ニューヨーク映画祭2010 ラインナップ!

 ニューヨーク映画祭は、カンヌ国際映画祭からベネチア国際映画祭までに発表された海外の話題作と、秋から冬に向けて全米公開される新作のプレミア上映を行なう場として、米国内ではとても重要視されている映画祭です。

 メイン・プログラムの上映作品は、同時期に開催されるトロント国際映画祭やテルライド映画祭と重なっている部分も多いのですが、トロントやベネチアよりもニューヨークでのワールド・プレミアを選択する作品もあり、また、関連企画や特別企画がかなり充実していて、ニューヨーク映画祭ならではの見ごたえのあるイベントが目白押しになっています。

 個人的には、今回、初めて全プログラムをチェックしてみたんですが、インディペンデント映画、実験映画が盛んに制作されているニューヨークらしく、アヴァンギャルド映画の紹介にも力を入れていて、それだけで1つの映画祭が成立してしまうほどの上映本数がありました。

 日本からはMasterworks部門に篠田正浩監督特集が組まれているほか、アヴァンギャルド部門(Views from the Avant-Garde)に西川智也監督の2作品がエントリーされています。

画像

--------------------------------

 【第48回ニューヨーク映画祭ラインナップ】(9月24日~10月10日)

 ◆メイン・プログラム(Main Slate)

 ・“Another Year”(英) 監督:マイク・リー
 ・“Robinson in Ruins”(英) 監督:Patrick Keiller
 ・“Mysteries of Lisbon(Mistérios de Lisboa)”(ポルトガル・仏) 監督:Raúl Ruiz
 ・“The Strange Case of Angelica(O Estranho Caso de Angélica)”(ポルトガル・西・仏・ブラジル) 監督:マノエル・デ・オリヴェイラ
 ・“Black Venus(Vénus noire)”(仏) 監督:アブデラティフ・ケシシュ
 ・“Carlos”(仏・独) 監督:オリヴィエ・アサイヤス
 ・“Certified Copy(Copie conforme)”(仏・伊) 監督:アッバス・キアロスタミ
 ・“Of Gods and Men(Des hommes et des dieux)”(仏) 監督:グザヴィエ・ボーヴォワ
 ・“Le Quattro Volte”(伊・独・仏) 監督:Michelangelo Frammartino
 ・“Film Socialisme”(スイス) 監督:ジャン=リュック・ゴダール
 ・『強盗』“The Robber(Der Räuber)”(オーストリア・独) 監督:ベンヤミン・ハイゼンベルグ(Benjamin Heisenberg)
 ・“Aurora”(ルーマニア・仏・スイス・独) 監督:Cristi Puiu
 ・“Tuesday, After Christmas(Marti, dupa raciun)”(ルーマニア) 監督:Radu Muntean
 ・“Silent Souls(Ovsyanki)”(ロシア) 監督:Aleksei Fedrochenko
 ・“My Joy(Schastye moe)”(ウクライナ・独・オランダ) 監督:Sergei Loznitsa
 ・“Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives”(英・タイ・仏・独・西) 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン
 ・“Oki’s Movie”(韓) 監督:ホン・サンス
 ・“Poetry(Shi)”(韓) 監督:イ・チャンドン
 ・“The Social Network”(米) 監督:デイヴィッド・フィンチャー [ワールド・プレミア][オープニング・ナイト]
 ・“The Tempest”(米) 監督:ジュリー・テイモア [目玉作品(Centerpiece)]
 ・“Hereafter”(米) 監督:クリント・イーストウッド [クロージング・ナイト]
 ・“Inside Job”(米) 監督:Charles Ferguson,
 ・“LennonNYC”(米) 監督:Michael Epstein [ワールド・プレミア]
 ・“Meek’s Cutoff”(米) 監督:Kelly Reichardt
 ・『レボリューション』“Revolution/Revolución”(メキシコ) 監督:マリアナ・チェニリョ(Mariana Chenillo)、パトリシア・リヘン(Patricia Riggen)、フェルナンド・エンリビッケ、アマ・エスカランテ、ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・ガルシア、ディエゴ・ルナ、ヘラルド・ナランホ(Gerardo Naranjo)、ロドリゴ・プラ(Rodrigo Plá)、カルロス・レイガダス
 ・“We Are What We Are(Somos lo que hay)”(メキシコ) 監督:Jorge Michel Grau
 ・“Old Cats(Gatos viejos)”(チリ) 監督:セバスチャン・シルバ(Sebastián Silva) [ワールド・プレミア]
 ・“Post Mortem”(チリ・メキシコ・独) 監督:パブロ・ラライン

 ※今回、個々の作品に、特に注釈はつけませんが、ワールド・プレミア作品以外は、当ブログのどこかで紹介しているはずなので、ブログ内検索窓から検索してチェックしてみてください。

 ワールド・プレミア作品の中で、ちょっと気になるのは、ニューヨーク時代のジョン・レノンについてのドキュメンタリー “LennonNYC” で、珍しいフッテージと、ジョン・レノンをよく知る人物へのインタビューで構成された作品だそうです。良質な音楽ドキュメンタリーは、日本でも劇場公開されやすいので、この作品も日本での劇場公開を期待していいのではないでしょうか。

画像

 ◆スペシャル・イベント(Special Events)

 ・“The Autobiography of Nicolae Ceauşescu”(ルーマニア) 監督:Andrei Ujică

 ・David Thomson(“The New Biographical Dictionary of Film”の著者)との夕べ
 上映作品:『記憶の棘』“Birth”(2004)

 ・フレデリック・ワイズマンの最新作“Boxing Gym”の上映とQ&A

 ・撮影監督ジャック・カーディフの仕事
 ジャック・カーディフに関するドキュメンタリー“Cameraman: The Life and Work of Jack Cardiff”(2010/英)(監督:Craig McCall)とジャック・カーディフ撮影担当作品『天国への階段』“A Matter of Life and Death”(1946/英)(監督:マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー)の上映。

 ・私の中の映画:オリヴィエ・アサイヤス(The Cinema Inside Me: Olivier Assayas)
 オリヴィエ・アサイヤスとニューヨーク映画祭選定委員会会長Richard Peñaとのトークショー。

 ・“Dracula”
 ジョージ・メルフォードの『魔人ドラキュラ』(スペイン語版)(1931)をギタリストGary Lucasの伴奏つきで上映。

 ・“Foreign Parts”(米) 監督:Verena Paravel & J.P. Sniadecki
 メッツの新スタジアムの陰で、離れ小島のようになり、工業地帯として終焉を迎えようとしているクイーンズのウィレッツ・ポイントをとらえたドキュメンタリー作品。ロカルノ国際映画祭2010で第1回作品賞受賞。

 ・“The Hole”(2009/米) 監督:ジョー・ダンテ

 ・マーティン・スコセッシによるエリア・カザン監督に関するドキュメンタリー“A Letter to Elia”と、エリア・カザン監督作品『アメリカ アメリカ』(1963)の上映

 ・セグン・ド・ショモンの驚くべき世界(The Marvelous World of Segundo de Chomón)
 スペインのメリエスとも言われる、スペイン映画のパイオニアの1人セグン・ド・ショモンの代表作のピアノ演奏つき上映と映画研究者Tom Gunningによる講演。

画像

 ・マイク・リー:ロンドンを撮る(Mike Leigh: Shooting London)
 Adrian Wootton(CEO of Film London)を進行役とした、マイク・リーのトークショーと、監督作品のクリップの上映。

 ・Nuremberg [The Schulberg/Waletzky Restoration]
 Stuart Schulberg監督の“Nuremberg”(1948/米)は、ドイツでは上映されたが、アメリカやそのほかの国では政治的な理由により公開されず、その後、廃棄された。それを、Sandra Schulberg とJosh Waletzky が修復し、今回、アメリカ初上映。

 ◆巨匠の仕事(Masterworks)

 「優雅なるエレジー:篠田正浩の映画」(Elegant Elegies: The Films of Masahiro Shinoda)
 『乾いた湖』“Dry Lake aka Youth in Fury (Kawaita mizuumi)”(1960)
 『夕陽に赤い俺の顔』“Killers on Parade (Yuhi ni akai ore no kao)”(1961)
 『涙を、獅子のたて髪』“Tears on the Lion’s Mane aka A Flame at the Pier (Namida wo, shishi no tategami ni)”(1962)
 『暗殺』“The Assassin (Ansatsu)”(1964)
 『乾いた花』“Pale Flower (Kawaita Hana)”(1964)
 『異聞猿飛佐助』“Samurai Spy (Ibun sarutobi sasuke)”(1965)
 『処刑の島』“Punishment Island (Shokei no shima)”(1966)
 『心中天網島』“Double Suicide (Shinju Ten no Amishima)”(1969)
 『沈黙 SILENCE』“Silence (Chinmoku)”(1971)
 『はなれ瞽女おりん』“Melody in Gray aka The Ballad of Orin (Hanare goze Orin)”(1977)
 『瀬戸内少年野球団』“MacArthur’s Children (Setouchi shonen yakyudan)”(1984)
 『瀬戸内ムーンライト・セレナーデ』“Moonlight Serenade (Setouchi munraito serenade)”(1997)

 「フェルナンド・デ・フェンテスのメキシコ革命3部作」(Fernando de Fuentes’ Mexican Revolution Trilogy)
 “Prisoner 13 (El prisionero trece)”(1933/メキシコ)
 “El Compadre Mendoza”(1933/メキシコ)
 “Let’s Go with Pancho Villa (Vamanos con Pancho Villa)”(1935/メキシコ)

 ◆アヴァンギャルド部門(Views from the Avant-Garde)

 ・Pierre Clémenti: “Inédite Bobines”(c. 1965-75/仏)
 Pierre Clémentiの16mm作品の「失われた」リール104分。

 ・ジャン=マリー・ストローブ
 “O somma luce”(2009/仏/18分) 監督:ジャン=マリー・ストローブ
 “Corneille–Brecht”(2009/仏/80分) 監督:ジャン=マリー・ストローブ& Cornelia Geise

 ・Helga Fanderl I.(全18分)
 “Birds at Checkpoint Charlie (Vögel am Checkpoint Charlie)”
 “East Berlin (Ostberlin)”
 “Tunnel”
 “From the Empire State Building (Aus dem Empire State Building)”
 “Tortelloni”
 “Wild Waters (Wilde Wasser)”
 “Polar Bear (Eisbär)”

 ・Helga Fanderl II.(全15分)
 “Porte St. Denis”
 “Columbus Circle”
 “Rue Labat Mourning (Rue Labat in Trauer)”
 “Mirrored Café (Spiegelcafé)”
 “Hut (Hütte)”
 “Tropical Garden in Spring Time (Jardin tropical im Frühling)”

 ・Helga Fanderl III.(全7分)
 “Portrait”
 “Tea Time (Teetrinken)”
 “Red Curtain (Roter Vorhang)”

 ・Helga Fanderl IV.(全15分)
 “Dancing Water II (Wassertanz II)”
 “For M. (Für M.)”
 “Butterflies (Schmetterlinge)”
 “After the Fire II (Nach dem Feuer II)”
 “Sculpture and Water (Skulptur und Wasser)”

 ・Helga Fanderl V.(全13分)
 “Mist II (Nebel II)”
 “Winklerweiher”
 “Dancing Water I (Wassertanz I)”
 “Mist I (Nebel I)”
 “Künettegraben short (Künettegraben kurz)”
 “Ingolstadt at Night (Ingolstadt nachts)”
 “Oranges, Moon and Sun (Orangen, Mond und Sonne)”
 “Cobwebs and Fishes (Spinnweben und Fische)”

 ・History is Homemade at Night: The Crazy, Beautiful World of Jeff Keen
 “Marvo Movie”(1967/英/5分)
 “Cineblatz”(1967/英/3分)
 “Meatdaze”(1968/英/10分)
 “White Lite”(1968/英/3分)
 “Wail”(1961/英/5分)
 “Rayday Film”(1968-1970/1976/英/13分)
 “White Dust”(1970-72/英/33分)

 ・Jennifer Montgomery
 “The Agonal Phase”(2010/米/42分)
 “Transitional Objects”(2000/米/19分)

 ・Phil Solomon
 “American Falls”(2010/米/55分)
 “What’s Out Tonight Is Lost”(1983/米/8分)

 ・James Benning
 “Ruhr”(2009/独・米/120分)

 ・Mirror of Shadow and Cinders
 “Photofinish Figures (Il finish delle figure)”(2009/伊/9分12秒) 監督:Paolo Gioli
 “A Thousand Julys”(2010/米/6分30秒) 監督:Lewis Klahr
 “Marie”(2010/米/6分) 監督:Karen Yasinsky
 “Dissonant”( /オランダ・ベルギー/11分) 監督:Manon de Boer
 “Ape of Nature”(double-screen version)(2010/米/24分) 監督:Peggy Ahwesh
 “The Soul of Things”(2010/米/15分) 監督:Dominck Angerame
 “Destination Final”(2010/独/9分) 監督:Philip Widmann
 “Valleys of Fear”(2010/米/22分) 監督:Erin Espelie
 “SHU (Blue Hour Lullaby)”(2008/独/12分) 監督:Philipp Lachenmann

 ・Station to Station
 “Crosswalk”(2010/米/25分) 監督:Jeanne Liotta
 “Servants of Mercy”(2010/ポルトガル・米/14分) 監督:Fern Silva
 『春の劇』(修復版)“Rite of Spring (restoration)”(1963/ポルトガル/99分) 監督:マノエル・デ・オリヴェイラ

 ・Visibility Unknown
 “The Flight of Tulugaq (O Voo de Tulugaq)”( /ブラジル/8分) 監督:André Guerreiro Lopes
 “New Year Sun”(2010/米/3分) 監督:Jonathan Schwartz
 “Trypps #7 (Badlands)”(2010/米/9分30秒) 監督:Ben Russell
 “Burning Bush”(2010/米/9分5秒) 監督:Vincent Grenier
 “Materia Obscura part one”( /独/11分29秒) 監督:Jürgen Reble.
 “a loft”(2010/米/16分) 監督:Ken Jacobs
 “Mamori”(2010/カナダ/7分44秒) 監督: Karl Lemieux
 “Union”(2010/米/15分) 監督:Paul Clipson
 “Parties visible et invisible d’un ensemble sous tension”(2010/仏/7分) 監督: Emmanuel Lefrant
 “Drifter”(1996-2010/米/26分) 監督:Timoleon Wilkins

 ・Since You Were Here
 “Dust Studies”(2010/米/9分) 監督:Michael Gitlin
 “Washes”(2010/米/8分40秒) 監督: Norbert Shieh
 “Get Out of the Car”(2010/米/34分) 監督:Thom Andersen
 “Recámara”(2010/米/3分) 監督:Rosario Sotelo
 “Cry When it Happens (Llora cuando te pase)”(2010/米/14分) 監督:Laida Lertxundi
 “Night Shift”(2010/米/5分) 監督:Gretchen Skogersen
 “Future So Bright”(2010/米/30分) 監督:Matt McCormick

 ・Night Gallery – Turn on the High Beams I Two projection performances
 “Untitled Galaxy”(2010/ /30分) 監督:Paul Clipson & Jefre Cantu-Ledesma
 “FIST I – IMPROPER FRICTIONS”(2010/ /約30分) 監督: Bruce McClure

 ・Sea Scrolls
 “Atlantis”(2008/中・ベルギー/11分18秒) 監督: Pieter Geenen
 “Dining Cars”(2009/オランダ/15分5秒) 監督:Arianne Olthar
 “Sea Series #7: Naufrage aux îles de Madeleine”(2010/カナダ/3分39秒) 監督:John Price
 “Atlantiques”(2009/セネガル・仏/11分) 監督:Mati Diop
 “Distance”(2010/米/12分) 監督:Julie Murray
 “Travelogue”(2010/米/8分8秒) 監督:Vincent Grenier
 “Shrimp Boat Log”(2010/米/6分) 監督:David Gatten
 “blue mantle”(2010/米/34分) 監督:Rebecca Meyers

 ・Landing on the Edge
 “Place for Landing”(2010/米/6分) 監督:Shambhavi Kaul
 “Hearts are Trump Again”(2010/米/14分) 監督:Dani Leventhal
 “Ray’s Birds”(2010/米/7分) 監督:Deborah Stratman
 “In the Absence of Light, Darkness Prevails”(2010/ブラジル・米/13分) 監督:Fern Silva
 “Slave Ship”(2010/米/4分) 監督:T. Marie
 “Someone Should Be Happy Here”(2010/米/5分) 監督:April Simmons
 “THE HUNCH THAT CAUSED THE WINNING STREAK AND FOUGHT THE DOLDRUMS MIGHTILY”(2010/米/1分53秒) 監督:Stephanie Barber
 “Razor’s Edge”(2010/米/44分) 監督:Stephanie Barber、Xav LePlae

 ・Séance
 “bust chance”(2010/米/7分) 監督:Stephanie Barber
 “Love Rose”(2010/米/13分7秒) 監督:Bobby Abate.
 “Kindless Villain”(2010/米/5分) 監督:Janie Geiser
 “So Sure of Nowhere Buying Times to Come”(2010/米/9分) 監督:David Gatten
 “April Snow”(2010/米/10分) 監督:Lewis Klahr
 “Facts Told at Retail (after Henry James)”(2010/米/7分) 監督:Erin Espelie
 “Ghost Algebra”(2009/米/7分5秒) 監督:Janie Geiser
 “Tokyo–Ebisu”(2010/日/5分) 監督:西川智也
 “Possessed”(2010/米/8分) 監督:Fred Worden
 “These Hammers Don’t Hurt Us”(2010/米/13分) 監督:Michael Robinson

 ・Song Cycle
 “Pastourelle”(2010/米/16分5秒) 監督:Nathaniel Dorsky
 “Ouverture”(2010/仏/5分) 監督:Christopher Becks
 “The Suppliant”(2010/米・スイス/5分) 監督:Robert Beavers
 “Hanging upside down in the branches”(2009/独/15分) 監督: Ute Aurand
 “Film for Invisible Ink, case no. 323: ONCE UPON A TIME IN THE WEST”(2010/米/20分) 監督:David Gatten
 “In a Year with 13”(2008/米/3分) 監督:Deaths Jonathan Schwartz
 “One”(2010/米・オーストリア/4分) 監督:Eve Heller
 “Shibuya-Tokyo”(2010/日/10分) 監督:西川智也
 “Beneath Your Skin of Deep Hollow”(2010/チリ・カナダ/3分) 監督:Malena Szlam
 “Gesturings”(2010/米/5分) 監督:Peter Herwitz
 “Day Dream”(2010/米/7分) 監督:Jim Jennings

 ・Fatal Attractions: An Introduction to Black and White Magic
 “These Blaezing Starrs”(2010/米/14分4秒) 監督: Deborah Stratman
 “Tranquility”(2010/オーストリア/6分30秒) 監督:Sigfried A. Fruhauf
 “To Another”(2010/米/48秒) 監督:Josh Mabe
 “Sugar Slim Says”(2010/米/7分) 監督:Lewis Klahr
 “Sorry”(2010/米/14分) 監督:Luther Price
 “Shutter”(2009/カナダ/7分) 監督:Alexi Manis
 “The Floor of the World”(2010/米/9分) 監督:Janie Geiser
 “Toads”(1997・2008/独/6分) 監督:Milena Gierke
 “Pigs”(2010/米/7分45秒) 監督:Pawel Wojtasik
 “Shadow Cut”(2010/オーストリア/4分) 監督:Martin Arnold
 “Coming Attractions”(2010/オーストリア/23分40秒) 監督:Peter Tscherkassky

 ・Night Gallery – Turn on the High Beams II two projection performances
 “Crescent”(2010/ /30分) 監督:Paul Clipson、Jefre Cantu-Ledesma
 “FIST II – INTO A SOTSPOT”(2010/ /約30分) 監督: Bruce McClure

 ◆監督たちとの対話(Directors Dialogues)

 ・デイヴィッド・フィンチャー
 聞き手:Todd McCarthy(ニューヨーク映画祭選定委員)

 ・Kelly Reichardt
 聞き手:Melissa Anderson(ニューヨーク映画祭選定委員)

 ・ジュリー・テイモア
 聞き手:James Shapiro(コロンビア大学教授)

 ・アピチャッポン・ウィーラセタクン
 聞き手:Dennis Lim(ニューヨーク映画祭選定委員)

--------------------------------

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック