AFIアワード2013 授賞式! 【photo】

 第14回AFIアワードの授賞式が行われました。(1月10日)

 「授賞式」と言っていますが、何種類かの賞があるわけではなく、前年末にAFIが発表した映画部門とテレビ部門のトップ10の監督やプロデューサー、出演者などを招待して、ランチョンが開かれ、出席者には個々に賞状が渡される、ということになっているようです。

 どの作品に対して、誰が招待され、誰が賞状をもらっているのかは、発表されていないのでよくわかりませんが、会場の入り口にカウンターがあり、作品ごとに受け付けるシステムになっているようです。

 ここではネット上にアップされた膨大な数の写真の中から適当にピックアップして載せることにします。

 【映画部門】

 『それでも夜は明ける』

 ・スティーヴ・マックイーン

画像

 ・ルピータ・ニョンゴ

画像

 『アメリカン・ハッスル』

 ・編集技師ジェイ・キャシディーとデイヴィッド・O・ラッセル

画像

 『キャプテン・フィリップス』

 ・トム・ハンクス

画像

 『フルートベール駅で』

 ・オクタヴィア・スペンサー

画像

 ・マイケル・B・ジョーダン

画像

 ・ライアン・クーグラー

画像

 『ゼロ・グラビティ』

 “Her”

 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

 ・オスカー・アイザック

画像

 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

 ・ウィル・フォーテ

画像

 ・ジューン・スキッブ

画像

 ・ブルース・ダーン

画像

 『ウォルト・ディズニーの約束』.

 ・エマ・トンプソン

画像

 ・リチャード・M・シャーマン

画像

 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

 【テレビ部門】

 “The Americans”

 ・ジョエル・フィールズ(プロデューサー)とジョー・ワイズバーグ(プロデューサー)

画像

 『ブレイキング・バッド』

 ・ヴィンス・ギリガン(プロデューサー)とMelissa Bernstein(プロデューサー)

画像

 ・ブライアン・クランストンとミシェル・マクラーレン(プロデューサー)

画像

 『ゲーム・オブ・スローンズ』

画像

 ・メイジー・ウィリアムズ

画像

 『グッド・ワイフ』

 ・ジュリアナ・マルグリーズ

画像

 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』

 ・ケイト・マーラ

画像

 ・ロビン・ライト

画像

 『MAD MEN マッド・メン』

 ・ジョン・ハム

画像

 “Masters of Sex”

 ・ケイトリン・フィッツジェラルド

画像

 “Orange Is the New Black”

 ・ジェイソン・ビッグス

画像

 『スキャンダル 託された秘密』

 ・ションダ・ライムズ

画像

 ・トニー・グッドウィン

画像

 “Veep”

 ・リード・スコット

画像

 ・トニー・ヘイル

画像

--------------------------------

 ショーアップされた「授賞式」ではないので、出席者の服装もいたって地味めです。

 この日は、夕方からオーストラリア・アカデミー賞インターナショナル・アワードの授賞式もあり、ハシゴすることになった人も少なからずいたようです。

 こんなことが何日も何週間も何ヶ月も続くようだと、全然仕事になりませんね。シーズンが終わった後の虚脱感もハンパないでしょうし。
 授賞式には出ない(または、一部の授賞式にしか出ない)と決めている人もいますが、わかるような気もしますね。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・全米映画賞レース2013の結果をまとめてみました(前編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_23.html

 ・全米映画賞レース2013の結果をまとめてみました(後編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_24.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年12月~2014年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_1.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック