米国アカデミー賞2010 長編アニメーション賞候補 セミファイナリスト発表!

 アカデミー賞2010の長編アニメーション賞ノミネーションのセミファイナリストが発表になりました。(11月11日)

 昨年のセミファイナリストは14作品でしたが、今年は20作品が候補に挙がっています。

画像

--------------------------------

 ・“Alvin and the Chipmunks: The Squeakquel”(米) 監督:Betty Thomas
 ・『ATOM』“Astro Boy”(米・日・香港) 監督:デイヴィド・バワーズ
 ・“Battle for Terra”(米) 監督:Aristomenis Tsirbas
 ・『くもりときどきミートボール』“Cloudy with a Chance of Meatballs”(米) 監督:フィル・ロード、クリストファー・ミラー
 ・『コララインとボタンの魔女』“Coraline”(米) 監督:ヘンリー・セリック
 ・『Disney'sクリスマス・キャロル』“Disney's A Christmas Carol”(米) 監督:ロバート・ゼメキス
 ・“The Dolphin – Story of a Dreamer”(伊) 監督:Eduardo Schuldt
 ・“Fantastic Mr. Fox”(米・英) 監督:ウェス・アンダーソン
 ・『アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの』“Ice Age: Dawn of the Dinosaurs”(米) 監督:カルロス・サルダーニャ
 ・『メアリーとマックス』“Mary and Max”(オーストラリア) 監督:アダム・エリオット
 ・“The Missing Lynx(El lince perdido)”(西) 監督:Raul Garcia、Manuel Sicilia
 ・『モンスター VS エイリアン』“Monsters vs. Aliens”(米) 監督:ロブ・レターマン、コンラッド・ヴァーノン
 ・“9”(米) 監督:シェーン・アッカー
 ・“Planet 51”(西・英) 監督:Jorge Blanco、Javier Abad、Marcos Martinez
 ・『崖の上のポニョ』“Ponyo”(日) 監督:宮崎駿
 ・『プリンセスと魔法のキス』“The Princess and the Frog”(米) 監督:Ron Clements、John Musker
 ・“The Secret of Kells”(仏・ベルギー・アイルランド) 監督:Tomm Moore、Nora Twomey
 ・『ティンカー・ベルと月の石』“Tinker Bell and the Lost Treasure” 監督:クレイ・ホール
 ・“A Town Called Panic(Panique au village)”(ベルギー・ルクセンブルグ・仏) 監督:Stéphane Aubier
Vincent Patar
 ・『カールじいさんの空飛ぶ家』“Up”(米) 監督:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン

--------------------------------

 長編アニメーション賞候補は、ディズニーやピクサー作品をメインとして、ドリームワークスその他大手のスタジオ作品がいくつかと、外国映画が数本入るかどうかというのが、例年の傾向でしたが、全世界的に「大人が観ても面白い」長編アニメーションが産業として作られるようになって(たぶんデジタル・アニメーション製作のノウハウが全世界的に広まったことと無関係ではない)、米国以外のアニメーションが多数セミファイナリストに入るようになり、かなり国際色豊かなラインナップになりました。
 昨年は14作品だったセミファイナリストが今年は20作品だというのはそういう事情があるのだろうと思います。

 セミファイナリストの作品を見ていくと――

 ・“Battle for Terra”:アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 コンペ部門出品。

 ・『コララインとボタンの魔女』:アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 グランプリ

 ・『メアリーとマックス』:オタワ国際アニメーションフェスティバル2009 グランプリ、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 グランプリ、ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2009 スペシャル・メンション

 ・“The Missing Lynx(El lince perdido)”:ゴヤ賞2009長編アニメーション賞受賞。

 ・『モンスター VS エイリアン』:アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 コンペ部門出品。

 ・“The Secret of Kells”:アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 観客賞、ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2009 スペシャル・メンション。ヨーロッパ映画賞2009長編アニメーション賞ノミネート。

 ・“A Town Called Panic(Panique au village)”:カンヌ国際映画祭2009 ミッドナイト・スクリーニングで上映。そのほか、ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2009 レイトナイト・スクリーニング、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009、トロント国際映画祭2009、ワルシャワ国際映画祭2009などでも上映。

 ・『カールじいさんの空飛ぶ家』:カンヌ国際映画祭2009 オープニング作品。

 『崖の上のポニョ』は、2008年の作品なので、2008年のセミファイナリストに入っていないのを見た時は、落選なのかなと思ったのですが、2009年のリストにはちゃんと入っていました。(2008年のショートリストには、日本映画から『スカイ・クロラ』と『ストレンヂア 無皇刃譚』エントリーされていました。)

 ここから2010年2月2日のノミネーションまでに、選考委員が作品を絞り込むわけですが、例年長編アニメーション賞のノミネーションは3作品なので、規定は3作品なのかと思っていたら、規定では最大5作品ということになっているらしく、ひょっとすると2010年はノミネーションに5作品選ばれるという可能性がなくもありません(2003年のみ5作品がノミネートされていました)。

 ノミネーション枠を気にするのは、現在長編アニメーション賞の下馬評が、1位『カールじいさんの空飛ぶ家』で、以下、『コララインとボタンの魔女』、“Fantastic Mr. Fox”、『崖の上のポニョ』と続いているからで、3枠だと『崖の上のポニョ』が入るかどうかで、『崖の上のポニョ』はそれこそノミネーションされるかどうか崖っぷちギリギリのところにいるからです。

 まあ、受賞は5月の段階から『カールじいさんの空飛ぶ家』が本命視されていて、それは一瞬たりともブレることがなかったのですが(『カールじいさんの空飛ぶ家』は作品賞候補にも挙がっています)、たとえ受賞の可能性はないとしても日本映画がノミネーションされるのとそうでないのとでは興味の度合い、マスコミの盛り上がりが大分違うので、やはりノミネートくらいはしてくれないかな、と期待したりするわけです(今のところ日本映画の中でアカデミー賞2010にノミネーションされる可能性が一番高いのは『崖の上のポニョ』なんだし)。

 あと、「アカデミー賞はストップ・モーション・アニメーションがお好き」という傾向があるので、ノミネーションに『メアリーとマックス』が入ってくる可能性もあります。『メアリーとマックス』はどうみてもアカデミー会員好みの作品ではありませんが。今回のセミファイナリストでは、ほかに“Fantastic Mr. Fox”、『コララインとボタンの魔女』、“A Town Called Panic(Panique au village)”がストップ・モーション・アニメーションでしょうか。

 「アカデミー賞はアードマン作品が好き」という傾向もありますが、今年はアードマン作品はエントリーされませんでした。

 “Alvin and the Chipmunks: The Squeakquel”、“The Dolphin – Story of a Dreamer”、 “Fantastic Mr. Fox”、“Planet 51”、『プリンセスと魔法のキス』、“The Secret of Kells”、“A Town Called Panic”の6作品は、エントリーはされたものの、ロサンゼルスでの規定の上映がまだ済んでいないそうで、今後のスケジュールの組み方によっては、規定を満たしていないという理由で長編アニメーション賞のエントリーから外される可能性もあります。

 なお、当ブログでは、「早すぎるオスカー2010」と題して、4つの予想投票を行なっています(作品賞、主演男優賞、主演女優賞、長編アニメーション賞)。よかったら、1票投じてみてください。



 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月~2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html
 ・米国アカデミー賞2010 外国語映画賞各国代表65作品発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200910/article_11.html
 ・米国アカデミー賞2010 短編ドキュメンタリー賞候補発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200910/article_11.html
 ・米国アカデミー賞2009 長編アニメーション賞セミファイナリスト発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200811/article_6.html
 ・オタワ国際アニメーションフェスティバル2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_5.html
 ・オタワ国際アニメーションフェスティバル2009 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200910/article_9.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_15.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_11.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_12.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_9.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2009ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_3.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック