トロント国際映画祭2007 ラインナップ! その2

 ラインナップの続きをご紹介する前に、今年のトロント国際映画祭への日本からの出品作、及び、日本人の監督作品をリストアップしておきます。
 今年は全部で8作品あります。

 ・山下敦弘『天然コケッコー』【CONTEMPORARY WORLD CINEMA】
 ・河瀬直美『殯の森』【CONTEMPORARY WORLD CINEMA】
 ・北野武『監督・ばんざい!』【MASTERS】
 ・松本人志『大日本人』【MIDNIGHT MADNESS】
 ・三池崇史『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』【MIDNIGHT MADNESS】
 ・曾利文彦『ベクシル2077 日本鎖国』【MIDNIGHT MADNESS】
 ・青山真治『サッド ヴァケイション』【VANGUARD】
 ・Daichi Saito “ALL THAT RISES”【WAVELENGTHS】

 そのほか、日本では『監督・ばんざい!』と併映された北野武監督の短編「素晴らしき休日」が入っている、オリジナル版“TO EACH HIS OWN CINEMA”も上映されます。

 また、監督が日本人でない作品で日本人俳優が出演している作品もあって――
 セルゲイ・ボドロフ『モンゴル』(【SPECIAL PRESENTATIONS】)には、浅野忠信が出演し、フランソワ・ジラール『シルク』 (【SPECIAL PRESENTATIONS】)には、役所広司、中谷美紀らが出演しています。

--------------------------------

 【MAVERICKS】

 監督やプロデューサーなどを招いて、製作秘話やうら話、先取り情報などを聞くプログラム。今年は――
 ・EVERYTHING TO GAIN: A CONVERSATION WITH JIMMY AND ROSALYNN CARTER(手に入れられるすべてのもの:ジミー&ロザリン・カーターとの対話)

 ・MIRA NAIR PRESENTS FOUR VIEWS ON AIDS IN INDIA(ミラ・ナイール プレゼンツ 「インドにおけるエイズの4つの見方」)

 ・RELIGULOUS: A CONVERSATION WITH AND LARRY CHARLES(ABCテレビの"Politically Incorrect"のホストを務めるBILL MAHERと『ボラット』の監督であるラリー・チャールズとの対話)

 ・THE TIME IS NOW: A CONVERSATION ABOUT DARFUR(今がその時:ダルフール(政府によって集団虐殺が行なわれたスーダン西部の地)についての対話)

--------------------------------

 【MIDNIGHT MADNESS】

 いわゆるミッドナイトムービーを上映するプログラム。10作品。日本から3作品も参加!
 ・松本人志『大日本人』

 ・Adam Mason“THE DEVIL'S CHAIR”

 ・ウィルソン・イップ“FLASH POINT”
  *麻薬からみの潜入捜査もの。ドニー・イェン、ルイス・クー、コリン・チョウら出演。

画像

 ・Xavier Gens“FRONTIÈRE(S)”

 ・ジョージ・A・ロメロ“GEORGE A. ROMERO'S DIARY OF THE DEAD”
  *ロメロが原点に戻って「地球上に初めてゾンビが現れた日」をモチーフに作った作品。

画像

 ・Alexandre Bustillo, Julien Maury“À L'INTÉRIEUR ”

 ・ダリオ・アルジェント“THE MOTHER OF TEARS ”
  *アーシア・アルジェント、ウド・キアー主演の魔女もの。

画像

 ・スチュアート・ゴードン“STUCK”

 ・三池崇史『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』

 ・曾利文彦『ベクシル 2077 日本鎖国』

--------------------------------
 
 【REAL TO REEL】

 ドキュメンタリー作品を上映するプログラム。32作品(http://www.tiff07.ca/filmsandschedules/realtoreel/)。今年の主な作品は――

 ・ヴェルナー・ヘルツォーク“ENCOUNTERS AT THE END OF THE WORLD”(2007/米)

画像

 ・王兵(ワン・ビン)『鳳鳴(フォンミン)―中国の記憶』(2007/中)
 今年の山形国際ドキュメンタリー映画祭のコンペ部門出品作。反革命分子のレッテルを貼られた主人公が名誉を回復するまでの物語。監督は『鉄西区』で2003年山形国際ドキュメンタリー映画祭で大賞を受賞している王兵。

 ・スコット・ヒックス“GLASS: A PORTRAIT OF PHILIP IN TWELVE PARTS” (2007/豪)

 ・ジュリアン・シュナーベル“LOU REED'S BERLIN” (2007/米)

 ・トッド・マッカーシー(『ビジョンズ・オブ・ライト』)“MAN OF CINEMA: PIERRE RISSIENT” (2007/米)

 ・ケヴィン・マクドナルド(『ラストキング・オブ・スコットランド』)“MY ENEMY'S ENEMY” (2007/仏・英)
  *“リヨンの虐殺者”とも呼ばれたゲシュタポの将校クラウス・バルビーの戦後の活動についてのドキュメンタリー。

 ・ニナ・ダヴェンポート“OPERATION FILMMAKER” (2007/米)
  *2003年のバグダッド陥落で、アメリカのテレビ・カメラが1人の青年ムサナ・モハメドを映し出す。彼は映画学校に通って映画監督になる夢を抱いていたが、フセインやアメリカの空爆によって、その夢は永遠に失われてしまったと話す。その映像を見ていた俳優/監督のリーブ・シュライバーは彼のために行動を起こす……。

画像

 ・ダグ・プレイ(『スクラッチ』)“SURFWISE” (2007/米)
  *マリブのサーファーDorian "Doc" Paskowitzに関するドキュメンタリー。

画像

 ・バーベット・シュローダー“TERROR'S ADVOCATE” (2007/仏)
  *クラウス・バルビーやイリッチ・ラミレス・サンチェス、ミロシェヴィッチなどの弁護人を務めたフランスの弁護士ジャック・ベルジェスに関するドキュメンタリー。

 ・ピーター・アスキン“TRUMBO” (2007/米)
  *オフ・ブロードウェイの舞台作品“TRUMBO”に関するドキュメンタリー? 出演:ネイサン・レイン、デイヴィッド・ストラザーン、ジョアン・アレン、リーアム・ニーソン

画像

 ・ジャ・ジャンクー“USELESS” (2007/中)

画像

 ・Paul Crowder、Murray Lerner“AMAZING JOURNEY: THE STORY OF THE WHO”(アメージング・ジャーニー:ザ・フー物語)(2007/米)

画像

 ・Philippe Kohly “CALLAS ASSOLUTA” (2007/仏)
  *マリア・カラス没後30周年記念作品。

画像

 ・Ted Braun“DARFUR NOW”(ダルフールの今)(2007/米)

 ・Eddy Moretti, Suroosh Alvi“HEAVY METAL IN BAGHDAD”(ヘヴィメタル・イン・バグダッド)(2007/カナダ・米)

 ・Arthur Dong“HOLLYWOOD CHINESE” (2007/米)
  *中国系アメリカ人の目を通して描かれる映画史。監督はベルリン国際映画祭テディ賞やサンダンス映画祭3作連続受賞を誇る俊英Arthur Dong。

 ・Grant Gee“JOY DIVISION” (2006/英・米)

--------------------------------

 【SHORT CUTS CANADA】

 カナダの短編映画。43作品。http://www.tiff07.ca/filmsandschedules/shortcutscanada/

--------------------------------

 【SPECIAL PRESENTATIONS】

 GALAのようなマネー・メイキング映画ではないが、アカデミー賞にノミネートされたり、スマッシュ・ヒットが期待されたり、評論家受けがしそうだったりする作品のセレクション。50作品。

 ・Cristian Mungiu “4 MONTHS, 3 WEEKS AND 2 DAYS”(2007/ルーマニア)[北米初]
 カンヌ2007パルムドール受賞作品。コムストック・グループ配給で2008年 日本公開予定。

 ・フランソワ・オゾン 『エンジェル』(2007/英・ベルギー・仏)[北米初]
 出演:ロモーラ・ガライ、シャーロット・ランプリング、ルーシー・ラッセル
 ベリリン2007コンペ出品作。

 ・アンドリュー・ドミニク “THE ASSASSINATION OF JESSE JAMES BY THE COWARD ROBERT FORD”(2007/米)[北米初]
 出演:ブラッド・ピット、ケイシー・アフレック、サム・シェパード
 ベネチア2007コンペ出品作。ワーナー・ブラザーズ配給で日本公開予定。

 ・ジョー・ライト “ATONEMENT”『贖罪』(2007/英・米)[北米初]
 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェイムズ・マカヴォイ、ヴァネッサ・レッドグレーブ、ロモーラ・ガライ、ブレンダ・ブレッシン
 ベネチア2007コンペ出品作。

 ・スチュアート・タウンゼント“BATTLE IN SEATTLE”(2007/米)[初]
 出演:シャーリーズ・セロン、ウディ・ハレルソン、レイ・リオッタ

 ・シドニー・ルメット“BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU'RE DEAD”(2007/米)[初]
 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク、アルバート・フィニー、マリサ・トメイ


 ・サントッシュ・シヴァン“BEFORE THE RAINS”(2007/インド・英・米)[初?]
 『ナヴァラサ』のサントッシュ・シヴァン監督の最新作。

 ・Melisa Wallack、Bernie Goldmann “BILL”(2007/米)[初]
 出演:ジェシカ・アルバ、アーロン・エッカート

 ・ニール・ジョーダン“THE BRAVE ONE”(2007/米・オーストラリア)[初]
 出演:ジョディー・フォスター、テレンス・ハワード
 ワーナー・ブラザース配給で日本公開予定。


 ・マイケル・ムーア“CAPTAIN MIKE ACROSS AMERICA”(2007/米)[初]
 2004年の米国大統領選期間中に、『華氏911』のプロモーションを兼ねて、45日間で全米62都市をまわったマイケル・ムーアの記録。


 ・テオ・アンゲロプロス他“CHACUN SON CINÉMA(To Each His Own Cinema)”(2007/仏)[北米初]
 カンヌ国際映画祭60周年記念オムニバス映画。映画館にまつわる33の物語。
 その他の監督は、オリヴィエ・アサヤス、ビレ・アウグスト、ジェーン・カンピオン、ユーセフ・シャヒーン、チェン・カイコー、マイケル・チミノ、ジョエル&イーサン・コーエン、デイヴィッド・クローネンバーグ、ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ、マノエル・デ・オリヴェイラ、Raymond Depardon、アトム・エゴヤン、アモス・ギタイ、ホウ・シャオシェン、アレハンドロ・ゴンザレ、アッバス・キアロスタミ、北野武、アンドレイ・コンチャロフスキー、クロード・ルルーシュ、ケン・ローチ、デイヴィッド・リンチ、ナンニ・モレッティ、ロマン・ポランスキー、ラウル・ルイス、ウォルター・サレス、エリサ・シュレイマン、ツァイ・ミンリャン、ガス・ヴァン・サント、ラース・フォン・トリアー、ヴィム・ヴェンダース、ウォン・カーウァイ、チャン・イーモウ

 ・フリオ・メデム“CHAOTIC ANA”(2007/西)[北米初]
 出演:Manuela Vellés、シャーロット・ランプリング

画像

 ・ジリアン・アームストロング“DEATH DEFYING ACTS”(2007/英・オーストラリア)[初?]
 出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール


 ・David Auburn “THE GIRL IN THE PARK”(2007/米)[初]
 出演:シガニー・ウィーバー、ケイト・ボスワース、アレッサンドロ・ニヴォラ

 ・ジャン・ルノアール『大いなる幻想』(1937/仏)
 70周年記念上映。

 ・Adam Vollick, Daniel Lanois, Adam Samuels “HERE IS WHAT IS”(2007)[初/アイルランド?]
 U2等のプロデューサーとして知られるダニエル・ラノワの初監督作品。ラノワとブライアン・イーノのモロッコ訪問、イーノらとのレコーディング風景、故郷への旅などが描かれる。http://www.daniellanois.com/hereiswhatis/pressrelease.htm
 出演:ガース・ハドソン、ブライアン・イーノ、U2、ウィリー・ネルソン、ビリー・ボブ・ソーントン

画像

 ・ジョン・セイルズ“HONEYDRIPPER”(2007/米)[初]
 出演:ダニー・グローバー、リサ・ゲイ・ハミルトン、チャールズ・S・ダットン


 ・トッド・ヘインズ“I'M NOT THERE”(2007/米)[北米初]
 出演:リチャード・ギア、ケイト・ブランシェット、ヒース・レジャー、ジュリアン・ムーア、クリスチャン・ベール、シャルロット・ゲンズブール
 ベネチア2007コンペ出品作。

 ・ヴァディム・パールマン “IN BLOOM”(2007/米)[初]
 出演:ユマ・サーマン、エヴァン・レイチェル・ウッド
 『砂と霧の家』のヴァディム・パールマン監督最新作。原作は『沈みゆく女』のローラ・カジシュキー『春の葬られた光』(ソニーマガジンズ)。


 ・ポール・ハギス“IN THE VALLEY OF ELAH”(2007/米)[北米初]
 出演:トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン
 ベネチア2007コンペ出品作。2008年 ムービーアイ配給で日本公開予定。

 ・ショーン・ペン“INTO THE WILD”(2007/米) [初]
 出演:エミール・ハーシュ、ヴィンス・ヴォーン
 登山をテーマとするノンフィクション・ライター ジョン・クラカワーの『荒野へ』の映画化。


 ・ジェイソン・ライトマン“JUNO”(2007/米)[初]
 出演:エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー
 『サンキュー・スモーキング』のジェイソン・ライトマン監督の最新作。


 ・Craig Gillespie “LARS AND THE REAL GIRL”(2007/米)[初]
 出演:ライアン・ゴスリング、パトリシア・クラークソン、エミリー・モーティマー

 ・Jan Schütte “LOVE COMES LATELY”(2007/独)[初]
 出演:バーバラ・ハーシー、エリザベス・ペーニャ


 ・アン・リー『ラスト、コーション』“Se, jie (Lust, Caution/色・戒)”(2007/台湾)[北米初]
 出演:トニー・レオン、ジョアン・チェン、タン・ウェイ、ワン・リーホン
 ベネチア2007コンペ出品作。

 ・ジョニー・トー、ワイ・カーファイ“MAD DETECTIVE”(2007/香港)[初?]
 アンディ・オン、ケリー・リン


 ・ジョナサン・デミ“MAN FROM PLAINS”(2007/米)[北米初]
 出演:ジミー・カーター
 ベネチア2007 Orizzonti Doc部門で上映済み。

画像

 ・ノア・バウムバック“MARGOT AT THE WEDDING”(2007/米)[初]
 出演:ニコール・キッドマン、ジャック・ブラック、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジョン・タトゥーロ
 『ライフ・アクアティック』『イカとクジラ』のノア・バウムバック監督の最新作。

画像

 ・Ira Sachs “MARRIED LIFE”(2007/米・カナダ)[初]
 出演:ピアース・ブロスナン、クリス・クーパー、パトリシア・クラークソン

画像

 ・セルゲイ・ボドロフ『モンゴル』(2007/独・カザフスタン・ロシア)[北米初]
 出演:浅野忠信

画像

 ・ガイ・マディン“MY WINNIPEG”(2007/カナダ?)[初?]

 ・ピーター・グリーナウェイ“NIGHTWATCHING”(2007/英・ポーランド・カナダ・オランダ)[北米初]
 出演:マーティン・フリーマン、エミリー・ホームズ、マイケル・テイガン
 ベネチア2007コンペ出品作。ムービーアイ配給で2008年 正月第二弾公開予定。

 ・ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン“NO COUNTRY FOR OLD MEN”(2007/米)[北米初]
 出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド
 カンヌ2007コンペ出品作。

 ・アラン・ボール “NOTHING IS PRIVATE”(2007/米)[初]
 アリシア・エリアンのデビュー小説“Towelhead”が原作。
 出演:Summer Bishil、アーロン・エッカート、トニ・コレット

画像

 ・マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パルノー『ペルセポリス』(2007/仏)[北米初]
 カンヌ2007コンペ出品作。審査員賞受賞。

 ・クレメント・ヴァーゴ“POOR BOY'S GAME”(2007/カナダ)[北米初]
 出演:ダニー・グローバー、ロジフ・クレメント
 ワールド・プレミアはベルリン国際映画祭

 ・アリソン・イーストウッド “RAILS & TIES”(2007/米)[初]
 出演:マルシア・ゲイ・ハーデン、Miles Heizer、ケヴィン・ベーコン
 クリント・イースト・ウッドの娘アリソンの監督デビュー作。

画像

 ・ハンス・ワインガルトナー“RECLAIM YOUR BRAIN”(2007/オーストリア・独)[初?]
 出演:モーリツ・ブライプトロイ
 『ベルリン、僕らの革命』のハンス・ワインガルトナー監督の最新作。

 ・ブライアン・デ・パルマ“REDACTED”(2007/米)[北米初]
 出演:ケル・オニール、ダニエル・スチュアート・シェアマン
 ベネチア2007コンペ出品作。

 ・リチャード・ロクスバーグ “ROMULUS, MY FATHER”(2007/オーストラリア)[北米初]
 出演:エリック・バナ、フランカ・ポテンテ
 『オスカーとルシンダ』『ムーラン・ルージュ』『M-i:2』『ステルス』などで知られる俳優リチャード・ロクスバーグの初監督作品。

画像

 ・タマラ・ジェンキンス“THE SAVAGES”(2007/米)
 出演:フィリップ・ボスコ、ピーター・フリードマン、Gbenga Akinnagbe
 ワールド・プレミアはサンダンス。

 ・ジュリアン・シュナーベル“LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON”(2007/仏・米)[北米初]
 出演:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリー=ジョゼ・クローズ
 カンヌ2007コンペ出品作。監督賞、技術賞(撮影監督 ヤヌス・カミンスキーに対して)受賞。

 ・ミルチョ・マンチェフスキー“SHADOWS(Koski)”(2007/マケドニア)[初]

画像

 ・Roger Spottiswoode “SHAKE HANDS WITH THE DEVIL”

 ・フランソワ・ジラール『シルク』(2007/カナダ・仏・英・伊・日)[初]
 出演:キーラ・ナイトレイ、マイケル・ピット、役所広司、アルフレッド・モリーナ、芦名星、中谷美紀
 監督は『レッド・バイオリン』のフランソワ・ジロー。『海の上のピアニスト』のアレッサンドロ・バリッコ『絹』(白水社)が原作。日本での配給はアスミック・エース。


 ・チアン・ウエン“Taiyang zhaochang shenqi (The Sun Also Rises/太阳照常升起) ”(2007/中国・香港)[北米初]
 出演:チアン・ウエン、ジョアン・チェン、チョウ・ユン、ジェイシー・チャン、アンソニー・ウォン
 ベネチア2007コンペ出品作。

 ・Brad Furman “THE TAKE”(2007/米)[初]
 出演:テイラー・グレイ、ジョン・レグイザモ、ロージー・ペレス

 ・ヘレン・ハント“THEN SHE FOUND ME”(2007/米)[初]
 出演:ヘレン・ハント、ベット・ミドラー、コリン・ファース、マシュー・ブロデリック
 女優ヘレン・ハントの初監督作品。


 ・トーマス・マッカーシー“THE VISITOR”(2007/米)[初]
 出演:リチャード・ジェンキンス、マギー・ムーア、レイモン・フェルナンデス
 監督は、『グッド・ナイト&グッド・ラック』『シリアナ』『オール・ザ・キングスメン』『父親たちの星条旗』等で知られる俳優トーマス・マッカーシーで、本作が監督第2作。

 ・アナンド・タッカー “WHEN DID YOU LAST SEE YOUR FATHER?”(2007/英・アイルランド)[北米初]
 出演:ジム・ブロードベント、コリン・ファース、ジュリエット・スティーブンソン
 監督は、『星の王子さまを探して』『ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ』のアナンド・タッカー。原作はブレイク・モリソン『あなたが最後に父親に会ったのは?』(新潮社)


--------------------------------

 「トロント国際映画祭2007 ラインナップ!」はまだもう少し続きます。次の記事へ

  
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

この記事へのコメント

2007年09月05日 23:19
こちらにも。。。。
妹が映画祭もうすぐボランティアはじまります。
かなり来るスター達は分かりました。
ユマは私は間に合わないけど、映画だけはきっちり観てくるつもりです。
あとジョージAロメロのゾンビのも観たいし、ガエルの初監督作、シャーリーズの『エラの谷』など、観たいなぁー。
yue
2007年09月06日 04:16
Hello はじめまして!!
migの妹です。
今朝、姉からこのサイトはすごいからcheckしてみて!と連絡があり、早速見てみると。。。
すごーい!私も驚きました!!
こんなに細かく、見やすく書いて頂き。。。

現地のマガジンや新聞では
スターがたくさん来ます!!と名前が挙がっていても、誰がどの作品に出るのかが分かりづらいのです;;
とても参考になりました☆

いよいよ明日からスタート!
TORONTOが一番華やかになる10日間です。

よかったら、姉のblogで現地レポを楽しんでください^^
umikarahajimaru
2007年09月06日 05:46
migさま
ガエルは、監督作とは別に出演作もありますね。シャーリーズにももう1本出演作があります。今年は出演作が重なる俳優さんが多いですね。アーロン・エッカートとか、ダニー・グローバーとか、キーラ・ナイトレイ、エレン・ペイジ、トミー・リー・ジョーンズ、シャーロット・ランプリング、エヴァン・レイチェル・ウッド、ウディ・ハレルソンなどなど。
umikarahajimaru
2007年09月06日 05:55
yueさま
こちらこそ、はじめまして。
昨年も同様の記事を書いて、現地レポされる日本の方のブログのいくつかをチェックしてたんですが、自分が行けない映画祭のなんとまぶしく見えることか!と思いましたね。本当に羨ましい。
migさんの現地レポはもちろん楽しませてもらうつもりでいます!

この記事へのトラックバック

  • 2007トロント映画祭情報 2☆Q&A☆

    Excerpt:                                                                                 .. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2007-09-05 23:12