米国アカデミー賞2016 オリジナル歌曲賞候補 74タイトル発表! 『思い出のマーニー』も!

 第88回米国アカデミー賞 オリジナル歌曲賞 有資格作品74タイトルです。(12月11日発表)

 対象作品は全部で51あります。

画像

--------------------------------

 ・“Altered Minds”-‘Happy’
 ・“Alvin and the Chipmunks: The Road Chip”-‘Home’
 ・“Anomalisa”-‘None Of Them Are You’ [アニメーション]
 ・“Becoming Bulletproof”-‘Stem To The Rose’ [ドキュメンタリー]
 ・『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』-‘The Mystery Of Your Gift’
 ・“Chi-Raq”-‘I Run’
 ・“Chi-Raq”-‘Pray 4 My City’
 ・“Chi-Raq”-‘Sit Down For This’
 ・『シンデレラ』-‘Strong’
 ・“Concussion”-‘So Long’
 ・『クリード チャンプを継ぐ男』-‘Fighting Stronger’
 ・『クリード チャンプを継ぐ男』-‘Grip’
 ・『クリード チャンプを継ぐ男』-‘Waiting For My Moment’
 ・『Dearダニー 君へのうた』-‘Don't Look Down’
 ・『Dearダニー 君へのうた』-‘Hey Baby Doll’
 ・“The Diary of a Teenage Girl”-‘Dreamsong’
 ・“Dope”-‘It's My Turn Now’
 ・“Dukhtar”(パキスタン・ノルウェー・米)-‘Ya Rahem, Maula Maula’
 ・『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』-‘Earned It’
 ・『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』-‘Love Me Like You Do’
 ・『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』-‘Salted Wound’
 ・“Freeheld”-‘Hands Of Love’
 ・『ワイルド・スピード SKY MISSION』-‘See You Again’
 ・“Godspeed: The Story of Page Jones”-‘Brother’ [ドキュメンタリー]
 ・“Home”-‘As Real As You And Me’ [アニメーション]
 ・“Home”-‘Dancing In The Dark’ [アニメーション]
 ・“Home”-‘Feel The Light’ [アニメーション]
 ・“Home”-‘Red Balloon’ [アニメーション]
 ・『キューティ・コップ』“Hot Pursuit”-‘Two Of A Crime’
 ・“The Hunting Ground”-‘Til It Happens To You’ [ドキュメンタリー]
 ・“I'll See You in My Dreams”-‘I'll See You In My Dreams’
 ・『イングリッド・バーグマン』“Ingrid Bergman – In Her Own Words”(スウェーデン)-‘The Movie About Us’ [ドキュメンタリー]
 ・“Jalam”(インド)-‘Bhoomiyilenghanumundo’
 ・“Jalam”(インド)-‘Koodu Vaykkan’
 ・“Jalam”(インド)-‘Pakalppaathi Chaari’
 ・“Jalam”(インド)-‘Yaathra Manoradhamerum’
 ・“Jenny's Wedding”-‘Lost In Love’
 ・“Jenny's Wedding”-‘True Love Avenue’
 ・“Kahlil Gibran's The Prophet”(米・仏・カナダ・レバノン・カタール)-‘Hypnosis’ [アニメーション]
 ・“McFarland, USA”-‘Juntos (Together)’
 ・“Meru”-‘The Light That Never Fails’ [ドキュメンタリー]
 ・“Miss You Already”-‘The Crazy Ones’
 ・“Miss You Already”-‘There's A Place’
 ・『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』-‘Johanna’
 ・『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』-‘Little Soldier’
 ・『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』-‘Something's Not Right’
 ・“Paranoid Girls”-‘Paranoid Girl’
 ・『I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE』-‘Better When I'm Dancin' [アニメーション]
 ・“Pink & Blue: Colors of Hereditary Cancer”-‘Pink & Blue’ [ドキュメンタリー]
 ・『ピッチ・パーフェクト2』-‘Flashlight’
 ・“Poached”-‘Birds Of A Feather’ [ドキュメンタリー]
 ・『X-ミッション』-‘Still Breathing’
 ・“Racing Extinction”-‘Manta Ray’ [ドキュメンタリー]
 ・『幸せをつかむ歌』“Ricki and the Flash”-‘Cold One’
 ・“Rock the Kasbah”-‘Torch’
 ・“The Rumperbutts”-‘Someone Like You’
 ・“Salt Bridge”(オーストラリア)-‘Aankhon Me Samaye Dil’
 ・“Salt Bridge”(オーストラリア)-‘Bachpana Thaa’
 ・“Salt Bridge”(オーストラリア)-‘Kanpne Lage Tum’
 ・“Salt Bridge”(オーストラリア)-‘Kyaa Bataaun Tujhe’
 ・“Salt Bridge”(オーストラリア)-‘Le Jaaye Jo Door Tumse’
 ・“Salt Bridge”(オーストラリア)-‘Na Jaane Kitni Door’
 ・“Salt Bridge”(オーストラリア)-‘Sookha Hi Rang Daalo’
 ・『映画 ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』-‘Feels Like Summer’ [アニメーション]
 ・“Southpaw”-‘Phenomenal’
 ・『007 スペクター』-‘Writing's On The Wall’
 ・『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』-‘Squeeze Me’ [アニメーション]
 ・『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』-‘Teamwork’ [アニメーション]
 ・“Spy”-‘Who Can You Trust’
 ・“Sweet Micky for President”-‘Came To Win’ [ドキュメンタリー]
 ・『テッド2』-‘Mean Ol' Moon’
 ・『ディバイナー 戦禍に光を求めて』“The Water Diviner”-‘Love Was My Alibi’
 ・『思い出のマーニー』“When Marnie Was There”(日)-‘Fine On The Outside’ [アニメーション]
 ・“Youth”(伊・仏・スイス・英)-‘Simple Song #3’

--------------------------------

 【オリジナル歌曲賞の規定】

 候補歌曲の条件は、歌または音楽で構成された歌曲で、映画のために作られたオリジナルであること、明瞭に聴き取れ、それだけで独立した歌詞とメロディーを有していること、映画の本編かエンドロールの1曲目に使われていること、です。

 以前は、ロサンゼルスで、アカデミーの音楽部会のメンバーのために、該当部分のクリップの上映会を行ない、彼らの投票によって、アカデミー賞ノミニーを決定していたのですが(当日上映に来られないメンバーのために同様の内容を収録したDVDも制作した)、現在は、上映会は行なわないようになったらしく、該当部分のクリップを収録したDVDを音楽部会の各メンバーに送付し、メンバーはそれを個人で鑑賞して審査し、最大5作品に投票を行ないます。

 ノミネーションに関しては、以前はポイント制だったのですが、公式サイトにはそうした記載はなくなり、投票数の多い上位5作品がノミネートされることになったようです。
 以前は、ポイント制により、ノミネート作品(曲)は、該当作なし、または、2作品~最大5作品までとなっていましたが、そうした記載もなくなり、歌曲賞のノミネート枠は「5作品(曲)」に固定されたようです。

 同一作品からは2曲まで有効で、もし上位曲の中に同一作品から3曲入っていた場合は、次点の曲が繰り上げになります。

--------------------------------

 【オリジナル歌曲賞の傾向】

 オリジナル歌曲賞の特徴としては―

 ①アニメーション作品はノミネートされやすい。
 『ベルヴィル・ランデブー』『ポーラー・エクスプレス』『シュレック2』『カーズ』『ウォーリー』『プリンセスと魔法のキス』『塔の上のラプンツェル』『トイ・ストーリー3』など。

 ②かつてアニメーション作品がよく歌曲賞を受賞していたが、2002年を境に受賞されなくなった。
 1990年の『リトル・マーメイド』から始まって、『美女と野獣』、『アラジン』、『ライオン・キング』、『ポカホンタス』、『プリンス・オブ・エジプト』、『ターザン』、『モンスターズ・インク』まで、ほぼ毎年のようにアニメーション作品が歌曲賞を受賞していましたが、2002年の『モンスターズ・インク』を境に、アニメーション作品の歌曲賞受賞はパッタリ途絶えています。(9年ぶりに『トイ・ストーリー3』が受賞していますが。)
 これはアカデミー賞に長編アニメーション賞ができたのとたぶん無関係ではなく、それまではアニメーション作品への評価を歌曲賞に肩代わりさせていたようなところがあったのが、長編アニメーション賞を設けたことでその必要もなくなり、「歌曲賞はもっとほかの作品に」と考えられるようになったからだろうと考えられます。
 長編アニメーション賞ができたのと同じ年にアニメーション作品の歌曲賞受賞がパッタリ途絶えたというのはとても象徴的です。(この時代は、ちょうど1990年代のディズニー・アニメーションの全盛期とも重なっていて、ひょっとすると、ディズニー関係者は、アカデミー会員にこの部門でプロモーションをかけたのではないか、とも考えられます。)
 近年は、歌曲賞のノミネート枠が増えて、また傾向が変わったのか、ノミネートされやすくなり、2014年には『アナと雪の女王』と『怪盗グルーのミニヨン危機一発』、2015年には『LEGO ムービー』がノミネートされ、『アナと雪の女王』が受賞を果たしています。

 ③音楽にまつわるドラマはノミネート&受賞しやすい。
 アニメーションに替わって、受賞することが多くなったのが、音楽が重要なファクターとなっている作品の受賞で、受賞作品には、『エビータ』『8マイル』『ハッスル&フロウ』『ONCE ダブリンの街角で』『クレイジー・ハート』があり、そのほかのノミネート作品には、『ミュージック・オブ・ハート』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『シカゴ』『オペラ座の怪人』『コーラス』『ドリームガールズ』『NINE』などがあります。

 ④作品賞受賞作品が歌曲賞までも制してしまうこともある。
 『タイタニック』『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』『スラムドッグ$ミリオネア』など。
 このクラスの作品がノミネートされると俄然受賞の確率も高くなります。

 ⑤2007年にドキュメンタリー作品として(たぶん)初めて『不都合な真実』が歌曲賞を受賞していますが、これは例外であって、ドキュメンタリー作品は候補には挙がりますが、ノミネートまで進むことは稀です。

--------------------------------

 【前哨戦】

 ◆アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞
 ◎『ワイルド・スピード SKY MISSION』-‘See You Again’

 ◆サテライト・アワード ノミネーション
 ・『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』-‘Love Me Like You Do’
 ・『ワイルド・スピード SKY MISSION』-‘See You Again’
 ・“The Hunting Ground”-‘Till It Happens To You’
 ・『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』-‘One Kind Of Love’
 ・『幸せをつかむ歌』“Ricki and the Flash”-‘Cold One’
 ・『007 スペクター』-‘Writing’s On The Wall’

 ◆ゴールデン・グローブ賞 ノミネーション
 ・『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』-‘Love Me Like You Do’ 音楽・詞:マックス・マーティン、Savan Kotecha、Ali Payami、Ilya Salmanzadeh
 ・『ワイルド・スピード SKY MISSION』-‘See You Again’ 音楽・詞:Justin Franks、Andrew Cedar、チャーリー・プース、キャメロン・トーマズ
 ・『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』-‘One Kind Of Love’ 音楽・詞:ブライアン・ウィルソン、Scott Bennett
 ・『007 スペクター』-‘Writing’s On The Wall’ 音楽・詞:サム・スミス、ジェームズ・ネピア
 ・“Youth”-‘Simple Song #3’ 音楽・詞:デイヴィッド・ラング

--------------------------------

 歌曲賞を設けている映画賞自体が少ないので、参考になるデータは少なく、結果から遡ってデータを検証しても、相関性を指摘できるようなものはほとんど見当たりません。

 ノミネーションの一致率が高い映画賞も、受賞作の一致率の高い映画賞も指摘できませんが、現時点では、サテライト・アワードとゴールデン・グローブ賞でノミネーションが一致したタイトルがやや有望、ということぐらいは言えるかもしれません。

 ・『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』-‘Love Me Like You Do’
 ・『ワイルド・スピード SKY MISSION』-‘See You Again’
 ・『007 スペクター』-‘Writing’s On The Wall’

 ※『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』-‘One Kind Of Love’は米国アカデミー賞では選外になっています。

 ちなみに、ヒューストン映画批評家協会賞は、昨年度、米国アカデミー賞とノミネーションでは4つ一致させて受賞作を外し、2013年度はノミネーションは1つしか一致せず、受賞作をノミネートさせていたのに外し、2012年度はノミネーションで3つ一致して受賞作を的中させています。歌曲賞の参考データとしては、なぜかここが米国アカデミー賞に一番近い結果を出していて、多少の参考にはなるかもしれません。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー賞2015 歌曲賞候補79曲:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_7.html
 ・米国アカデミー賞2014 歌曲賞候補75曲:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_56.html
 ・米国アカデミー賞2013 歌曲賞候補75曲:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_23.html
 ・米国アカデミー賞2012 歌曲賞候補39曲:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_46.html
 ・米国アカデミー賞2011 歌曲賞候補41曲:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_30.html
 ・米国アカデミー賞2010 歌曲賞候補63曲:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_29.html
 ・米国アカデミー賞2009 歌曲賞候補49曲:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_28.html

 ・米国アカデミー賞2016 視覚効果賞 候補 20作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_19.html

 ・米国アカデミー賞2016 長編ドキュメンタリー賞ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_6.html

 ・米国アカデミー賞2016 短編ドキュメンタリー賞ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_28.html

 ・米国アカデミー賞2016 短編映画賞 ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_30.html

 ・米国アカデミー賞2016 短編アニメーション賞 ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_26.html
 ・米国アカデミー賞2016 短編アニメーション賞 ロングリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_10.html

 ・米国アカデミー賞2016 長編アニメーション賞 エントリー作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_7.html

 ・米国アカデミー賞2016 外国語映画賞 各国代表作品 リスト その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_20.html
 ・米国アカデミー賞2016 外国語映画賞 各国代表作品 リスト その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_21.html
 ・米国アカデミー賞2016 外国語映画賞 各国代表作品 リスト その3:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_24.html
 ・完全ガイト!米国アカデミー賞2016 外国語映画賞 各国代表作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_25.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月~2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック