ゴールデン・グローブ賞2016 外国語映画賞 ロングリスト発表! 『海街diary』もエントリー!

 ノミネーション発表に先がけ、第73回ゴールデン・グローブ賞の外国語映画賞のロングリストが公表されています。(12月8日発表)

 対象となるのは、2014年11月1日から2015年12月31日までに、当言語の母国で公開されている作品で、英語以外の言語が51%以上使われている作品、ということになっています。

 米国アカデミー賞との違いは、1カ国1作品でなくてもいいこと、英語以外の言語が51%以上使われている作品であればアメリカ映画でもかまわないこと、ドキュメンタリー作品は対象外であること、などが挙げられます。

 ゴールデン・グローブ賞 外国語映画賞のロングリストが公式に発表されるのは、昨年に続き、2年連続になります。

 本年度のロングリストは以下の通り。全部で71作品あります。
 本年度米国アカデミー賞外国語映画賞に作品をエントリーしていない国の作品には☆を、本年度、米国アカデミー賞外国語映画賞にエントリーしたけれど、代表作品とは異なる選出作品には、△を付してあります。

 *公式サイト:http://www.goldenglobes.com/articles/foreign-language-films-road-globes-2015

画像

--------------------------------

 ドイツ(7)
 △『ヒトラー暗殺、13分の誤算』(独) 監督:オリバー・ヒルシュビーゲル
 △“Hilfe, ich hab meine Lehrerin geschrumpft (Help I Shrunk My Teacher)”(独・オーストリア) 監督:スヴェン・ウンターヴァルト・Jr(Sven Unterwaldt Jr.)
 △“Hirschen - Da machst was mit! (Hirchen)”(独) 監督:George Inci
 △“Honig im Koft (Head Full of Honey)”(独) 監督・ティル・シュヴァイガー、Lars Gmehling
 ・『顔のないヒトラーたち』(独) 監督:ジュリオ・リッチャレッリ
 △『あの日のように抱きしめて』(独) 監督:クリスティアン・ペツォルト
 △『ヴィクトリア』“Victoria”(独) 監督:ゼバスティアン・シッパー(Sebastian Schipper)

 フランス(7)
 △『ディーパンの闘い』(仏) 監督:ジャック・オディアール
 △『EDEN/エデン』(仏) 監督:ミア・ハンセン=ラヴ
 △“La French (The Connection)”(仏・ベルギー) 監督:セドリック・ヒメネス(Cédric Jimenez)
 △『涙するまで、生きる』(仏) 監督:ダヴィド・オロファン
 △『偉大なるマルグリット』(仏) 監督:グザヴィエ・ジャノリ
 ・“Mustang”(仏・独・トルコ) 監督:Deniz Gamze Ergüven
 △『彼は秘密の女ともだち』(仏) 監督:フランソワ・オゾン

 アルゼンチン(4)
 △“Francisco - El Padre Jorge (Francis Pray for Me)”(西・アルゼンチン・伊) 監督:Beda Docampo Feijóo
 ・“The Clan(El Clan)”(アルゼンチン・西) 監督:パブロ・トラペロ
 △“El Patrón, Anatomía de un Crimen (The Boss, Anatomy of a Crime)”(アルゼンチン・ベネズエラ) 監督:Sebastián Schindel
 △『約束の地』(アルゼンチン・デンマーク・仏・メキシコ・米・独・ブラジル・オランダ) 監督:リサンドロ・アロンソ(Lisandro Alonso)

 中国(4)
 △“Monk Comes Down the Mountain(道士下山)”(中・米) 監督:チェン・カイコー
 △『山河ノスタルジア』“Mountains May Depart(山河故人)”(中・日・仏) 監督:ジャ・ジャンクー
 △『神なるオオカミ』“Wolf Totem/狼图腾”(中・仏) 監督:ジャン=ジャック・アノー
 △“Gone With the Bullets(一步之遙)”(中・米・香港) 監督:チアン・ウェン

 メキシコ(3)
 ・“600 Miles(600 Millas)”(メキシコ・米) 監督:Gabriel Ripstein
 △“Gloria”(メキシコ) 監督:Christian Keller
 △“Tiempos Felices (Happy Times)”(メキシコ) 監督:Luis Javier M. Henaine

 トルコ(3)
 △“Kirimli (Crimean)”(トルコ) 監督:Burak Arliel
 △“Lost Birds”(トルコ) 監督:Ela Alyamac、Aren Perdeci
 ・トルコ:『シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬』(トルコ) 監督:カアン・ミュジデジ(Kaan Müjdeci)

 デンマーク(2)
 ・“A War(Krigen)”(デンマーク) 監督:トビアス・リンホルム
 △“Mænd & høns (Men & Chicken)”(デンマーク・独) 監督:アナス・トマス・イェンセン(Anders Thomas Jensen)

 フィンランド(2)
 △“Kätilö (The Midwife)”() 監督:アンティ・ヨキネン(Antii Jokinen)
 ・“The Fencer(Miekkailija)”(フィンランド・エストニア・独) 監督:クラウス・ハロ

 イスラエル(2)
 △“Apples From The Desert”(イスラエル) 監督:Matti Harari、Arik Lubetzki
 ・“Father John(באבא ג'ון/Baba Joon)”(イスラエル) 監督:Yuval Delshad

 イタリア(2)
 △“Mia Madre (My Mother)”(伊・仏) 監督:ナンニ・モレッティ
 ・イタリア:“Don't Be Bad(Non Essere Cattivo)”(伊) 監督:Claudio Caligari

 ルーマニア(2)
 ・“Aferim!”(ルーマニア・ブルガリア・チェコ) 監督:Radu Jude
 △“Cel Ales (The Chosen One)”(ルーマニア) 監督:Cristian Comeaga

 ・アイスランド:『ひつじ村の兄弟』“Hrútar (Rams)”(アイスランド・デンマーク) 監督:グリームル・ハゥコーナルソン(Grímur Hákonarson)
 ・アイルランド:“Viva”(アイルランド) 監督:パディ・ブレスナック(Paddy Breathnach) ・アフガニスタン:“Utopia(آرمان شهر)”(アフガニスタン) 監督:Hassan Nazer
 △イラン:“Taxi (Taxi Tehran)”(イラン) 監督:ジャファール・パナヒ
 ・エストニア:“1944”(エストニア・フィンランド) 監督:Elmo Nüganen
 ・オーストリア:『グッドナイト・マミー』“Goodnight Mommy(Ich Seh Ich She)”(オーストリア) 監督:ヴェロニカ・フランツ(Veronika Franz)、セベリン・フィアラ(Severin Fiala)
 ・オランダ:“The Paradise Suite”(オランダ・スウェーデン・ブルガリア) 監督:Joost van Ginkel
 ・カザフスタン:“Stranger(Жат/Zhat)”(カザフスタン) 監督:Yermek Tursunov
 ・カナダ:“Felix and Meira(Félix et Meira)”(カナダ) 監督:Maxime Giroux
 ・韓国:“The Thronee(사도/思悼)(韓) 監督:イ・ジュンイク
 ・キルギスタン:“Heavenly Nomadic(Сутак/Sutak)”(キルギスタン) 監督:Mirlan Abdykalykov
 ・グアテマラ:『火の山のマリア』“Ixcanul”(グアテマラ・仏) 監督:ハイロ・ブスタマンテ(Jayro Bustamante)
 ・グルジア:“Moira(მოირას)”(グルジア) 監督:Levan Tutberidze
 ・クロアチア:『灼熱の太陽』“Zvizdan (The High Sun)”(クロアチア・セルビア・スロヴェニア) 監督:ダリボル・マタニッチ(Dalibor Matanić)
 ☆シリア:“Four O'clock at Paradise”(シリア) 監督:Mohamad Abdulaziz
 ・タイ:“How to Win At Checkers (Every Time)(พี่ชาย/My Hero)”(インドネシア・米・タイ) 監督:Josh Kim
 ・チェコ:“Home Care(Domácí péče)”(チェコ・スロヴァキア) 監督:Slávek Horák
 ・チリ:『ザ・クラブ』“The Club(El Club)”(チリ) 監督:パブロ・ラライン
 △日本:『海街diary』“Umimachi Diary (Our Little Sister)”(日) 監督:是枝裕和
 ・ノルウェー:“The Wave(Bølgen)”(ノルウェー) 監督:ローアル・ユートハウグ(Roar Uthaug)
 ☆ハイチ:“Rasin Mwen”(ハイチ・米) 監督:Robinson Vil
 ・ハンガリー:『サウルの息子』“Saul Fia (Son of Saul)”(ハンガリー) 監督:ネメシュ・ラースロー(László Nemes)
 ・フィリピン:“Heneral Luna”(フィリピン) 監督:Jerrold Tarog
 ・ブラジル:“The Second Mother(Que Horas Ela Volta?)”(ブラジル) 監督:Anna Muylaert
 ・ベルギー:“The Brand New Testament(Le Tout Nouveau Testament)”(ベルギー・仏・ルクセンブルク) 監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
 ・ポーランド:“11 Minutes(11 Minut)”(ポーランド・アイルランド) 監督:イェジー・スコリモフスキ
 ・香港:『破風』“To The Fore(破風)”(香港) 監督:ダンテ・ラム
 ・マレーシア:“Men Who Save the World(Lelaki Harapan Dunia)”(マレーシア・オランダ・独・仏) 監督:リュウ・センタック( Liew Seng Tat/劉成達)
 ・南アフリカ共和国:“The Two of Us(Thina Sobabili)”(南ア) 監督:Ernest Nkosi
 △モロッコ:“Zin Li Fik (Much Loved)”(仏・モロッコ) 監督:Nabil Ayouch
 ・モンテネグロ:“You Carry Me(Ti mene nosiš)”(クロアチア・スロヴェニア・セルビア・モンテネグロ) 監督:Ivona Juka
 ・ヨルダン:『ディーブ』“Wolf(ذيب/Theeb)”(ヨルダン・UAE・カタール・英) 監督:ナジ・アブヌワール(Naji Abu Nowar)
 △ロシア:“Chaiki (The Gulls)”(ロシア) 監督:Ella Manzheeva

--------------------------------

 ◆米国アカデミー賞とは、違う作品が選出されている国
 イラン、中国、日本、モロッコ、ロシア

 ◆米国アカデミー賞には選出されなかった国の作品
 ハイチ、シリア

 ◆米国アカデミー賞には選出されたが、ゴールデン・グローブ賞では選出されなかった国(38カ国)
 アルジェリア、アルバニア、イギリス、イラク、インド、ウルグアイ、エチオピア、オーストラリア、カンボジア、ギリシャ、コートジボワール、コスタリカ、コソボ、コロンビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロヴェニア、スロヴァキア、セルビア、台湾、ドミニカ共和国、ネパール、パキスタン、パラグアイ、パレスチナ、バングラデシュ、ブルガリア、ベトナム、ベネズエラ、ペルー、ポルトガル、マケドニア、ラトヴィア、リトアニア、ルクセンブルク、レバノン

--------------------------------

 米国アカデミー賞外国語映画賞の選出には、内外から批判的な意見が出ることも少なくありませんが、米国アカデミー賞外国語映画賞的な制約から自由なはずのゴールデン・グローブ賞外国語映画賞は、こっちの方がいいかなというチョイスもなくはありませんが、少なくとも本年度は、選出されなかった国の作品に選ばれなかったことが残念に思われる作品が多すぎるように思います。

 スウェーデンとか、台湾、ポルトガル、リトアニアなんかは、米国アカデミー賞の方でノミネートされる可能性もあるのに、と思ったりもしますね。

 ゴールデン・グローブ賞の外国語映画賞は、マイナーな国の作品やあまり有名ではない監督の作品は選ばれないので、選択の幅は、そんなにはありません。モレッティ、パナヒ、ジャ・ジャンクーは、米国アカデミー賞では選外ですが、ゴールデン・グローブ賞ではノミネート有力なのではないでしょうか。

 第73回ゴールデン・グローブ賞のノミネーション発表は、12月10日です。

--------------------------------

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ゴールデン・グローブ賞2015 外国語映画賞 ロングリスト53作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_6.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2014 外国語映画賞 ロングリスト58作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_19.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2010 外国語映画賞 ロングリスト69作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_16.html

 ・米国アカデミー賞2016 外国語映画賞 各国代表作品 リスト その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_20.html
 ・米国アカデミー賞2016 外国語映画賞 各国代表作品 リスト その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_21.html
 ・米国アカデミー賞2016 外国語映画賞 各国代表作品 リスト その3:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_24.html
 ・完全ガイド! 米国アカデミー賞2016 外国語映画賞 各国代表作品!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_25.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月~2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック