら自身のポップなスタイルを築き、人気を勝ち得ていく。やがてコナーとラフィーナはイギリスへと旅立つ決心をする……。
 サンダンス映画祭2016 プレミア部門出品。
 ダブリン国際映画祭2016 アイルランド映画批評家協会賞 Michael Dwyer Discovery Award受賞(Ferdia Walsh Peelo)。

画像

 ・“The Survivalist”(英) 監督:Stephen Fingleton
 物語:世界を飢餓が襲う。男は、収穫物を頼りに森の中にひっそりと隠れ住んでいた。そこに食べ物と避難所を求めて、キャスリンと娘のミルジャがやってくる。3人での共存と疑惑と依存の日々が始まる。ひとりでも食い扶持が増えることは、自らの命を危うくすることでしかない。さらにそこに覆面の侵略者たちが近づいていた……。
 トライベッカ映画祭2015 ニュー・ナラティヴ・ディレクター・コンペティション部門出品。審査員スペシャル・メンション受賞。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2015 Citizen Kane Award for Best Directorial Revelation受賞。
 ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2015 新人監督賞受賞。

画像

 ・“Mom and Me”(アイルランド・米) 監督:Ken Wardrop
 アメリカで最も男臭い都市とも言われるオクラホマシティー。Joe Cristanoは、ラジオのパーソナリティーで、母の日を間近に控えた頃、男性リスナーに母親との関係を問いかける。障害者のティーンエイジャーと過保護な母親、アルツハイマー病の母親の面倒を見ている中年男性、過去の亀裂をなんとかしようともがいている最中の息子たち……。様々なアングルやパースペクティヴから母親と息子の関係が語られる。
 テルライド映画祭2015出品。
 クリーヴランド国際映画祭2016 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。

画像

 ・“Stutterer”(英) 監督:Benjamin Cleary
 物語:グリーンウッドは、タイポグラファーの仕事をしている。オンラインでコミュニケーションを取るには問題ないし、頭の中では表情豊かに話しているつもりだが、実際に人前で話すとなると、どもってしまってうまくいかない。
 ゴールウェイ映画祭2015出品。
 L.A.短編映画祭2015 最優秀外国映画賞受賞。
 ワシントンDC短編映画祭2015 観客賞受賞。
 オフライン映画祭2015 審査員スペシャル・メンション、観客賞受賞。
 サバンナ映画祭2015審査員特別賞受賞。
 ケリー映画祭2015 最優秀インターナショナル作品賞、観客賞受賞。
 Fesancorチリ国際映画祭2015 最優秀フィクション賞次点、男優賞(Matthew Needham)受賞。
 Aesthetica短編映画祭2015 最優秀ドラマ賞受賞。
 ロンドン映画批評家協会賞2016 英国/アイルランド短編映画賞受賞。
 米国アカデミー賞2016 短編映画賞受賞。

画像

 ・“Geist”(アイルランド) 監督:Ben Harper、Sean Mullen、Alex Sherwood
 物語:難破船の漁師が孤島の廃屋に避難するが、彼はまもなく自分が独りではないことに気づく。
 ゴールウェイ映画祭2015 Best Animated Sequence in a Short Film受賞。
 クレモンフェラン国際短編映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ダブリン国際映画祭2016出品。最優秀アイリッシュ短編映画賞受賞。
 SXSW映画祭2016 短編アニメーション・コンペティション部門出品。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2016 グランド・コンペティション部門出品。

画像

--------------------------------

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・アイルランド・アカデミー賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201603/article_13.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201505/article_27.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_2.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2014 受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201404/article_6.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_38.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_17.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_44.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_23.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_29.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_22.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_25.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_38.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_22.html

 ・ロンドン映画批評家協会賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_42.html
 ・ロンドン映画批評家協会賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_40.html

 ・ダブリン映画批評家協会賞2015:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_72.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年1月~5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_49.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック