オーストラリア・アカデミー賞2013 ノミネーション発表!

 第2回オーストラリア・アカデミー賞(AACTAのノミネーションが発表されました。(12月3日)

 オーストラリア・アカデミー賞は、1958年スタートのオーストラリア映画協会賞(Australian Film Institute (AFI) Awards)からリニューアルになった映画賞です。

 映画賞自体は、開催時期が年末から年明けに変わったくらいで、オーストラリア映画協会賞とほとんど内容は変わっていません。

 ちなみに、初代会長は、ジェフリー・ラッシュです。

 【映画部門】

 ◆作品賞
 ・“Burning Man” 監督:Jonathan Teplitzky
 ・“Lore” 監督:ケイト・ショートランド
 ・“The Sapphires” 監督:Wayne Blair
 ・“Wish You Were Here” 監督:キーラン・ダーシー=スミス(Kieran Darcy-Smith)

 ◆監督賞
 ・Jonathan Teplitzky “Burning Man”
 ・ケイト・ショートランド “Lore”
 ・Wayne Blair “The Sapphires”
 ・キーラン・ダーシー=スミス “Wish You Were Here”

 ◆主演男優賞
 ・ジョエル・エドガートン(Joel Edgerton) “Wish You Were Here”
 ・マシュー・グード(Matthew Goode) “Burning Man”
 ・クリス・オドネル “The Sapphires”
 ・ガイ・ピアース “33 POSTCARDS”(監督:ポーリン・チャン(Pauline Chan))

 ◆主演女優賞
 ・トニ・コレット “Mental”(監督:P・J・ホーガン)
 ・デボラ・メイルマン(Deborah Mailman) “The Sapphires”
 ・Felicity Price “Wish You Were Here”
 ・Sarah Snook “Not Suitable For Children”(監督:Peter Templeman)

 デボラ・メイルマンは2部門でノミネートです。

 ◆助演男優賞
 ・Ryan Corr “Not Suitable For Children”
 ・リーヴ・シュレイバー “Mental”
 ・アントニー・スター(Antony Starr) “Wish You Were Here”
 ・Gary Waddell “The King Is Dead!”(監督:ロルフ・デ・ヒーア)

 ◆助演女優賞
 ・エシー・デイヴィス(Essie Davis) “Burning Man”
 ・レベッカ・ギブニー(Rebecca Gibney) “Mental”
 ・デボラ・メイルマン(Deborah Mailman) “Mental”
 ・Jessica Mauboy “The Sapphires”

 エシー・デイヴィスはTV部門でもノミネートされています。
 デボラ・メイルマンは2部門でノミネートです。

 ◆オリジナル脚本賞
 ・“Burning Man ”Jonathan Teplitzky
 ・“Mental” P・J・ホーガン
 ・“Not Suitable For Children” Michael Lucas
 ・“Wish You Were Here” キーラン・ダーシー=スミス(Kieran Darcy-Smith)、Felicity Price

 ◆脚色賞
 ・“Lore” ケイト・ショートランド、Robin Mukherjee
 ・“The Sapphires” Keith Thompson、トニー・ブリッグス(Tony Briggs)

 ◆撮影賞
 ・“Burning Man” ギャリー・フィリップス(Garry Phillips) ACS
 ・“Lore” アダム・アーカポー(Adam Arkapaw)
 ・“The Sapphires” ワーウィック・ソーントン(Warwick Thornton)
 ・“Wish You Were Here ジュールズ・オロフリン(Jules O'Loughlin) ACS

 ◆編集賞
 ・“Burning Man” Martin Connor
 ・“The Sapphires” ダニー・クーパー(Dany Cooper) ASE
 ・“Wish You Were Here” ジェイソン・バランタイン(Jason Ballantine) ASE
 ・『X-エックス-』“X”(監督:ジョン・ヒューイット) シンディー・クラークソン(Cindy Clarkson)

 ◆美術賞
 ・“Burning Man” スティーヴン・ジョーンズ=エヴァンズ(Steven Jones-Evans) APDG
 ・『キラー・エリート』(オーストラリア・米)(監督:ゲイリー・マッケンドリー) ミシェル・マクガヒー(Michelle McGahey)
 ・“Lore” Silke Fischer
 ・“The Sapphires” メリンダ・ドーリング(Melinda Doring)

 スティーヴン・ジョーンズ=エヴァンズとメリンダ・ドーリングは連続ノミネート。前回はメリンダ・ドーリングが“The Eye Of The Storm”で受賞。

 ◆衣裳デザイン賞
 ・“Burning Man” リジー・ガーディナー(Lizzy Gardiner)
 ・“Lore” Stefanie Bieker
 ・“Mental” ティム・チャペル(Tim Chappel)
 ・“The Sapphires” テス・シュフィールド(Tess Schofield)

 ◆視覚効果賞
 ・『アイアン・スカイ』(フィンランド・独・オーストラリア)(監督:ティモ・ヴィオレンソラ) サムリ・トロッソネン(Samuli Torssonen)、Jussi Lehtiniemi、Juuso Kaari、Kelly Myers
 ・『キラー・エリート』 Ineke Majoor、Julian Dimsey
 ・“The Sapphires” James Rogers
 ・“Utopia Girls - How Women Won The Vote”(ABC1)(監督:Jasmin Tarasin) Kylie Robertson、Rebecca Stegh、Monica Monin

 Ineke MajoorとJames Rogersは連続ノミネート。

 ◆録音賞
 ・“Burning Man” David Lee、Andrew Plain、Gethin Creagh
 ・“Lore” Sam Petty、Michael Busch、Robert Mackenzie、Antony Gray、Yulia Akerholt、 Brooke Trezise
 ・“The Sapphires” Andrew Plain、Bry Jones、Pete Smith、Ben Osmo、John Simpson
 ・“Swerve”(監督:クレイグ・ラヒフ(Craig Lahiff)) Pete Smith、John Simpson、Martyn Zub、Des Kenneally

 Andrew Plainと Pete SmithとJohn Simpsonは、2作品でノミネート。
 David Lee、Sam Petty、Robert Mackenzie、John Simpson、Des Kenneallyは連続ノミネート。前回は、John Simpson、Des Kenneallyらが“Snowtown”で受賞。

 ◆オリジナル作曲賞
 ・“33 POSTCARDS” アントニー・パートス(Antony Partos)
 ・“A Few Best Men”(オーストラリア・米)(監督:スティーヴン・エリオット) ガイ・グロス(Guy Gross)
 ・“Mental” マイケル・イェツェルスキー(Michael Yezerski)
 ・“Not Suitable For Children” マッテオ・ジンガレス(Matteo Zingales)、Jono Ma

 マッテオ・ジンガレスは連続ノミネート。前回『ハンター』で受賞。

 ◆ヤング俳優賞(Best Young Actor)
 ・Brenna Harding “Puberty Blues”(Network Ten)(監督:John Edwards、Imogen Banks)
 ・Ed Oxenbould 『ジュリアン』“Julian”(監督:マシュー・ムーア)
 ・Saskia Rosendahl “Lore”
 ・Lily Sullivan “Mental”

 ◆レイモンド・ロングフォード賞(Raymond Longford Award)
 ◎アル・クラーク(Al Clark)
 アル・クラークは、『プリシラ』『ヘヴンズ・バーニング』『サイアム・サンセット』『レッド・ヒル』などを手がけるオーストラリアのプロデューサー。

 【短編部門】

 ◆短編映画賞(Best Short Fiction Film)
 ・“B I N O” 監督:Billie Pleffer
 ・“Dumpy Goes To The Big Smoke” 監督:ミラー・フォークス(Mirrah Foulkes)
 ・『ジュリアン』“Julian” 監督:マシュー・ムーア
 ・“Transmission” 監督:Zak Hilditch

 “B I N O”は、ベルリン国際映画祭2012 ジェネレーョンKplus短編部門 クリスタル・ベア スペシャル・メンション、ドイツ児童救済組織賞特別短編賞受賞。
 “Dumpy Goes To The Big Smoke”は俳優ミラー・フォークスによる短編。
 『ジュリアン』は、ベルリン国際映画祭2012 ジェネレーョンKplus短編部門 クリスタル・ベア受賞。

 ◆短編アニメーション賞
 ・“The Hunter” 監督:Marieka Walsh
 ・“LEGO Star Wars: The Padawan Menace” 監督:David Scott
 ・“The Maker” 監督:Christopher Kezeloss
 ・“Sleight of Hand” 監督:Michael Cusack

 ◆脚本賞(Best Screenplay In A Short Film)
 ・“B I N O” Billie Pleffer
 ・“Dumpy Goes To The Big Smoke” Mirrah Foulkes
 ・『ジュリアン』“Julian” マシュー・ムーア
 ・“Transmission” Zak Hilditch

 【ドキュメンタリー部門】

 ◆長編ドキュメンタリー賞(Best Feature Length Documentary)
 ・“A Common Purpose”(オーストラリア・南ア) 監督:Mitzi Goldman
 ・“The Curse Of The Gothic Symphony”(ABC1)
 ・“Dr Sarmast's Music School”(ABC1)
 ・“Storm Surfers 3D” 監督:Justin McMillan、Christopher Nelius

 ◆ドキュメンタリー賞 1時間未満の作品部門(Best Documentary Under One Hour)
 ・“All The Way”(ABC1)
 ・“I Can Change Your Mind About Climate”(ABC1)
 ・“The Man Who Jumped”(SBS)
 ・“Then The Wind Changed”(ABC1)

 ◆ドキュメンタリー・シリーズ賞(Best Documentary Series)
 ・“Go Back To Where You Came From”(SBS)
 ・“Once Upon A Time In Cabramatta”(SBS)
 ・“Singapore 1942 - End of Empire”(SBS)
 ・“Sporting Nation”(ABC1)

 ◆監督賞(Best Direction In A Documentary)
 ・Polly Watkins “Dr Sarmast's Music School”(ABC1)
 ・Macario De Souza “Fighting Fear”(FOXTEL、Movie Network)
 ・Ivan O'Mahoney “Go Back To Where You Came From, Episode 2 ”(SBS)
 ・Bernadine Lim “Once Upon A Time In Cabramatta, Episode 2”(SBS)

 ◆撮影賞(Best Cinematography In A Documentary)
 ・“Dr Sarmast's Music School”(ABC1) Peter Zakharov、Stephen Amis
 ・“Fighting Fear”(FOXTEL、Movie Network) Tim Bonython、Chris Bryan、Macario De Souza、Lee Kelly
 ・“Go Back To Where You Came From, Episode 3”(SBS) Stephen Baker、Nicola Daley
 ・“Storm Surfers 3D” David Maguire、Robert Morton、Dean Cropp、Richard Kickbush

 ◆編集賞(Best Editing In A Documentary)
 ・“Chateau Chunder - A Wine Revolution”(ABC1) Lawrie Silvestrin
 ・“Dr Sarmast's Music School”(ABC1) Tony Stevens ASE
 ・“Once Upon A Time In Cabramatta - Episode 1”(SBS) Sam Wilson
 ・“Storm Surfers 3D” Rodrigo Balart、Campbell Wilson

 ◆録音賞(Best Sound In A Documentary)
 ・“Dr Sarmast's Music School”(ABC1) Dale Cornelius、Livia Ruzic、Keith Thomas
 ・“Once Upon A Time In Cabramatta, Episode 2”(SBS) Christopher Elves、Chris McCallum、David White
 ・“Paul Kelly - Stories Of Me”(監督:Ian Darling) Paul Charlier、Ian McLoughlin、Brooke Trezise、Nick Batterham、Richard Boxhall
 ・“Singapore 1942 - End of Empire, Episode 1”(SBS) Glenn Martin、Ric Curtin、Ash Gibson Greig、Ian Grant、Leo Sullivan、Mark Tarpey

 Glenn Martin、Ric Curtin、Ash Gibson Greigは連続ノミネート。

 【テレビ部門】

 ◆最優秀ドラマ・シリーズ(Best Television Drama Series)
 ・“Puberty Blues”(Network Ten)
 ・“Rake - Season 2”(ABC1)
 ・“Redfern Now”(ABC1)
 ・“Tangle - Season 3”(FOXTEL、Showtime)

 ◆最優秀コメディー・シリーズ(Best Television Comedy Series)
 ・“A Moody Christmas”(ABC1)
 ・“Danger 5”(SBS)
 ・“Lowdown - Season 2”(ABC1)
 ・“Shaun Micallef's Mad As Hell”(ABC1)

 ◆監督賞(Best Direction In Television)
 ・Michael McKay “The Amazing Race Australia, Episode 1”(Seven Network)
 ・Glendyn Ivin “Beaconsfield”(Nine Network)
 ・Daina Reid “Howzat! Kerry Packer's War, Part 1”(Nine Network)
 ・Jeffrey Walker “Jack Irish: Bad Debts”(ABC 1)

 Jeffrey Walkerは連続ノミネート。

 ◆脚本賞(Best Screenplay In Television)
 ・“A Moody Christmas - Episode 5”-‘Water Under the Bridge’(ABC1) Trent O'Donnell、Phil Lloyd
 ・“Lowdown, Season 2”- Episode 3 ‘One Fine Gay’(ABC1) Amanda Brotchie、 Adam Zwar、Trudy Hellier
 ・“Puberty Blues - Episode 5”(Network Ten) Alice Bell、Tony McNamara
 ・“Redfern Now”- Episode 6 ‘Pretty Boy Blue’(ABC1) Steven McGregor

 ◆主演男優賞 ドラマ部門(Best Lead Actor In A Television Drama)
 ・Jimi Bani “Mabo”(ABC1)
 ・アンソニー・ヘイズ(Anthony Hayes) “Devil's Dust”(ABC1)
 ・ラッキー・ヒューム(Lachy Hulme) “Howzat! Kerry Packer's War”(Nine Network)
 ・リチャード・ロクスバーグ(Richard Roxburgh) “Rake, Season 2”( ABC1)

 ◆主演女優賞 ドラマ部門(Best Lead Actress In A Television Drama)
 ・アシュリー・カミングス(Ashleigh Cummings) “Puberty Blues”(Network Ten)
 ・エシー・デイヴィス(Essie Davis) “Miss Fisher's Murder Mysteries”( ABC1)
 ・スージー・ポーター(Susie Porter) “Dangerous Remedy”(ABC1)
 ・リア・パーセル(Leah Purcell) “Redfern Now”- Episode 1 ‘Family’(ABC1)

 エシー・デイヴィスは映画部門でもノミネートされています。
 エシー・デイヴィスは連続ノミネート。
 スージー・ポーターは、前回はゲスト女優/助演女優賞 ドラマ部門でノミネート。

 ◆ゲスト男優/助演男優賞 ドラマ部門(Best Guest Or Supporting Actor In A Television Drama)
 ・ルーク・キャロル(Luke Carroll) “Redfern Now”- Episode 6 ‘Pretty Boy Blue’(ABC1)
 ・Abe Forsythe “Howzat! Kerry Packer's War, Part 1”(Nine Network)
 ・アーロン・ジェフリー(Aaron Jeffery) “Underbelly Badness”- Episode 3 ‘The Loaded Dog’(Nine Network)
 ・ダン・ワイリー(Dan Wyllie) “Puberty Blues”- Episode 4(Network Ten)

 ◆ゲスト女優/助演女優賞 ドラマ部門(Best Guest Or Supporting Actress In A Television Drama)
 ・Shareena Clanton “Redfern Now”- Episode 1 ‘Family’(ABC1)
 ・Mandy McElhinney “Howzat! Kerry Packer's War, Part 2”(Nine Network)
 ・スーザン・プライアー(Susan Prior) “Puberty Blues, Episode 4 ”(Network Ten)
 ・ローラ・ウィールライト(Laura Wheelwright) “Underground”(Network Ten)

 ◆コメディー部門 演技賞(Best Performance In A Television Comedy)
 ・Patrick Brammall “A Moody Christmas”(ABC1)
 ・Barry Crocker “The Strange Calls”(ABC2)
 ・デイモン・ヘリマン(Damon Herriman) “Laid, Series 2”( ABC1)
 ・Frank Woodley “Woodley”(ABC1)

 ◆最優秀児童シリーズ(Best Children's Television Series)
 ・“The Adventures of Figaro Pho”(ABC3)
 ・“Dance Academy - Series 2”(ABC3)
 ・“Flea-bitten!”(Nine Network)
 ・“Guess How Much I Love You - The Adventures of Little Nutbrown Hare”(FOXTEL, Disney Junior、ABC2)

 ◆最優秀ライト・エンタテインメント・シリーズ(Best Light Entertainment Television Series)
 ・“Adam Hills In Gordon Street Tonight - Series 2”(ABC1)
 ・“Agony Aunts”(ABC1)
 ・“Gruen Sweat”(ABC1)
 ・“The Hamster Wheel - Series 1”(ABC1)

 ◆最優秀リアリティー・シリーズ(Best Reality Television Series)
 ・“The Amazing Race Australia”(Seven Network)
 ・“MasterChef Australia - Series 4”(Network Ten)
 ・“My Kitchen Rules - Series 3”(Seven Network)
 ・“The Voice”(Nine Network)

 ◆最優秀テレフィーチャー/ミニシリーズ(Best Telefeature Or Mini Series)
 ・“Beaconsfield”(Nine Network) 監督:Glendyn Ivin
 ・“Devil's Dust”(ABC1)
 ・“Howzat! Kerry Packer's War”(Nine Network)
 ・“Underground”(Network Ten) 監督:ロバート・コノリー(Robert Connolly)

--------------------------------

 映画部門の主な作品のノミネート状況は以下の通りです。

 ・“The Sapphires”(12):作品・監督・主演男優・主演女優・助演女優・脚色・撮影・編集・美術・衣裳・視覚効果・録音
 ・“Burning Man”(10):作品・監督・主演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・録音
 ・“Wish You Were Here”(8):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・脚本・撮影・編集
 ・“Lore”(7):作品・監督・脚色・撮影・美術・衣裳・録音
 ・“Mental”(7):主演女優・助演男優・助演女優・助演女優・脚本・衣裳・作曲
 ・“Not Suitable For Children”(4):主演女優・助演男優・脚本・作曲
 ・『ジュリアン』(3):ヤング・短編・短編脚本
 ・“33 POSTCARDS”(2):主演男優・作曲
 ・『キラー・エリート』(2):美術・視覚効果

 テレビ部門の主な作品のノミネート状況は以下の通りです。

 ・“Puberty Blues”(5):ドラマ・脚本・主演女優・助演男優・助演女優
 ・“Redfern Now”(5):ドラマ・脚本・主演女優・助演男優・助演女優
 ・“Howzat! Kerry Packer's War, Part 1”(5):監督・主演男優・助演男優・助演女優・テレフィーチャー
 ・“A Moody Christmas”(3):コメディー・脚本・コメディー演技
 ・“Rake - Season 2”(2):ドラマ・主演男優
 ・“Lowdown - Season 2”(2):コメディー・脚本
 ・“The Amazing Race Australia, Episode 1”(2):監督・リアリティー
 ・“Beaconsfield”(2):監督・テレフィーチャー
 ・“Underbelly Badness”(2):助演女優・テレフィーチャー
 ・“Devil's Dust”(2):主演男優・テレフィーチャー

 2012年に話題になったオーストラリア映画というと、“Lore”や“The Sapphires”が思い浮かびますが、上記ノミネーションを見ると、この2作品を含め、サンダンス、ベルリン、カンヌ、トロントに出品された作品が、順当に勝ち上がって、ノミネートされているようです。

 『オーストラリア』や『ハッピーヒート』クラスの、国際的な大ヒット作品こそ見当たりませんでしたが、“Lore”や『アイアン・スカイ』のように、これまで組むことのなかった国との共同製作が進められていたりして、オーストラリア映画界も少しずつ新たな可能性が探っている状況、なのかもしれません。

 昨年度のノミネート作品からは『ハンター』と『オレンジと太陽』が日本でも劇場公開されていますが、本年度はどうでしょうか。

 オーストラリア・アカデミー賞には、上記のほかに、インターナショナル部門と観客賞部門がありますが、おそらくこれらは後日発表になるものと思われます。

 受賞結果の発表(授賞式)は、2013年1月30日です。

 なお、オーストラリアには、13年続いたKodak Inside Film Awards (IF賞)という映画賞がありましたが、昨年で休止(実質は廃止)に追い込まれたようです。オーストラリア映画界も冷え込んできているということでしょうか。

--------------------------------

 映画部門の主なノミネート作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“The Sapphires”(オーストラリア) 監督:Wayne Blair
 出演:クリス・オダウド、デボラ・メイルマン(Deborah Mailman)、Jessica Mauboy、Shari Sebbens、Miranda Tapsell
 物語:1968年のオーストラリア。アボリジニーの3姉妹、ゲイル、ジュリー、シンシアとその従姉妹のケイは、アイルランド人のデイブと出会う。彼は、ウィスキーとソウルミュージックを愛するミュージシャンで、彼女たちの才能を見出して、サファイアーズという名のグループを結成する。5人は、南ベトナムの戦争地帯へとツアーを行ない、巧みに弾丸をかわしながら、海兵隊員のために歌い、そして恋に落ちていく。
 カンヌ国際映画祭2012 ミッドナイト・スクリーニング部門出品。
 トロント国際映画祭2012 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 釜山国際映画祭2012 ワールド・シネマ部門出品。
 ムンバイ国際映画祭2012 インターナショナル・コンペティション部門出品。

画像

 ・“Burning Man”(オーストラリア) 監督:Jonathan Teplitzky
 出演:マシュー・グード、レイチェル・グリフィス、Jack Heanly
 物語:トムは、ボンダイ・ビーチを見下ろすシックなレストランでコック長をしている。彼は、善良だが、立ち振る舞いは悪く、お客さんの評は一切気にかけなかった。しかし、そんな彼を女たちは放っておかず、彼はいつも人気の的であった。ある日、彼が8歳の息子オスカーのバースデー・パーティーを準備している時、ついに彼は怒りを爆発させ、警察に拘置される……。
 トロント国際映画祭2011 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。


 ・“Wish You Were Here”(オーストラリア) 監督:キーラン・ダーシー=スミス(Kieran Darcy-Smith)
 出演:ジョエル・エドガートン(Joel Edgerton)、テリーサ・パーマー(Teresa Palmer)、Felicity Price、アントニー・スター(Antony Starr)
 物語:4人の仲間が東南アジアへと気ままなホリデーに出かけ、3人だけが帰ってくる。まずデイヴとアリスが帰ってきて、ジェレミーの謎の失踪について家族に話す。続いて、アリスの姉で、ジェレミーの恋人であったステフが帰ってきて、ジェレミーがいなくなった夜の忌まわしい秘密について話す。しかし、それはまだほんの序の口に過ぎなかった。満月の輝くカンボジアの夜。踊っていた彼らにいったい何があったのだろうか?
 監督のキーラン・ダーシー=スミスは、『地獄の変異』や『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』などに出演している俳優で、これが初監督長編。
 サンダンス映画祭2012出品。

画像

 “Lore”(オーストラリア・英・独) 監督:ケイト・ショートランド(Cate Shortland)
 物語:ナチの両親が投獄されて、Loreは、妹ともに、戦争で破壊された1945年のドイツの地を進んでいく。カオスの中、彼女はミステリアスなユダヤ人の少年トマスと出会い、憎しみと欲望を浴びせかけられて、彼女のもろいリアリティーはバラバラにされる。生きるために、彼女は誰かの助けを借り、人を憎み、自分の中の闇と向き合うことを学ぶ。
 トロント国際映画祭2012 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2012 最優秀長編作品賞ナラティヴ部門&撮影賞、The Jeremy Nussbaum Prize for Provocative Fiction
受賞。
 バリャドリッド国際映画祭2012 新人監督賞受賞。
 ストックホルム国際映画祭2012 コンペティション部門出品。最優秀作品賞(Bronze Horse for Best Film)受賞。
 米国アカデミー賞2012 外国語映画賞 オーストラリア代表。

画像

 ・“Mental”(オーストラリア) 監督:P・J・ホーガン
 出演:トニ・コレット、リーヴ・シュレイバー、レベッカ・ギブニー(Rebecca Gibney)、デボラ・メイルマン(Deborah Mailman)、アンソニー・ラパグリア、ケリー・フォックス
 物語:シャーリーは、政治家で、火遊びばかりしている夫バリーのことを支えられず、また、世話のやける子供たち5人を抱え、神経衰弱に陥ってしまう。バリーは、表向きは休暇中ということにして、妻を精神病院に預けるが、5人の子供たちを前に途方に暮れる。彼は、衝動的にヒッチハイカーのシャズを雇い入れ、彼女に子守役を任せる。
 メルボルン国際映画祭2012出品。

画像

 ・『ジュリアン』“Julian”(オーストラリア) 監督:マシュー・ムーア
 出演:Ed Oxenbould、Leon Ford、Will Cottle、Morgana Davies、Christopher Stollery
 物語:1981年。ジュリアンは、9歳で、小学校の4年生だ。彼は、正義感が強くて、いじめっ子や、短気な先生や、秘密を抱えた校長先生と戦わなければならなくなる。
 ベルリン国際映画祭2012 Kplus短編部門 クリスタル・ベア受賞。
 キンダー・フィルム・フェスティバル2012 最優秀作品賞 短編部門受賞。

画像

--------------------------------

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・オーストラリア・アカデミー賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_59.html
 ・オーストラリア・アカデミー賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_10.html
 ・オーストラリア映画協会賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_5.html
 ・オーストラリア映画協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_18.html
 ・オーストラリア映画協会賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_4.html
 ・オーストラリア映画協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_20.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年6月~2013年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_9.html

 追記:
 ・オーストラリア・アカデミー賞2013 インターナショナル・アワード ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_23.html

 ・オーストラリア・アカデミー賞2013 インターナショナル・アワード 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_65.html

 ・オーストラリア・アカデミー賞2013 国内部門賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_1.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック