モスクワ国際映画祭2009 ラインナップ!その2

 ◆Focus on Bulgaria ブルガリア映画特集

 ・“Letter to America(Pismo do Amerika)”(ブルガリア・ハンガリー・オランダ/2001)(監督:Phillip Avramov、Ana Papadopulu)
 ・“Christmas Tree Upside Down(Obamata elha)”(独・ブルガリア/2006)(監督:Ivan Tscherkelov、Vasil Zhivkov)
 ・“Investigation(Razsledvane)”(オランダ・ブルガリア・独/2006)(監督:Iglika Triffonova)
 ・“Seamstresses(Shivachki)”(ブルガリア/2007)(監督:リュドミル・トドロフ)
 ・“15”(ブルガリア/2008)(監督:Boris Missirkov、Georgi Bogdanov、Dragomir Sholev、 Nadejda Kosseva、Stefan Komandarev、Kamen Donev、Valeri Milev、Andrey Paounov、 Ivan Mudov、Stoyan Radev、Iglika Triffonova、Dimitar Kotsev–Shosho、Kasiel Noah Asher、Milena Andonova、Boris Despodov)
 ・“A Farewell to Hemingway(Edinstvenata lyubovna istriya,koyato Hemingway ne opisa)”(ブルガリア/2008)(監督:Svetoslav Ovtcharov)

画像

 ◆Indian Panorama インド映画パノラマ

 ・“Billa”(インド/2007)(監督:Vishnuvardhan)
 ・“Kanchivaram”(インド/2007)(監督:Priyadarshan)
 ・“Like Stars on Earth(Taare Zameen Par)”(インド/2007)(監督:アーミル・カーン)
 ・“Fasion”(インド/2008)(監督:Madhur Bhandarkar)
 ・“Four Chapters(Chaturanga)”(インド/2008)(監督:Suman Mukhopadhyay)
 ・“Roots(Yarwng)”(インド/2008)(監督:Joseph Pulinthanath sdb)

画像

 ◆Tribute to Pavel Lungin パーヴェル・ルンギン監督特集

 ・『タクシー・ブルース』(仏・ソ連/1990)
 ・“Luna Park”(ロシア・仏/1992)
 ・“Wedding(Svadba)”(独・仏・ロシア/2000)
 ・“Tycoon(Oligarkh)”(独・仏・ロシア/2003)

 ◆Tribute to Shyam Benegal シャーム・ベネガル監督特集

 ・“Seventh Horse of the Sun(Suraj Ka Satvan Ghoda)”(インド/1992)
 ・“Mammo”(インド/1994)
 ・“The Making of Mahatma”(南ア・インド/1996)
 ・“Sardari Begum”(インド/1996)
 ・“Conflict(Samar)”(インド/1998)
 ・“Zubeidaa”(インド/2001)

画像

 ◆Tribute to Jerzy Skolimowski イエジー・スコリモフスキ監督特集

 ・“Identification Marks: None(Rysopis)”(ポーランド/1964)
 ・“Walkover(Walkower)”(ポーランド/1965)
 ・『出発』(ベルギー/1967)
 ・『早春』(独・英/1971)
 ・『バリエラ(障壁)』(ポーランド/1996)
 ・『アンナと過ごした4日間』(仏・ポーランド/2008)

 ◆Tribute to Arutyun Khachatryan ハルチュン・ハチャトゥリアン監督特集

 ・“White Town(Spitak gaghag)”(ソ連/1988)
 ・『リターン・トゥ・ザ・プロミストランド』“Return to the Promised Land(Veradardz avetyats yerkir)”(アルメニア/1991)
 ・『ドキュメンタリスト』“Documentarist(Vaveragrogh)”(アルメニア/2003)
 ・“Return to the Poet(Poeti veradardza)”(アルメニア/2006)
 ・“Border(Sahman)”(オランダ・アルメニア/2009)

画像

 ◆Marco Ferreri Paradoxes マルコ・フェレーリ監督特集

 ・『女王蜂』(仏・伊/1963)
 ・“The Ape Woman/La donna scimmia”(仏・伊/1964)
 ・“Dillinger is Dead(Dillinger e morto)”(伊/1969)
 ・“The Seeds of Man(Il seme dell’uomo)”(伊/1969)
 ・『最後の晩餐』(伊・仏/1973)
 ・“Don’t Touch the White Woman(Touche pas a la femme blanche)”(伊・仏/1974)
 ・“Seeing Asylum(Chiedo asilo)”(仏・伊/1979)
 ・『町でいちばんの美女/ありきたりな狂気の物語』(仏・伊/1981)
 ・『ピエラ 愛の遍歴』(仏・独・伊/1983)
 ・『未来は女のものである』(独・仏・伊/1984)
 ・“Diary of a Maniac(Diario di un vizio)”(伊/1993)

画像

 ◆Shakhnazarov's List カレン・シャフナザーロフ監督が選ぶ9本の映画

 ・『霧の波止場』(仏/1938)(監督:マルセル・カルネ)
 ・『イワン雷帝』(ソ連/1944)(監督:セルゲイ・エイゼンシュテイン)
 ・『道』(伊/1954)(監督:フェデリコ・フェリーニ)
 ・『お熱いのがお好き』(米/1959)(監督:ビリー・ワイルダー)
 ・“July Rain(lyulskiy dozhd)”(ソ連/1967)(監督:マルレン・フツィエフ)
 ・『フェリーニのローマ』(仏・伊/1972)(監督:フェデリコ・フェリーニ)
 ・『鏡』(ソ連/1974)(監督:アンドレイ・タルコフスキー)
 ・『自由の幻想』(伊・仏/1974)(監督:ルイス・ブニュエル)
 ・『欲望のあいまいな対象』(西・仏/1977)(監督:ルイス・ブニュエル)

 ◆Socialist Avant-gardizm. Part 2 ソ連時代のアヴァンギャルド映画特集 Part2

 ・“The Ghost That Never Returns(Prividenie, kotoroe ne vozvrashchaetsya)”(ソ連/1929)(監督:アブラム・ローム)
 ・“Bread(Khleb)”(ソ連/1930)(監督:Nikolay Shpikovsky)
 ・“State functionary(Gosuderstvenny chinovnik)”(ソ連/1930)(監督:Ivan Pyryev)
 ・“Stones fall here(Khabarda)”(ソ連/1931)(監督:Mikheil Chiaureli)
 ・“Miracle woman(Chudesnitsa)”(ソ連/1936)(監督:アレクサンドル・メドヴェトキン)
 ・“Once upon a time at night (オムニバス映画“Our Girls”から)(Odnazhdi nochyu)”(ソ連/1943)(監督:グリゴーリ・コージンツェフ)
 ・“The Young Fritz(Iunyi Frits)”(ソ連/1943)(監督:グリゴーリ・コージンツェフ、Leonid Trauberg)
 ・“At Great Cost(Dorogoy tsenoy)”(ソ連/1957)(監督:Mark Donskoy)
 ・“Our Fathers' Youth(Yunost nashikh otsovz)”(ソ連/1958)(監督:Mikhail Kalik, Boris Rytsarev)
 ・“The Wind(Veter)”(ソ連/1958)(監督:Aleksandr Alov、Vladimir Naumov)
 ・“Ten steps to the east(Desyat shagov k vostoku)”(ソ連/1960)(監督:V.Zak、Khangeldi Agakhanov)
 ・“Clean Ponds(Chistye prudy)”(ソ連/1965)(監督:Aleksey Sakharov)
 ・“The First Russians(Pervorossiyane)”(ソ連/1967)(監督:Aleksandr Ivanov)
 ・“Save the drowning man(Spasite utopayushchego)”(ソ連/1967)(監督:Pavel Arsenov)
 ・“One of us(Odin iz nas)”(ソ連/1970)(監督:Gennady Poloka)
 ・“Lenin in Paris(Lenin v Parizhe)”(ソ連/1981)(監督:セルゲイ・ユトケーヴィチ)
 ・“Believe it or not (Nebyvalshchina)”(ソ連/1983)(監督:Sergey Ovcharov)

画像

 ◆Georgian Cinema. From "The Vow" to "Repentance" グルジア映画特集 “The Vow”から『懺悔』まで

 ・“The Vow(Pitsi)”(ソ連/1946)(監督:Mikheil Chiaureli)
 ・“In Our Courtyard(Chveni ezo)”(ソ連/1956)(監督:Rezo Chkheidze)
 ・“Father of a soldier(Djariskatsis mama)”(ソ連/1964)(監督:Rezo Chkheidze)
 ・“Meeting Past(Shekhvedra tsarsultan)”(ソ連/1966)(監督:Siko Dolidze)
 ・『田園詩』(ソ連/1975)(監督:オタール・イオセリアーニ9
 ・“Love at first sight(Erti nakhvit shekvareba)”(ソ連/1975)(監督:Rezo Esadze)
 ・“Cinema”(ソ連/1977)(監督:Liana Eliava)
 ・“The 19th Century Georgian Chronicle(XIX saukunis qartuli qronika)”(ソ連/1978)(監督:Aleksandr Rekhviashvili)
 ・“The Disaster(Ubedureba)”(ソ連/1979)(監督:Gela Kandelaki)
 ・“The Swimmer(Motsurave)”(ソ連/1981)(監督:Irakli Kvirikadze)
 ・『青い山/本当らしくない本当の話』(ソ連/1984)(監督:エリダル・シュンゲラーヤ)
 ・『懺悔』(ソ連/1984)(監督:テンギス・アブラーゼ)
 ・“Full Circle(Oromtriali)”(ソ連/1986)(監督:Lana Gogoberidze)

画像

 ◆1959-2009 モスクワ国際映画祭50周年記念 第1回大会上映作品特別上映

 ・“A Cry from the Streets”(英/1958)(監督:ルイス・ギルバート)
 ・“The Day Shall Dawn(Jago hua savera)”(英・パキスタン/1958)(監督:Aaejay Kardar)
 ・『24時間の情事』(仏/1959)(監督:アラン・レネ)
 ・『バベット戦争へ行く』(仏/1959)(監督:クリスチャン・ジャック)
 ・“The Verdict(La sentence)”(仏/1959)(監督:ジャン・ヴァレール)
 ・“Aren't We Wonderful? (Wir Wunderkinder)”(東ドイツ/1958)(監督:Kurt Hoffmann)
 ・“Twelve Girls and One Man(12 Madchen und 1 Mann)”(オーストリア/1959)(監督:Hans Quest)
 ・“Escape from the Shadows(Utek ze stinu)”(チェコスロヴァキア/1959)(監督:Jiri Sequens)
 ・『音楽サロン』“Music Room(Jalsaghar)”(インド/1958)(監督:サタジット・レイ)
 ・『人間の運命』(ソ連/1959)(監督:セルゲイ・ボンダルチュク)
 ・『アンネの日記』(米/1959)(監督:ジョージ・スティーブンス)

 ◆Short Film Corner 短編映画部門

 ・“The saint feast (La saint festin)”(仏)(監督:Annelaure Daffis、Leo Marchand)
 ・“X on a Map”(ルクセンブルク)(監督:Jeff Desom)
 ・“Descendant”(独)(監督:Heiko van der Scherm)
 ・“The Jung files(Die archives von C.G. Jung)”(独)(監督:Gemma Ventura)
 ・“Sukunat(Still)”(独)(監督:Rick Ostermann)
 ・“501”(デンマーク)(監督:Jesper Maintz)
 ・“Sideline(Sivutyo)”(フィンランド)(監督:Maria Kaurismaki)
 ・“Puzzle(Pyatnashki)”(ロシア)(監督:Natalya Uglitskikh)
 ・“Thursday to Friday(S chetverga na piatnicu)”(ロシア)(監督:Alla Kofman)
 ・『華麗なる晩餐』“Next Door”(カナダ)(監督:デニ・ヴィルヌーヴ)
 ・“Dance Macabre(Danse Macabre)”(カナダ)(監督:Pedro Pires)
 ・“Serenade(Serenade)”(米)(監督:Ruowen Yan)
 ・“Mother(MãE)”(ブラジル)(監督:Luis Antonio Pereira)

画像

 ◆Russian Film Programs ロシア映画プログラム
 4つの劇場やホールを使って、様々なジャンルの作品が上映されます。基本的に1作品1回ずつの上映。

 【実写作品部門】

 ・“Angel’s aisle”(2008)(監督:Nikolai Dreiden) (デビュー作)
 ・“Antonina looked back”(2009)(監督:Grigory Nikulin)
 ・“Be with me”(2009)(監督:Maria Maximova)(デビュー作)
 ・“Bury me behind the board”(2009)(監督:Sergei Snezhkin )
 ・“Circumstances”(2009)(監督:Pavel Ruminov)
 ・“Dead cat”(2009)(監督:Yakov Kazhdan、Ilya Ovsenev)(デビュー作)
 ・“FIGA.RO”(2009)(監督:Rano Kubayeva)
 ・“God’s smile or an Odessa story”(2008)(監督:Vladimir Alenikov)
 ・“Gogol. The Closest”(2009) (監督:Natalia Bondarchuk)
 ・“Help gone mad”(2009)(監督:Boris Khlebnikov)
 ・“Kislorod”(2009)(監督:Иван Вырыпаев)
 ・“Kromov” (2009)(監督:Andrei Razenkov)
 ・“The man who knew everything”(2009)(監督:Vladimir Mirzoyev)
 ・“Melody for the barrel-organ”(2009)(監督:Kira Muratova)
 ・“The narrow gates”(2009)(監督:Sergei Tkachiov)
 ・“One war” (2009)(監督:Vera Glagoleva)
 ・“Passenger”(2008)(監督:Stanislav Govorukhin)
 ・“Pete on the way to heaven”(2009)(監督:Nikolai Dostal)
 ・“The recording”(2009)(監督:Oksana Bychkova).[短編]
 ・“The Specialist” (2009) (監督:Elena Sorokina)(デビュー作)
 ・“Spring will come soon”(2009)(監督:Vera Storozheva).
 ・“Tartar princess”(2009)(監督:Irina Kvirikadze)
 ・“Tale in the darkness”(2009)(監督:Nikolai Khomeriki)
 ・“The time of wild strawberries”(2009)(監督:Vitaly Galilyuk)(デビュー作)
 ・“The unforgiven”(2009)(監督:Klim Shipenko) (デビュー作)

 【アニメーション部門】

 ・“About animals and people”(監督:Alexei Zaitsev) [短編アニメーション]
 ・“About Saint Basil”(監督:Natalia Berezovaya) [短編アニメーション]
 ・“About Stepan the blacksmith”(監督:Natalia Chernysheva) [短編アニメーション]
 ・“About the dog Rozka”(監督:Andrei Sokolov) [短編アニメーション]
 ・“About the hare who did not turn into anybody”(監督:Ekaterina Bim) [短編アニメーション]
 ・“Adventures of the fox”(監督:Andrei Kuznetsov)[短編アニメーション]
 ・“Alice’s birthday”(監督:Sergei Seryogin) [長編アニメーション]
 ・“Alone”(監督:Timer Sitnikov) [短編アニメーション]
 ・“Arkhip”(監督:Andrei Melnikov) [短編アニメーション]
 ・“The ballad of Pyotr and Fevronia”(監督:Nadezhda Mikhailova) [短編アニメーション]
 ・“Camilla”(監督:Yulia Aronova) [短編アニメーション]
 ・“Cello”(監督:Tatiana Kurnaeva) [短編アニメーション]
 ・“Cheshire dream”(監督:Ksenia Ustyuzhaninova) [短編アニメーション]
 ・“Смешарики:«Without anybody» ”(監督:Alexei Gorbunov), [短編アニメーション]
 ・“Daughters-mothers”(監督:Alexandra Lukina)[短編アニメーション]
 ・“Gerasim and company”(監督:Grigory Malyshev) [短編アニメーション]
 ・“Frog and ants”(監督:Sergei Ainutdinov) [短編アニメーション]
 ・“The girl who stepped on bread”(監督:Elena Lapshina) [短編アニメーション]
 ・“Glinka”(監督:Stepan Koval) [短編アニメーション]
 ・“Goat lodge”(監督:Marina Karpova) [短編アニメーション]
 ・“Gosha’s tales”(監督:Dmitry Naumov) [短編アニメーション]
 ・“How the Sun and the Moon made peace”(監督:Sergei Olifirenko) [短編アニメーション]
 ・“Inventors”(監督:Konstantin Golubkov) [短編アニメーション]
 ・“The khan with horns”(監督:Sergei Gordeev) [短編アニメーション]
 ・“KOAPP 2.The lake is missing”(監督:Vladlen Barbe) [短編アニメーション]
 ・“Life of small animals”(監督:Igor Malomud) [短編アニメーション]
 ・“Little Angel”(監督:Zalina Bideeva) [短編アニメーション]
 ・“Maima the long-awaited”(監督:Inga Korzhneva) [短編アニメーション]
 ・“Money”(監督:Anastasia Zhuravlyova) [短編アニメーション]
 ・“The most frightening animal”(監督:Dmitry Rezchikov) [短編アニメーション]
 ・“My krishnaite neighbor”(監督:Khariton Klimov) [短編アニメーション]
 ・“Nikita the tanner”(監督:Zoya Trofimova) [短編アニメーション]
 ・“Ochumelov”(監督:Alexei Dyomin) [短編アニメーション]
 ・“Once upon a time there lived a fly”(監督:Alyona Oyatieva) [短編アニメーション]
 ・“One, two, three! Burn, fur-tree!”(監督:Oleg Uzhinov) [短編アニメーション]
 ・“Pyatachok’s extra chanses”(監督:Ivan Maximov) [短編アニメーション]
 ・“Pudya”(監督:Sonia Kravtsova) [短編アニメーション]
 ・“«Right to lonliness»”(監督:Alexei Minchenok) [短編アニメーション]
 ・“Robert Schumann.Letters”(監督:Elena Petkevich) [短編アニメーション]
 ・“Snowman”(監督:Anastasia Sokolova) [短編アニメーション]
 ・“The soldier’s song”(監督:Elena Chernova) [短編アニメーション]
 ・“Tarantella”(監督:Alexei Kraev) [短編アニメーション]
 ・“Three kittens”(監督:Dmitry Naumov) [短編アニメーション]
 ・“To the tip of the tail”(監督:Ekaterina Shabanova, Olga Nikolaeva) [短編アニメー
ション]
 ・“Tree of childhood”(監督:Natalia Mirzoyan) [短編アニメーション]
 ・“Why do wolves howl at moon”(監督:Anton Kaptelov) [短編アニメーション]
 ・“Yegory the brave.”(監督:Sergei Merinov) [短編アニメーション]
 ・“ZOO 2. Vampire”(監督:Maria Stepanova) [短編アニメーション]

 【ドキュメンタリー部門】

 ・“As if waiting for a bus”(監督:Ivan I. Tverdovsky) [短編ドキュメンタリー]
 ・“Abraham and Marya”(監督:Alexander Stoliarov)[長編ドキュメンタリー]
 ・“Children of the sun”(監督:Maria Sementsova ) [短編ドキュメンタリー]
 ・“Curtain”(監督:Vladimir Golovnyov)[短編ドキュメンタリー]
 ・“In the sticks 35 by 45”(監督:Evgeny Solomin) [中編ドキュメンタリー]
 ・“A lost theatre”(監督:Tatiana Moskvina, Alexander Kiselyov) [中編ドキュメンタリー]
 ・“My many years”(監督:Igor Gnevashev) [中編ドキュメンタリー]
 ・“Niarma”(監督:Edgar Bartenev) [中編ドキュメンタリー]
 ・“Nine forgotten melodies”(監督:Galina Krasnoborova) [短編ドキュメンタリー]
 ・“Oleg Kulik:challenge and provocation”(監督:Evgeny Mitta) [長編ドキュメンタリー]
 ・“Post horse”(監督:Andrei Golovnyov) [中編ドキュメンタリー]
 ・“Right of correspondence”(監督:Maxim Yakubson) [短編ドキュメンタリー]
 ・“Street-cleaner SP”(監督:Andrei Griazev)[短編ドキュメンタリー]
 ・“Tungus sonata”(監督:Yury Kudinov, Marina Isaeva) [中編ドキュメンタリー]
 ・“Two together”(監督:Pavel Kostomarov) [中編ドキュメンタリー]
 ・“Until the next resurrection”(監督:Oleg Morozov)[長編ドキュメンタリー]

 【キラ・ムラートワ監督レトロスペクティヴ】

 ・『短い出会い』“Brief encounters”(1967)
 ・『長い見送り』“A long good-bye”(1971)
 ・“Getting to know the big wide world”(1979)
 ・『灰色の石の中で』“Amidst grey stones”(1983)
 ・“Change of fortune”(1987)
 ・“The pack of money”(2006)[短編]
 ・『無気力症シンドローム』“The asthenic syndrome”(1989)
 ・“The sentimental policeman”(1992)
 ・“Passions”(1994)
 ・“Three stories”(1997)
 ・“Letter to America”(1999)[短編]
 ・“Second class citizens”(2001)
 ・“Chekhovian motifs”(2002)
 ・『調律師』“The tuner”(2004)
 ・“The certificate”(2005)[短編]
 ・“Two in one”(2007)

 【国際学生映画祭(The National Student Film Festivals)受賞作】

 ・“# 2”(監督:Evgenia Kulidzhanova) [短編]
 ・“Clock without hands ”(監督:Mikhail Rubtsov)[短編]
 ・“Сюрприз”(監督:Елена Бычкова) [短編]
 ・“Early thaw”(監督:Pavel Drozdov) [短編]
 ・“Identification parade”(監督:Igor Khomsky) [短編]
 ・“Lightings bees came running”(監督:Olga Shebunyayeva) [短編]
 ・“Prevention of repetead crimes”(監督:Philipp Abryutin) [短編]
 ・“Polaroid Love”(監督:Egor Abramenko) [短編]
 ・“The wall”(監督:Evgeny Oprya)[短編]

 ・“JCantata “Salvation””(監督:Maria Litvinova) [短編アニメーション]
 ・“Loof and let dime”(監督:Roman Vereshchak) [短編アニメーション]
 ・“The one who was different”(監督:Anna Shepilova) [短編アニメーション]
 ・“Waiting”(監督:Vera Myakisheva)[短編アニメーション]

 ・“Abel”(監督:Vyacheslav Dubrovin) [短編ドキュメンタリー]
 ・“Peter, Petersburg!”(監督:Alexander Yevseev)[短編ドキュメンタリー]
 ・“Why do you lack faith…”(監督:Matvei Troshinkin)[中編ドキュメンタリー]

 そのほか、ディスカッションや討論会(配給や映画祭、コミュニティーに対して映画批評が与える影響についてとか、ロシア映画の危機についてとか)などの企画もあります。

 ◆Media Forum メディア・フォーラム
 ビデオ・アートなど、新しいメディア・アートに関する複合イベント・プログラム。

 ・This Is How We Walk on the Moon(スウェーデン) 監督:Johanna Billing

 ・第10回メディア・フォーラム コンペティション

 ・The Rape of the Sabine Women(米) 監督:Eve Sussman

 ・ヨーロッパ・メディア・アート・フェスティバル(European Media Art Festival)

 ・実験映画・メディア・アート・フリーウェイブ・フェスティバル(Freewaves Festival of Experimental Media Art)(米)

 ・アート&デジタル・カルチャー トランスメディア・フェスティバル(Transmediale Festival for Art and Digital Culture)(独)

 ・日本メディア・アート・フェスティバル(Japan Media Arts Festival)(日本)

 ・Jesper Just レトロスペクティヴ(The retrospective of Jesper Just)(デンマーク)

 ・Seven intellectuals in the bamboo forest(中国) 監督:Yang Fudong

 ◆CINE FANTOM ALTERNATIVA シネ・ファントム オルタナティヴ


 ・“Kolobakha”(2008)

 ・Kucharブラザース作品上映( The screening of works of Kuchar brothers)(米)

 ・“Blind Spot”(2009)(監督:Oleg Mavromatti)

 ・“Scenes Of Bohemian Life”(2009)(監督:Anatoliy Sergeev)

 ・“Fantomas Unveils The Mask”(2008)

 ・SELECTION festival

 ・“Einstein And Margarita, Or Acquired In Translation”(2006)(監督:Iraida Yusupova, Alexander Dolgin)

画像

--------------------------------

 ほぼ上映作品のタイトルだけを挙げる形になってしまいましたが、モスクワ国際映画祭のボリュームがどれだけのものであるかは、上記リストで、漠然とはわかってもらえたかと思います。

 2つのコンペ部門のほかに、招待作品の上映部門がいくつかあり、国別特集部門がブルガリア、インド、グルジアと3つあり、レトロスペクティヴが審査員のパーヴェル・ルンギンとシャーム・ベネガルの2人のほかに、イエジー・スコリモフスキ、ハルチュン・ハチャトゥリアン、マルコ・フェレーリ、キラ・ムラートワと4人もあります。そのほか、ドキュメンタリー部門や短編部門があり、アニメーションまでも外していないというのは、実に恐るべき映画祭です。

 ちょっと欲張りすぎの感もあって、一時期にこんなに大量に集中して上映して、果たして観客がついて来れるのだろうかと心配にもなります。

 上映作品には、西側諸国の作品も少なくはありませんが、総体的には、やはり旧共産圏を中心にラインアップが組まれているようです。(出品する側もモスクワ国際映画祭というのはちょっとどうか…と敬遠したりもするのだろうと思われます。)

 近い時期に国内に大きな映画祭の開催されるルーマニアや中国からの出品は少ないようです。

 上映作品数に比べ、いわゆる世界的なスターの出演作は多くはないようで、そういう意味では、カンヌやベネチアに比べて、華やかさに欠ける、と言ってもいいかもしれません。

 パースペクティブズ・コンペティション部門はありますが、新人発掘にはあまり熱心でないようで、そういう意味では、ちょっと保守的な映画祭、であるのかもしれません。

 日本からは、コンペティション部門、パースペクティブズ・コンペティション部門、アジアン・エクストレム部門という3部門にそれぞれ1作品ずつエントリーされています。

 コンペティション部門は、労働者の視点に立って、真摯に「生」を見つめた作品は高評価を得られやすい(だから新藤兼人作品とかは評価されやすい)一方、共産主義的なイデオロギーとかけ離れた作品は選ばれにくいようで、結果的にソ連/ロシア作品がグランプリを受賞するというケースが多いようです。それ以外では、芸術性の高い作品が評価されて賞を受賞する年もあります。

 今年のラインナップを見ると、キラ・ムラートワ作品が断然有力ですが、芸術性が評価されれば、日本の『Beauty』が賞を獲らないとも限りません。

 『おくりびと』は、ここではアジアン・エクストレム部門へのエントリーでしたが、(モントリオール世界映画祭ではなく、モスクワ国際映画祭の)コンペティション部門へのエントリーであっても、映画祭の性格と照らし合わせみて、案外いい線行ったのではないか、いう気がします。

 *この記事がなかなか興味深かった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・モスクワ国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_30.html
 ・モスクワ国際映画祭2009 ラインナップ!その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_18.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月~2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

この記事へのコメント

sumi
2009年06月20日 07:22
量半端ねえええ!
注目の新人監督とかいたら書いて欲しいです
umikarahajimaru
2009年06月20日 20:56
sumiさま
凄いボリュームでしょう?
ベクマンベトフのような従来のロシア映画の概念にはなかった新しい才能が出てくると面白いのですが、ロシアのバブル景気もはじけてしまったようだし、難しいかもしれませんね。
映画祭終了後に受賞結果を書き出すつもりでいますが、その時にまた何かわかれば書きますね。

この記事へのトラックバック