予兆? デンバー映画批評家協会賞2014 結果発表!

 デンバー映画批評家協会賞2014の結果が発表になりました。(1月13日)

 デンバー映画批評家協会(DFCS:The Denver Film Critics Society)
 設立年:  会員数:14
 公式サイト:http://denverfilmcritics.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Denver_Film_Critics_Society

 [賞の特徴]
 ・部門は多くないのに、なぜかオリジナル作曲賞とオリジナル歌曲賞を設けている。
 ・本年度より「SF/ホラー映画賞」と「コメディー賞」を新設。
 ・2013年の作品賞は『アルゴ』、2012年の作品賞は『ツリー・オブ・ライフ』、2011年の作品賞は『ソーシャル・ネットワーク』。

画像

--------------------------------

 ◆作品賞
 ・『アメリカン・ハッスル』
 ・『キャプテン・フィリップス』
 ◎『ゼロ・グラビティ』
 ・『それでも夜は明ける』
 ・『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

 ◆監督賞
 ◎アルフォンソ・キュアロン 『ゼロ・グラビティ』
 ・ポール・グリーングラス 『キャプテン・フィリップス』
 ・スティーヴ・マックイーン 『それでも夜は明ける』
 ・デイヴィッド・O・ラッセル 『アメリカン・ハッスル』
 ・マーティン・スコセッシ 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

 ◆主演男優賞
 ◎マシュー・マコノヒー 『ダラス・バイヤーズクラブ』
 ・キウェテル・イジョフォー 『それでも夜は明ける』
 ・トム・ハンクス 『キャプテン・フィリップス』
 ・レオナルド・ディカプリオ 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
 ・クリスチャン・ベール 『アメリカン・ハッスル』

 ◆主演女優賞
 ◎ケイト・ブランシェット 『ブルージャスミン』
 ・サンドラ・ブロック 『ゼロ・グラビティ』
 ・ブリー・ラーソン “Short Term 12”
 ・エマ・トンプソン 『ウォルト・ディズニーの約束』
 ・エイミー・アダムス 『アメリカン・ハッスル』

 ◆助演男優賞
 ・ジェームズ・フランコ 『スプリング・ブレイカーズ』
 ・マイケル・ファスベンダー 『それでも夜は明ける』
 ・バーカッド・アブディ 『キャプテン・フィリップス』
 ◎ジャレッド・レト 『ダラス・バイヤーズクラブ』
 ・ウディ・ハレルソン “Out of the Furnace”

 ◆助演女優賞
 ◎ジェニファー・ローレンス 『アメリカン・ハッスル』
 ・オクタヴィア・スペンサー 『フルートベール駅で』
 ・ジューン・スキッブ 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
 ・オプラ・ウィンフリー 『大統領の執事の涙』
 ・ルピータ・ニョンゴ’o 『それでも夜は明ける』

 ◆オリジナル脚本賞
 ◎『アメリカン・ハッスル』 デイヴィッド・O・ラッセル、エリック・シンガー
 ・“Enough Said”
 ・『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
 ・『ブルージャスミン』
 ・『ゼロ・グラビティ』

 ◆脚色賞
 ・『それでも夜は明ける』
 ◎『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 テレンス・ウィンター
 ・『キャプテン・フィリップス』
 ・『あなたを抱きしめる日まで』
 ・『ビフォア・ミッドナイト』

 ◆作曲賞
 ・『それでも夜は明ける』 ハンス・ジマー
 ◎『ゼロ・グラビティ』 スティーヴン・プライス
 ・『マン・オブ・スティール』 ハンス・ジマー
 ・『ホビット 竜に奪われた王国』 ハワード・ショア
 ・『アナと雪の女王』 クリストフ・ベック

 ◆オリジナル歌曲賞
 ◎『アナと雪の女王』-‘Let It Go’
 ・『華麗なるギャツビー』-‘Young & Beautiful’
 ・“Mandela: Long Walk to Freedom”-‘Ordinary Love’
 ・『ハンガー・ゲーム2』-‘Atlas’
 ・“Inside Llewyn Davis”-‘Please Mr. Kennedy’

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“Blackfish”
 ◎『アクト・オブ・キリング』
 ・『バックコーラスの歌姫たち』
 ・『キューティー&ボクサー』
 ・『物語る私たち』

 ◆アニメーション賞
 ◎『アナと雪の女王』
 ・『怪盗グルーのミニヨン危機一発』
 ・『風立ちぬ』
 ・『モンスターズ・ユニバーシティ』
 ・『クルードさんちのはじめての冒険』

 ◆外国語映画賞(Best Non-English Language Feature)
 ・“The Great Beauty”
 ・『偽りなき者』
 ◎『グランド・マスター』
 ・『アデル、ブルーは熱い色』
 ・『オーバー・ザ・ブルースカイ』

 ◆最優秀SF/ホラー映画賞
 ・『死霊館』
 ◎『ゼロ・グラビティ』
 ・“Her”
 ・『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
 ・『マン・オブ・スティール』

 ◆最優秀コメディー賞
 ◎“This Is the End”
 ・『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』
 ・『ドン・ジョン』
 ・“Much Ado About Nothing”
 ・“The Way, Way Back”

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・『それでも夜は明ける』(0/7):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚色・作曲
 ・『キャプテン・フィリップス』(0/6):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・脚色
 ・『ゼロ・グラビティ』(4/6):作品・監督・主演女優・脚本・作曲・SF
 ・『アメリカン・ハッスル』(2/5):作品・監督・主演男優・助演女優・脚本
 ・『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(1/4):作品・監督・主演男優・脚色
 ・『アナと雪の女王』(2/3):作曲・歌曲・アニメ
 ・『ダラス・バイヤーズクラブ』(2/2):主演男優・助演男優
 ・『ブルージャスミン』(1/2):主演女優・脚本
 ・『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(0/2):脚本・歌曲
 ・『マン・オブ・スティール』(0/2):作曲・SF

 前日のゴールデン・グローブ賞で、意外性のある受賞結果として受け止められた主演男優賞と助演女優賞ですが、ここデンバーでも同じ結果になっています。
 たまたまそうなっただけなのか、それとも今現在の全米の映画界はそういう方向に風が吹いているのか。ちょっと気になりますね。

 なお、これで、全米映画賞レース2013の、都市ごと、州ごとの、映画批評家協会賞の結果発表はすべて終了です。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・デンバー映画批評家協会賞2014 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_24.html
 ・デンバー映画批評家協会賞2013 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_5.html
 ・デンバー映画批評家協会賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_21.html
 ・デンバー映画批評家協会賞2012 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_9.html
 ・デンバー映画批評家協会賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_20.html
 ・デンバー映画批評家協会賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_45.html
 ・デンバー映画批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_4.html

 ・全米映画賞レース2013の結果をまとめてみました(前編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_23.html
 ・全米映画賞レース2013の結果をまとめてみました(後編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_24.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年12月~2014年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_1.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック