セントルイス映画批評家協会賞2012 結果発表!

 セントルイス映画批評家協会賞(St. Louis Film Critics Award)2012の結果が発表になりました。(12月17日)

 ◎が受賞、△が次点です。

画像

 ◆作品賞
 ◎『アルゴ』
 ・『ジャンゴ 繋がれざる者』
 △『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 △『リンカーン』
 ・『ムーンライズ・キングダム』
 ・『ゼロ・ダーク・サーティ』

 サンディエゴに続き、『アルゴ』が受賞。

 ◆監督賞
 ◎ベン・アフレック 『アルゴ』
 ・ウェス・アンダーソン 『ムーンライズ・キングダム』
 ・キャスリン・ビグロー 『ゼロ・ダーク・サーティ』
 △クエンティン・タランティーノ 『ジャンゴ 繋がれざる者』
 △Benh Zeitlin “Beasts of the Southern Wild”
 ・アン・リー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 サンディエゴ、アフリカン・アメリカンに続き、ベン・アフレックが受賞。

 ◆主演男優賞
 ・ブラッドリー・クーパー 『世界にひとつのプレイブック』
 ◎ダニエル・デイ=ルイス 『リンカーン』
 ・ジェイミー・フォックス 『ジャンゴ 繋がれざる者』
 △ジョン・ホークス “The Sessions”
 ・ホアキン・フェニックス 『ザ・マスター』
 ・デンゼル・ワシントン 『フライト』

 本命!

 ◆主演女優賞
 ◎ジェシカ・チャステイン 『ゼロ・ダーク・サーティ』
 △ジェニファー・ローレンス 『世界にひとつのプレイブック』
 ・ヘレン・ミレン 『ヒッチコック』
 ・オーブリー・プラザ “Safety Not Guaranteed”
 ・Quvenzhané Wallis “Beasts of the Southern Wild”

 NBR、ボストン・オンライン、ワシントン、シカゴに続き、ジェシカ・チャステインが受賞。

 ◆助演男優賞
 ・アラン・アーキン 『アルゴ』
 ・ジョン・グッドマン 『アルゴ』
 △トミー・リー・ジョーンズ 『リンカーン』
 ・ウィリアム・H・メイシー “The Sessions”
 ◎クリストフ・ヴァルツ 『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・ブルース・ウィリス 『ムーンライズ・キングダム』

 サンディエゴに続き、クリストフ・ヴァルツが受賞。

 ◆助演女優賞
 ・エイミー・アダムス 『ザ・マスター』
 ◎アン・ダウド “Compliance”
 ・サリー・フィールド 『リンカーン』
 ・アン・ハサウェイ 『レ・ミゼラブル』
 ◎ヘレン・ハント “The Sessions”
 ・エマ・ワトソン “Perks of Being A Wallflower”

 アン・ダウドはNBRに続き、2つ目の受賞。ヘレン・ハントは、サンフランシスコに続き、2つ目の受賞。

 ◆オリジナル脚本賞
 ・『キャビン』 ジョシュ・ウィードン、ドリュー・ゴダード
 △『ジャンゴ 繋がれざる者』 クエンティン・タランティーノ
 ・『ムーンライズ・キングダム』 ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ
 ・“Seven Psychopaths” マーティン・マクドナー
 ◎『ゼロ・ダーク・サーティ』 マーク・ボール

 ニューヨーク・オンライン、サンフランシスコ、サテライトに続き、『ゼロ・ダーク・サーティ』が受賞。

 ◆脚色賞
 ・『アルゴ』 クリス・テリオ
 ・“Beasts of the Southern Wild” Lucy Alibar、Benh Zeitlin
 ・『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 デイヴィッド・マギー
 ◎『リンカーン』 トニー・クシュナー
 ・“The Perks of Being a Wallflower” スティーヴン・チョボスキー
 ◎『世界にひとつのプレイブック』 デイヴィッド・O・ラッセル

 脚本賞ではニューヨーク、ボストン・オンライン、ボストン、脚色賞ではサンフランシスコ、シカゴに続き、『リンカーン』が受賞。『世界にひとつのプレイブック』は、デトロイト(脚本賞)、NBR(脚色賞)、ワシントン(脚色賞)に続いての受賞。

 ◆撮影賞
 ・“Beasts of the Southern Wild” Ben Richardson
 ・『クラウド アトラス』 フランク・グリーベ、ジョン・トール
 ・『ジャンゴ 繋がれざる者』 ロバート・リチャードソン
 △『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 クラウディオ・ミランダ
 ・『ザ・マスター』 ミハイ・マライメア・ジュニア
 ◎『007 スカイフォール』 ロジャー・ディーキンス

 『007 スカイフォール』は、ロサンゼルスに続いての受賞。

 ◆視覚効果賞
 △『アベンジャーズ』
 ・『クラウド アトラス』
 ◎『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・『プロメテウス』
 ・『スノーホワイト』

 ラスベガスに続き、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』が視覚効果賞を受賞。

 ◆作曲賞(Best Music Score/Soundtrack)
 ・“Beasts of the Southern Wild”
 ・『クラウド アトラス』
 ・『ダークナイト・ライジング』
 ◎『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ◎『ムーンライズ・キングダム』
 ・“Not Fade Away”(監督:David Chase)

 『ジャンゴ 繋がれざる者』はニューヨーク・オンラインでも受賞。『ムーンライズ・キングダム』はボストンでも受賞。

 ◆ドキュメンタリー賞
 △“Ai Wei Wei: Never Sorry”(米) 監督:Alison Klayman
 △“Bully”(米) 監督:Lee Hirsch
 △“How to Survive a Plague”(米) 監督:David France
 ・『二郎は鮨の夢を見る』(米) 監督:デイヴィッド・ゲルブ
 ◎『シュガーマン 奇跡に愛された男』(スウェーデン・英) 監督:マリク・ベンジェルール

 NBRに続き、『シュガーマン 奇跡に愛された男』が受賞。

 ◆アニメーション賞
 ・『メリダとおそろしの森』
 ・『フランケンウィニー』
 △『パラノーマン ブライス・ ホローの謎』
 ・“Rise of the Guardians”『不思議の国のガーディアン』
 ◎『シュガー・ラッシュ』

 NBRに続き、『シュガー・ラッシュ』が受賞。

 ◆外国語映画賞
 ・“The Fairy”(仏・ベルギー) 監督:ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン、ブルーノ・ロミー
 △『ヘッドハンター』“Headhunters”(ノルウェー・独 監督:モルテン・ティルドゥム(Morten Tyldum)
 ・“Holy Motors”(仏・独) 監督:レオス・カラックス
 ◎『最強のふたり』(仏) 監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
 ・『少年と自転車』(ベルギー・仏・伊) 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ

 アフリカン・アメリカン、サテライトに続き、『最強のふたり』が受賞。

 ◆コメディー賞(Best Comedy)
 ・『キャビン』
 ◎『ムーンライズ・キングダム』
 ・“Seven Psychopaths” 監督:マーティン・マクドナー
 ◎『テッド』
 ・『シュガー・ラッシュ』

 ◆アートハウス賞(Best Arthouse Or Festival Film)
 ・“Bernie” 監督:リチャード・リンクレイター
 ◎“Compliance” 監督:Craig Zobel
 ・“The Fairy”(仏・ベルギー) 監督:ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン、ブルーノ・ロミー
 ◎“Safety Not Guaranteed” 監督:Colin Trevorrow
 ・“Sleepwalk with Me” 監督:Mike Birbiglia、セス・バーリッシュ(Seth Barrish)
 ・『テイク・ディス・ワルツ』(カナダ・西・日) 監督:サラ・ポーリー

 ◆ベスト・シーン賞 Best Scene
 ・“Beasts of the Southern Wild” – (ハリケーンとハリケーンに向かってウィンクが発砲しているところ(The hurricane(and Wink shooting at it))
 ◎『ジャンゴ 繋がれざる者』 – バグ・ヘッドのバグ/マスク問題(The “bag head” bag/mask problems scene)
 ・『フライト』 – 飛行機の墜落(The plane crash)
 ◎『ヒッチコック』 – 『サイコ』のシャワーシーンで、アンソニー・ホプキンスが、ロビーで、音楽もしくは観客のリアクションを指揮して見せているところ(Anthony Hopkins in lobby conducting to music/audience’s reaction during “Psycho” shower scene)
 ◎『インポッシブル』 – オープニングの津波シーン(Opening tsunami scene)
 ◎『ザ・マスター』 – 最初の「手順」としての、フィリップ・シーモア・ホフマンとホアキン・フェニックスの問答シーン(The first “processing” questioning scene between Philip Seymour Hoffman and Joaquin Phoenix)

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・『ジャンゴ 繋がれざる者』(3/8):作品・監督・主演男優・助演男優・脚本・撮影・作曲・シーン
 ・『ムーンライズ・キングダム』(2/6):作品・監督・助演男優・脚本・作曲・コメディー
 ・“Beasts of the Southern Wild”(0/6):監督・主演女優・脚色・撮影・作曲・シーン
 ・『アルゴ』(2/5):作品・監督・助演男優・助演男優・脚色
 ・『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(1/5):作品・監督・脚色・撮影・視覚効果
 ・『リンカーン』(2/5):作品・主演男優・助演男優・助演女優・脚色
 ・『ゼロ・ダーク・サーティ』(2/4):作品・監督・主演女優・脚本
 ・『ザ・マスター』(1/4):主演男優・助演女優・撮影・シーン
 ・『世界にひとつのプレイブック』(1/3):主演男優・主演女優・脚色
 ・“The Sessions”(1/3):主演男優・助演男優・助演女優
 ・『クラウド アトラス』(0/3):撮影・視覚効果・作曲
 ・『フライト』(0/2):主演男優・シーン
 ・『ヒッチコック』(1/2):主演女優・シーン
 ・“Safety Not Guaranteed”(1/2):主演女優・アート
 ・“Compliance”(2/2):助演女優・アート
 ・“Perks of Being A Wallflower”(0/2):助演女優・脚色
 ・『キャビン』(0/2):脚本・コメディー
 ・“Seven Psychopaths”(0/2):脚本・コメディー
 ・『シュガー・ラッシュ』(1/2):アニメーション・コメディー
 ・“The Fairy”(0/2):外国語映画・アート

 複数ノミニーの受賞も多く、主要作品の多くで賞を分け合う受賞結果になりました。


 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・セントルイス映画批評家協会賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_35.html
 ・セントルイス映画批評家協会賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_24.html
 ・セントルイス映画批評家協会賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_44.html
 ・セントルイス映画批評家協会賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_22.html
 ・セントルイス映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_45.html
 ・セントルイス映画批評家協会賞2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_36.html
 ・セントルイス映画批評家協会賞2008 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_27.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年6月~2013年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック