ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2011 ノミネーション!

 第14回ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードのノミネーションが発表されました。(10月31日)

画像

 ◆作品賞(Best British Independent Film)
 ・『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』“Senna” 監督:アシフ・カパディア
 ・“Shame” 監督:スティーヴ・マックイーン
 ・“Tinker Tailor Soldier Spy” 監督:トマス・アルフレッドソン
 ・『ティラノサウルス』“Tyrannosaur” 監督:パディ・コンシダイン

 『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』は、サンダンス映画祭2011観客賞受賞。
 “Shame”は、ベネチア国際映画祭2011コンペティション部門出品。男優賞&国際批評家連盟賞受賞。
 “Tinker Tailor Soldier Spy” は、ベネチア国際映画祭2011コンペティション部門出品。
 『ティラノサウルス』は、サンダンス映画祭2011監督賞受賞。
 “We Need To Talk About Kevin”は、カンヌ国際映画祭2011コンペティション部門出品。

 ◆監督賞(Best Director)
 ・Ben Wheatley “Kill List”
 ・スティーヴ・マックイーン “Shame”
 ・トマス・アルフレッドソン “Tinker Tailor Soldier Spy”
 ・パディ・コンシダイン(Paddy Considine) 『ティラノサウルス』
 ・リン・ラムジー “We Need To Talk About Kevin”

 “Kill List”は、トロント国際映画祭2011MIDNIGHT MADNESS部門出品。
 『ティラノサウルス』は、サンダンス映画祭2011監督賞受賞。パディ・コンシダインは、俳優として『サブマリン』にも出演しています。

 ◆主演男優賞(Best Actor)
 ・ブレンダン・グリーソン 『アイルランドの事件簿』“The Guard”(監督:ジョン・マイケル・マクドノー)
 ・ニール・マスケル(Neil Maskell) “Kill List”
 ・マイケル・ファスベンダー “Shame”
 ・ゲイリー・オールドマン “Tinker Tailor Soldier Spy”
 ・ピーター・ミュラン 『ティラノサウルス』

 マイケル・ファスベンダーは、この作品でベネチア国際映画祭2011男優賞受賞。

 ◆主演女優賞(Best Actress)
 ・レベッカ・ホール “The Awakening”(監督:ニック・マーフィ)
 ・ミア・ワシコウスカ “Jane Eyre”(監督:ケイリー・フクナガ)
 ・マイアンナ・バーリング(Myanna Buring) “Kill List”
 ・オリヴィア・コールマン(Olivia Colman) 『ティラノサウルス』
 ・ティルダ・スウィントン “We Need To Talk About Kevin”

 主演女優賞は、キャリー・マリガンが2連覇中でした。

 ◆助演男優賞(Best Supporting Actor)
 ・マイケル・スマイリー(Michael Smiley) “Kill List”
 ・トム・ハーディー “Tinker Tailor Soldier Spy”
 ・ベネディクト・カンバーバッチ(Benedict Cumberbatch) “Tinker Tailor Soldier Spy”
 ・エディー・マーサン 『ティラノサウルス』
 ・エズラ・ミラー(Ezra Miller) “We Need To Talk About Kevin”

 ◆助演女優賞(Best Supporting Actress)
 ・フェリシティー・ジョーンズ “Albatross”(監督:ニオール・マコーマック(Niall MacCormick))
 ・ヴァネッサ・レッドグレイヴ “Coriolanus”(監督:レイフ・ファインズ)
 ・キャリー・マリガン “Shame”
 ・サリー・ホーキンス 『サブマリン』“Submarine”(監督:リチャード・アヨエイド)
 ・キャシー・バーク “Tinker Tailor Soldier Spy”

 フェリシティー・ジョーンズは、今年は他にも“Like Crazy”ほか、いくつもの出演作があり、『私のいとしい人―シェリ』(2009)、『テンペスト』(2010)以降、ブレイク中であるようです。

 ◆脚本賞(Best Screenplay)
 ・ジョン・マイケル・マクドノー 『アイルランドの事件簿』“The Guard”
 ・Ben Wheatley、Amy Jump “Kill List”
 ・アビ・モーガン(Abi Morgan)、スティーヴ・マックイーン “Shame”
 ・リチャード・アヨエイド 『サブマリン』
 ・リン・ラムジー、ロリー・キニア(Rory Kinnear) “We Need To Talk About Kevin”

 ◆技術貢献賞(Best Technical Achievement)
 ・クリス・キング(Chris King)、Gregers Sall (編集) 『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』
 ・ショーン・ボビット(Sean Bobbitt)(撮影) “Shame”
 ・ジョー・ウォーカー(編集) “Shame”
 ・マリア・ジャーコヴィク(Maria Djurkovic)(美術) “Tinker Tailor Soldier Spy”
 ・シーマス・マクガーヴィー(撮影) “We Need To Talk About Kevin”

 ◆ニューカマー賞(Most Promising Newcomer)
 ・Jessica Brown Findlay “Albatross”
 ・John Boyega  “Attack The Block”(監督:Joe Cornish)
 ・クレイグ・ロバーツ(Craig Roberts) 『サブマリン』
 ・ヤスミン・ペイジ(Yasmin Paige) 『サブマリン』
 ・Tom Cullen “Weekend”(監督:Andrew Haigh)

 ◆新人監督賞(The Douglas Hickox Award(Best Debut Director))
 ・Joe Cornish “Attack The Block”
 ・レイフ・ファインズ “Coriolanus”
 ・ジョン・マイケル・マクドノー 『アイルランドの事件簿』
 ・リチャード・アヨエイド(Richard Ayoade) 『サブマリン』
 ・パディ・コンシダイン 『ティラノサウルス』

 『アイルランドの事件簿』は、ベルリン国際映画祭2011パノラマ部門 第1回作品賞スペシャル・メンション受賞。
 『サブマリン』は、ベルリン国際映画祭2011フォーラム部門出品。

 ◆プロダクション賞(Best Achievement In Production)
 ・“Kill List” 監督:Ben Wheatley
 ・『ティラノサウルス』 監督:パディ・コンシダイン
 ・“Weekend” 監督:Andrew Haigh
 ・“Wild Bill” 監督:デクスター・フレッチャー(Dexter Fletcher)
 ・“You Instead” 監督:ディヴィッド・マッケンジー

 “You Instead”は、SXSW映画祭2011 SPOTLIGHT PREMIERES部門出品。ディヴィッド・マッケンジーは、今年は『パーフェクト・センス』という作品もありましたが、ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードにノミネートされたのは、“You Instead”の方でした。

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Documentary)
 ・“Hell And Back Again” 監督:Danfung Dennis
 ・『LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語』“Life In A Day” 監督:ケヴィン・マクドナルド
 ・『プロジェクト・ニム』“Project Nim” 監督:ジェームズ・マーシュ
 ・『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』 監督:アシフ・カパディア
 ・“TT3D: Closer To The Edge” 監督:Richard De Aragues

 ◆英国短編賞(Best British Short)
 ・“0507” 監督:Ben Blaine、Chris Blaine
 ・“Chalk” 監督:Martina Amati
 ・“Love At First Sight” 監督:Michael Davies
 ・“Rite” 監督:Michael Pearce
 ・“Rough Skin” 監督:Cathy Brady

 “Chalk”は、ベルリン国際映画祭2011短編部門出品作品。
 “Love At First Sight”は、ジョン・ハートとフィリダ・ロウ主演の短編で、アスペン短編映画祭2011観客賞ほか数々の賞を受賞している作品。
 “Rite”は、BAFTA2011短編賞ノミネート。タンペレ国際短編映画祭2011出品作品。
 Cathy Bradyは、“Small Change”でアイルランド・アカデミー賞2011短編映画賞を受賞しています。

 ◆外国映画賞(Best Foreign Independent Film)
 ・『アニマル・キングダム』“Animal Kingdom”(オーストラリア) 監督:デイヴィッド・ミショッド
 ・『ドライヴ』“Drive”(米) 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
 ・『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』“Pina”(独・仏・英) 監督:ヴィム・ヴェンダース
 ・『ナデルとシミン』(仮題)“A Separation(Jodaeiye Nader az Simin)”(イラン) 監督:アスガー・ファルハディ
 ・“The Skin I Live In(La piel que habito)”(西) 監督:ペドロ・アルモドバル

 ◆レインダンス賞(The Raindance Award)
 ・“Acts Of Godfrey” 監督:Johnny Daukes
 ・“Black Pond” 監督:Tom Kingsley、Will Sharpe
 ・“Hollow” 監督:Rob Sorrenti
 ・“Leaving Baghdad” 監督:Koutaiba Al-Janabi
 ・“A Thousand Kisses Deep” 監督:ダナ・ラスティグ(Dana Lustig)

 ※この賞は、映画業界からの支援なしに作られた、真にインディペンデントな作品(主に新人監督のよる)に贈られる賞で、2004年に新設されています。ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードの設立と運営自体がRaindance(http://www.raindance.co.uk/site/index.php?home)であり、Raindanceが10月に開催しているレインダンス・フィルム・フェスティバルのイギリス映画コンペティション部門がこのレインダンス・アワードということになります。

 ◆リチャード・ハリス賞/英国映画貢献賞(The Richard Harris Award (For Outstanding Contribution By An Actor To British Film))
 未発表

 ◆ヴァラエティー賞(The Variety Award)
 未発表

 ◆特別審査員賞(The Special Jury Prize)
 12月4日発表

--------------------------------

 主な作品のノミネート状況は以下の通りです。

 ・“Shame”(7):作品・監督・主演男優・助演女優・脚本・技術・技術
 ・“Tinker Tailor Soldier Spy”(7):作品・監督・主演男優・助演男優・助演男優・助演女優・技術
 ・『ティラノサウルス』(7):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・新人監督・プロダクション
 ・“We Need To Talk About Kevin”(6):作品・監督・主演女優・助演男優・脚本・技術
 ・『サブマリン』(5):助演女優・脚本・ニューカマー・ニューカマー・新人監督
 ・“Kill List (5):監督・主演男優・助演男優・脚本・プロダクション
 ・『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』(3):作品・技術・ドキュメンタリー
 ・『アイルランドの事件簿』(3):主演男優・脚本・新人監督
 ・“Albatross”(2):助演女優・ニューカマー
 ・“Coriolanus”(2):助演女優・新人監督
 ・“Attack The Block”(2):ニューカマー・新人監督
 ・“Weekend”(2):ニューカマー・プロダクション
 ・“The Awakening (1):主演女優
 ・“Jane Eyre”(1):主演女優
 ・“Wild Bill”(1):プロダクション
 ・“You Instead”(1):プロダクション

 やはりベルリン、カンヌ、ベネチアの各映画祭に出品された作品が順当にノミネートされているようです。

 現時点では、どの作品がどういうニュアンスで受け止められているのか、ちょっとつかみ切れていないのですが、全米の映画賞レースに確実にからんできそうなのは、“Tinker Tailor Soldier Spy”と主演女優賞のティルダ・スウィントンで、これに非常に評価の高い“Shame”を加えた3作品が、賞を争うのではないかと思われます。

 受賞結果の発表は、12月4日です。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_2.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2010受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_10.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_3.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_12.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_3.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2011年6月~2012年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_3.html

 追記:
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_9.html

--------------------------------

 ここで、作品賞と監督賞について、ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードの過去の受賞作を、まとめておきたいと思います。

 1998年
 作品賞:『マイ・ネーム・イズ・ジョー』(監督:ケン・ローチ) 監督賞:ケン・ローチ(『マイ・ネーム・イズ・ジョー』)

 1999年
 作品賞:『ワンダーランド駅で』(監督:マイケル・ウィンターボトム) 監督賞:アナンド・タッカー(『ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ』)

 2000年
 作品賞:『リトル・ダンサー』(監督:スティーヴン・ダルドリー) 監督賞:スティーヴン・ダルドリー(『リトル・ダンサー』)

 2001年
 作品賞:『セクシー・ビースト』(監督:ジョナサン・グレイザー) 監督賞:ジョナサン・グレイザー(『セクシー・ビースト』)

 2002年
 作品賞:『SWEET SIXTEEN』(監督:ケン・ローチ) 監督賞:ポール・グリーングラス(『ブラディ・サンデー』)

 2003年
 作品賞:『堕天使のパスポート』(監督:スティーヴン・フリアーズ) 監督賞:スティーヴン・フリアーズ(『堕天使のパスポート』)

 2004年
 作品賞:『ヴェラ・ドレイク』(監督:マイク・リー) 監督賞:マイク・リー(『ヴェラ・ドレイク』)

 2005年
 作品賞:『ナイロビの蜂』(監督:フェルナンド・メイレレス) 監督賞:ニール・マーシャル(『ディセント』)

 2006年
 作品賞:『THIS IS ENGLAND』(監督:シェーン・メドウス) 監督賞:ケヴィン・マクドナルド(『ラストキング・オブ・スコットランド』)

 2007年
 作品賞:『コントロール』(監督:アントン・コービン) 監督賞:アントン・コービン(『コントロール』)

 2008年
 作品賞:『スラムドッグ$ミリオネア』(監督:ダニー・ボイル) 監督賞:ダニー・ボイル(『スラムドッグ$ミリオネア』)

 2009年
 作品賞:『月に囚われた男』(監督:ダンカン・ジョーンズ) 監督賞:アンドレア・アーノルド(『フィッシュタンク~ミア、15歳の物語』)

 2010年
 作品賞:『英国王のスピーチ』(監督:トム・フーパー) 監督賞:ギャレス・エドワーズ(『モンスターズ/地球外生命体』)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック