上海国際映画祭2013 受賞結果!

 第16回上海国際映画祭の受賞結果がつい先ほど発表になりました。

 【金爵奨コンペティション】 (Jin Jue Award/ Golden Goblet Award)

 ◆作品賞 プレゼンター:トム・フーパー
 ◎“The Major”(ロシア) 監督:Yury Bykov

画像

 ◆審査員大賞 プレゼンター:ジャッキー・チェン、イジー・メンツェル
 ◎“Reliance(Förtroligheten)”(スウェーデン) 監督:William Olsson

画像

 ◆監督賞 プレゼンター:キアヌ・リーブス、カレン・モク
 ◎Yury Bykov “The Major”(ロシア)

画像

 ◆男優賞 プレゼンター:ニン・ハオ、Yu Na
 ◎ニック・チョン “Unbeatable(激戰)”(中) 監督:ダンテ・ラム

画像

 ◆女優賞 プレゼンター:チャン・ヤン、梁静(リャン・ジンルゥ/フィッシュ・リョン)
 ◎李馨巧(Crystal Lee) “Unbeatable(激戰)”(中) 監督:ダンテ・ラム

画像

 ◆脚本賞 プレゼンター:Khosro Masoumi、ジェシカ・チャスティン
 ◎Angus MacLachlan “Reliance(Förtroligheten)”(スウェーデン) 監督:William Olsson

画像

 ◆撮影賞 プレゼンター:Michel Ciment、Lisa Lu(盧燕)
 ◎Paul Blomgren、Vachan Sharma “Reliance(Förtroligheten)”(スウェーデン) 監督:William Olsson

画像

 ◆芸術貢献賞(芸術成就奨)-音楽 プレゼンター:クリス・クラウス、趙雅芝(アンジー・チウ)
 ◎Yury Bykov “The Major”(ロシア) 監督:Yury Bykov

画像

 受賞結果は――、受賞すると思っていなかった作品ばかりが受賞したっていうこともありますが、一部の作品に偏り過ぎだし、これでは残りの作品がまるでダメだったのかということにもなるし、ちょっとどうなのかなあ~と思ったりもしますね。

 でも、まあ、これらの評価が妥当なものであれば、各作品が、今後の映画賞や映画祭できちんと結果を出していくだろうと思われるので、それぞれの作品の今後の展開に注目していたいと思います。

 それはそれとして、上海国際映画祭の閉会式がYoukuでライブ中継されているとは知りませんでした。お国柄というか、上海国際映画祭は、そんなオープンな印象はなかったので、ちょっと意外でした。

 結果がどうあれ、授賞式が家にいながらにして、ライブで観られるというのはいいですね。
 キアヌ・リーブスの悪ノリとか(ちょっと太った?)、ジャッキー・チェンとイジー・メンツェルの漫才とか(笑)。

 なお、作品賞と監督賞を受賞したYury Bykov監督は、受賞すると思っていなかったのか、授賞式には出席していませんでした。

 【亜州新人奨コンペティション】 (Asian New Talent Award)

 ◆最優秀作品賞
 ◎“Very Ordinary Couple(恋愛の温度)”(韓) 監督:Roh Doek

画像

 ◆監督賞
 ◎Wong Chen-Hsi “Innocents”(シンガポール)

画像

 ◆審査員賞
 ◎“Singing When We're Young(初恋未満)”(中) 監督:Liu Juan(劉娟)

画像

 今回は、受賞した監督が3人とも女性でした。

 【特別賞・名誉賞】

 ◆終身成就奨
 ◎オリバー・ストーン

画像

 ◆傑出貢献奨
 ◎ツイ・ハーク

画像

--------------------------------

 【The Mobile SIFF】

 この部門は、2011年にスタートした、短編映画を対象としたコンペティション部門で、今回は、2064本の応募があり、その中から15カ国の25作品(フィーチャー:15作品、ドキュメンタリー:5作品、アニメーション:5作品)がコンペティションに選ばれています。
 タイトルにMobileとあり、‘creative mobile videos and Internet micro films’とか‘aims to discover young talented directors on the emerging new digital media channels’とか‘explore new broadcasting media outlets for the films’というような記載はありますが、制作手段や制作方法についてはレギュレーションにも特に記載はなく、30分未満のオリジナル作品であれば、基本的にはどういう作品でもいいようです。(タイトルにあるMobileは、ひょっとすると「携帯電話のカメラ機能で撮影した作品のコンペティション」ということではなくて、「携帯電話で視聴できる映画祭」ということなのかもしれません。)

 ◆最優秀短編賞(The Best Short Film Award)
 ◎“Dreams In Depths”(イラン) 監督:Armin Isarian

画像

 ◆最優秀監督賞
 ◎Dominik Hart “Vienna Waits For You”(オーストリア)

 ◆最優秀脚本賞(The Best Screenplay award)
 ◎“Dreams In Depths”(イラン) 監督:Armin Isarian

 ◆最優秀ストーリー賞(Best Story Film Award)
 ◎“Stone Story”(ギリシャ) 監督:Spyro Papanastasiou

 ◆最優秀俳優賞(The Best Actor/Actress award)
 ◎Petra Staduan “Vienna Waits For You”(オーストリア)

 ◆最優秀インターネット・マイクロ・フィルム賞(The Best Internet Micro Film Award)
 ◎“The Home Gleaners”(中) 監督:Zhang Siqing

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞(The Best Documentary Film Award)
 ◎“Breathe In Low”(中) 監督:Xiao Fen

 ◆最優秀アニメーション賞
 ◎“The Hopper”(独) 監督:Alex Brüel Flagstad

 ◆審査員グランプリ(The Jury Grand Prix)
 ◎“Skin”(中) 監督:Shi Zhengyi

 【第10回メディア大奨(電影頻道伝媒大奨)】

 メディア大奨(伝媒大奨)は、低予算映画の発展と若い監督や俳優の奨励を旨に、中国中央電視台(Movie Channel of China Central Television)が2004年にスタートさせたもので、上海国際映画祭の中で受賞者が発表されます。

 ・作品賞(最佳影片):“青春派(Qing Chun Pai / Young Style)”(監督:劉傑(Liu Jie))
 ・同賞:“小時代(Tiny Times)”(監督:郭敬明(Guo Jingming))

画像

 ・監督賞(最佳導演):方剛亮(ファン・ガンリャン) “我的影子在奔跑(Wo De Ying Zi Zai Ben Pao / My Running Shadow)”

画像

 ・脚本賞(最佳編劇):宮凱波(Gong Kaibo)、劉洋(Liu Young) “胡巧英告状(Hu Qiaoying Lawsuit)”(監督:宋国鋒(Song Guofeng))

画像

 ・主演男優賞(最佳男主角):董子健(Dong Zi Jian) “青春派(Qing Chun Pai / Young Style)”

画像

 ・主演女優賞(最佳女主角):沈傲君(Echo Shen) “胡巧英告状(Hu Qiaoying Lawsuit)”

画像

 ・助演男優賞(最佳男配角):劉曉曄(Liu Xiaoye) “逆襲(Ni Xi / Counter Attack)”(監督:安戦軍(An Zhanjun))

画像

 ・助演女優賞(最佳女配角):梁静(リャン・ジンルゥ/フィッシュ・リョン) 『愛の身替わり』“愛的替身(All Apologies)”(監督:エミリー・タン)

画像

 ・新人男優賞(最佳新人男演員):韓鵬翼(Han Pengyi) “逆襲(Ni Xi / Counter Attack)”

画像

 ・新人女優賞(最佳新人女演員):ヤン・シューティン(楊舒婷) 『愛の身替わり』“愛的替身(All Apologies)”

画像

 ・新人監督賞(最佳新人導演):郭敬明(Guo Jingming) “小時代(Tiny Times)”

画像

 ・組織委員会賞(組委会奨):“索道医生(Cableway Doctor)”(監督:雷献禾(Lei Xianhe)、王菁( Wang Jing))

画像

 ・評議委員会賞(評委会奨):“她們的名字叫紅(China Affair)”(監督:章明(Zhang Ming))

画像

--------------------------------


 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・上海国際映画祭2013 コンペティション部門ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_7.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月~12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック