プーラ映画祭(クロアチア)2012 受賞結果 & 2つの世界記録達成!

 第59回プーラ映画祭(7月14日ー28日)の各賞が発表されました。

 【プーラ映画祭】(Pula Film Festival)

 プーラ映画祭は、クロアチアで最も古い映画祭で、1954年からスタートして、1957年から賞の授与を行なっています。
 ユーゴスラビアの映画祭としてスタートして、1991年まで続いた後、ユーゴスラビアの崩壊で、いったん中断し、1994年から再開して、今年で第59回を迎えています。

 プーラ映画祭は、主に、年間最優秀映画各部門賞を決めるナショナル・プログラムと、インターナショナル作品のコンペティション部門であるインターナショナル・プログラム(2001年に創設)で構成され、クロアチア・アカデミー賞に当たるナショナル・プログラムの賞はGolden Arenasと呼ばれます。

 今年の受賞結果は以下の通りです。

画像

--------------------------------

 【ナショナル・プログラム】

 [メイン・セクション](Main section)

 ・“Sonja and the Bull(Sonja i bik)”(クロアチア) 監督:Vlatka Vorkapić
 ・“A Letter to My Father(Pismo caci)”(クロアチア) 監督:Damir Čučić
 ・“Flower Square(Cvjetni trg)”(クロアチア) 監督:Krsto Papić
 ・“Night Boats(Nocni brodovi)”(クロアチア・スロヴェニア・セルビア) 監督:Igor Mirković
 ・“Accidental Passer-by(Slucajni prolaznik)”(クロアチア) 監督:Jozo Patljak
 ・“Zagreb Stories Vol. 2(Zagrebacke price vol. 2)”(スロアチア・スヴェロニア) 監督:Hana Vecek、Sara Hribar、Aldo Tardozzi、Ivan Sikavica、Josip Viskovic、Radislav Jovanov Gonzo [オムニバス]
 ・“Halima’s Path(Halimin put)”(クロアチア・スロヴェニア・ボスニア ヘルツェゴビナ) 監督:Arsen Anton Ostojić
 ・“Hives(Kosnice)”(クロアチア・独・イスラエル・英・チェコ) 監督:Igor Seregi、Boaz Debby、Michael Carson Lennox、Simon Dolensky、Tomas Kratochvil [オムニバス]
 ・“No Laughing Allowed(Zabranjeno smijanje)”(クロアチア) 監督:Davor Žmegač
 ・“Vegetarian Cannibal(Ljudozder vegetarijanac)”(クロアチア) 監督:Branko Schmidt

 ◆作品賞(Grand Golden Arena for Best Film)
 ◎“A Letter to My Father(Pismo caci)”(クロアチア) 監督:Damir Čučić

画像

 ◆監督賞(Golden Arena for Best Director)
 ◎Branko Schmidt “Vegetarian Cannibal(Ljudozder vegetarijanac)”(クロアチア)

画像

 ◆主演男優賞(Golden Arena for Best Actor in a Leading Role)
 ◎Rene Bitorajac “Vegetarian Cannibal(Ljudozder vegetarijanac)”(クロアチア)

 ◆主演女優賞(Golden Arena for Best Actress in a Leading Role)
 ◎Ana Karić “Night Boats(Nocni brodovi)”(クロアチア・スロヴェニア・セルビア)

 ◆助演男優賞(Golden Arena for Best Actor in a Supporting Role)
 ◎Mate Gulin “A Letter to My Father(Pismo caci)”(クロアチア)

 ◆助演女優賞(Golden Arena for Best Actress in a Supporting Role)
 ◎Olga Pakalović “Halima’s Path(Halimin put)”(クロアチア・スロヴェニア・ボスニア ヘルツェゴビナ)

画像
↑左から、Mate Gulin、Ana Karić、Olga Pakalović、Rene Bitorajac ↑

 ◆脚本賞(Golden Arena for Best Screenplay)
 ◎Vlatka Vorkapić “Sonja and the Bull(Sonja i bik)”(クロアチア)

 ◆撮影賞(Golden Arena for Best Cinematography)
 ◎Dragan Ruljančić “Vegetarian Cannibal(Ljudozder vegetarijanac)”(クロアチア)

 ◆編集賞(Golden Arena for Best Editing)
 ◎Hrvoje Mršić、Damir Čučić “A Letter to My Father(Pismo caci)”(クロアチア)

 ◆美術賞(Golden Arena for Best Art Direction)
 ◎Ivana Škrabalo “Vegetarian Cannibal(Ljudozder vegetarijanac)”(クロアチア)

 ◆衣裳デザイン賞(Golden Arena for Best Costume Design)
 ◎Slavica Šnur “Sonja and the Bull(Sonja i bik)”(クロアチア)

 ◆メイキャップ賞(Special Golden Arena for Best Make-Up)
 ◎Jasna Rosin “Vegetarian Cannibal(Ljudozder vegetarijanac)”(クロアチア)

 ◆録音賞(Special Golden Arena for Best Sound)
 ◎Martin Semenčić “A Letter to My Father(Pismo caci)”(クロアチア)

 ◆音楽賞(Golden Arena for Best Music)
 ◎Stanko Kovačić、Damir Martinović、Ivanka Mazurkijević “Sonja and the Bull(Sonja i bik)”(クロアチア)

 ◆新人監督賞(The Breza Award for best debutant director)
 ◎Damir Čučić “A Letter to My Father(Pismo caci)”(クロアチア)

 ◆イノベーション賞(Special Golden Arena for Technological Innovation)
 ◎Jozo Patljak(プロデューサー) “Accidental Passer-by(Slucajni prolaznik)”(クロアチア)

 ※審査員:Nina Violić(審査員長/女優)、Tomislav Kurelec(映画批評家)、Dalibor Matanić(監督)、Ante Tomić(脚本家)、Vanja Černjul(撮影)

 ◆ヨーロッパ地中海映画批評家連盟賞(The Federation of Film Critics of Europe and the Mediterranean Jury (FEDEORA)Award)
 ◎“Vegetarian Cannibal(Ljudozder vegetarijanac)”(クロアチア)

 ◆クロアチア映画批評家協会賞(The Croatian Film Critics’ Association Award) The OKTAVIJAN賞
 ◎“Vegetarian Cannibal(Ljudozder vegetarijanac)”(クロアチア)

 ◆ヤング審査員賞(The Young Cinephiles Jury Award)
 ◎“Halima’s Path(Halimin put)”(クロアチア・スロヴェニア・ボスニア ヘルツェゴビナ)

 [マイノリティ共同製作セクション](Minority co-productions section)

 ・“The Parade(Parada)”(セルビア・クロアチア・マケドニア) 監督:Srđan Dragojević
 ・“Practical Guide to Belgrade with Singing and Crying(Prakticni vodic kroz Beograd, s pjevanjem i plakanjem)”(セルビア・独・仏・ハンガリー・クロアチア) 監督:Bojan Vuletić

 ◆脚本賞(Golden Arena for Best Screenplay)
 ◎Srđan Dragojević “The Parade(Parada)”(セルビア・クロアチア・マケドニア)

 ◆主演女優賞(Golden Arena for Best Actress in a Leading Role)
 ◎Hristina Popović “The Parade(Parada)”(セルビア・クロアチア・マケドニア)

 ◆ヨーロッパ地中海映画批評家連盟賞(The Federation of Film Critics of Europe and the Mediterranean Jury (FEDEORA)Award)
 ◎“Practical Guide to Belgrade with Singing and Crying(Prakticni vodic kroz Beograd, s pjevanjem i plakanjem)”(セルビア・独・仏・ハンガリー・クロアチア)

 ◆クロアチア映画批評家協会賞(The Croatian Film Critics’ Association Award)
 該当作品なし

 ◆ヤング審査員賞(The Young Cinephiles Jury Award)
 ◎“The Parade(Parada)”(セルビア・クロアチア・マケドニア)

 ◆観客賞(Golden Gate of Pula Audience Award)
 ・“Halima’s Path(Halimin put)”–4.86
 ・“Vegetarian Cannibal(Ljudozder vegetarijanac)”– 4.83
 ・“Sonja and the Bull(Sonja i bik)”– 4.72
 ・“Vegetarian Cannibal(Ljudozder vegetarijanac)”– 4.48
 ・“Flower Square(Cvjetni trg)”– 4.44
 ・“Night Boats(Nocni brodovi)”– 4.31
 ・“Zagreb Stories Vol. 2(Zagrebacke price vol. 2)”– 4.10
 ・“No Laughing Allowed(Zabranjeno smijanje)”– 4.08
 ・“Practical Guide to Belgrade with Singing and Crying(Prakticni vodic kroz Beograd, s pjevanjem i plakanjem)”–3.63
 ・“Accidental Passer-by(Slucajni prolaznik)”– 2.50

 【インターナショナル・プログラム】

 ・『英雄の証明』(英) 監督:レイフ・ファインズ
 ・“I, Anna”(英・独・仏) 監督:Barnaby Southcombe
 ・“Chaos(Désordres)”(仏) 監督:Etienne Faure
 ・“The Conquest(La conquête)”(仏) 監督:Xavier Durringer
 ・“Black Heaven(L'autre monde)”(仏) 監督:ジル・マルシャン
 ・『キリマンジャロの雪』(仏) 監督:ロベール・ゲディギャン
 ・“Farewell, My Queen(Les adieux à la reine)”(仏・西) 監督:ブノワ・ジャコー
 ・“The Woman in the Fifth(La femme du Vème)”(仏・ポーランド・英) 監督:パヴェル・パヴリコフスキー(Pawel Pawlikowski)
 ・“A Distant Neighbourhood(Quartier lointain)”(ベルギー・ルクセンブルク・仏・独) 監督:サム・ガルバルスキ(Sam Garbarski)
 ・『シュン・リーと詩人』“Shun Li and the Poet(Io sono Li)”(伊・仏) 監督:アンドレア・セグレ
 ・『きっとここが帰る場所』“This Must Be the Place”(伊・仏・アイルランド) 監督:パオロ・ソレンティーノ
 ・“Romeos”(独) 監督:サビーネ・ベルナルディ(Sabine Bernardi)
 ・『ホテル・ルックス』“Hotel Lux”(独) 監督:レアンダー・ハウスマン(Leander Haußmann)
 ・“The Door”(ハンガリー・独) 監督:イシュトヴァン・サボー
 ・“Perfect Days(Perfect Days - I zeny mají své dny)”(チェコ) 監督:Alice Nellis

 ※ミルチョ・マンチェフスキー(審査員長)、Mirjana Karanović(女優)、Metod Pevec(監督・男優).

 ◆作品賞(Golden Arena for Best Film)
 ◎『キリマンジャロの雪』(仏)

 ◆監督賞(Golden Arena for Best Director)
 ◎ブノワ・ジャコー “Farewell, My Queen(Les adieux à la reine)”(仏・西)

 ◆演技賞(Golden Arena for Best Actor/Actress)
 ◎ドゥニ・ポダリデス “The Conquest(La conquête)”(仏)

 ◆スペシャル・メンション
 ◎『シュン・リーと詩人』(伊・仏)

 ◆クロアチア映画批評家協会賞(The Croatian Film Critics’ Association Award)
 ◎『英雄の証明』(英)

 ◆ヤング審査員賞(The Young Cinephiles Jury Award)
 ◎“Perfect Days(Perfect Days - I zeny mají své dny)”(チェコ)

 【短編プログラム】

 ・“Captain and the Audition”(クロアチア) 監督:Zvonimir Jurić i Antonio Nuić
 ・“Weekend”(クロアチア) 監督:Goran Ribarić
 ・“Red Handed”(クロアチア) 監督:Bruno Mustić
 ・“Father”(クロアチア) 監督:Ivica Mušan
 ・“Chillin’”(クロアチア) 監督:Luka Rukavina
 ・“Rom kom”(クロアチア) 監督:Zvonimir Rumboldt
 ・“Out of Season”(クロアチア) 監督:Dijana Bolanča
 ・“One”(クロアチア・スロヴェニア) 監督:Matija Radeljak
 ・“Elephant”(クロアチア) 監督:Dalija Dozet
 ・“Farewell 2”(クロアチア) 監督:Irena Škorić

 ◆ヨーロッパ地中海映画批評家連盟賞(The Federation of Film Critics of Europe and the Mediterranean Jury (FEDEORA)Award)
 ◎“Father”(クロアチア)

 ◆ヤング審査員賞(The Young Cinephiles Jury Award)
 ◎“Chillin’”(クロアチア)

 【児童映画プログラム】 (Children’s Film Programme Pulica – Morning screenings for children)

画像

 ・“The Gruffalo’s Child”(英・独) 監督:Uwe Heidschötter、Johannes Weiland
 ・“The Painting”(仏) 監督:ジャン=フランソワ・ラギオニ
 ・“Zarafa”(仏・ベルギー) 監督:レミ・ブザンソン(Rémi Bezançon)、ジャン=クリストフ・リー(Jean-Christophe Lie)
 ・“French Fries War”(オランダ・ベルギー) 監督:Nicole van Kilsdonk
 ・“The Crocodiles Strike Back”(独/2010) 監督:Christian Ditter
 ・“Captain Mikula, the Kid”(ユーゴスラビア/1974) 監督:Obrad Gluščević
 ・“Wolfgirl”(クロアチア) 監督:Natalija Župan Lucić
 ・“Lotte and the Moonstone Secret”(エストニア・ラトヴィア) 監督:Janno Põldma、Heiki Ernits
 ・『イエロー・サブマリン』“Yellow Submarine”(米/1958) 監督:ジョージ・ダニング

 ◆児童審査員賞(Children’s Jury Award)
 ◎“Zarafa”(仏・ベルギー)
 ◎“The Crocodiles Strike Back”(独/2010)

 【Bring Your Own Film! Awards】

 ◆A Diploma for Best Bring Your Own Film
 ◎“Instant panic” 監督:Vlasta Meštrović

 ◆観客賞
 ◎“Urlator” 監督:Ivan Galić

 【その他の賞】

 ◆The Marijan Rotar Award
 この賞は、プーラ映画祭の創立者にちなんで設立された賞で、プーラと映画に貢献した個人や団体に贈られる。

 ◎Duško Marušić(撮影)

画像

--------------------------------

 主な受賞作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“A Letter to My Father(Pismo caci)”(クロアチア) 監督:Damir Čučić
 物語:父と子の間にはコミュニケーションに問題があり、それは年々大きくなっている。息子は、父のコピーのように見なされるのは嫌だったし、自分の未来の姿が父のようなものだとは認めたくなかった。彼は、ビデオ・カメラを通して、父と和解し、もっと偉大な人物になろうとしていることを証明しようとする。

画像

 ・“Vegetarian Cannibal(Ljudozder vegetarijanac)”(クロアチア) 監督:Branko Schmidt
 物語:Danko Babicは、婦人科医として成功していたが、不正直な悪徳医で、野心があって、闇社会ともつながっていた。彼は、お金さえ支払われれば、どんな犯罪にも手を貸すのだった。
 モスクワ国際映画祭2012 コンペティション部門出品。

画像

 ・“Halima’s Path(Halimin put)”(クロアチア・スロヴェニア・ボスニア ヘルツェゴビナ) 監督:Arsen Anton Ostojić
 物語:ハリマは、ボスニア戦争で殺された息子の痕跡を探していたが、まだ成功していなかった。彼女は、DNA鑑定を拒んでいたが、それは、息子が養子であり、それを秘密にしていたからだ。しかし、結局、息子の痕跡を探すには、実の母親を見つけ出して、彼女の力を借りるしかないという結論に達する。

画像

 ・“Sonja and the Bull(Sonja i bik)”(クロアチア) 監督:Vlatka Vorkapić
 物語:ザグレブ出身の娘ソーニャは、ベジタリアンで、熱心な動物愛護運動の活動家である。彼女は、almatinska zagoraの闘牛に反対していて、そんな彼女にいらだった人々は、彼女がいくら動物を愛していると言っても、雄牛の前に立つことはできないだろうなどと陰口を叩き始める。それは賭けに発展して、彼女は、説得の名手Anteの前で、チャレンジするハメになる。

画像

 ・“The Parade(Parada)”(セルビア・クロアチア・マケドニア) 監督:Srđan Dragojević
 物語:セルビアやボスニア、コソボで活躍してきた退役軍人たちが、これまで無縁だったゲイに関わることになって、ナショナリストやネオ・ナチからゲイ・プライドのパレードを守り、イベントを成功させる。
 ベルリン国際映画祭2012 パノラマ部門出品。エキュメニカル審査員賞スペシャル・メンション、テディー賞 Zuschauerpreis der Siegessaeule/Else、Siegessäule Readers’ Award受賞。観客賞1位。
 トランシルヴァニア国際映画祭2012 Unirii Square部門出品。

画像

 ・“Farewell, My Queen(Les adieux à la reine)”(仏・西) 監督:ブノワ・ジャコー
 出演:レア・セドゥー、ダイアン・クルーガー、グザヴィエ・ボーヴォワ、ノエミ・ルヴォフスキー
 物語:1989年のヴェルサイユ。国民は宮廷に対して反抗的で、革命の機運が高まりつつあり、宮廷の貴族たちの間では不安が高まりつつあった。王妃マリー・アントワネットの逃走計画が立てられ、王妃の朗読係であったシドニーに重要な役割が与えられる。彼女は最初それを誇りに思っていたが、恋人から関わらないほうがいいと注意される。
 シャンタル・トマの小説『王妃に別れをつげて』の映画化。
 ベルリン国際映画祭2012 コンペティション部門出品。オープニング作品。

画像

 ・“The Conquest(La conquête)”(仏) 監督:Xavier Durringer
 出演:ドゥニ・ポダリデス、フロレンス・ペルネル(Florence Pernel)、ベルナール・ル・コク(Bernard Le Coq)、サミュエル・ラバルト(Samuel Labarthe)、イッポリト・ジラルド、ドミニク・ベネアール(Dominique Besnehard)
 物語:2007年5月6日、大統領選挙、第2回投票。ニコラ・サルコジ(ドゥニ・ポダリデス)が新大統領として選ばれようとしていた時、当のサルコジは、バスローブ姿のまま、打ちひしがれ、家に篭ったままでいた。彼は一日中、彼の元を去ったセシリアに電話をかけ続けていた。そしてその日から5年―。陰謀と策略、対立が散りばめられた、サルコジの政治の舞台での躍進劇―。権力と手に入れながら妻を失った男の物語。
 カンヌ国際映画祭2011 アウト・オブ・コンペティション部門出品。
 セザール賞2012 主演男優賞・助演男優賞ノミネート。

画像

 ・『シュン・リーと詩人』“Shun Li and the Poet(Io sono Li)”(伊・仏) 監督:アンドレア・セグレ
 物語:中国人女性シュン・リーは、ローマの織物工場で働いていた。彼女は、自分の書類を整えて、8歳になる自分の息子を早くイタリアに呼びたいと考えていた。しかし、突然、彼女は、キオッジャでバーテンダーとして働くことになる。そこは、友達から詩人と呼ばれる、スラブ系の漁師ベッピのパブであった。2人の間には友情が芽生えるが、それは、中国人と地元のコミュニティー双方に不協和音をもたらすのだった。
 監督のアンドレア・セグレは、ドキュメンタリー作家で、ドラマ作品を手がけるのは、これが初めて。
 ベネチア国際映画祭2011 ベネチア・デイズ部門出品。FEDIC Award、Lanterna Magica賞受賞。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2012 主演女優賞(チャオ・タオ)受賞。
 ラックス賞2012 ノミネート。
 アルシネテラン配給により公開予定。イタリア映画祭2012にて上映。

画像

 ・“Perfect Days(Perfect Days - I zeny mají své dny)”(チェコ) 監督:Alice Nellis
 物語:エリカ・ミラーは、自分のTV番組を持ち、大きなアパートに住み、自由を満喫していたが、子供が欲しいという思いだけは叶えられず、その願いは年々強くなっていった。44歳の誕生日に、彼女は、別れた夫からは不愉快なメッセージを、ゲイの友人であるリチャードからはしわ取りクリームを贈られ、母親からはストリップショーを見せられる。
 チェコ・アカデミー賞2011 5部門ノミネート、主演女優賞の“Mamas & Papas”のAlice Nellis監督最新作。

画像

 ・“Zarafa”(仏・ベルギー) 監督:レミ・ブザンソン(Rémi Bezançon)、ジャン=クリストフ・リー(Jean-Christophe Lie)
 物語:バオバブの木の下で老人が子どもたちに話をしている。それは10歳の少年マキと、エジプトのパシャがフランス国王シャルル10世に贈った孤児のキリン、ザラファとの友情の物語だ、
 レミ・ブザンソン監督が、『ターザン』や『ヘラクレス』などでアニメーターを務めたジャン=クリストフ・リーと組んで、完成させた初のアニメーション作品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2012 コンペティション部門出品。

画像

 ・“The Crocodiles Strike Back”(独/2010) 監督:Christian Ditter
 物語:OllieとMariaの両親が働く工場がレイオフの危機にあり、閉鎖されるという噂も立ち始まる。両親が仕事を失うということは、引越ししなければならなくなるかもしれないということで、それは「クロコダイル団」の解散を意味する。「クロコダイル団」のメンバーはそうならないために、秘密の作戦を展開する。
 ズリーン映画祭でズリーン市賞特別賞を受賞した“The Crocodiles(Die Vorstadtkrokodile)”(2009)の続編。
 ズリーン映画祭2011インターナショナル・コンペティション 青少年部門出品。

画像

--------------------------------

 今回のプーラ映画祭の話題の1つは、3-D映画に関して、2つの記録を打ち立てたことで、その1つは、73.5mの距離から投影したことで、もう1つは、観客数が5920人だったことで、ともにワールド・レコードだそうです。(上映作品は、コンペティション部門の“Accidental Passer-by(Slucajni prolaznik)”。)

 へえ~、そんなんだ。でも、なんで、クロアチアなの?と思ったり、でもすぐにどこかよその国(アメリカとか中国とかロシアとか南米とか、あるいは日本でも)で抜かれるんじゃない?と思ったりしますが、スクリーンの方から観客を写した写真を見ると、ちょっと圧倒されます。

画像

 距離が離れても、3-Dに見える限界の距離があるような気がしますが、どうなのでしょうか。

 10000人くらい動員できる日本のどこかライブ会場で試したら、面白いし、大きな話題になるかもしれませんね。

画像

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年6月~2013年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック