青龍映画賞2009 受賞結果発表!

 第30回青龍映画賞が発表になりました(12月2日)。

 青龍映画賞は、「1年を通して国内で公開された韓国映画を対象に、ネチズンと映画専門家の意見を総合して候補作品を選定、映画賞の推薦を受けた審査委員会が最優秀者・作品を決定する」(Wikipediaより)映画賞で、韓国の代表的な映画賞の1つです。

--------------------------------

 ◆作品賞
 ・“Take off/国家代表” 監督:キム・ヨンファ
 ・『渇き』 監督:パク・チャヌク
 ◎『母なる証明』 監督:ポン・ジュノ
 ・『グッドモーニング・プレジデント』 監督:チャン・ジン
 ・“Heaunde/海雲台” 監督:ユン・ジェギュン

画像

 ◆監督賞
 ◎キム・ヨンファ “Take off/国家代表”
 ・パク・チャヌク 『渇き』
 ・ポン・ジュノ 『母なる証明』
 ・ユン・ジェギュン “Heaunde/海雲台”
 ・チャン・ジン 『グッドモーニング・プレジデント』

画像

 ◆主演男優賞
 ◎キム・ミョンミン “Closer to Heaven/私の愛、私のそばに”(監督:パク・ジンピョ)
 ・キム・ユンソク 『亀、走る』(監督:イ・ヨヌ)
 ・ソン・ガンホ 『渇き』
 ・チャン・ドンゴン 『グッドモーニング・プレジデント』
 ・ハ・ジョンウ “Take off/国家代表”

画像

 ◆主演女優賞
 ・キム・オクビン 『渇き』
 ・キム・ハヌル “My Girlfriend is an Agent/7級公務員”(監督:シン・テラ)
 ・キム・ヘジャ 『母なる証明』
 ・チェ・ガンヒ “Ae-ja/エジャ”(監督:チョン・ギフン)
 ◎ハ・ジウォン “Closer to Heaven/私の愛、私のそばに”

画像

 ◆助演男優賞
 ・キム・イングォン “Heaunde/海雲台”
 ・ソン・ドンイル “Take off/国家代表”
 ・ソン・ハギュン 『渇き』
 ・イ・ミンギ “Heaunde/海雲台”
 ◎チン・グ 『母なる証明』

画像

 ◆助演女優賞
 ・ギム・ボヨン “Living Death/不信地獄”(監督:イ・ヨンジュ)
 ・キム・ヨンエ “Ae-ja/エジャ”
 ◎キム・ヘスク 『渇き』
 ・チャン・ヨンナム “My Girlfriend is an Agent/7級公務員”
 ・チュ・ジャヒョン “Portrait of a Beauty/美人図”(監督:チョン・ヨンス)

画像

 ◆新人監督賞
 ◎ガン・ヒョンチョル 『過速スキャンダル』
 ・パク・ゴニョン 『キングコングを持ち上げる』
 ・ヤン・イクジュン 『息もできない』
 ・イ・ヨンジュ “Living Death/不信地獄”
 ・チョン・ギフン “Ae-ja/エジャ”

 ◆新人男優賞
 ・キム・ムヨル 『作戦』(監督:イ・ホジェ)
 ・キム・ジソク “Take off/国家代表”
 ・ソン・チャンウィ “Once Upon a Time in Seoul/少年は泣かない”(監督:ペ・ションジュン)
 ◎ヤン・イクジュン 『息もできない』(監督:ヤン・イクジュン)
 ・チェ・ジェウン “Like the Flame, Like the Butterfly/花火のように蝶のように”(監督:キム・ヨンギュン)

画像

 ◆新人女優賞
 ・ガンイェウォン “Heaunde/海雲台”
 ◎キム・コッピ 『息もできない』
 ◎パク・ボヨン 『過速スキャンダル』(監督:カン・ヒョンチョル)
 ・ソン・ウソン 『亀、走る』
 ・オ・ヨンソ “Blood Pledge/女子高怪談5:心中”(監督:イ・ジョンヨン)

画像

 ◆脚本賞
 ・キム・ヨンファ “Take off/国家代表”
 ・パク・ウンギョ、ポン・ジュノ 『母なる証明』
 ◎イ・ヨンジュ “Living Death/不信地獄”
 ・イ・ヘジュン 『キム氏漂流記』(監督:イ・ヘジュン)
 ・チョン・ギフン “Ae-ja/エジャ”

 ◆撮影賞
 ・キム・ヨンホ “Heaunde/海雲台”
 ◎パク・ヒョンチョル “Take off/国家代表”
 ・チョン・ジョンフン 『渇き』
 ・チェ・ヒョンギ 『霜花店―運命、その愛―』(監督:ユ・ハ)
 ・ホン・ギョンピョ 『母なる証明』

 ◆照明賞
 ・ギム・スンギュ “Portrait of a Beauty/美人図”
 ・バク・ヒョンウォン 『渇き』
 ・ユン・ジウォン 『霜花店―運命、その愛―』
 ・イ・ソクファン “Take off/国家代表”
 ◎チェ・チョルス、バク・トンスン 『母なる証明』

画像

 ◆美術賞
 ・キム・ギチョル 『霜花店―運命、その愛―』
 ・ミン・オンウク “Like the Flame, Like the Butterfly/花火のように蝶のように”
 ・リュ・ソンヒ 『渇き』
 ・イ・ハジュン “Portrait of a Beauty/美人図”
 ◎チョ・ファソン、チェ・ヒョンソク “Private Eye/影の殺人”(監督:パク・テミン)

 ◆技術賞
 ・イ・ヒェスン、Jeong Jeong-eun 『霜花店―運命、その愛―』(衣裳)
 ・ユン・イェリョン “Private Eye/影の殺人”(特殊メイク)
 ・チョン・ソンジン(EON) “Take off/国家代表”(CG)
 ◎HANS UHLIG(POLYGON)、チャン・ソンホ(Mofac)、キム・ヒドン(CJ Power Cast) “Heaunde/海雲台”(CG)
 ・HANS UHLIG(POLYGON) “Chaw/チャウ”(監督:シン・ジョンウォン)(CG)

画像

 ◆音楽賞
 ・キム・ジュンソク 『過速スキャンダル』
 ・パク・ギホン “Closer to Heaven/私の愛、私のそばに”
 ・イ・ビョンウ 『母なる証明』
 ・イ・ジェハク “Take off/国家代表”
 ◎チョ・ヨンウク 『渇き』

 ◆最多観客動員賞
 ◎“Heaunde/海雲台”

 ◆短編映画賞
 ◎“Caliber/口径” 監督:キム・ハンギョル

画像

 ◆青龍人気賞
 ◎イ・ビョンホン
 ◎ハ・ジョンウ
 ◎ハ・ジウォン
 ◎チェ・ガンヒ

画像

 ◆特別賞
 ◎故チャン・ジニョン

画像

--------------------------------

 各作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・“Take off/国家代表”(2/10):作品・監督・主演男優・助演男優・新人男優・脚本・撮影・照明・技術・音楽
 ・『渇き』(2/10):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・撮影・照明・美術・音楽
 ・『母なる証明』(3/8):作品・監督・主演女優・助演男優・脚本・撮影・照明・音楽
 ・“Heaunde/海雲台”(1/7):作品・監督・助演男優・助演男優・新人女優・撮影・技術
 ・“Ae-ja/エジャ”(0/4):主演女優・助演女優・新人監督・脚本
 ・『霜花店―運命、その愛―』(0/4):撮影・照明・美術・技術
 ・『グッドモーニング・プレジデント』(0/3):作品・監督・主演男優
 ・“Closer to Heaven/私の愛、私のそばに”(2/3):主演男優・主演女優・音楽
 ・“Living Death/不信地獄”(1/3):助演女優・新人監督・脚本
 ・“Portrait of a Beauty/美人図”(0/3):助演女優・照明・美術
 ・『息もできない』(2/3):新人男優・新人女優・新人監督
 ・『過速スキャンダル』(2/3):新人女優・新人監督・音楽
 ・『亀、走る』(0/2):主演男優・主演女優・音楽
 ・“My Girlfriend is an Agent/7級公務員”(0/2):主演女優・助演女優
 ・“Like the Flame, Like the Butterfly/花火のように蝶のように”(0/2):新人男優・美術
 ・“Private Eye/影の殺人”(1/2):美術・技術
 ・『作戦』(0/1):新人男優
 ・“Once Upon a Time in Seoul/少年は泣かない”(0/1):新人男優
 ・“Blood Pledge/女子高怪談5:心中”(0/1):新人女優
 ・『キングコングを持ち上げる』(0/1):新人監督
 ・『キム氏漂流記』(0/1):脚本
 ・“Chaw/チャウ”(0/1):技術

 そんなに刻まなくてもいいだろうというくらいに小刻みに刻んだ受賞結果になりました。最多受賞でも、『母なる証明』の3部門受賞にとどまっています。

 これらは先行する4つの映画賞の結果を混ぜ合わせたような受賞結果でもあり、
 利川春史大賞映画祭映画賞とは1部門(助演女優賞)
 韓国映画評論家協会賞とは4部門(作品賞・監督賞・新人監督賞・新人女優賞)
 釜山映画評論家協会賞とは1部門(作品賞)
 大鐘賞とは4部門(監督賞・主演男優賞・助演男優賞・新人女優賞)
 で、同じ結果になっています。

 キム・ヘジャの主演女優賞くらいはカタいのかと思っていたら、そうでもありませんでした。

 個人的には、現時点で観ている作品が少ないのでこの結果を見ても何とも言えませんが、これらからすると、2009年は韓国映画にはこれという強い作品がなかったのかな、という印象も受けます。といいながら、海外の評価も高い『旅人』や『牛の鈴音』を無視する映画賞ってどうなの?と思ったりもしますが……。

 なお、今年は、大韓民国映画大賞が中止になったので、韓国の映画賞(少なくとも大きなもの)はこれでおしまいです。

 たぶん、青龍映画賞のノミネート&受賞リストの完全版を載せているサイトは、日本ではここだけなので(韓国映画情報サイトでもしっかり載せてくれればいいんですが)、これはこれで貴重な情報だなと思ったら、ぜひとも人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 検索してこのページにたどりついた人もクリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・青龍映画賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_23.html
 ・大鐘賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_10.html
 ・利川春史大賞映画祭映画賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200910/article_6.html
 ・釜山映画評論家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200910/article_7.html
 ・韓国映画評論家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200910/article_7.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月~2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック