300本達成! tantano 短編映画を楽しむ!

 [tantano 短編映画を楽しむ]が、ポン・ウェイチュン“花気薫人帖”で300本になっていました。
 恒例により、251~300本目までのINDEXを作っておきたいと思います。

画像

 ◆アメリカ

 ・ティム・バートン
  2000年 『ステインボーイ 1.ステアガール』
  2000年 『ステインボーイ 2.有毒少年ロイ』

 ・デイヴィッド・リンチ “Gucci by Gucci”[CM]

 ・フランシス・ローレンス “Suerte”[ミュージック・ビデオ]

 ・サタデー・ナイト・ライブより“Mirror”

 ◆カナダ

 ・フランソワ・ジラール
  1993年 “Gould Meets Mclaren”
  1993年 “Diary of One Day”

 ◆メキシコ

 ・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトウ
  2001年 “The Hire:Powder Keg”
  2002年 『メキシコ』(『11'09''01 /セプテンバー11』)
  2007年 “Anna”(『それぞれのシネマ』)

 ◆イギリス

 ・スージー・テンプルトン
  1999年 『スタンリー』 “Stanley”
  2002年 “Dog”
  2006年 『ピーターと狼』

 ◆フランス

 ・ルネ・ラルー
  1960年 『猿の歯』 Les Dents Du Singe
  1964年 『死んだ時間』 “Les Temps Mortes”

 ◆ドイツ

 ・ロッテ・ライニガー 『ジャックと豆の木』

 ◆チェコ

 ・パヴェル・コウツキー 『履歴書』

 ◆スウェーデン

 ・ロイ・アンダーソン
  1991年 『ワールド・オブ・グローリー』 “World of Glory”
 CM集

 ◆ロシア

 ・アレクサンドル・ペトロフ “Pacific Life”[CM]

 ◆中国

 ・チェン・カイコー
  2002年 『夢幻百花』(『10ミニッツ・オールダー』)
  2006年 『阿虎(アフー)篇』
  2007年 『チュウシン村』(『それぞれのシネマ』)

 ・チャン・イーモウ
  1995年 『キング・オブ・フィルム 巨匠たちの60秒』
  2003年 トヨタ ヴィオス “威馳新風”[PV]
  2006年? “成都~一度訪れたら忘れられなくなる都市”[PV]
  2007年 『映画をみる』(『それぞれのシネマ』)
  2007年 『北京オリンピック・聖火リレー』[CM]

 ◆香港

 ・ウォン・カーウァイ
  1996年 『wkw/tk/1996@7'55''hk.net』
  2000年 『花様的年華』 “Hua yang de nian hua”
  2001年 “The Hire:The Fellow”
  2002年 “Six Days”[ミュージック・ビデオ]
  2002年 ラコステ “La Rencontre”[CM]
  2007年 ランコム・パリ “Hypnôse Femme”[CM]
  2007年 ランコム・パリ “Hypnôse Homme”[CM]
  2007年 "I Travelled 9000 km To Give It To You"(『それぞれのシネマ』)
  2007年 クリスチャン・ディオール “Midnight Poison”[CM]
  2007年 “There's Only One Sun”『たった一つの太陽』

 ◆台湾

 ・ツァイ・ミンリャン
  2004年 ファミリーマート CM
  2007年 『これは夢』(『それぞれのシネマ』)

 ・ホウ・シャオシェン
  2003年 “朱天文 印刻文学生活志”[CM]
  2006年 『エール・フランス 「Le Ponton」』[CM]
  2006年 “盛世的工匠技藝”“盛世裏的工匠技藝”[CM]
  2007年 『電姫戯院』(『それぞれのシネマ』)
  2007年 “群義房屋 媽媽篇” [CM]
  2007年 “群義房屋 おばあちゃん篇” [CM]

 ・ポン・ウェイチュン “花気薫人帖”

 ◆日本

 ・たむらしげる 『ファンタスマゴリア 1.オーロラショウ』

 ・手塚治虫 『人魚』

 ・三木孝浩 『SAYONARA』[ミュージック・ビデオ]

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 ※こちら↓もどうぞ!
 ・「tantano 短編映画をたのしむ」INDEX
 ・「tantano 短編映画をたのしむ」 人気動画 トップ39!

 ・tantano 短編映画を楽しむ INDEX 1~100
 ・tantano 短編映画を楽しむ INDEX 101~150
 ・tantano 短編映画を楽しむ INDEX 151~200
 ・tantano 短編映画を楽しむ INDEX 201~250

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック