韓国映画評論家賞2011 発表!

 第31回韓国映画評論家賞は、10月28日に各賞の結果が発表され、11月11日に授賞式が行なわれました。

 ◆最優秀作品賞
 ◎“고지전/ The Front Line(高地戦)” 監督:チャン・フン

 ◆監督賞
 ◎チャン・フン “고지전/ The Front Line(高地戦)”

画像

 ◆男優賞
 ◎ハ・ジョンウ 『哀しき獣』(監督:ナ・ホンジン)

画像

 ◆女優賞
 ◎タン・ウェイ 『レイトオータム』“만추/Late Autumn(晩秋)”(監督:キム・テヨン)

画像

 ◆脚本賞
 ◎“고지전/ The Front Line(高地戦) パク・サンヨン

画像

 ◆撮影賞
 ◎“최종병기 활/Bow: The Ultimate Weapon(最終兵器 弓)”(監督:キム・ハンミン) キム・テソン、パク・チョンチョル

 ◆技術賞
 ◎“최종병기 활/Bow: The Ultimate Weapon(最終兵器 弓)” ハン・ヨンウ(한영우)(視覚効果)

画像

 ◆音楽賞
 ◎『レイトオータム』“만추/Late Autumn(晩秋)” チョ・ソンウ

 ◆新人男優賞
 ◎イ・ジェフン “고지전/ The Front Line(高地戦)”

 ◆新人女優賞
 ◎ユ・ダイン “혜화,동/Re-encounter(ヘファ、ドン)” (監督:ミン・ヨングン)

 ◆新人監督賞
 ◎パク・ジョンボム 『ムサン日記~白い犬』

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎『豊山犬』 監督:チョン・ジェホン

 ◆特別功労賞
 ◎チョン・チャンファ(1928年生まれ、1953年デビューの監督)

画像

 ◆特別賞
 ◎“마당을 나온 암탉/Laefie(庭を出ためんどり)” 監督:オ・ソンユン
 韓国映画史上記録的なヒットを飛ばした長編アニメーションで、韓国映画として初めて中国でも劇場公開された。

画像

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・韓国映画評論家協会賞2010:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_24.html
 ・韓国映画評論家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200910/article_7.html

 ・大鐘賞2011 ノミネーション&受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_60.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2011年6月~2012年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_3.html

--------------------------------

 主な受賞作品を以下に簡単に紹介しておきます。

 ・“고지전/ The Front Line(高地戦)” 監督:チャン・フン
 出演:コ・ス、シン・ハギュン、イ・ジェフン、コ・チャンソク、リュ・スンス
 物語:1953年、朝鮮戦争の休戦交渉は膠着し、その間にも、少しでも領土を広げようと、南北による小さな高地の奪い合いが繰り広げられていた。その高地戦で、中隊長が死ぬが、遺体からは味方の銃弾が検出される。また、隊の中に敵への内通者がいるとの噂が広まって、ウンビョ中尉が調査に出向くことになる。そこで彼は、軍隊に入隊して間もない頃に知り合ったスヒョクと再会する。
 米国アカデミー賞2012 外国語映画賞韓国代表。
 大鐘賞2011 作品賞・撮影賞・証明賞・企画賞受賞。
 韓国映画評論家協会賞2011 作品賞・監督賞・脚本賞受賞。
 青龍映画賞2011 撮影賞・美術賞受賞。
 釜山映画評論家協会賞2011 技術賞受賞(美術)。

画像

 ・“최종병기 활/Bow: The Ultimate Weapon(最終兵器 弓)” 監督:キム・ハンミン
 出演:パク・ヘイル、リュ・スンニョン、ムン・チェウォン、キム・ムヨル
 物語:1936年後金の太宗ホンタイジは皇帝に即位し、清を興して、李氏朝鮮に臣従するよう求める。李氏朝鮮はこれに反発したため、清の侵入を受け、多くの捕虜を出す。ナミの妹と新郎のソグンもそうした者の1人で、結婚式をめちゃくちゃにされてしまう。弓の使い手であるナミは、2人を救い出すべく、父の遺した弓を手に敵陣に乗り込んでいく……。
 大鐘賞2011 映像技術賞・音響技術賞・新人女優賞(ムン・チェウォン)受賞。
 韓国映画評論家協会賞2011 撮影賞・技術賞(視覚効果)受賞。
 青龍映画賞2011 主演男優賞(パク・ヘイル)・助演男優賞(リュ・スンニョン)・技術賞(武術)・新人女優賞(ムン・チェウォン)受賞。

画像

 ・『レイトオータム』“만추/Late Autumn(晩秋)”(韓・香港・米) 監督:キム・テヨン
 出演:タン・ウェイ、ヒョンビン、キム・ジュンソン、James C. Burns
 物語: 物語:アンナは、母親の葬儀に出席するために、特別許可をもらって、刑務所からシアトルに向かう。途中で、彼女は、孤独な中年女性のための「心の友」(companion for hire)をしているフーンと出会う。2人は意気投合し、一緒に一日を過ごす。
 トロント国際映画祭2010 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 釜山国際映画祭2010 ガラ部門出品。
 ベルリン国際映画祭2011 フォーラム部門出品。
 百想芸術大賞2011 女性演技賞受賞(タン・ウェイ)。
 大鐘賞2011 音楽賞受賞。
 韓国映画評論家協会賞2011 女優賞 (タン・ウェイ)・音楽賞受賞。
 釜山映画評論家協会賞2011 作品賞・女優賞 (タン・ウェイ)受賞。

画像

 ・“마당을 나온 암탉/Laefie(庭を出ためんどり)” 監督:オ・ソンユン
 物語:養鶏場で、ただ卵を産むだけの生活をしているめんどりのイブサックは、養鶏場の外の自由な世界を夢みる。一計を案じて、ついに養鶏場を脱出したイブサックは、片目のイタチに襲われ、食べられそうになるが、旅人のマガモに助けられる。
 韓国映画評論家協会賞2011 特別賞受賞。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック