日本人が3人受賞! アニー賞2014 結果発表!

 第41回アニー賞の結果が発表されました。(2月1日)

 【映画部門】

 ◆最優秀長編アニメーション賞
 ・『ももへの手紙』(日) 監督:沖浦啓之
 ・『怪盗グルーのミニオン危機一発』(米) 監督:ピエール・コフィン、クリス・ルノー
 ・『アーネストとセレスティーヌ』(仏・ベルギー・ルクセンブルク) 監督:バンジャマン・レネール、ヴァンサン・パタール、ステファン・オビエ
 ◎『アナと雪の女王』(米) 監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
 ・『モンスターズ・ユニバーシティ』(米) 監督:ダン・スカンロン
 ・『クルードさんちのはじめての冒険』(米) 監督:クリス・サンダース、カーク・デミッコ
 ・『風立ちぬ』(日) 監督:宮崎駿

 米国アカデミー賞長編アニメーション賞には、『ももへの手紙』と『モンスターズ・ユニバーシティ』以外の5作品がノミネートされています。


 ◆最優秀監督賞
 ・クリス・サンダース、カーク・デミッコ 『クルードさんちのはじめての冒険』
 ・David Soren “Turbo”
 ・クリス・ウェッジ “Epic”
 ・バンジャマン・レネール、ヴァンサン・パタール、ステファーヌ・オビエ 『アーネストとセレスティーヌ』
 ◎クリス・バック、ジェニファー・リー 『アナと雪の女王』

 クリス・サンダースは、2011年に『ヒックとドラゴン』で受賞。
 クリス・バックは、2008年に『サーフズ・アップ』でノミネート。

画像

 ◆最優秀脚本賞
 ・ダニエル・ペナック(Daniel Pennac) 『アーネストとセレスティーヌ』
 ・ダン・ガーソン(Daniel Gerson)、ロバート・L・ベアード、ダン・スカンロン 『モンスターズ・ユニバーシティ』
 ◎宮崎駿 『風立ちぬ』
 ・ジェニファー・リー 『アナと雪の女王』

 作品賞と監督賞と脚本賞の3部門でノミネートされたのは、『アーネストとセレスティーヌ』と『アナと雪の女王』のみです。
 宮崎駿は、前回の『コクリコ坂から』に続き、2年連続ノミネート。これまでに、1998年にウィンザー・マッケイ賞、2003年に『千と千尋の神隠し』で監督賞と脚本賞を受賞しています。
 ジェニファー・リーは、前回『シュガー・ラッシュ』で受賞。

 ◆最優秀編集賞
 ・Darren Holmes 『クルードさんちのはじめての冒険』
 ・James Ryan “Turbo”
 ・Fabienne Alvarez-Giro 『アーネストとセレスティーヌ』
 ◎Greg Snyder、Gregory Amundson、Steve Bloom 『モンスターズ・ユニバーシティ』
 ・Jeff Draheim 『アナと雪の女王』

 ◆最優秀視覚効果賞
 ・Alen Lai、David Quirus、Diego Garzon Sanchez、Ilan Gabai “Epic”
 ・David Jones “Dragons: Defenders of Berk”(監督: )
 ・Joshua Jenny、Jason Johnston、Matthew Wong、Eric Froemling、Enrique Vila 『モンスターズ・ユニバーシティ』

 ◎Jeff Budsberg、Andre Le Blanc、Louis Flores、Jason Mayer 『クルードさんちのはじめての冒険』
 ・Greg Gladstone、Nikita Pavlov、Allen Ruilova、Matt Titus、Can Yuksel “Turbo”

 Alen Laiは、2009年に『ホートン ふしぎな世界のダレダーレ』でノミネート。
 Eric Froemlingは、2010年に『カールじいさんの空飛ぶ家』、2012年に『カーズ2』でノミネート。
 Enrique Vilaは、2009年に『ウォリー』でノミネート。
 Jason Mayerは、2011年に『ヒックとドラゴン』、2012年に『カンフー・パンダ2』でノミネート。
 Can Yukselは、2012年に『長ぐつをはいたネコ』でノミネート。

 ◆最優秀音楽賞
 ・アラン・シルヴェストリ 『クルードさんちのはじめての冒険』
 ・ヘンリー・ジャックマン “Turbo”
 ・マーク・マザーズボー 『くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密』(監督:コディ・キャメロン、クリス・パーン)
 ・ヘイター・ペレイラ、ファレル・ウィリアムス 『怪盗グルーのミニヨン危機一発』

 ・ダニー・エルフマン “Epic”
 ・ランディー・ニューマン 『モンスターズ・ユニバーシティ』

 ◎クリステン・アンダーソン=ロペス、Robert Lopez、クリストフ・ベック 『アナと雪の女王』

 ・Dominic Lewis “Free Birds”(監督:ジミー・ヘイワード)

 ヘンリー・ジャックマンは、2011年に『長ぐつをはいたネコ』と『くまのプーさん』でノミネート、前回『シュガー・ラッシュ』で受賞。
 ヘイター・ペレイラとファレル・ウィリアムスは、2010年に『怪盗グルーの月泥棒』でノミネート。
 ダニー・エルフマンは、2008年の『ルイスと未来泥棒』以来のノミネート。
 ランディー・ニューマンは、2007年の『カーズ』以来のノミネート。
 マーク・マザーズボーは、前回『モンスター・ホテル』でノミネート。
 クリステン・アンダーソン=ロペスとRobert Lopezは、2011年に『くまのプーさん』でノミネート。

 ◆最優秀キャラクター・アニメーション賞
 ・Thom Roberts “Epic”
 ・Jonathan Del Val 『怪盗グルーのミニヨン危機一発』

 ◎Jakob Jensen 『クルードさんちのはじめての冒険』
 ・John Chun Chiu Lee 『モンスターズ・ユニバーシティ』

 ・Kitaro Kosaka 『風立ちぬ』
 ・Tony Smeed 『アナと雪の女王』

 ・Patrick Imbert 『アーネストとセレスティーヌ』

 『風立ちぬ』の
Kitaro Kosakaは、公式サイトにも名前がない方で、どのような字を当てるのかはわかりませんでした。(劇場パンフには載っていたかもしれませんが。)
 Jakob Jensenは、2011年に『ヒックとドラゴン』でノミネート。

 ◆最優秀美術賞
 ・Christophe Lautrette、Paul Duncan、Dominique R. Louis 『クルードさんちのはじめての冒険』

 ・ヤーロウ・チェイニー(Yarrow Cheney)、Eric Guillon 『怪盗グルーのミニヨン危機一発』

 ・Michael Knapp、Greg Couch、William Joyce “Epic”
 ・Zaza、Zyk 『アーネストとセレスティーヌ』
 ・Ricky Nierva、Robert Kondo、堤大介 『モンスターズ・ユニバーシティ』
 ◎Michael Giaimo、Lisa Keene、David Womersley 『アナと雪の女王』


 Christophe Lautretteは、キャラクター・デザイン賞でもノミネート。
 ヤーロウ・チェイニーとEric Guillonは、2011年に『怪盗グルーの月泥棒』でノミネート。また、前回は『ロラックスおじさんの秘密の種』によりキャラクター・デザイン賞にノミネート。ヤーロウ・チェイニーは、今回ノミネートされている短編アニメーション賞ノミネート作品“Despicable Me 2-Puppy”の監督も務めています。

 ◆最優秀キャラクター・デザイン賞
 ◎カーター・グッドリッチ(Carter Goodrich)、野口孝雄、Shane Prigmore 『クルードさんちのはじめての冒険』

 ・Sylvain Deboissy、Shannon Tindle “Turbo”
 ・Craig Kellman 『くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密』
 ・Chris Sasaki 『モンスターズ・ユニバーシティ』
 ・Christophe Lourdelet 『モンスター・イン・パリ 響け!僕らの歌声』“A Monster in Paris”(2011/仏)(監督:ビボ・バージェロン)
 ・Eric Guillon 『怪盗グルーのミニヨン危機一発』
 ・Bill Schwab 『アナと雪の女王』


 カーター・グッドリッチは、2007年に『オープン・シーズン』でノミネート、2008年に『レミーのおいしいレストラン』で受賞。
 Shane Prigmoreは、2010年に『コララインとボタンの魔女』で受賞。
 Craig Kellmanは、前回『マダガスカル3』でノミネート。
 Christophe LourdeletとEric Guillonは、美術賞でもノミネート。
 Eric Guillonは、前回『ロラックスおじさんの秘密の種』でノミネート。

 ◆最優秀絵コンテ賞
 ・Steven MacLeod 『クルードさんちのはじめての冒険』

 ・Eric Favela 『怪盗グルーのミニヨン危機一発』
 ◎Dean Kelly 『モンスターズ・ユニバーシティ』
 ・Jason Hand 『プレーンズ』(監督:クレイ・ホール)

 ・John Ripa 『アナと雪の女王』


 ◆最優秀ボイス・キャスト賞
 ・ポール・ジアマッティ(Chetの声) “Turbo”

 ・テリー・クルーズ(アールの声) 『くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密』

 ・クリステン・ウィグ(ルーシーの声) 『怪盗グルーのミニヨン危機一発』

 ・スティーヴ・カレル(グルーの声) 『怪盗グルーのミニヨン危機一発』

 ・ピエール・コフィン(ミニヨンの声) 『怪盗グルーのミニヨン危機一発』

 ・ビリー・クリスタル(マイクの声) 『モンスターズ・ユニバーシティ』
 ◎ジョシュ・ギャッド(Josh Gadの声) (雪だるまのオラフ) 『アナと雪の女王』


 スティーヴ・カレルは、2011年にも同じ役でノミネート。


 ◆短編アニメーション賞
 ・“Despicable Me 2-Puppy”(米) 監督:ヤーロウ・チェイニー(Yarrow Cheney)、Bruno Dequier
 ◎『ミッキーのミニー救出大作戦』“Get A Horse!”(米) 監督:ローレン・マクマラン(Lauren MacMullan)
 ・“Gloria Victoria”(カナダ) 監督:セオドア・ウシェフ
 ・“My Mom is an Airplane” (ロシア) 監督:ユーリャ・アロノワ(Julia Aronova)
 ・“The Numberlys”(米) 監督:William Joyce、Brandon Oldenburg

 米国アカデミー賞2014 短編アニメーション賞でもノミネートされているのは、“Get A Horse!”だけです。
 ヤーロウ・チェイニーは、美術賞にもノミネートされています。

 ◆学生作品賞
 ・“Chicken or the Egg”(米) 監督:Christine Kim、Elaine Wu(Ringling College of Art and Design)
 ・“Kellerkind”(独) 監督:Julia Ocker(バーデン=ヴュルデンベルク映画アカデミー)
 ・“Miss Todd”(英) 監督:Kristina Yee
 ・“Move Mountain”(米) 監督:Kirsten Lepore
 ・“SEMÕFORO(Stoplight)”(米) 監督:Simón Wilches-Castro(南カリフォルニア大学)
 ・“The Final Straw”(米) 監督:Ricky Renna(Ringling College of Art and Design)
 ・“Trusts & Estates”(米) 監督:Jeanette Bonds(CalArts)
 ◎“Wedding Cake”(独) 監督:Viola Baier(バーデン=ヴュルデンベルク映画アカデミー)

 “Chicken or the Egg”と“SEMÕFORO(Stoplight)”と“The Final Straw”と“Trusts & Estates”は、ネット上で本編の視聴ができます。

 ◆最優秀キャラクター・アニメーション賞 実写映画部門
 ◎『ホビット 思いがけない冒険』-ゴラム:Weta Digital Jeff Capogreco、Jedrzej Wojtowicz、Kevin Estey、Alessandro Bonora、Gino Acevedo
 ・『ホビット 思いがけない冒険』-ゴブリンの王(Goblin King):Weta Digital Dave Clayton、Simeon Duncombe、Jung Min Chan、Matthew Cioffi、Guillame Francois
 ・『パシフィック・リム』:Industrial Light & Magic Hal Hickel、Chris Lentz、Derrick Carlin、Steve Rawlins、Kyle Winkelman

 ◆最優秀視覚効果賞 実写映画部門
 ・『マン・オブ・スティール』:Weta Digital Jonathan Paquin、Brian Goodwin、Gray Horsfield、Mathieu Chardonnet、Adrien Toupet

 ・『スター・トレック イントゥ・ダークネス』:Industrial Light & Magic Ben O’Brien、Karin Cooper、Lee Uren、Chris Root
 ・『スター・トレック イントゥ・ダークネス』:Industrial Light & Magic Dan Pearson、Jay Cooper、Jeff Grebe、Amelia Chenoweth
 ◎『パシフィック・リム』:Industrial Light & Magic Michael Balog、Ryan Hopkins、Patrick Conran、Florian Witzel

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・『アナと雪の女王』(5/10):作品・監督・脚本・編集・音楽・キャラクターアニメ・美術・キャラクターデザイン・コンテ・ボイス
 ・『モンスターズ・ユニバーシティ』(2/10):作品・脚本・編集・視覚効果・音楽・キャラクターアニメ・美術・キャラクターデザイン・コンテ・ボイス
 ・『怪盗グルーのミニオン危機一発』(0/9):作品・音楽・チャラクターアニメ・美術・キャラクターデザイン・コンテ・ボイス・ボイス・ボイス
 ・『クルードさんちのはじめての冒険』(3/9):作品・監督・編集・視覚効果・音楽・キャラクターアニメ・美術・キャラクターデザイン・コンテ
 ・『アーネストとセレスティーヌ』(0/6):作品・監督・脚本・編集・キャラクターアニメ・美術
 ・“Turbo”(0/6):監督・編集・視覚効果・音楽・キャラクターデザイン・ボイス
 ・“Epic”(0/5):監督・視覚効果・音楽・キャラクターアニメ・美術
 ・『風立ちぬ』(1/3):作品・脚本・キャラクターアニメ
 ・『くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密』(0/3):音楽・キャラクターデザイン・ボイス

 アニー賞も今年から授賞式がネットで生配信されるようになりました。
 ボイス・アクターやナレーターをしている人がプレゼンターを務めていたんですね。
 作品によって、歓声に違いがあって、業界関係者ばかりとはいえ、こういうのを見ると人気の差があからさまになってしまいます。

 宮崎駿は欠席で、代理の出席もビデオ・メッセージもなく、司会サイドにもそのこは伝えられていたようでした。宮崎駿は一切の授賞式には出ないと決めているようで、どうやらこの感じでは米国アカデミー賞も出席しないのではないかと思われます。

 アニー賞は、1強か、バラけるか、どちらかになることが多かったのですが、今回は大方の予想通り『アナと雪の女王』が最多受賞になったものの、5部門の受賞にとどまりました。

 米国アカデミー賞は、このまま長編アニメーション賞は『アナと雪の女王』、短編アニメーション賞は“Get A Horse!”が当確です。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

--------------------------------

 【テレビ部門】

 ◆最優秀テレビ・アニメーション 作品賞 プレスクール部門
 ・“Bubble Guppies”(Nickelodeon Animation Studio)
 ◎“Disney Sofia the First”(Disney Television Animation)
 ・『ドックはおもちゃドクター』“Doc McStuffins”(Disney Television Animation)
 ・“Justin Time”(Guru Studio)
 ・“Peter Rabbit”(Nickelodeon Animation Studio)


 ◆最優秀テレビ・アニメーション 作品賞 チルドレン部門
 ◎『アドベンチャー・タイム』“Adventure Time”(Cartoon Network Studios)
 ・“Beware the Batman”(Warner Bros. Animation)
 ・『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』“Disney Gravity Falls”(Disney Television Animation)
 ・“Kung Fu Panda: Legends of Awesomeness”(Nickelodeon Animation Studio)
 ・『レギュラーSHOW〜コリない2人〜』“Regular Show”(Cartoon Network Studios)
 ・『びっくりスケアリー』“Scaredy Squirrel”(Nelvana Ltd).
 ・“Teen Titans Go!”(Warner Bros. Animation)
 ・『アバター 伝説の少年アン』“The Legend of Korra”(Nickelodeon Animation Studio)


 ◆最優秀テレビ・アニメーション 作品賞 一般作品部門
 ・“Archer”(FX Networks)
 ・“Bob's Burgers”(Bento Box Entertainment)
 ・“Disney Tron Uprising”(Disney Television Animation)
 ◎『フューチュラマ』“Futurama”(20th Century Fox Television)
 ・“Motorcity”(Titmouse Inc.)


 ◆最優秀監督賞 テレビ・アニメーション部門
 ・Colin Heck 『アバター 伝説の少年アン』“The Legend of Korra”
 ・Elaine Bogan “Dragons: Defenders of Berk”(DreamWorks Animation)
 ・Stephan Franck “The Smurfs: The Legend of Smurfy Hollow”(Sony Pictures Animation)

 ・John Aoshima 『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』
 ・アーロン・スプリンガー(Aaron Springer) 『ミッキー・マウス!』“Disney Mickey Mouse”(Disney Television Animation)
 ◎アンガス・マクレーン(Angus MacLane) “Toy Story OF TERROR!”(Pixar Animation Studios)
 ・Harold Harris “Justin Time”


 ◆最優秀脚本賞 テレビ・アニメーション部門
 ・Katie Matila “Kung Fu Panda: Legends of Awesomeness”
 ・イアン・マックストーン=グラハム(Ian Maxtone-Graham)、ビリー・キンボール(Billy Kimball) 『ザ・シンプソンズ』(Trocadero Holdings)
 ◎Lewis Morton 『フューチュラマ』
 ・Matt Price、John Infantino、Mike Roth、Michele Cavin、Sean Szeles 『レギュラーSHOW〜コリない2人〜』
 ・Michael Price 『ザ・シンプソンズ』

 ◆最優秀編集賞 テレビ・アニメーション部門
 ・Adam Arnold、Hugo Morales、Davrick Waltjen “Kung Fu Panda: Legends of Awesomeness”
 ・Myra Lopez、Ana Adams、Justin Baker 『ミュータント・タートルズ』“Teenage Mutant Ninja Turtles”
 ・Lynn Hobson “Dragons: Defenders of Berk”
 ◎Illya Owens 『ミッキー・マウス!』
 ・Axel Geddes、Kathy Graves、Chloe Kloezeman “Toy Story OF TERROR!”
 ・Paul D. Calder 『フューチュラマ』
 ・Paul Douglas 『アドベンチャー・タイム』
 ・Jason W.A. Tucker 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』“Star Wars: The Clone Wars”(Lucasfilm Animation)

 ◆最優秀音楽賞 テレビ・アニメーション部門
 ・Alan Williams “Estefan”(Silverscreen Music)
 ・Guy Moon 『T.U.F.F. Puppy』“T.U.F.F. Puppy”(Nickelodeon Animation Studio)
 ・Peter Luyre、Stuart Kollmorgen、Peter Zizzo “Peter Rabbit”
 ・ケヴィン・クリーシュ(Kevin Kliesch)、Craig Gerber、John Kavanaugh “Disney Sofia the First”
 ◎クリストファー・ウィリス(Christopher Willis) 『ミッキー・マウス!』
 ・Andy Bean 『なんだかんだワンダー』“Disney Wander Over Yonder”(Disney Television Animation)

 ◆最優秀美術賞 テレビ・アニメーション部門
 ◎Angela Sung、William Niu、Christine Bian、Emily Tetri、Frederic Stewart 『アバター 伝説の少年アン』
 ・Liz Artinian、Ray Feldman、Chris Fisher、George Fort “The Venture Bros.”-‘What Color is Your Cleansuit?’(Titmouse Inc.)
 ・Steven Sugar、Emily Walus、Sam Bosma、Elle Michalka、Amanda Winterstein “Steven Universe”-‘Gem Glow’(Cartoon Network Studios)
 ・Lynna Blankenship、Dima Malanitchev、Debbie Peterson、Charles Ragins、Jefferson R. Weekley 『ザ・シンプソンズ』-‘Treehouse of Horror XXIV’(Gracie Films in Association with 20th Century Fox TV)
 ・Christophe Vacher 『超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム』“Transformers Prime”-‘Beast Hunters’(Hasbro Studios)
 ・Nick Jenings、Sandra Calleros、Teri Shikasho、Ron Russell 『アドベンチャー・タイム』

 ◆最優秀キャラクター・デザイン賞 テレビ・アニメーション賞
 ・Craig McCracken 『なんだかんだワンダー』
 ◎Paul Rudish 『ミッキー・マウス!』
 ・Andy Bialk “The Awesomes”(Bento Box Entertainment)

 ・Ben Adams 『レギュラーSHOW〜コリない2人〜』
 ・Danny Hynes、Howard Colin “Steven Universe”

 ◆最優秀絵コンテ賞 テレビ・アニメーション部門
 ・Piero Piluso “Monsters vs. Aliens”(Nickelodeon Animation Studio)
 ・Douglas Lovelace “Dragons: Riders of Berk”

 ・Adam Ford、Deke Wightman、Kevin Mellon、Justin Wagner、Benji Williams “Archer”
 ・Alonso Ramos-Ramirez 『ミッキー・マウス!』
 ◎Daniel Chong “Toy Story of TERROR!”
 ・Alonso Ramos-Ramirez 『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』
 ・Guillermo Del Toro、Guy Davis、Ralph Sosa 『ザ・シンプソンズ』-‘Treehouse of Horror XXIV’(Gracie Films in Association with 20th Century Fox TV)
 ・Paul Watling “Justin Time”

 ◆最優秀ボイス・キャスト賞 テレビ・アニメーション部門
 ・Eric Bauza(Foopの声) 『Oops!フェアリーペアレンツ』“Fairly Odd Parents”(Nickelodeon Animation Studio)
 ・Bill Farmer(グーフィーの声) 『ミッキー・マウス!』
 ・クリス・ディアマントポロス(Chris Diamantopoulos)(ミッキー・マウスの声) 『ミッキー・マウス!』
 ・マーク・ハミル(SkipsとWalksの声) 『レギュラーSHOW〜コリない2人〜』
 ◎トム・ケニー(Tom Kenny)(Ice Kingの声) 『アドベンチャー・タイム』


 ◆最優秀キャラクター・アニメーション賞 テレビ・アニメーション部門
 ・Brad Schaffer “Friendship All-Stars of Friendship: Wrong Number”(Stoopid Buddy Stoodios)
 ・Eric Urban “Ubermansion”(Stoopid Buddy Stoodios)
 ・JC Tran Quang Thieu “Toy Story OF TERROR!”(Pixar Animation Studios Character)
 ・David DeVan “Toy Story OF TERROR!”
 ◎Kureha Yokoo Toy Story OF TERROR!“
 ・Keith Kellogg 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』

 このKureha Yokooさんもおそらく日本人です。ひょっとすると2世かもしれませんが、Nichibei Timesなどに取材されたりもしているようです。


 ◆最優秀長編アニメーション賞 特別制作作品部門
 ◎“Chipotle Scarecrow”(Moonbot Studios)
 ・“Listening Is an Act of Love”(StoryCorps)
 ・『まほうのほうき』“Room on the Broom”(Magic Light Pictures)(英) 監督:Max Lang、Jan Lachauer
 ・“Toy Story OF TERROR!”

 『まほうのほうき』は、米国アカデミー賞2014 短編アニメーション賞にもノミネートされています。

 【その他の部門】

 ◆最優秀アニメCM賞
 ◎“Despicable Me 2 – Cinemark”(Universal Pictures)
 ・“Sound of the Woods”(Acme Filmworks)
 ・“The Polar Bears Movie”(CAA Marketing)


 ◆最優秀ビデオ・ゲーム アニメーション賞
 ・“Diggs Nightcrawler”(Moonbot Studios)
 ・“Tiny Thief”(5 ANTS)
 ◎『The Last of Us(ラスト・オブ・アス)』“The Last of Us”(Naughty Dog)

 【特別賞・名誉賞】

 ◆ウィンザー・マッケイ賞(Winsor McCay Award)
 ◎大友克洋


 ◎スティーヴン・スピルバーグ


 ◎フィル・ティペット(Phil Tippett)


 ◆ジューン・フォーレイ賞(June Foray award)(アニメーションで優れた功績のあった人物に贈られる賞)
 ◎Alice Davis
 Alice Davisは、ウォルト・ディズニーとともに働いた衣裳デザイナーで、ディズニーのアニメーター Marc Davisと結婚し、2004年には、ディズニー・レジェンド(Disney Legend)の称号を贈られている。

 ◆特別表彰(Certificate of Merit)
 ◎“I Know That Voice”(米) 監督:Lawrence Shapiro
 ボイス・アクターたちが、自分の技術とキャリアについて語ったドキュメンタリー。

 ◆アブ・アイワークス賞(Ub Iwerks/技術貢献賞)
 ◎DZED Systems for Dragonframe stop-motion animation software

 ◆特別貢献賞(Special Achievement Award)
 ◎Creative Talent Network (CTN) Animation eXpo

--------------------------------

 テレビ部門の主な作品のノミネート&受賞は以下の通りです。

 ・『ミッキー・マウス!』(3/7):監督・編集・音楽・キャラクターデザイン・コンテ・ボイス・ボイス
 ・“Toy Story OF TERROR!”(3/6):監督・編集・コンテ・キャラクターアニメ・キャラクターアニメ・キャラクターアニメ
 ・『アドベンチャー・タイム』(2/4):チルドレン・編集・美術・ボイス
 ・『レギュラーSHOW〜コリない2人〜』(0/4):チルドレン・脚本・キャラクターデザイン・ボイス
 ・『ザ・シンプソンズ』(0/4):脚本・脚本・美術・コンテ
 ・“Justin Time”(0/3):プレスクール・監督・コンテ
 ・『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』(0/3):チルドレン・監督・コンテ
 ・“Kung Fu Panda: Legends of Awesomeness”(0/3):チルドレン・脚本・編集
 ・『アバター 伝説の少年アン』(1/3):チルドレン・監督・美術
 ・『フューチュラマ』(2/3):作品・脚本・編集
 ・“Dragons: Defenders of Berk”(0/3):監督・編集・コンテ
 ・“Disney Sofia the First”(1/2):プレスクール・音楽
 ・“Peter Rabbit”(0/2):プレスクール・音楽
 ・“Archer”(0/2):作品・コンテ
 ・『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(0/2):編集・キャラクターアニメ
 ・『なんだかんだワンダー』(0/2):音楽・キャラクターデザイン
 ・“Steven Universe”(0/2):美術・キャラクターデザイン

 アニー賞は、ドリームワークス作品が強い傾向がありましたが、今回は、映画部門でもテレビ部門でも全く振るわず、ディズニーの健闘が目を惹きました。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・アニー賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_10.html
 ・アニー賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_12.html
 ・アニー賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_6.html
 ・アニー賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_12.html
 ・アニー賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_12.html
 ・アニー賞2011ノミネーション 映画部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_13.html
 ・アニー賞2011ノミネーション テレビ部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_14.html
 ・アニー賞2011受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_11.html
 ・アニー賞2010ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_4.html
 ・アニー賞2010受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_13.html
 ・アニー賞2009受賞結果!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_39.html
 ・アニー賞2009ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_6.html
 ・アニー賞2008受賞結果!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200802/article_5.html
 ・アニー賞2007受賞結果!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200702/article_17.html

 ・米国アカデミー賞2014 短編アニメーション賞ショートリスト10作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_13.html
 ・米国アカデミー賞2014 長編アニメーション賞エントリー作品19作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_9.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年12月~2014年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_1.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック