テーマ:アヌシー国際アニメーションフェスティバル

今年のアヌシー国際アニメーションフェスティバルは凄い!

 まず、何が凄いかというと、エントリーされている日本映画の本数で、コンペティション部門とアウト・オブ・コンペティション部門での、国別上映本数(共同製作も含む)が、なんとフランス、イギリスに次いで第3位(数え方次第ではイギリスを抜いて第2位!)になっています!(昨年は11本だったのに)  フランス:43本  イギリス:24本  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 結果発表!

 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009の各賞の結果が発表になりました。  ◆短編コンペティション部門  ◎グランプリ(Annecy Cristal):“Slavar”(スウェーデン)(監督:Hanna Heilborn)  物語:9歳のアボウクと14歳のマティエクはスーダン政府の義勇軍に採られ、奴隷として働…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 ラインナップ完全版!

 世界最大のアニメーションフェスティバル、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009の季節が今年もやってきました(6月8日~13日)。  昨年は、この映画祭で、加藤久仁生監督の『つみきのいえ』が短編部門のグランプリを受賞し、それが米国アカデミー賞短編アニメーション賞受賞にもつながったわけですから、そういう意味でも今年はこれま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

アヌシー国際アニメーションフェスティバル2008 受賞結果発表!

 6月9日~14日まで開催されていたアヌシー国際アニメーションフェスティバルの各賞の結果が発表になりました。  【短編部門】  ・グランプリ  加藤久仁生 『つみきのいえ』“La maison en petits cubes”(日本)  ・特別賞(Special distinction)  Yann J. “B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アヌシー国際アニメーションフェスティバル グランプリ リスト!

 アヌシー国際アニメーションフェスティバルは、1960年にスタートした、世界で最も権威のある(とされる)アニメーションの映画祭です。  元々は、1957年にカンヌ国際映画祭の一部門として誕生したものが独立。1997年までは隔年の開催(以降毎年の開催となっています)。  ここでは、各大会の受賞作品をリストアップしてみました。  19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more