カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2014 受賞結果!

 第49回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(7月4日-12日)の各賞が発表になりました。

画像

 【オフィシャル・セレクション】(Official Selection - Competition)

 ◆グランプリ(Grand Prix - Crystal Globe)
 ◎“Corn Island(Simindis kundzuli)”(グルジア・独・仏・チェコ・カザフスタン) 監督:George Ovashvili

画像

 ◆審査員特別賞
 ◎“Free Fall(Szabadesés)”(ハンガリー・仏・韓) 監督:パールフィ・ジョルジ(György Pálfi)

画像

 ◆監督賞
 ◎パールフィ・ジョルジ “Free Fall(Szabadesés)”(ハンガリー・仏・韓)

画像

 ◆男優賞
 ◎ナウエル・ペレ・ビスカヤー(Nahuel Pérez Biscayar) “All Yours(Je suis à toi)”(ベルギー・カナダ)(監督:David Lambert)

画像

 ◆女優賞
 ◎エル・ファニング “Low Down”(米)(監督:ジェフ・プレイス(Jeff Preiss))

画像

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“Rocks in My Pockets”(米・ラトヴィア) 監督:Signe Baumane

画像

 ◆エキュメニカル審査員賞
 ◎“Corn Island(Simindis kundzuli)”(グルジア・独・仏・チェコ・カザフスタン) 監督:George Ovashvili

 ◆エキュメニカル審査員賞 スペシャル・メンション
 ◎“Rocks in My Pockets”(米・ラトヴィア) 監督:Signe Baumane

 ◆Europa Cinemas Label Award
 ◎“Free Fall(Szabadesés)”(ハンガリー・仏・韓) 監督:パールフィ・ジョルジ(György Pálfi)

 【イースト・オブ・ウェスト コンペティション】

 ◆イースト・オブ・ウェスト賞(East of the West Award)
 ◎“Corrections Class(Klass korrekcii)”(ロシア・独) 監督:Ivan Tverdovsky

画像

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Barbarians(Varvari)”(セルビア・モンテネグロ・スロヴェニア) 監督:Ivan Ikić

画像

 ◆FEDEORA賞
 ◎“Bota”(アルバニア・伊) 監督:Iris Elezi、Thomas Logoreci

画像

 【ドキュメンタリー・コンペティション】(Documentary Films in Competition)

 ◆最優秀ドキュメンタリー 30分以上部門(Best Documentary Film over 30 minutes long)
 ◎“Waiting for August”(ベルギー) 監督:Teodora Ana Mihai

 “Waiting for August”(ベルギー) 監督:Teodora Ana Mihai
 Georgiana Halmacは、ルーマニアのバカウ郊外のアパートで暮らす15歳の少女。彼女の母親は、失業中で、トリノに仕事を探しにでかけ、彼女は、6人の弟妹の面倒を見なければならなくなる。彼女は、思春期と責任ある大人との間で、最善をつくす。テレビから得た知恵で間に合わせたり、時々は電話で母に訊いたりもする。彼女には自分の問題や高校生活もあり、弟妹を社会施設に預けた方がいいという近所の人の相手もしなければならない。彼女は、信じられないような落ち着きと禁欲主義の下、手際よく、デリケートなバランスを維持して、あらゆることに対処している。
 Hot Docs カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2014最優秀インターナショナル長編ドキュメンタリー賞受賞。

画像

画像

 ◆30分以上部門 スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Sitzfleisch(Steadiness)”(オーストリア) 監督:Lisa Weber

 “Sitzfleisch(Steadiness)”(オーストリア) 監督:Lisa Weber
 Lisa Weberは、サマー・バケーションに、弟と祖父母とともに、ウィーンからノルウェーの北の岬まで車で旅行し、その道中のすべてをカメラで記録する。旅のパンフレットに関する些細ないざこざ、フェリーへの渡航、観光地に対する失望感……。旅も長くなると、同じことの繰り返しで、次第に単調になっていくが、それは祖父母たちの長い人生とも重なる。孫たちには彼らがどうしてそんなに長く一緒にいられるのか、理解が及ばない。祖父母は、それぞれの生活習慣が深く染みつき、互いを気遣い合い、目に見えない絆で結びついている。
 ロッテルダム国際映画祭2014 ブライト・フューチャー部門出品。

画像

画像

 ◆最優秀ドキュメンタリー 30分未満部門(Best Documentary Film under 30 minutes long)
 ◎“Autofocus”(クロアチア) 監督:Boris Poljak

 “Autofocus”(クロアチア) 監督:Boris Poljak
 クロアチアの聖ニコラス教会は、クロアチアで最も重要な歴史的建造物の1つで、夏になると、世界中から観光客が押し寄せる。教会は、他には人工物が何もない丘の上にあり、まわりには絵に描いたような風景が広がる。Boris Poljakは、ここに隠しカメラと高性能のマイクを据えつけ、観光客たちの行動をとらえる。教会の壁をよじ登ろうとする者、恋人に愛の告白をする者、教会の前で瞑想をする者……。
 サラエボ映画祭2013 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。
 ビジョン・ドゥ・リール2014 最優秀短編ドキュメンタリー賞受賞。

画像

画像

 ◆30分未満部門 スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“La Reina(The Queen)”(アルゼンチン) 監督:Manuel Abramovich

 “La Reina(The Queen)”(アルゼンチン) 監督:Manuel Abramovich
 アルゼンチンの小さな村。11歳のメミが、来るべきクイーン・オブ・カーニバルに出るための準備をしている。そこに出ることは大変な名誉で、出場者は、衣裳やスパンコール、大きな髪飾りで着飾る。王冠は、ラインストーンやアメジストがちりばめられ、4キロもの重さになる。カーニバルでは多くの大人に注視されることになる。メミは平然としているが、目を見れば、緊張しているのは明らかだ。カメラは、誇りと恐怖がない交ぜになったメミを追っていく。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2013出品。
 アブダビ国際映画祭2013 短編コンペティション部門出品。Child Protection Award スペシャル・メンション受賞。
 ベルリン国際映画祭2014 タレント・キャンパス出品。
 ザグレブDOX2014出品。
 フリブール国際映画祭2014 インターナショナル短編コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2014 短編コンペティション部門第2席。
 ドキュメンタ マドリッド2014 短編コンペティション部門 審査員賞第1席。
 ロサンゼルス国際映画祭2014 最優秀短編ドキュメンタリー賞受賞。

画像

画像

 【フォーラム・オブ・インディペンデント部門】

 ◆インディペンデント・カメラ賞(Independent Camera Award)
 ◎“Anderswo(Anywhere Else)”(独) 監督:Ester Amrami

 “Anderswo(Anywhere Else)”(独) 監督:Ester Amrami
 物語:ノアは、何年も前にイスラエルからベルリンにやってきた。見知らぬ国は新鮮で、最初は何もかもが目新しかった。しかし、理解されず、孤独になり、落ち込むこともあった。彼女の大きなプロジェクト「翻訳できない言葉に関する辞書」が却下され、恋人のJörgがシュトゥットガルトで役のオーディションを受けることに決めた時、彼女は、唐突に、イスラエルに帰る。ホーム、家族、太陽、母国語……。この旅ですべてがいい方向に変わる気がした。しかし、まもなくすべてがルーティン化する。古い確執が蒸し返され、新しいものに取って代わる。そうして、彼女は、ベルリンで感じたのと同じ気持ちを味わうようになる。そこにJörgがやってきて、彼女がこれまで注意深く隔ててきた2つの世界が交わる。
 ベルリン国際映画祭2014 パースペクティヴ・ドイツ映画部門出品。GYO-Award Dialogue en perspective受賞。

画像

画像

 【その他の賞】

 ◆観客賞
 ◎“The Magic Voice of a Rebel(Magický hlas rebelky)”(チェコ) 監督:Olga Sommerová [アウト・オブ・コンペティション ドキュメンタリー部門]

 “The Magic Voice of a Rebel(Magický hlas rebelky)”(チェコ) 監督:Olga Sommerová
 チェコの歌手で、映画監督ヤン・ネメツの妻でもあるマルタ・クビショヴァー(Marta Kubišová)(1942- )に関するドキュメンタリー。マルタ・クビショヴァーは、「ヘイ・ジュード」のカバーで知られる歌手で、ゴールデン・ナイチンゲール音楽賞(Zlatý slavík award)にも三度輝くが、1968年のワルシャワ条約機構軍によるチェコスロヴァキアの侵攻以後、当局によりパフォーマンスを禁じられてしまう。また、1977年には、人権抑圧に対する抗議文書「憲章77」に署名し、そのスポークスマンになったことから、秘密警察に目をつけられるようになる。しかし1989年、ビロード革命が起こると、ステージにカンバックし、歌手活動を再開させる。本作では、過去のアーカイブ映像や、友人などへのインタビューを通して、彼女の歌手としての活動や私生活を明らかにするほか、Aneta Langerováとコラボレートした最新曲をも収録している。

画像

画像

 【特別賞・名誉賞】

 ◆ワールド・シネマへの貢献賞(Crystal Globe for Outstanding Artistic Contribution to World Cinema)
 ◎ウィリアム・フリードキン

画像

 ◎メル・ギブソン

画像

 ◆プレジデント賞(Festival President´s Award)
 ◎ズディニェク・スヴィエラーク(Zdeněk Svěrák)
 ズディニェク・スヴィエラークは、ヤン・スヴィエラークの実父で、脚本家で、『コーリャ 愛のプラハ』などに出演する男優。

画像

--------------------------------

 “Free Fall(Szabadesés)”が3冠、“Corn Island(Simindis kundzuli)”と“Rocks in My Pockets”が2冠に輝きました。

 また、受賞作品の約半数が女性監督作品となりました。

 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭以前に既に受賞を重ねている作品もありますが、今後、さらに受賞を重ねていくだろうと思われる作品がいくつもあり、おそらくいくつかの作品は、米国アカデミー賞2015にからんでくるんじゃないでしょうか。要注目ですね。

 ちなみに、ワールド・シネマへの貢献賞を受賞した、メル・ギブソンは、監督業に復帰すること、リチャード・ドナーと再タッグを組む予定があることなどを語ったそうです。

 

 ↑ クリックしてね!


 *当ブログ記事

 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2014 コンペティション部門出品 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_2.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2014 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_5.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 コンペティション部門出品 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_17.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 コンペティション部門以外のラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_18.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_9.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2012 ラインナップ&受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_4.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2010 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_10.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2010 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_12.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_28.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200907/article_11.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月~12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック