デトロイト映画批評家協会賞2010 発表!

 デトロイト映画批評家協会賞2010の結果が発表されました。(12月16日)

画像

 ◆作品賞
 ・“127 Hours”
 ・『インセプション』
 ・『英国王のスピーチ』
 ◎『ソーシャル・ネットワーク』
 ・『ウィンターズ・ボーン』

 ◆監督賞
 ◎ダニー・ボイル “127 Hours”
 ・デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 ・デブラ・グラニック 『ウィンターズ・ボーン』
 ・トム・フーパー 『英国王のスピーチ』
 ・クリストファー・ノーラン 『インセプション』
 ・エドガー・ライト “Scott Pilgrim vs. the World”

 ダニー・ボイルが監督賞を受賞したのはここが初めてです。

 ◆主演男優賞
 ・ジェフ・ブリッジス “True Grit”
 ・ジェシー・アイゼンバーグ 『ソーシャル・ネットワーク』
 ◎コリン・ファース 『英国王のスピーチ』
 ・ジェームズ・フランコ “127 Hours”
 ・ライアン・ゴズリング 『ブルー・バレンタイン』

 ◆主演女優賞
 ・ニコール・キッドマン “Rabbit Hole”
 ◎ジェニファー・ローレンス 『ウィンターズ・ボーン』
 ・キャリー・マリガン 『わたしを離さないで』
 ・ナタリー・ポートマン “Black Swan”
 ・ミシェル・ウィリアムズ 『ブルー・バレンタイン』

 ◆助演男優賞
 ◎クリスチャン・ベール “The Fighter”
 ・アンドリュー・ガーフィールド 『ソーシャル・ネットワーク』
 ・ジョン・ホークス 『ウィンターズ・ボーン』
 ・サム・ロックウェル “Conviction”
 ・マーク・ラファロ 『キッズ・オールライト』
 ・ジェフリー・ラッシュ 『英国王のスピーチ』

 ◆助演女優賞
 ◎エイミー・アダムス “The Fighter”
 ・ヘレナ・ボナム・カーター 『英国王のスピーチ』
 ・Greta Gerwig “Greenberg”
 ・メリッサ・レオ “The Fighter”
 ・ジャッキー・ウィーバー “Animal Kingdom”

 “The Fighter”からは2人の有力候補がいて、これまではメリッサ・レオが受賞してきていますが、ここではエイミー・アダムスが受賞しています。

 ◆アンサンブル賞
 ・“The Fighter”
 ・『キッズ・オールライト』
 ・『英国王のスピーチ』
 ・“Scott Pilgrim vs. the World”
 ◎『ウィンターズ・ボーン』

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞
 ・アンドリュー・ガーフィールド 『ソーシャル・ネットワーク』『わたしを離さないで』
 ・Greta Gerwig “Greenberg”
 ◎ジェニファー・ローレンス 『ウィンターズ・ボーン』'
 ・クロエ・モレッツ 『キック・アス』“Let Me In”
 ・ミア・ワシコウスカ 『キッズ・オールライト』

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・『英国王のスピーチ』(1/5):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優
 ・『ソーシャル・ネットワーク』(1/5):作品・監督・主演男優・助演男優・ブレイク
 ・『ウィンターズ・ボーン』(3/5):作品・主演女優・助演男優・アンサンブル・ブレイク
 ・“The Fighter”(2/4):助演男優・助演女優・助演女優・アンサンブル
 ・“127 Hours”(1/3):作品・監督・主演男優
 ・『キッズ・オールライト』(0/3):助演男優・アンサンブル・ブレイク
 ・『インセプション』(0/2):作品・監督
 ・“Scott Pilgrim vs. the World”(0/2):監督・アンサンブル
 ・『ブルー・バレンタイン』(0/2):主演男優・主演女優
 ・『わたしを離さないで』(0/2):主演女優・ブレイク
 ・“Greenberg”(0/2):助演女優・ブレイク

 ここのノミネーションは、ノミネーションとしてはちょっと意外性のある面白いものだったのですが、受賞結果は、ダニー・ボイルに監督賞を、エイミー・アダムスに助演女優賞を与えた以外は、オーソドックスなもので、案外普通の受賞結果になっていまいました。

 ただ、今シーズンの全米映画賞レースは、『ウィンターズ・ボーン』を評価する映画賞と、さして評価しない映画賞に分かれるようで、ゴッサム・アワードやインディペンデント・スピリット・アワード、サウス・イースタン映画批評家協会賞、そしてデトロイト映画批評家協会賞は前者で、ニューヨークやロサンゼルスの映画批評家協会賞、ナショナル・ボード・オブ・レビューは後者だということがわかります。

 『ウィンターズ・ボーン』は、「南部を舞台にした“ある種のハードボイルド”もの」という評が出ていますが、タイトルもビジュアルもそんな雰囲気は匂わせていません。原作や原作者の読者であれば、あの小説の映画化かと思って、映画に臨むのかもしれませんが、そうではない人にはどういう映画なのか、中盤までよくわからず、こういうジャンルの映画を面白がる「回路」を持っていない人にはさほど面白いものとは感じられない可能性があります。

 ニューヨークやロサンゼルスの映画批評家協会賞、ナショナル・ボード・オブ・レビューの投票者がそういう「回路」を持っていないかどうかはともかく、ゴッサム・アワードやインディペンデント・スピリット・アワードなど、反アカデミー賞的な性格を持つ映画賞が『ウィンターズ・ボーン』を評価する方向に向かっていることは注目に値します。
 ということは、アカデミー賞での『ウィンターズ・ボーン』の受賞は可能性が低くなるわけですが……。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 ・デトロイト映画批評家協会賞2010 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_16.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_31.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2008 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_31.html

 ・ゴッサム・アワード2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_33.html
 ・インディペンデント・スピリット・アワード2011 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_1.html
 ・サテライト・アワード2010 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_3.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_5.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_11.html
 ・ニューヨーク映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_19.html
 ・ロサンゼルス映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_20.html
 ・インディアナ映画ジャーナリスト賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_21.html
 ・セントルイス映画批評家協会賞2010 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_22.html
 ・ニューヨーク映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_23.html
 ・ボストン映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_25.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_26.html
 ・トロント映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_27.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2011 ノミネーション 映画部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_28.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2011 ノミネーション TV画部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_29.html
 ・サウス・イースタン映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_31.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_33.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_34.html
 ・俳優組合賞2011 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_35.html

 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_43.html

 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_14.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_37.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_26.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック