米・オンライン映画批評家協会賞2008 結果発表!

 米・オンライン映画批評家協会賞が発表になりました(1月19日)。

画像

 ◆作品賞
 ◎『ウォーリー』

 ◆監督賞
 ◎クリストファー・ノーラン 『ダークナイト』

 ◆主演男優賞
 ◎ミッキー・ローク “The Wrestler”

 ◆主演女優賞
 ◎ミシェル・ウィリアムズ “Wendy and Lucy”

 ◆助演男優賞
 ◎ヒース・レジャー 『ダークナイト』

 ◆助演女優賞
 ◎マリサ・トメイ “The Wrestler”

 ◆オリジナル脚本賞
 ◎『ウォーリー』 アンドリュー・スタントン、ジム・レアドン

 ◆脚色賞
 ◎“Let the Right One In” John Ajvide Lindqvist

 ◆撮影賞
 ◎『ダークナイト』 ウォーリー・フィスター

 ◆編集賞
 ◎『スラムドッグ$ミリオネア』 クリス・ディケンス

 ◆オリジナル作曲賞
 ◎『ダークナイト』 ジェームズ・ニュートン・ハワード、ハンス・ジマー

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞
 ◎Lina Leandersson “Let the Right One In”

 ◆ブレイクスルー・フィルムメーカー賞
 ◎Tomas Alfredson “Let the Right One In”

 ◆ドキュメンタリー賞
 ◎“Man On Wire”

 ◆長編アニメーション賞
 ◎『ウォーリー』

 ◆外国映画賞
 ◎“Let the Right One In”

--------------------------------

 さんざん映画賞が発表された後の映画賞だけあって、かなり変化球的な映画賞になっています。

 作品賞と脚本賞と長編アニメーションの3賞を『ウォーリー』が受賞し、“Let the Right One In”が脚色賞と外国語映画賞、ブレイクスルー・パフォーマンス賞、ブレイクスルー・フィルムメーカー賞の4賞を受賞しています(ブレイクスルー・パフォーマンス賞には、同作品からもう1人ノミネートを受けていました)。

 最多受賞は“Let the Right One In”と『ダームナイト』の4部門受賞です。

 2008年度にアメリカで公開された映画の中で、めぼしい作品が、アニメーションとスウェーデン産のホラーのほかは、『ダークナイト』くらいしかないということであれば、アメリカの俳優はいったい何をしてたんだということになりかねませんね~。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・28.~30.オハイオ、アイオワ、バンクーバー各映画批評家協会賞: http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_16.html
 ・27.カンザスシティ映画批評家協会賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_3.html
 ・26.オクラホマ映画批評家協会賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_2.html
 ・25.全米映画批評家協会賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_1.html
 ・1.~24. 2008年度の映画賞の結果をまとめてみました(アメリカ編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_37.html
 ・2008年度映画賞レース スケジュール表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200811/article_10.html
 ・早くも第81回アカデミー賞を予想してみました!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_19.html
 ・2008年度の映画賞の結果をまとめてみました(日本編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_11.html
 ・2008年度の映画賞&ベストテンを予想してみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_2.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック