『ゴースト・ライター』が総なめ! ヨーロッパ映画賞2010 発表!

 第23回ヨーロッパ映画賞の結果が発表されました。(12月4日)

画像

 ◆作品賞(European Film)
 ・“Bal(Honey)”(トルコ・独) 監督:Semih Kaplanolu
 ・『神々と男たち』“Des Hommes et Des Dieux(Of Gods and Men)”(仏) 監督:グザヴィエ・ボーヴォワ
 ◎『ゴースト・ライター』 “The Ghost Writer”(仏・独・英) 監督:ロマン・ポランスキー
 ・『レバノン』“Lebanon”(イスラエル・独・仏) 監督:サミュエル・マオス(Samuel Maoz)
 ・『瞳の奥の秘密』“El Secreto de Sus Ojos(The Secret in their Eyes)”(西・アルゼンチン) 監督:ファン・ホセ・カンパネラ
 ・『ソウル・キッチン』“Soul Kitchen”(独) 監督:ファティ・アキン

 ◆監督賞(European Director)
 ・オリヴィエ・アサイヤス “Carlos”(仏・独)
 ・Semih Kaplanolu “Bal”
 ・サミュエル・マオス 『レバノン』
 ◎ロマン・ポランスキー 『ゴースト・ライター』
 ・パオロ・ヴィルツィ “La Prima Cosa Bella”(伊)

 ◆男優賞(European Actor)
 ・Jakob Cedergren “Submarino”(デンマーク)(監督:トマス・ヴィンターベア)
 ・エリオ・ジェルマーノ “La Nostra Vita”(伊)(監督:ダニエレ・ルケッティ)
 ◎ユアン・マクレガー 『ゴースト・ライター』
 ・George Pistereanu “If I Want to Whistle, I Whistle(Eu Cand Vreau sa Fluier, Fluier)”(ルーマニア)(監督:Florin Serban)
 ・ルイス・トサル 『プリズン211』(西・仏)(監督:ダニエル・モンソン)

 ◆女優賞(European Actress)
 ・Zrinka Cvite 『サラエボ、希望の街角』“Na Putu”(ボスニア ヘルツェゴビナ・独・クロアチア)(監督:ヤスミラ・ジュバニッチ)
 ・シベル・ケキリ “Die Fremde (When We Leave)”(独)(監督:Feo Aladag)
 ・レスリー・マンヴィル “Another Year”(英)(監督:マイク・リー)
 ◎シルヴィー・テステュー “Lourdes”(オーストリア・仏・独)(監督:ジェシカ・ハウスナー)
 ・Lotte Verbeek “Nothing Personal”(オランダ・アイルランド)(監督:Urszula Antoniak)

 ◆脚本賞(European Screenwriter)
 ・ホルヘ・ゲリカエチェヴァリア(Jorge Guerricaechevarria) & ダニエル・モンソン 『プリズン211』
 ◎ロバート・ハリス & ロマン・ポランスキー 『ゴースト・ライター』
 ・サミュエル・マオス 『レバノン』
 ・ラデュ・ミヘイレアニュ 『オーケストラ!』(仏)(監督:ラデュ・ミヘイレアニュ)

 ◆撮影賞(Carlo di Palma European Cinematographer Award)
 ◎Giora Bejach 『レバノン』
 ・カロリーヌ・シャンプティエ 『神々と男たち』
 ・Pavel Kostomarov “How I Ended this Summer”(ロシア)(監督:Alexei Popogrebsky)
 ・Bari Oezbicer “Bal”

 ◆編集賞(European Editor)
 ◎リュック・バルニエール(Luc Barnier) & マリオン・モニエ(Marion Monnier) “Carlos”
 ・Arik Lahav-Leibovich 『レバノン』
 ・エルヴェ・デ・ルーズ(ハーヴ・デ・ルーズ/Herve de Luze) 『ゴースト・ライター』

 ◆美術賞(European Production Designer) 新設
 ・パオラ・ビッツァリ(Paola Bizzarri) & Luis Ramirez 『ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』“I, Don Giovanni”(オーストリア・伊・西)(監督:カルロス・サウラ)
 ◎アルブレヒト・コンラート(Albrecht Konrad) 『ゴースト・ライター』
 ・Markku Paetilae & Jaagup Roomer 『聖トニの誘惑』“The Temptation of St. Tony”(エストニア・フィンランド・スウェーデン)(監督:ヴェイコ・オウンプー)

 昨年までの技術部門賞が廃止されて、代わりに美術賞が新設されたようです。

 ◆作曲家賞(European Composer)
 ・アレシュ・ブジェジナ(Ales Brezina) “Kawasaki’s Rose”(チェコ)(監督:ヤン・フジェベイク)
 ・Pasquale Catalano “Loose Cannons(Mine Vaganti)”(伊)(監督:フェルアン・オズペテク)
 ◎アレクサンドル・デプラ 『ゴースト・ライター』
 ・Gary Yershon “Another Year”

 ◆ディカバリー賞(第1回作品賞)
 ・『重なりあう時』“The Double Hour (La Doppia Ora)”(伊) 監督:ジュゼッペ・カポトンディ
 ・“If I Want to Whistle, I Whistle(Eu Cand Vreau sa Fluier, Fluier)”(ルーマニア・スウェーデン) 監督:Florin Serban
 ・“Die Fremde (When We Leave)” 監督:Feo Aladag
 ◎『レバノン』“Lebanon”(イスラエル) 監督:サミュエル・マオス(Samuel Maoz)
 ・“Nothing Personal”(オランダ・アイルランド) 監督:Urszula Antoniak

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“Armadillo”(デンマーク・スウェーデン) 監督:Janus Metz
 ・“Miesten Vuoro (Steam Of Life)”(フィンランド・スウェーデン) 監督:Joonas
 ◎“Nostalgia De La Luz (Nostalgia for the Light)”(仏・独・チリ) 監督:Patricio Guzmán

 ◆長編アニメーション部門
 ・“Planet 51”(西・英) 監督:Jorge Blanco、Javier Abad、Marcos Martínez
 ・“Sammy's Adventures: The Secret Passage(Le Voyage Extraordinaire de Samy)”(ベルギー) 監督:ベン・スタッセン(Ben Stassen)
 ◎『イリュージョニスト』“The Illusionist”(英・仏) 監督:シルヴァン・ショメ

 ◆短編映画賞
 ・エジンバラ代表:“María’s Way”(英・西) 監督:Anne Milne ドキュメンタリー
 ・コーク(アイルランド)代表:“Les Escargots De Joseph (Joseph’s Snails)”(仏) 監督:Sophie Roze アニメーション
 ・ヴィラ・ド・コンデ(ポルトガル)代表:“Talleres Clandestinos”(オーストリア・アルゼンチン) 監督:Catalina Molina フィクション
 ・ヴァリャドリッド(スペイン)代表:“Ampelmann (Lights)”(独) 監督:Giulio Ricciarelli フィクション
 ・アンジェ(フランス)代表:“Blijf Bij Me, Weg (Stay, Away)”(オランダ) 監督:Paloma Aguilera Valdebenito フィクション
 ・ゲント(ベルギー)代表:“Amor”(ノルウェー) 監督:Thomas Wangsmo フィクション
 ・ロッテルダム(オランダ)代表:“Ønskebørn (Out Of Love)”(デンマーク) 監督:Birgitte Stærmose ドキュメンタリー
 ・ベネチア代表:“The External World”(独) 監督:デイヴィッド・オライリー アニメーション
 ・ロカルノ代表:“Diarchia (Diarchy)”(伊・仏) 監督:Ferdinando Cito Filomarino フィクション
 ・ベルリン代表:“Venus VS Me”(ベルギー) 監督:Nathalie Teirlinck フィクション
 ・クラクフ代表:“Tussilago”(スウェーデン) 監督:Jonas Odell ドキュメンタリー・アニメーション
 ・サラエボ代表:“Rendez-Vous A Stella-Plage (Rendezvous In Stella-Plage)”(仏) 監督:Shalimar Preuss フィクション
 ・ドラマ(ギリシャ)代表:“Itt Vagyok (Here I Am)”(ハンガリー) 監督:Bálint Szimler フィクション
 ・タンペレ(フィンランド)代表:“Lumikko (The Little Snow Animal)”(フィンランド) 監督:Miia Tervo ドキュメンタリー
 ◎グリムスター(ノルウェー)代表:“Hanoi - Warszawa (Hanoi - Warsaw)”(ポーランド) 監督:Katarzyna Klimkiewicz フィクション

 ◆ピープルズ・チョイス賞(People’s Choice Award)
 ・『17歳の肖像』“An Education”(英) 監督:ロネ・シェルフィグ
 ・『キック・アス』“Kick-Ass”(英) 監督:マシュー・ヴォーン
 ・“Agora”(西) 監督:アレハンドロ・アメナバール
 ・『ゴースト・ライター』(仏・独) 監督:ロマン・ポランスキー
 ・『プチ・ニコラ』“Little Nicholas(Le Petit Nicolas)”(仏) 監督:ローラン・ティラール
 ◎『ミスター・ノーバディ』“Mr Nobody”(ベルギー) 監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
 ・『シチリア!シチリア!』“Baarìa”(伊) 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
 ・“Loose Cannons(Mine Vaganti)”(伊) 監督:フェルザン・オズペテク
 ・『SOUL KITCHEN』“Soul Kitchen”(独) 監督:ファティ・アキン
 ・『ミレニアム2 火と戯れる女』“The Girl Who Played With Fire(Flickan Som Lekte Med Elden)”(スウェーデン) 監督:ダニエル・アルフレッドソン

 ◆Prix Eurimages(ヨーロッパ映画への貢献賞/An award acknowledging the decisive role of co-productions in the European film industry)
 ◎Zeynep Özbatur(ヌリ・ビルゲ・ジェイラン作品などを手がけるトルコ/イスラエルのプロデューサー)

 ◆ワールド・シネマへの貢献賞(EFA’s European Achievement In World Cinema Award 2010)
 ◎ガブリエル・ヤレド

 ◆生涯功労賞(Life Achievement Award)
 ◎ブルーノ・ガンツ

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通りです。

 ・『ゴースト・ライター』(6/7):作品・監督・男優・脚本・編集・美術・作曲
 ・『レバノン』(2/6):作品・監督・脚本・撮影・編集・ディスカバリー
 ・“Bal(Honey)”(0/3):作品・監督・撮影
 ・『神々と男たち』(0/2):作品・撮影
 ・“Carlos”(1/2):監督・編集
 ・“If I Want to Whistle, I Whistle(Eu Cand Vreau sa Fluier, Fluier)”(0/2):男優・ディスカバリー
 ・『プリズン211』(0/2):男優・ディスカバリー
 ・“Die Fremde (When We Leave)”(0/2):女優・ディスカバリー
 ・“Another Year”(0/2):女優・作曲
 ・“Nothing Personal”(0/2):ディスカバリー
 ・『オーケストラ!』(0/2):脚本
 ・『瞳の奥の秘密』(0/1):作品
 ・『ソウル・キッチン』(0/1):作品
 ・“La Prima Cosa Bella”(0/1):監督
 ・“Submarino”(0/1):男優
 ・“La Nostra Vita”(0/1):男優
 ・『サラエボ、希望の街角』(0/1):女優
 ・“Lourdes”(1/1):女優
 ・“How I Ended this Summer”(0/1):撮影
 ・『ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』(0/1):美術
 ・『聖トニの誘惑』(0/1):美術
 ・“Kawasaki’s Rose”(0/1):作曲
 ・“Loose Cannons(Mine Vaganti)”(0/1):作曲
 ・『重なりあう時』(0/1):ディスカバリー

 ヨーロッパで『ゴースト・ライター』の評価が高いことは知っていましたが、まさかここまでヨーロッパ映画賞を総なめにするとは思っていませんでした。
 2008年も『ゴモラ』が5部門を制して、ヨーロッパ映画賞を総なめにした感がありましたが、今回はあっさりそれを越えてしまいました。

 『ゴースト・ライター』は、東京国際映画祭で上映されましたが、超人気作品で、私も観ることができませんでした。でも、日本の映画会社が買いつけに動いているらしいので、ま、早々に公開が決まるのではないでしょうか。
 シノプシスを読んだ限りではそんなによさそうとも思えなかったんですが、どういう風な作品になっているのか、観るのが楽しみですね。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事

 ・ヨーロッパ映画賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_9.html
 ・ヨーロッパ映画賞2010 ロングリスト発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201009/article_17.html
 ・ヨーロッパ映画賞2010 長編アニメーション賞ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201009/article_35.html
 ・ヨーロッパ映画賞2010 ピープルズ・チョイス賞 投票スタート!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201009/article_3.html

 ・ヨーロッパ映画賞2009 ノミネーション対象作品48作品発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200909/article_6.html
 ・ヨーロッパ映画賞2009 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_11.html
 ・ヨーロッパ映画賞2009受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_19.html
 ・ヨーロッパ映画賞2008 ノミネート対象作品44作品発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200809/article_7.html
 ・ヨーロッパ映画賞2008 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200811/article_4.html
 ・ヨーロッパ映画賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_12.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック